2014年08月29日

あいやいやいやいやー♪

ひゃっほう!出ましたね、MV!いやー期待通りの面白さ。これですよ、これを待ってたんすよ!という感じでにやにやしてしまいました。



このインチキくさいマカロニウエスタン臭とか、全編たまらないものがあります。このオモロカッコイイ感こそSJだなぁーって。自分たちにしか出来ないお馬鹿を全力でやってる感じ。わかってるよなぁーって。自分たちのカラー。シウォンの眉芸からはじまる歌いだしもいいし、ドンヒもいっぱい出番があってうれしい。兵役だったトゥギが檻から逃げ出す囚人ってのもなんかメタで面白いことになっちゃってるし、ミンくんのさすがの演技力とか、マンネラインの胡散臭さとか、金髪でめちゃかっこよく仕上がってるのにドラマ部分では超お笑い担当のカンインとか、ウネMVの中でもウネらすんかいとか、そしてヒニムの変わらぬ美貌にも戦慄した…歳のせいだといってちゃいけないな。すごいや、プロだわやっぱ。そして二桁人数になるとやっぱりフォーメーションも楽しいなぁー。

7集 - Mamacita(韓国盤)
7集 - Mamacita(韓国盤)
posted with amazlet at 14.08.28
Super Junior
SM Entertainment (2014-09-11)
売り上げランキング: 8


記者会見の模様はこちら。

登場から一発芸大会みたいになってるしww そしてオエヨでピースのヒニム。ツボはトゥギが喋ってる間じゅう話聞いてないウンシヘと、ヒョクチェが喋ってる間中構って光線発してるドンヘですね。マジひょくちぇ辛抱強すぎ…(苦笑)

デジタル音源は早くも出回ってるようですが、日本に板届くのは9月の10日過ぎとかかなー。ついつい我慢できずにiTunesで買っちゃいそう。

今週末から音楽番組出まくりで、20日からはスパショも始まります。久しぶりの本格的な活動期、一緒に楽しみたいです。記者会見でも、「以前は音楽番組で一位をとったり、大きな音楽賞をとったりしたかった、でも今はいい仲間たちと一緒に活動できるということが幸せなんです」って言ってたみたいですね。なんか私も思い出すけど、5集のときとかって4集でおそらくオトナの事情で大賞とれなかったこととかがあって、世界中のELFちゃんたちが本当に目をつりあげてって感じで大賞とらせようと必死だったんですよ。再生回数あげろ、チャート反映にはこうしろ、みたいな。でも、兵役ラッシュを迎えて、メンバーたちもだし、ファンもみんな、こうして活動期を一緒に楽しめるだけでもう本当に幸せ!って思えるようになった気がします。

それって、別にあまりに活動期がなかったから沸点が下がったとかじゃなくて、賞とかよりも大事なものが見えてきた、って感じ。アイドルのお仕事ってやっぱり、見ている人をハッピーにすることじゃないですか。このMVとか見てても、彼らがその目的のためにやってる、って感じがすごくするし、しかもそれを、すごく楽しんでやってる感じがする。それは一度頂点に立ったからこそ得られる自由で、だからやっぱりデビューしたら「てっぺんに立つ」ってことは目標にすべきことなんだと思うけど、そのてっぺんから先の道をどう描くかっていうのはそれぞれのアーティスト次第だと思うんですよね。

SJはそういう意味では、ファンも自分たちもハッピーでいられる方法論を見つけたんだなーって気がする。大ブレイクのあとの不祥事、メンバー離脱、売れに売れたけど大賞をとれなかったアルバム、メンバーの兵役、いろんなことを経験しながら、本当にいっぱい話し合って、きっといっぱい喧嘩も仲直りもして、この個性もなにもばらっばらなメンバーたちが今なおこうして一緒に活動してくれることが、本当に奇跡的で、でもそれはちゃんと現実に存在してるってことがまたいいじゃないですか。正直、この先えっせむさんが会社としてどうなるかなんてわからないな、とか最近やたらと思うことが増えたんですが、SJなら会社がどうなろうと、きっと自分たちでなんとかしちゃって、ファンに会いにきてくれるはず、ってなんか安心してるんですよね。私もきっと腰が曲がるおばあさんになってもステージあれば行くだろうし。

さあ、このミラクルをまた自分の目で見に行くよ、と思うとわくわくします。私は最初は10月、東京ドームで久しぶりにトゥギに会います。SMTでもう少し早く会えるみなさん、トゥギにいっぱい声援送ってあげてくださいねー。そして今回のアルバムも振り付けなどシンドンは大活躍だったようです。スパショの構成はウニョクとシンドンがとてもたくさん貢献してて、シンドンが兵役いったあと、どうなっちゃうんだろう?って思うと想像つかないのですが、でも兵役前最後の活動、めいっぱい楽しんで、美味しいものもいっぱい食べて、元気でいて欲しいです。

mamacita press.jpg
吉本新喜劇なみのはじけっぷりと身体能力を、とくと見よ。
続きを読む
posted by なつめ at 02:27| Comment(6) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

MAMACITA!

息をつく暇もなく出てまいります、Teaser動画も出た!



いやさ、これ最初に見たとき、闘牛士ひょくちぇの横にいる金髪ドレスのおねいさんがレラなんだと思ったんだよ(←SJ脳)…バーテンとか地味すぎ!かっこいいからいいけど!と思ったらカンインがフルーツショップオーナーとかだし。この振り切れ方いいなぁ。正直、5集、6集とMVもTeaserも似たようなパターンで、もうちょい金かけてよ!稼いでるじゃん!ってなってたので、満を持して、という感じのファンキーっぷりが嬉しいです。

報道を見ると、タイトル曲MAMACITA(AYAYA)は「アーバンニュージャックスイングジャンルの曲」(←何が言いたいのかわからない)だそうで、ニュージャックスイングといえば、え、やっぱボビー・ブラウンとかそういうことでしょうか、ワカラン!って感じで、いずれにせよ我々世代直撃な気がする。音楽やファッションの流行は10年20年単位でまわってくる感じがありますが、きっとあのへんのを今の若い人が聞くとおされっぽく聞こえるんだろうなぁ。


やーこの肩パットに時代を感じる…ホイットニー・ヒューストンと結婚して、でもまぁそのあとDVだのなんだので消えていったよなぁ…ホイットニーはドラッグで死んじゃったし…あの頃のキラッキラしたのを見てた若者だった私はそこそこショック。

ホイットニーって言うと「えんだぁーーーーいあーい」って歌いだす人多いけど、私が一番好きなのはコレですね。

このチープな音も今聴くといいなぁ。まだ22歳とか23歳とかだったはず。

すみません話がズレました。Mっ子たちの営業もこまめに続いてるし、CDリリースの日はウネの日本シングルのリリイベだし、めちゃくちゃ忙しそうですが、でもワーカホリックのトゥギにはこれぐらいでちょうどいいんじゃないかと思います。

いっぱい出たTeaserの中ではこのシリーズが一番いいなぁ。
140824-sj-mama7.jpg

140824-sj-mama4.jpg

140824-sj-mama10.jpg

140824-sj-mama3.png

140824-sj-mama9.jpg

140824-mama2.jpg

140824-sj-mama5.jpg

140824-mama.jpg

140824-sj-mama1.jpg

140824-sj-mama2.jpg

予約も始まりました。

SUPER JUNIOR 正規7集 MAMACITA (韓国盤)(SJ特別特典付)(ワンオンワン店限定)
super junior スーパージュニア
SM エンターテイメント


チャートに反映されるお店とか、おまけが豪華なお店とか、色々あるのでお好きなところを選んでくださいねー。ここしばらくのSMのCDはEXOといいf(x)といい、アートワークがすごくいいので、今回も期待してます。ただし、でかくなくていい。普通に棚に入るサイズだと嬉しい。


続きを読む
posted by なつめ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

焦らされてないよ!

今週は突然の知人の訃報でお通夜いってたり、あれこれバタバタしているうちに、SJのカムバックスケジュールは公開になるわ、ティーザーは一気だしだわ、ウネのリリイベ当落でるわ、EXO写真集出るわ、単コンのチケット先行始まるわ、キボム誕生日だったわ、って感じでもう目が回りそうです。追いつけないw

ていうか、「月末音源、9月に板だすよ!」って言うが早いかティーザー一気だしとか、全然ティーズ(焦らし)になってないじゃんw 今日からティーザー出ますよーとか言うから、えーまたヒョクチェが一番手かなーとか、思ったときにはもう出てましたよ!みたいな。

7jib_mamacita.jpg

うぎたんが「また『男らしい』コンセプトなんですよ!SJは三十路ばっかりだから。僕20代なのに!」ってぶつぶつ言ってたけど、まあ平均年齢からしてオッサンだから仕方ない。今回はメキシコとか、ラテンアメリカ的なノリなんでしょうか。SJファンキー、お祭り路線でくるのは間違いなさそうな印象。こんなこと書いてる間にハイライトメドレーとか出そうですが…


ミューバンのカムバ予告。いやーミンくんの顎が巧みにシャドウってる…というか顔はまあわりと大丈夫だと思うんですよね。顎さえなんとかなれば。問題は、腹だ。腰まわりだ。

膨張柄.jpg
まずい膨張柄の例みたいになってるので、カムバの衣装は考えてほしい。

ほぼ2年前の金髪耽美ミンくん@SPY

がんばれミンくん!私もスパショまでにダイエット頑張る!

ヘルシア 緑茶 350ml×24本
とりあえずこのへんから←嘘

でもとにかくメンバーたちのウキウキ感が、twitterやインスタからも伝わってきて楽しいです。2年ぶりのお祭りだもんなぁー。今回、やたら早いテンポのスケジュールにしてるのは、シンドンが入隊ギリギリだからというところもあると思うのですが、カムバのステージだけでも一緒に立てるといいなぁ…

HaeTwi.jpg
どんちゃんTwitterより。ウンシヘとカンイン。楽しそうー。

個別のTeaserもガンガンあがってきてますが、レラだけやはり全体コンセプト無視した宇宙大スターっぷりを醸しているところがいいです。

MamacitaHNM.jpg

とにかく、次の週末にはカムバック!振り付けはまたトニー・テスタなんですが(最近えっせむお気に入りだな…)、どんなパフォーマンスが見られるのか、わくわくしながら待ってます。
続きを読む
posted by なつめ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

SM TOWNにトゥギトゥギが帰ってきたよ♪

いよいよ始まりました、SM TOWNライブ。今年は私会場味スタときいて速攻で捨てたのですが、やはり15日のステージは、トゥギの復帰ステージということで、行けないけどどんな風になるのかなーって超楽しみにしてました。泣くかなー、泣くだろうなー、三十路になると涙もろくなるからなー、とかいろいろ予想してましたが。久しぶりのトゥギトゥギ号令のご挨拶は、こんな感じでした。


さらっと終わらせようとしたのに、メンバーたちにもっとちゃんとやらなきゃーって前に押し出されて声を震わせるジョンス。もうこの段階で泣きますよね。緊張してぜえはぁしながら「トゥギトゥギー!」やってくれて、そして2年ぶりの「うりぬん、しゅぱじゅに、おえよ!」と「うりぬん、えるぷえよ!」のやり取りのあと、感極まって泣き出すジョンスに私も泣きましたうう。

そして、これで僕のリーダー役はおしまい!って言ってたひょくちぇだけど、ヒョクも本当に二年間お疲れさま!と言いたいです。最初はなかなかトークもしまらなくて、ああ、タイヘンだ、トゥギいないとやっぱりタイヘンだ…とか思ってたけど、本当にいつの間にかしっかりした大人の顔になって、端っこの指定席も板について、ちゃんと頼もしいリーダーだったよ!

EunTeuk.jpg
そして兄ちゃん戻っての弟の表情もまたいいよなぁ。ほっとした感じしますよね。ほんと、お疲れさまでした。

そしてこんな感動シーンのあとにはしっかりこういう芸も入れてくるからSJが好き。

惜しむらくは元ネタの人を知らないので似てるんだかどうだかわからないww わかる方、似てるかどうか是非教えてください。そしてまさかのミンくんオチww I Believeってあれですよね、猟奇的な彼女のテーマソングですよね。なんか久しぶりに見たくなってしまった。あれ、K-POPとかはまるより全然前に、評判よかったので見に行って、結構よかった。ぜんぜんさえない主人子の男の子がどんどんいい男に見えてくるマジック。

話がズレましたが、ますますスパショが楽しみになってきました。今回はSMTだからまだだけど、今度は真っ青な海で、トゥギにお帰りなさい!って言えるんですよねー。嬉しいな。

エンディングで83の手つなぎなんてものも見られるしさぁ…
83line.gif

あと、MotorCycleのハングルバージョン初めてみました。

これは日本語で先に聞いたからなるほどーって感じです。でも、SKELETONカップリングのWonderland日本語版はちょっと残念な感じだった…orz これはもう、ハングルで聞きなれちゃったからなぁ。

SJ-MとかEXO-M,Kのの韓国語版中国語版もそうなんですが、結局よっぽど翻訳がひどい場合は別だけど、各国語バージョンのどっちが好きか、ってどっちを先にいっぱい聞いたかに左右されるところは結構ありますよね。モーターサイクルも、最初聞いたときはさっぱり日本語歌詞がわかんなくて、あんなに「空耳アワー」だったはずなのに、聞きなれるとハングルのほうが違和感あったりするから不思議…。

しかしまあ今回のSMTで話題を掻っ攫って言った大賞は、ぎゅらいんのSOMETHINGでしょうね。

かねてからぎゅらいん疑惑のあったスホさんですが、ついに女装デビューを果たされました。

すほ美.jpg
すほ美かわいすぎわろた。そしてぎゅですらなんか黒く見えるぐらい色白。すげぇ。やっぱり年上二人のハイヒール慣れっぷりがすごいですが(ぎゅがもうNYあたりのセレブ妻にしか見えない)、身体ごっついわ脚筋肉質だわ化粧けばいわのミノがノリノリで全力で役に入りきってるところがよいです。終わったあとがに股ではけてくとこもかわいいw

あとテミンのソロがよろしくてですね…


続きを読む
posted by なつめ at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

かつて、そこにいたひと。

御巣鷹山日航機墜落事故って私ぐらいの年齢だとテレビでリアルタイムの救出映像とか見てたので、この時期がくるとああ…ってなるんですが、もう29年も経つんですね。フジテレビで特集やったらしいですが…。どれほど衝撃的な事故だったのか、若い方だと全然ピンとこないって人も多いだろうなぁ。

フライトレコーダーとボイスレコーダーの記録って以前はフラッシュ音声つきのものがネット上に存在していましたが、今はもう消えているようですね。テキスト起こしのものはまだありますが。こういうのも、管理者の方が亡くなっていったりして、いつかは見られなくなってしまうだろう。だから今テレビでやって記録が残ることはすごく大切だと思う。初めてこのボイスレコーダー記録を聞いたときには、言葉を失いました。あの状況で、30分も飛行し続けたのって、ほとんど神業だったそうです。

今、格安航空会社とかが増える一方で、ベテラン操縦士が大量退職する時期を迎え、世界的にパイロット不足の時代なんだそうです。でも、こういう時期にあわててパイロット養成しちゃって、経験浅いパイロットが世界の、航空機がひしめいている案外狭い空のあちこちを飛ぶようになって、空の安全って確保できるのかなぁ…ってちょっと不安に思います。若い頃には海外旅行もしましたが、子ども生まれてからは一度マウイ島にいったきりで、近頃あんまり飛行機に乗ってません。正直、今のこういう雰囲気から、乗るのがちょっと怖いなぁと思ってたりする。

韓国では客船沈没事故があって、船の航行の安全に関する議論や反省が真摯に行われている最中だけど、日本では今どんどん格安航空会社の参入が増えていて、それにあわせて安全性を犠牲にするような規制緩和もどんどん進んでいて、80年代に起きた大きな航空機事故のことなんか、右から左に忘れ去られようとしているような気がしてしまいます。パイロットの実技試験がシュミレーターでOKになっちゃったり、60歳以上のパイロットの同時乗務をOKにしちゃうとか。たとえばあの墜落までの32分の格闘を、ベテランとはいえ高齢のパイロットだけで出来ただろうか、と思うと、素人だからわからないっちゃわからないけど、でも気分的にはやっぱり疑問に感じるんですよね。ご遺族はどんな気持ちで今の時代の規制緩和の流れを見ているんだろう。なんでも安ければいいや、じゃないものの選び方をしなくちゃいけないことってあるんじゃないかな、と考えながら、あの夏を思い出しています。

スキヤキソング(上を向いて歩こう)で世界的に有名な坂本九さんはこの事故で亡くなったんでした。


亡くなった方たちに「これは心配だ」と思われないような未来を、いま生きてる人間は作る責任がある、ってことを意識してなきゃいけないなぁと思います。


続きを読む
posted by なつめ at 01:20| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

ヴァロットン展と博物フェス

土曜日は、アート系イベントの梯子をしてきました。まずは、三菱一号館美術館のヴァロットン展

vallotton.jpg

ちょうどこの前の日曜日に日曜美術館で取り上げられちゃったので、うわー混雑しそう、と思って出かけたのですが、案外混んでませんでした。やっぱりマイナーだからかなぁ。日本初の本格的回顧展で、代表作120点のほか、三菱一号館のコレクションの名からも多数の版画が出展されています。ナビ派に近かった画家で、上のちらしの絵みたいな平板な絵の印象が強くて、あんまり上手な画家ってわけじゃないのかなと思ってたんですが、実はもんのすごいテクニシャンだった。

20歳段階での自画像。
Vallotton_portrait_1885.jpg

ほとんど古典といっていいぐらいの写実の筆力を持っていながら、あえて別のタッチを選んでるんですね。時代によっていろんな画風があるんですけども、とにかく筆力が半端ない人だということだけはわかる。ハイパーリアリズムみたいな絵もかける人で、そこになんの苦労も見えない。

画家にもいろんなタイプがあって、内面のもやもやしたものを表現する手段として絵以外の手段を持っていなくて、とにかくそれを画面に定着させるために命がけっていうか、もう「それしかない」というのがひしひしと伝わってくるタイプの画家もいますが、ヴァロットンはそれとは逆な感じ。そこが展覧会副題の「冷たい炎の画家」の所以でしょうが、どこか非常に醒めたところがあるし、画面構成が理知的でクールで、すごくモダン。100年前の画家とは思えない大胆な構図が多いです。たぶん技術に関しては本当に最初から天才で、こう描きたいと思うことはその通りにささっと描ける人だったんだと思う。その上で、女性の身体の部分に関するある種のフェティッシュとか、写真家的な画面構成に関するこだわりとか、それをつきつめていった結果単純化されていくタッチや構図とかが特徴になってる感じの画家。

日本の浮世絵も収集していたそうで、版画作品のミニマルで大胆な構図にはそのへんの影響もありそう。
vallottonMensonge.jpg
タイトルのつけ方も洒落ていて(上の作品のタイトルは「嘘」)。タイトル一つでにやっとさせられたり、むっと唸らせたりする感じは、シュールレアリストたちの「理論的な」作品に近いものもあるけど、でもこの人の場合画力もすごいので「描けないからタイトルでごまかしてんじゃないの?」的な疑念のわく余地はなくて。

見ればみるほどものすごく頭いい人だったんだな、って感じがします。画家として生前からちゃんと売れた人で、ブルジョワの画商の子持ちの未亡人と結婚していますが、連れ子との折り合いは悪かったようで、あまり愛情豊かな家庭を築いた感じには見えません。そのへんの時期のキュビスム的に複数の視点から描かれた油絵作品が一番「ヴァロットンっぽい」作品群ということになるのかな。

見てて元気が出るとかそういう絵ではありませんが、描かれた人物の指先の向きとか、視線、空を飛ぶ鳥の線、まぶしく照り返している壁、なぞめいたタイトル、そういうエレメントにいちいちどういう意図が隠されているんだろう、という感じで脳を刺激されるような作品が多いです。

展示が年代別じゃなくてテーマ別になってるところが惜しくて、そこはアンケートにも書いちゃったんですが、ちゃんと制作年代みながら画風の移り変わりも確認してみていくと面白いと思います。版画はフランスのバンデシネっぽいところもあって、イラストとかデザインとか興味ある方も面白いと思います。今回は後述の「博物ふぇすてぃばる」でお金つかう予定だったので我慢しましたが、Tシャツとかポーチとかのグッズが軒並みよくて、物欲我慢するのがタイヘンでした。版画集と、どこで使うのだ…と思いつつデザインよすぎて付箋を買ってしまいました。

IMG_4343.JPG

続きを読む
posted by なつめ at 18:42| Comment(1) | TrackBack(0) | おでかけメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

ろすぷらJAPANとファンクラブ

EXOのグローバルファンサイトがオープンした(そしてダウンした)、という話題で持ちきりだった昨晩ですが、たたみかけるようにエイベックスがきましたねぇ。やはりエイベックスなのか、という落胆とともに、やっぱり日本はATMなんだなって実感する暑い夏の日←体言どめ

とりあえずEXOはいつ見られなくなるかわからんという気がするので、ファーストツアーだけは行っておきたいなぁと思って、応募だけでもしてみようと思います。でもアリーナとか怖いのでむしろスタンドください的な。グリパで十分怖気づきました。スパショは行っても絶対自分より年上いる!っていう安心感あるんだけど、EXOはねぇ…埼玉アリーナのあのアウェイ感半端なかったっす。

とりあえず日本公演はこんな感じ。

『EXO FROM. EXOPLANET#1 - THE LOST PLANET in FUKUOKA』
2014年11月11日(火) マリンメッセ福岡  開場17:30/開演18:30
2014年11月12日(水) マリンメッセ福岡  開場17:30/開演18:30
2014年11月13日(木) マリンメッセ福岡  開場17:30/開演18:30

『EXO FROM. EXOPLANET#1 - THE LOST PLANET in TOKYO』
2014年11月18日(火) 国立代々木競技場・第一体育館  開場17:30/開演18:30
2014年11月19日(水) 国立代々木競技場・第一体育館  開場17:30/開演18:30
2014年11月20日(木) 国立代々木競技場・第一体育館  開場17:30/開演18:30

『EXO FROM. EXOPLANET#1 - THE LOST PLANET in OSAKA』
2014年12月22日(月) 大阪城ホール  開場17:30/開演18:30
2014年12月23日(火・祝) 大阪城ホール  開場15:00/開演16:00
2014年12月24日(水) 大阪城ホール  開場17:30/開演18:30


一応代々木はそれなりに予想してチェックしてたんですが(たしかSHINeeも最初代々木だったような)、まさかの平日開催。しかも11月ってんでorzってなってます。まあえくそたんはお行儀がいいので、SJみたいに終電間に合わない!!的なことにはならないと思いますが、午後半休とっても翌日出社はきつい。

そしてクリスマス時期に大阪城ホールぶっこんでくるんですね…ひー。私的に、11月には大阪文楽劇場で公演があるのでそれは行きたくて、12月上旬にSJ京セラがあるので、それに引き続いての大阪城は無理っすよ、という感じでたぶん諦めますが、でもクリスマスイブにオーラスとかってもうすごい自信だなぁっていうか…彼氏とのイブのデート圧力に屈しない者だけがオーラスを征するわけですよね。というかむしろEXOが彼氏!って子だけを集めるわけですね。すごい、なんという踏み絵(←体言どめが多くなってる)

グローバルのほうのEXOファンサイトは相変わらず繋がらないですが(←これはむしろ「つながらない」を話題にするためにわざわざサーバー構成弱くしてダウンさせてるんだと思う。「サーバーがダウンした!」っていうニュースにできるし…)、日本のサイトはサクサク登録できますよ。

それにしてもエイベックスというのが悪い予感しかしない…私的に日本語版はまったく要らないけど、エイベックス的にはやっぱり日本語版一曲でも二曲でも歌わせて儲けたいんだろうし、私とてそこにジョンデのトレカが入っている可能性があるとかいう話になったらどんなに曲がダメダメでも買ってしまいそう、という気はするわけで…

いや、でもここは気を確かにもとう。そもそもK版・M版・合体版だけで手一杯である。だいいちSJのカムバック7集がどんなパッケージでくるかもわからないのだ。まさかのメンバー別(参考:Mr.Simple)だった場合どうする!(←もうやだこの仕様…orz)

ですが、全体的にSMエンタの最近の矢継ぎ早の展開には不安しか感じませんね…いきなりデビューMVで叩かれることになってしまったRED VELVETもそうですが、とにかくやることなすこと雑。残念ながら、れっべるちゃんに関しては私まったく心が動きませんでした。MVの原爆・911問題がなかったとしても、です。

曲は退屈、MVはきゃりぱみゅの劣化版だし、可愛い女の子たちなのにメイクでまったく同じ顔に仕立てて髪色でしか区別できなくしちゃってるし。そりゃお歌もダンスも上手だと思うよ、でもそれだけ。コンセプトもあるんだかないんだかわかんないし。これだったら断然クレヨンポップとかのほうが印象に残る。

えぷえくすのデビュー曲のこの完成度の高さと比べても、ほんっとかわいそうなぐらいつくりが雑。


とりあえず諸々のスキャンダルをごまかすために急ごしらえで出しちゃった感満載で、何年もデビューのために頑張ってきた新人ちゃんがかわいそうすぎると思いました。このあとにはブルーギャラクシーという男の子グループが控えていて、そこに例の日本人ユウタくんも入ってるらしいですが、だいたい「レッドベルベット」「ブルーギャラクシー」という名前がダサすぎる。「スーパージュニア」もダサいっちゃダサいんですが、このダサさには徹底感があり、そう、いうなれば「少年隊」ぐらいの恥ずかしいインパクトがある。「レッドベルベット」「ブルーギャラクシー」にはその顔を覆いたくなるようなダサさがなくて、ただただ中途半端なんですよ…。

続きを読む
posted by なつめ at 01:47| Comment(5) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

SKELETON!

涼しいおやまのおうちから帰ってくるなり猛暑で死んでおります。そして楽しみに待ってたウネのニューシングル「SKELETON」はお仕事いってる間に郵便やさんが持って帰っちゃいましたorz 母も避暑中で受け取ってもらう手が使えないので、週末まで受け取れないかなぁ…orz トレカ写真とかいっぱいUPされててすっごい楽しみなんですけど。あー早くMVもFULLが見たいな!



で、これ受け取る頃にはこっちも出てると…。

All about Super Junior `Treasure Within Us' (6DVD) (リュージョンALL)(韓国盤)(SJ特別特典/下記参照)(ワンオンワン店限定)
super junior スーパージュニア
SM エンターテイメント
売り上げランキング: 40,353


いよいよえるぷも忙しく、そして財布は軽くなっていきますわよ皆さま!って感じですな。味スタ放棄したお金もあっという間に消えていくという…orz

それにしても、ほんっとSJ関係の英訳あがるの遅くなっててつらい。カムバックも近いのに。実は仕事上ハングル文字を読めるだけ読めなきゃいけないことに近々なりそうということがあって、何度もやりかけちゃ挫折してたお勉強をいよいよやらねばってことになってるので、この機会に少しでも単語覚えて聞き取れるようになるといいなぁ。仕事という口実はいいですね。で、結局ハンディサイズの辞書ハンディサイズの辞書を買いました。

辞書は何がいいってカナだけじゃなくて発音記号がついてるんですよ。ハングルはそれじたい発音記号みたいなものなので、結局知ってる発音記号とのセットで覚えるのがいいのかなーとふと思いついて。あとは、母音から一文字ずつ覚えるより、実際の単語のつづり字で覚えるのが一番ラクそうな気がしてきたんですよね。実際辞書をぱらぱらめくってると歌詞やトークで聴いたことあって知ってる言葉も出てくるし。母音だけの単語で無理やり、みたいなので、単元ごとに文字を覚えようとするよりかえってラクみたい。頑張って早く読めるようにならねばー。

ちなみにえくそたんも公式フォトブック2014発売だそうですね。K版、M版と完全体EXO版があって、全体バージョンにはDVDがつくとか。Mっ子贔屓の私的には当然Mと完全体を買うことになりそうですが、まだ出品してるお店があんまり多くないので、もう少し予約いっぱい入り始めて、特典がどうなるかわかってから買うお店決めようと思ってます。でも、2014つっても前半のクリス写真は全部割愛なんだろうなぁ…はぁ…orz

ですがそれよりEXOぺんちゃんにとってはこっちのニュースのほうがでかいでしょう。ようやくできた公式ファンクラブEXO-L。


EXO-K, EXO-Mの間の文字(K-L-M)とLOVEのLだっていうんですけど、LOVE LAYのLサインが公式ファンクラブと被ってしまうとはww

Love Lay.jpg
れいちゃんいっつもこのハンドサインやってたのに。まあいいや、近頃のえっせむさんの仕事は基本的に雑なので、我慢します←いいのかそれで

でもまあ、これで多少は秩序が保たれるようになるといいですよね。過剰なおっかけとか空港の大混乱とか、公式できると多少は自主規制が働くかなと以前から思ってたので…。でも、EXOは個人ファンクラブが強いからなぁ。当然個人ファンの人も公式ファンクラブにも入るとは思うんですけど、どこまで一体感でるかどうかは疑問。オルペンとか絶対ゆるさねぇ!って感じの個人ファンクラブもあるからねぇ。

スマホのアプリとかも出るらしいですがいまんとこアンドロイド用しかDLDできないので、iPhoneの私は大人しく待ってます。そしてファンクラブ公式サイトはおそらくアクセス集中による内部サーバーエラー起こしてるっぽくて、とてもじゃないけど登録なんかできる感じじゃないです。はい。別に番号とか期待してないので、少し落ち着いてからやろうと思います…

でもこんなん予測できんじゃん!サーバ増強しとけ!ってのは毎回思いますけどね。カムバックでティーザー出始めるとダウンする公式サイト。ありがち。

続きを読む
posted by なつめ at 02:25| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

ハンチョル(号泣)

いま夏休みでして、東京にいなくめパソコンもなくて、これちゃんとUPできるのか自信ないんですけど、どうしても今日書きたくて。

ハンさま韓国入り、来たって話だけでその後どうしたのかなって思ってたんだけど。

会ってたよ。会ってた。ヒニムと並んで、楽しそうに笑ってるよ。

ヒチョルのカカオストーリーというプライベートスペースからの流出らしいです。本当はこんなプライバシー侵害しちゃいけないんだけど、今回だけは写真のっけることをゆるしてくださいです。

【追記】この写真の出所は上記のとおり、カカオストーリーですが、プライベートスペースからの流出ではなく誰でも見られるプロフィールのアイコンに設定されていたものということでしたので、削除せず掲載継続しています。一応追記しときますね。

【さらに追記】あらためて写真の出処に関する情報を検索してみましたが、プライベートスペースからの流出説とそうでない説が拮抗しているようなので、はっきりとしたことがわかるまで写真は下げておきますね。

もうさ、同じステージとかそんな贅沢は言わないよ、こうやって仲良しでいてくれるだけでいいんだ。

他の子たちとも会えたのかな。7集のこととか、ハンさまの映画の話とかもしたかな。

本当に本当に、よかった。SJのファンやっててよかった。

トゥギが「遠く離れてしまった星もあわせて僕らは13人」って言い続けてきたことが嘘じゃなかったことが、嬉しいです。この先もきっといろんなことがあるだろうけど、どんなときもSJを信じるよ、って思いました。本当に本当にELFでよかった。ELFになりたい!って思わせてくれてありがとう。夢を夢じゃなくしてくれてありがとう。

旅先なので文章も支離滅裂ですが、ちゃんとUPできますように。

そして、こんなときでもちぇんちぇん推しは自重しない。ちぇんちぇんに関しては私キモヲタであることを自覚してますが自重しないw

image.jpg
今日の西安行きのジョンデのお洋服がわりとどストライクだったので…近頃シンプルコーデでお兄さんっぽいおしゃれになったなあ。

image.jpg
もうちょいサブカル系男子みたいだった頃のおしゃれもわりと好きだったけど。







続きを読む
posted by なつめ at 22:38| Comment(11) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする