2015年02月17日

風邪をひいたので「ホテル・ルワンダ」観た。

いやー死んでました。先週の金曜から喉がチリチリで病院行ったりしてたんですが、インフルエンザではないですよ、よかったね、って言われてそうかよかったのか、って気分になってたらそこから38度台3日だもん。アウトプットが同じだったらインフルでもそうじゃなくても同じだぁwと呻きながら寝込んでました。今年は割と風邪ひきそうになってもぎりぎりで持ち直してたので、このまま冬を越せると思ってたんですが残念。週末行くつもりだった文楽もいけなかった…T T 代わりに文楽初めての母が行ってきたので、チケットは無駄にはならなかったのですが、天網島時雨炬燵は楽しみにしてたので残念。4月は絶対風邪引かずに行くぞー。

で、週末ずっと寝込んでたんですが、咳がひどくて眠れないので、座ったままこんな映画をボーっと観てました。

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2006-08-25)
売り上げランキング: 4,907


1994年のルワンダ大虐殺をテーマにした映画です。映画は事件の10年度に撮られたものですが、今年はもう2015年なので、この事件からももう20年経っちゃってるんだなぁ。

当時私はニュースもそんなにしっかり読み込んでなくて、フツ族ツチ族の対立、ということだけはどうにか頭に入れたけど、どっちがどっちを殺したんだか、というのもものすごくあやふやで、ただ「歴史上の出来事」じゃなくて、自分が生きてる間に起きたジェノサイドとして、なんとなくどこかでちゃんと勉強し直さないと、と思ってた出来事でした。たまたまTSUTAYAの宅配レンタルがキャンペーン中で、一ヶ月タダでお試しできるというので、申し込んでみたので、まずコレを借りてみたのです。

社会派映画で、テーマがテーマだけに尻込みする人もいるかもですが、そういうテーマを扱いながら、中心になってるのは夫婦愛(主人公はフツ族出身であり、奥さんはツチ族出身)だったりして、随所に夫婦の愛と絆を確かめ合うようなシーンがあって、ホームドラマみたいな趣もあります。主人公が結果的に1000人以上のホテルに逃げ込んだ難民を救うことになるのも、スーパーヒーローとして、ってわけじゃなくて、基本的にはただ家族を守ろうとする一人の父親として、自分の使える知恵とコネと勇気を最大限に発揮した結果であって、そういう意味でもホームドラマっぽさがあります。

続きを読む


posted by なつめ at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。