2014年05月18日

EXOクリスの専属契約解除訴訟とかいろいろ

私のTwitterアカウントのEXOクラスタのタイムラインに激震が走ってから今日で三日目かな、ある程度の材料が出揃った感があるので、一応ざくざくっと思うところを書いておこうと思う。

あ、その前にチャニョルの愛称に関するご質問の件、お返事が大変遅くなって申し訳なかったのですが、別の方がお返事くださったとおり、日本だと「チャン ヨル」と表記されることが多いので、「チャニョリ」より短くて書くのがラクな「ヨリ」にしていただけです。「ベク ヒョン」と書かれるものに対して「ベッキョニ」がめんどくさいので「ベク」にしちゃうのと同じで、あくまで日本語愛称として。私EXOに関しては、あまり深く追いかけてないので、情報通ではないのです。ハングルで「ヨリ」に別の意味があるとは知りませんでした。逆にどういう意味なのでしょう。なにかヤバイ意味じゃないといいんですが…。以前フランスに留学してたときのルームメイトが、フィンランド人だかスウェーデン人だかだったんですが、そちらの言葉で「クロ」というのが「間抜け」とか「あほ」的な意味なので、クラスに「黒川さん」っていう日本人がいたんだけど、あの人の名前聞くたびになんか微妙な気分になるの、って言ってました。そういうヘンな意味になってないといいなぁ。

ただ、掲示板のレスは基本的に全部お返しする時間がないので、ご質問いただいても確実にお答えできるかどうかはわかりません。あと、いただいたコメントにレスを書かないことがあるのは、単純に時間の問題とか、アウトプットしたい内容のほうが自分的に優先順位が高かったりして後回しになっていたりするだけのことで、せっかくいただいたコメントに全部お返事できずに申し訳ないなとは思ってるんですけど、以前は全部返してたらコメント返信だけで一時間とか二時間とか時間かかったりしてて、まあ年も年なんで睡眠時間とか色々あってですね、それで申し訳ないんですが全部にはお返事できてなかったりします。お金もらってやってるわけでもないですし、発達障害児抱えたシングルマザーが個人でやってる趣味の日記ブログの限界ということで、ご勘弁ください。コメントにむかついてるから返事しないとか、そういう他意はぜんぜんないです。イイね!ボタンとか拍手ボタンとかついてると、コメントありがとうございますの気持ちだけでもお伝えできていいんですが、そういう仕様でもないもので…。

すぐにお返事してなかったのはそういう次第ですが、そこを気遣って代わりにお返事くださった方や、読んだ方があまりいい気分にならないようなレスポンスはお控えください。いくつかのポストを管理者判断で削除しました。私の記事に対する批判はご自由にポストしていただいて構いませんが、コメント欄に書き込まれた方同士で、誰かが誰かに謝ったりなんだりというやり取りが発生するようなポストは禁止とさせていただきます。読んだ方に与えるであろう不快感の度合いについては、私が管理者権限で判断します。あと、今回は関係ないのですが、コメント欄のルールとして、以前も書いたことですがついでなので繰り返しておきますと、ELFジャパンへの入会やコンサートへの参加、特定の店舗でのアルバム購入などを強制するようなニュアンスのポストも禁止です。もとお座敷ペンとして、どういう楽しみ方であれ沢山の人が楽しむことができることってスバラシイ、と思ってるので。

私去年あたり、運動不足で劇太りしてたんですけど、それでゆるいワンピースとか着てたら妊婦と間違われて席を譲られることが何度かありました。「妊娠なんかしてませんよ失礼な!」って言ったっていいんですけど、せっかくですので、ありがとうございますと座らせていただきました。楽だからってだけじゃないですよ。そこで私が「失礼な!」って言ったら、その人は二度と誰かに席を譲ろうなんて考えなくなるでしょう。お年寄りで、席を譲られると「そんな年寄りじゃない」とか怒りだす人がいますよね。あれは本当にやめて欲しい。せっかくの親切の芽を叩き潰して守られるのは、その人ひとりのつまらないプライドだけです。

私もかれこれ3年ちょいぐらい?ヲタをやってきたので、「こんなの知ってますか?」「こんなのを見つけました!」とコメントやお便りいただく中には、もう見たことがあるもの、知ってることもたまにはあります。でも、それに対して「そんなの常識だわド新規が、3年ROMってろ!」とか言って誰が得するんでしょうね。と思うのです。私がK-POPに興味持ち出した頃のニコ動とかには、そういう空気がありました。MADにつかってる曲などについて、「この曲はなんという曲ですか?」と誰かが質問すると「この曲も知らないやつにファンとか自称されたくない」とか、非常に意地悪なコメントが帰ってくるんです。誰かが「カムバってなんですか?」なんて聞いたら、せせら笑われるような空気もありました。

私は割と仕事柄も検索ヲタなので、ぐぐる先生のご指南によりあちこち調べまくったり、英語ツイート流してくれる海外ペンちゃんをフォローしたりして、どうにか知ったかぶれる程度の情報を仕入れて話題についていってましたが、そうでない人に対して、ちょっと自分のほうがファン暦が長いからって、なんでこの程度の質問に、いちいち意地悪い言い方をするんだろうね、というようなその雰囲気が非常に嫌でして。それがメンバー紹介記事を書いた動機のわりと大きな部分を占めてます。同様の理由で、別サイトですがスーパージュニアじてんという用語集を作ったりもしました。とりあえずこれを知っておけば、何の話をしてるかわかる、というようなものがあれば、初めて見る人でも楽しめるんじゃないかと思って。SJ関係もその後「SUPER JUNIOR見聞録」みたいな本も沢山出て、情報アクセスしやすくなったのもあって、若干放置気味ですが。

話がずれましたが、そういう気持ちで書いているブログですので、コメントされる方もそれに返信される方も、ファン暦の長い方から最近好きになったという方まで、私がニコ動見てた当時みたいなビクビク感を持たずに、お互い色んなことを教えあったりしながら楽しくSJやEXOたんを応援していける、そういう雰囲気を尊重していただければと思います。

あ、ちなみにこの「見聞録」は、本当につい最近好きになりました、っていう方には一気に情報追えるのでラクかも知れませんが、パクツイを本にしたような本なので、ちょっとがんばればネットで検索できる情報しか載ってません。本が出た一ヶ月前ぐらいの情報まで載ってるのでそこはすごいといえばすごいんですが、でもちょっとバズった記事とか再生回数の多い動画を検索すればわかることばかりなので、めんどくさくない方は自分で調べたほうがお金かかんないです。ちゃんと取材して書いてるという点では、こっちの本↓のほうが断然オススメです。少し古い本ですし、掲載メンバーに偏りはありますが、デビュー前のメンバーを知る人への取材とかちゃんとやってる本です。

SUPER JUNIORの秘密―萌え系韓流組
木越 優
サニー出版
売り上げランキング: 18,642


という感じで話はずれましたが、表題の件に戻りますと、えるぷ的には嫌でもハンさま訴訟を思い出さざるを得ない訴訟が、EXOでまた始まってしまいました。初の単独コンサート前ということで、各種ファンベースの混乱、動揺も激しく私のツイッターのEXO系タイムラインとか激流すぎてかなりへとへとだったんですが、なんとなく最初の弾は出尽くした感じがあるので、今の心境等メモしておこうと思います。ここから先書くことはあたるかどうかもわからないし、基本的に素人の憶測レベルだからなんの信憑性もない話が大半だけど、でも割と起こり得ることとしてシュミレーションして、この事態にどう向き合おうかなとこの3日考えてきた中身を晒す感じになります。

続きを読む


posted by なつめ at 19:15| Comment(19) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。