2015年02月01日

荒川線さんぽ完結編&ヒジンさんご結婚おめでとうございます♪

さて、半月前なのに延々おわらない荒川線さんぽ、今日で完結するぞ!

ホワイト餃子出たらもうなんとなく夕方っぽい空気になってて、本当はもっと先まで行くつもりだったんだけど、和菓子やさんとかしまるの早そうだし、そっち優先する?ということになり、梶原駅近くで「都電もなか」を売っている、明美さんに行くことに。

その前に、友人Bのお目当てのお岩さんの墓参りのため、住宅街をウロウロしながら妙行寺を目指す。まずは庚申塚でおまいりして…
IMG_9461.JPG

IMG_9462.JPG

そこから住宅街をウロウロ。結構迷いました。このへん、道もまっすぐじゃないし、狭い路地ばっかりで。お寺は本当にえ、ここ?って感じの住宅街の中にあって、でもこんな立派なうなぎ供養等が…
IMG_9464.JPG

お岩さんのお墓は、本堂の左手に入った墓地にあります。雑司ヶ谷墓地の開放的な感じとは違ってお寺の墓地なので、小さなところにお墓がひしめき合ってるし、卒塔婆だらけですごーく「お墓にいる」って感じがします。お岩さんのお墓は一番奥のほうにありました。お寺なのに鳥居があって、その奥です。

IMG_9466.JPG

やっぱり、松竹だとか、芸能関係者の卒塔婆が多かったなー。ちゃんとお参りしないとやっぱり悪いことがあるんだって。そんな話で怖いなーって思いましたが、このお岩さんのお墓、普通に卒塔婆あげてお願いすると願いことがかなったりもするんだって。ちゃんと成仏してるので大丈夫なのね。

うろうろしながら新庚申塚の駅を目指す途中でこんな猫ちゃんに遭遇。カメラを向けても動じず。

IMG_9467.JPG

岩合さんの写真集とかに出てきそうないい面構え。

ニッポンの猫 (新潮文庫)
岩合 光昭
新潮社
売り上げランキング: 67,758


さて、和菓子やさん目指して梶原駅降りて、あまりに殺風景さにうっ、どうしよう、人いない…?ってなったんですが、通りがかったおじさんに「都電もなか売ってるお店はどこでしょう?」って聞いたら「ああ、あけみね」って言ってすぐ教えてくれました。地元の有名店なのでしょう。これ、普通に「あけみ」って読むのか…もっと漢文チックな読み方するのかと思った…。友達と「スナックの名前とかみたいだよねー」と言いながらお店を目指す。奥さんの名前とかなのかなぁ。聞いてみればよかった。

IMG_9474.JPG
店構えはこんな感じ。町の和菓子やさんにしてはちょっと大きいかな?って感じ。店内にはいろんなタレントさんのサインが飾ってありました。やっぱり有名店らしい。シャズナのIZAMの写真があったのがわりとツボでした。何やってるんだろう今…。

都電もなか、箱入りもありますが、1両から買えます。そう、都電もなかの単位は1両、2両なのですwこんな感じ。
IMG_9580.JPG

IMG_9581.JPG
中はあんことぎゅうひで、それほど甘ったるくなく食べやすいお菓子でした。都電さんぽのお土産にオススメ!箱入りのやつだとすごろく入ってたりするんだって。

ショウケースのほかの和菓子をみてたら「ナントカの渡し」という渡し舟みたいな形のお菓子があって、このへん渡し舟なんかあったんですか?って聞いてみたら、すぐ近くが隅田川で、昔は工場と住宅地を結ぶ渡し舟があったんだそうです。へぇーほぉー、という感じでした。

続きを読む


posted by なつめ at 00:33| Comment(1) | TrackBack(0) | おでかけメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。