2014年12月14日

さよなら、スノドロさん。

スパショ6@大阪のレポは最後まで終わってないけど、やっぱり色々考えて、思ってることを書くことにしました。

ソンミン結婚式の日、12月13日に日付が変わった直後、活動停止したソンミンの大手ペンカペSnowdropのマスターさん(通称スノドロさん)が、10月にラストツイートをされて以来、ほぼ2ヶ月ぶりにツイートをされました。私はたまたま、深夜のタイムラインを見てて、彼女のツイートをリアルタイムで見ました。私はハングル読めないから、機械翻訳にぶっこんで読みました。ガチ泣きしそうになりました。

京セラのスパショの直後から、MCで(私は見てないけど)初日挨拶でソンミンのターンが飛ばされちゃったこととか、2日目リョウク以外のメンバーがほぼ本人と絡んでなかったことと、3日間通してトゥギがほとんどソンミンと会話してなかったこと、そして何よりも「その話題」をメンバーたちが完全にスルーしていたことをとりあげて、トゥギに対して批判するツイートがちらほらと出てくるのを見かけていました。トゥギがソンミンを無視してる、あれは仲間はずれだ、いじめだ、客にああいう微妙な空気を見せるなんてリーダー失格だみたいな批判です。ツイッターで「トゥギ」って検索すると「トゥギ いじめ」が候補で出てきたりしてな。

それに対して言いたいことは山ほどあったけど、でもスパショのレポは出来れば楽しく書き終えたかったし、結婚式という区切りを機会に、ソンミンから(遅ればせではあるけれど)自分のファンに向けた誠意ある言葉が聞けたりする可能性もゼロじゃないかも知れないし、と思って、そこまではあれこれ言うまい、と我慢してたところもあったんだけど、スノドロさんのツイートを見たらあまりにも切なくて、もういいや、と思ってしまった。

それで自重するのやめて、言いたいことを書いてたら、まさにその書いてる最中に、スノドロさんが本当に本当の最後のツイートをして、ツイッターのアカウントを削除してしまった。0時33分。私はそのツイートを見たし、あとで機械翻訳に突っ込んでみようとおもってファボもしてた。その直後、スノドロさんのアカウントは消えてしまいました。10月のサイト停止のときもそうだったけど、今回も本当にショックだった。

私自身はミンペンじゃないけど、その瞬間を目撃してしまったELFの一人として、あーこれスパショのステージを実際に見てた自分が、何も気がつかなかったふりをして楽しそうなことだけ抜粋してレポを書きあげるとかできないや、無理だ、と思いました。上に書いたとおり、一部のファンのトゥギに対する中傷にも辟易してたし、日付が13日になっても、あっちのペンちゃんたちから、本人から直接ファンに向けたメッセージがあった、っていう話は流れてこなかった。

これまでの二回分のライブのレポで書いたことに嘘はなかったけど、あえて書かなかったことはある。それは別に知りたくない人にとっては知りたくないことだろうし、同じものを見て同じように感じなかった人もいるだろうから、自分がすべて正しいと言う気はないし、同じように考えろという気もない。ただただ個人的に感じたことをtweetしました。その記録を書きとめておく。

「本物のELFなら何がなんでも彼の幸せを祈るべき」論を他人に押し付けたい人、逆に彼を応援したいという人たちに向かって「お花畑乙www」的な悪口を投げつけたいだけの人は、以下の記事を読んだり、コメントを入れたりするのはご遠慮ください。

続きを読む


ラベル:Super Junior
posted by なつめ at 01:54| Comment(9) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。