2014年06月02日

キャラメルボックス「鍵泥棒のメソッド」千秋楽みてきた。

さて今日はえくそたんの香港単コンの行方に気をもみながら、暑い東京池袋までいってキャラメルボックス「鍵泥棒のメソッド」を観てまいりました。私これ映画のほうも以前観たことがあって、これをどう舞台化するのかなぁーと(特に入れ替わりの原因となるお風呂ですってんころりんシーンとか舞台でどう再現すんだ!?と思った…)興味深々だったのですが、非常にテンポよく、二時間のステージがあっという間でした。

映画では、広末涼子が意外とよかったんだよなー。私ヒロスエあんまり好きじゃないんですけど、この映画のヒロスエはよかった。彼女はコメディエンヌとしてのほうがシリアスより才能あるんじゃないかと思う。
鍵泥棒のメソッド [DVD]
メディアファクトリー (2013-05-10)
売り上げランキング: 5,697


お風呂ですってんころりんのところを含めて、出だしのいきさつ部分をアナログSFX(<これ感心した!)なども駆使してすごく手早くまとめてあって、その分その先の部分はほとんどはしょりなく丁寧に描かれていて、原作ものの舞台化にありがちな「あーはしょりましたね、そこ好きなのに…」みたいな残念感はなくて、すごく満足のいく舞台でした。今日は千秋楽なので、ひとこと挨拶から三本締めまで、お祭り気分で。今回サントラがすごくよかったので、次回の舞台を観にいくとき絶対CD買おうと思う。

プロモーションビデオはこんな感じ。


私が中高生ぐらいで小劇場演劇行きまくってた頃は、オープニングにこういう感じのダンスシーンが入る舞台って結構多かったんですけど(第三舞台とかの早稲田演劇研究会系列がとくに)、最近ではこんなの見られるのキャラメルボックスぐらいじゃないかと思います。いちいち胸熱。

東京は今日が千秋楽だったんですけど、次は5日〜10日まで、神戸で公演があります。関西方面の方で興味のある方は是非!原作モノって、イメージ壊されちゃわないかとか、原作が面白ければ面白いほど行こうかなーどうしようかなーって迷うと思うんですけど、今回のキャラメルは原作観たひとでもきっとがっかりせずに楽しめると思います。ちなみに私はWhiteキャストで観て来ました。ダブルキャストなので、見比べるのも面白いかも。



続きを読む


posted by なつめ at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。