2015年03月29日

M版あった…T T

激鬱になりながらエントリ書いて朝おきたら、公式からプレゼントきてた…T T

M版あったよ…ただの「中国語バージョン」じゃなくて、「EXO-Mバージョン」が。泣きました。レイチェンだけじゃなくて、しうたまが、タオちゃんが歌ってる。10時間の期間限定公開だそうなので、お早めにどうぞ。(←にしても10推ししつこいな…!)

K版ももちろんあります。聞き比べるとカラーが違って面白いよ。K版ではカイくんの歌パートがずいぶん増えてて、その素直で丁寧な歌声になんだか癒されます。セクシー担とは思えない、はにかんだような歌声に萌えること必至。

10人版のCMBの音源きいて、ずっとこんなMは添え物路線だったら辛すぎる、もう潮時かも、ってまる一日落ち込んでたけど、その分喜びひとしおっていうか、ファンクラブも退会考えてたのに完璧に転がされてる私は、この一曲で(こ、これなら4人分ジャケット揃うまでM版買おうかな…)とか思いだしてるので敵の思う壺です。おそるべしえっせむ。このATM転がしテクを是非、SJのプロモーションにも活かして…!!KRYの公演日程、申し込み後に変更してる場合じゃないぞ…!!!

今年はちゃんとM活復活しますように。4人のステージ見られますように。デビュー以降すごく長いあいだ、中国では存在しないもの扱いみたいだったシウチェンが、ようやくあちらのテレビの音楽番組でもちゃんと抜かれるようになって、中国語の聞き取りとかもだいぶできるようになってた矢先の活動停滞。本当に歯がゆい一年だったので、このフラストレーションが吹き飛ぶような旺盛な活動を待ってます。

で、中国の音楽賞とかも、またとれるといいな。
LC.jpg
MがMである限り、カリスマレイさんについていくのだ。うん。
posted by なつめ at 12:22| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンドンいってらっしゃいとか諸々。

今週はなにやら仕事忙しく体調悪く、家で「あれを夜やるぞ」と思ってたことがことごとく出来ないまま週末を迎えてしまったので、溜まった家の仕事が大変でした…orz ちかれた。とかナントカ言ってる間に、シンドンは静かに入隊し、本国ウネ活も終わってしまいました。

ドンヒは本当に言葉通り静かな入隊でしたね。でも、髪をそる様子をインスタにあげてくれたりして、そこで元気な様子を見せてくれて、よかった。

shindong.jpg

SS6で会えると思ってたら会えなくて、そのままヘルニア治療に入っちゃったから、実質3年ぐらい会えないんだよなぁ…メンバーたちも言ってたけど、シンドンがいないSJっていうのが実は一番想像しづらくて。SS6のDVDは、たぶんシンドンの「忘れないで」を聴くために、ときどき観る。

これは、ソウルのSS6のやつ。

忘れないよ、待ってるよ!!

私が最初にSJに興味持ったのはこのMVでした。

なんか太った人がいる…なんかのMVのパロディ?パロディなの…?…え…公式…!!!?っていうのが、SJを覚えたきっかけ。ELFになれたのもシンドンのおかげ。あれから5年、ELFにならなかったら知りあわなかったお友達もできたし、「アイドルとかマジ興味ねぇー」って思ってた世界観を変えてくれた。本当に感謝してます。
SD.jpg

シンドンの除隊は2016年の12月23日。「恋人がサンタクロース」って感じでただいま&クリスマスイベントとかやって欲しいな♪
Running Man SD.jpg

にしても久しぶりにこの曲のMVみるとみんな若いわ…この頃はミンウクの区別がつかず、シウォンが出たり消えたりするのが不思議で、兄さんがセンターなんだな…でもなんでこの人だけロックみたいな格好してるんだろう…とか思ってました。そういえば、このMVみた時点で一番好きだったのがヒョクチェでした。『何故脱ぐのか』というところに若干の疑問を感じつつも、ダンスが上手で細マッチョなところが気に入ったのでした。案外ぶれてない私。

ウネのグッバイはちょきちょきにアンバー乱入!ですっごい可愛かったです。


そしてインスタでもELFにお礼♪こういうとこ、SJらしくって大好き。

相変わらずJPEG状態の綺麗なお姉さんの下で、「あいしてる!うぉーあいにー!」って叫んでるダンサーさんかわいい。

1位は結局一回だけだったけど、それでもトロフィーを持たせてあげられてよかったと思う。ELFと一緒に遊ぶ感じの活動期で、本人たちも、本国のELFちゃんたちも楽しかったんじゃないかな。
EHfansign.JPG
次は日本で会えるの楽しみ!

そうそう、今日のぎゅのお姉さんの結婚式でもまたトッタオッパ披露してたみたいですね。もうちょいまともな歌詞の曲にせんでいいのかw まあ宴会ソングなので盛り上がるけど。


旦那さんもノリノリでよかったですね。ちらっとしか映ってないけど、ぎゅはあの大好きなソン・シギョンの「ふたり」を贈ったんだね。どうぞお二人とも、お幸せに…!

ちなみにこちらは去年の12月、本家と一緒に「ふたり」を歌うぎゅ。

なんかすごく嬉しそうだー。

土曜の我が家に無事に届いたスペシャル版、カードはヒョクチェでした♪通常バージョンがドンヘだったので、ちゃんとウネが揃って嬉しいです。

スーパージュニア D&E The Beat Goes On Special Edition ( 韓国盤 )( 初回限定特典8点 )(韓メディアSHOP限定)
スーパージュニア- D&E ウニョク EunHyuk ドンへ DongHae
SMエンターテイメント
売り上げランキング: 43,211


もう来週はウネコンなんですよね。ウネ活やりながらSMTとかも行って、ツアーのリハーサルもやってるだろうし、タイトなスケジュールなので身体が心配ですが、でも兵役前のウネのツアー、思い切りお祭りしたいです。グッズも発表になりましたねー。今回もブレスレット可愛い。リングつきのコインチョコとか、なかなかいいなーと思います。だがあのピザカッターみたいなペンラは要らない…SHINeeみたいなブレスレット型にはならんのだろうか…残念。

続きを読む
posted by なつめ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

D&E初一位おめでとう♪

近頃つべではKBSのブロック早くて、ステージのほうは貼れないんですけど、とにかくコレ!



3月20日はウネの初1位記念日になりました。レラも応援来てるし、とにかく二人のこの嬉しそうな表情♪

1srWin.JPG

DnE150320.JPG

そしてあらぶるアラサー。


恒例のみんな好き放題に叫ぶ感謝のコトバ。

個人的に左端のお姉さんが途中からjpeg状態なのがツボ。

とにかく兵役前にあげたかったトロフィー、まずは一つ手にさせてあげることができてよかった!

日本のほうのアルバムももうじきですよー。4月1日!

Present (CD+DVD)
Present (CD+DVD)
posted with amazlet at 15.03.20
SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK
avex trax (2015-04-01)
売り上げランキング: 191


できることならこれもオリコン一位をとらせたい…。そして埼玉スーパーアリーナでお祝いしたいですね。サイン会とかもやってたようなので、これから可愛い写真があがってくるのが楽しみです♪

とりあえずお祝い!のみですが、自重しないちぇんちぇん推しはそんな日でも続くのだ。なんせ週末は会社のパソコンでポチっとできないので、その分布教をがんばらねば…!

とか言いつつ、今回のカムバックはチャニョルのビズが素晴らしいですね。この子のちょっと根暗っぽいとこが出ててイイカンジです。これは思わず保存してしまった。
チャニョル.JPG

SPAOのモデルがSJ、f(x)からEXO、AOAに変わったのですが(れっべるじゃなくてAOAなんだ…と思いましたが)、ジョンデはピンク担当でした。
SPAO.JPG

spaoJD.JPG

私基本的にジョンデは赤着てるとき似合うなとか可愛いなと思うことが多いんですが、ピンクもかわいいです。というわけで今日はピンク推しで。

EXOLjd.JPG

2012.JPG

2014.JPG


posted by なつめ at 00:33| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

ちょぎちょぎちょぎわ〜

SS6のDVDとかEXOのロスプラのDVDとか、色々届いて人柱としてのレビューを書かねば…とか思ってたらEXO2集のティーザーは出始めるし、ウネのアルバムはリパケ(スペシャル・エディション)が出るんですね。



日本で出したD&E名義の曲の韓国語バージョンが入るようなので、これは嬉しい。ただ、曲名リストみると、Oh, No入ってないんですよねぇー。リパケで入るかな?と思ってたので残念。あのお祭りチューン好きなんですが。あと、日本版から是非入れてほしかったHELLOも入ってないんだよなぁ。これ、もしかしてスペシャル・エディションのさらに上が出る伏線とか…???


こちらは去年の秋のロンドンでのHELLOとOH, NO!のステージ。

スペシャルバージョンはGAONチャートに合算されないそうなので、まだ最初のやつ買ってないという方は、是非あわせてご購入を…。



ちなみに私はとりあえず今年いっぱい、ウネの入隊まではウネの優良ATMになることを決めたので大変すがすがしい気持ちでお高めだけどチャート反映店で購入しました!カードはどんちゃんがきたので、次はひょっちぇが来るといいな…。ウネはどっちが来ても私的にあたりなので、とても気が楽なのですが。

それにしても、韓国版、日本版が同時期に発売になって、一気に持ち歌が増えるので、今年の2ndツアーは本当に楽しみです。再来週には埼アリですもんね。うわー、Beat Goes Onまだ覚えてない曲もあるので、ヘビロテせねば…。

でも、断然ライブで盛り上がりそうなのはコレですね。テレビのやつは最近消されるの早いんで、FanCamで。



こっちはショー・チャンピオンの。アホ毛かわいい。これはライブ会場でもみんなでちょきちょきしたいですよね。レトロポップ調っていうか、この手の曲はウネ強いなぁーって思う。クレヨンポップとかみたいに、子どもからお年寄りまで流行って欲しい…!あまりの中毒性にこればっかきいてます。


でもこっちの掛け声も覚えねば…誰か動画つくって…!(←他力本願)

こうやって活動しながら日本ツアーの練習もしてるんだよなぁ、と思うと身体が心配ですが、怪我しないように元気で来日して欲しいです。私埼アリはひょっちぇのお誕生日に行くので、楽しみです…!
続きを読む
posted by なつめ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

キャラメルボックス「クロノス」みてきた。

仕事やらなにやらバタバタしてる上に相変わらず咳が止まらずなるべく休んでたので、ちょっと遅くなってしまいましたが、先週の日曜日はキャラメルボックスの30周年記念公演「クロノスジョウンターの伝説」の「パスファインダー」のほうの公演をみてきました。

キャラメルボックスの定番にもなってる、タイムトラベルものの小説「クロノス・ジョウンターの伝説」のシリーズ最新作ですが、今回は原作小説にはないオリジナルストーリー(もちろん原作者の許可はアリ!)ってことで、誰も知らないお話です。

ちなみに原作本↓は、劇場ではキャラメルボックスのオリジナルカバーつきで販売されてますw
クロノス・ジョウンターの伝説 (徳間文庫)
梶尾 真治
徳間書店 (2015-02-06)
売り上げランキング: 12,336


非常にキャラメルっぽい爽やかなラブストーリーですが、30周年記念作品らしく、過去に飛んだ先で出会う主人公の兄が、大学やめて演劇に走っちゃってたことがバレるというエピソードがあったりして、「演劇って、スゴイんだぜ、泣いてる人を笑わせられるんだぜ」みたいな、この30年も続いた劇団の心意気みたいなものがストーリーからも感じられたりして、記念の年に相応しいお芝居だったなーって感じ。

主人公の兄と、その恋人と、過去で出会った女の子と、それぞれの出会いが、それぞれに希望を与える爽やかなラブストーリーで、今回のは本当に初めてお芝居見る人とかにもオススメだと思います。

驚いたのが、カーテンコールで写真撮影OKタイムを設けたり、次回公演の予告編ダイジェストを生でやったりっていう新しい試みを始めてたことですかね。私いったことないけど、Kミュージカルだとカーテンコールが撮影OKみたいなのは多いみたいですが、国内の演劇でこういうの見たの初めてだなぁ。

撮ってみたけど暗いしブレブレだった…(汗)
キャラメル1.JPG

キャラメル2.JPG

ちょっとお芝居の余韻をぶっ潰しちゃうところはあるし、試みじたいがいいかどうかっていうと若干微妙なところはあるけれど、でもこの劇団が80年代の小劇場ブームが去ったあとも、こうやって息長く続いていて、劇団創設時には生まれてもいなかったような若手の役者さんを迎え入れながらまだお芝居をやれているのって、座付きの脚本家のホンがわりと「時代に添い寝」系じゃなくて再演に耐えるストーリー性の高いものだった、ってことだけじゃなくて、こうやって「お客さんにまた来たいと思ってもらえるにはどんなことができるか」っていうアイディアを、いちいち実践してみているサービス精神にも理由があるよなぁ、って思うのです。

当時好きだった劇団はほとんどが解散とか永遠の活動休止とかになっちゃってるので、いまどきオープニングでダンスがあるようなお芝居なんて見られるのキャラメルボックスぐらいじゃないの、って感じです。ああ、そういうの懐かしいわぁ、って思う人も、そんなの観たことない、っていう人も、是非足を運んでみてください。最終日とかじゃなければまだ普通にチケットとれるはずー。

続きを読む
posted by なつめ at 02:02| Comment(1) | TrackBack(0) | おでかけメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

セカイの中心で、レイチェン愛を叫ぶ。

ウネ活も順調、SUKIRAもフル動画でたしそっちもわくわくドキドキなのですが、キャラメルボックスのお芝居観にいく前にこれだけは書いておおきたい!ということで…

EXOのセカンドツアー「EXO'luXion(エクソリューション)」が3月7日ソウルで開幕。クリス、ルハン離脱後初のツアー+新曲披露ということで注目を集めておりましたが、そのライブで披露された新曲の中に、レイさん作曲、ジョンデ作詞、チャニョルラップ作詞という曲がありました…T T

タオちゃんから入ってメンバーを覚え、クリタオを追ってMっ子の番組を漁りながら、なにこのリアルファイナルファンタジー、という異次元の美形メンバーに混じった小柄で歌ウマでいつもニコニコしているこの子いったい何者なのかしらやたら度胸がいい…と思ったのが沼の始まり、クリレイ信者に「はぁ!?レイチェン??あり得ないから!!!」と罵られ、モーメントの少なさに泣き、数少ないモーメントがあれば主に東南アジアを中心とする世界のファンとささやかな喜びを共有しつつ、ひたすらコツコツとレイチェンシッパーを続ること足掛け三年、「曲をプレゼントするならいつも僕を助けてくれるチェンに」というレイさんの言葉を信じ、世の腐った職人さんたちがありとあらゆるファンフィクションで描いてきた世界がリアルだったよ…何を言いたいかっていうと「YES, レイチェン いず リアル」ということで、もう思い残すことはないです真っ白に萌え尽きました…


Promise(約束)※音声だけです


自分は入社が遅くて他のメンバーみたいに泣いちゃいけないと思って、というなんとも健気な理由で舞台上では泣くことのなかったジョンデがこそっと泣いてたという話に私も泣きました。ぐすぐす。


続きを読む
posted by なつめ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

D&Eカムバックおめでとー。

ティーザーハイライトメドレーの動画、メンバーたちのSNSメッセージにわくわくしたり感動したりしながらカムバックを待つという、とっても正しいカムバウィークを過ごしておりました♪

NAVERのミニ番組もいい感じ。

すぐ笑っちゃうどんちゃんとか、どんちゃんに撮影させようとするとインタビューが下手で「お終いだよ」「なんだよそんだけで終わりってことないだろ!」って指導モードにはいっちゃうヒョクチェとか、もうこの2人のこのバランスが好きすぎてたまりません。

MVもかっこよくてよかった!

D&E基本的にお祭りチューンが多かったので、こうきたか!って感じの大人っぽい曲でしたね。このお金かかったMVには泣けた…なんせあのOppa, Oppaの公式MVのやっつけとも呼べないようなただのライブ映像繋ぎ、っていう冷遇っぷりを目の当たりにして泣いたので(あまりに酷くてそのあとシンドンが作ってくれた)。

もちろん世界じゅうのウネペンえるぷちゃんたちの力でフルアルバム出せるとこまで来たとは思うけど、目に見える実績として「全国ツアーの成功」っていう形で、事務所に「ウネでも商売できるな」って思わせることができた、っていうことはJ-ELF誇りにしていいと思うのですよ。この実績引っさげてのカムバックだし、韓国でのライブ実現だし。2人にもだし、K-ELFちゃんたちへのご恩返しにもなったかな?



ショウケースの様子はまだちっちゃーいFanCamぐらいしか見られてないですが、そのうち公式でハイライトぐらい出るのかな?写真は報道のが出てますね。何やるのかもろくに聞かずに、D&Eの仕事ならなんでもやりますよーって言って司会を引き受けたというトゥギ。本当に信頼している弟たちなんだな、っていうのがすごくよくわかって泣ける。

150305DnE.JPG

トゥギ.JPG
もうね、これとかトゥギの表情がお父さんなんだよ…娘を嫁に出すお父さんみたいな顔してるよ…T T ドンヘの天国のお父さんの代わりに、ずっと守ってきたんだもんね。まだまだトゥギ自身だってワカゾーだった頃「ドンヘを頼むよ」って言われた言葉をずっと抱えて。その子が自分が作った曲を入れたアルバムで、何年も何年も一緒にラジオやって、どのメンバーよりもいっぱい喋って、一番信頼してる弟と一緒にカムバック。そりゃもう、ある意味実の息子以上の存在だもん…感無量だろうなぁ…

teukpapa.JPG

どんちゃん、お父さんにも報告したのかなぁ。アルバム出たよ、ライブもやるよ、って。

2人の歌声も幸せな笑い声も、天国まで届きますように。
続きを読む
posted by なつめ at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

横アリペンミは行けなかったけど、ペンミ2013のDVDみた!

横アリのファンミーティング2015の参加者の皆さま、お疲れさまでしたー。私は仕事で参加できなかったんですが、でもtwitterに流れてくるレポで沢山にやにやさせてもらいました。毎回思うんですけど、公式のDVDより、twitterでELFの皆さんのレポ読むほうが逆に臨場感あって面白いんだよー。もういっそ、ELF-JAPANでレポ集めて一冊の本にして出して欲しいんですがw

横アリは会場も広いので、アリーナが神ファンサだった一方で、スタンド席の方で「退屈だった」というツイートもかなり見かけましたが、でもその中で嬉しかったのはこのレポかなー。



cr. maringoさま

うわぁ、ヒョクわかってる…!!って、なんかすごく誇らしく思いました。リーダー代理やって大人になって、視野がものすごく広がったんだなぁーって。

正直、ここ数回のライブとかイベント行くたびに、私がライブに行き始めた頃に比べて、お客さんも増えたけど、マナー違反ルール違反する人も増えてきたなぁーと感じることが多いです。行き始めの頃に自分の席以外のゴミまで拾って帰る人を見たりして、ほおー立派なものだなぁと思ってたんですが、近頃は飲み散らかし食べ散らかしのものが座席周辺に散らばったまま席を立つ人が増えました。メンバーが喋ってるときに別のメンバーの名前を叫び続けるとか、周囲の人の迷惑顧みず奇声あげっぱなしとか。座席移動もだし、後ろの人の視野を遮るような被りものとか、こういう「自分さえよければ」の割合が増えていくと、どこかで決壊して一気に全体のマナーが悪くなるんだと思う。まだギリギリ踏ん張ってる感はありますが。

これを止められるのって、結局主催者とアーチストの毅然とした態度だけなんですよね。ファン同士で話し合ってもなかなかみんなが納得するラインって決まりづらい。もめてる間に、マナー違反、ルール違反でもやったもん勝ち、とファンが思っちゃったらそれで終わっちゃう。きちんとルールを守る子がファンサもらって、ルール違反した子は好きなアーチストから背を向けられる、ということの繰り返しによる学習って本当に大事。

ふにゃふにゃで騙されやすくて泣き虫だったヒョクチェがここ数年で一気にしっかりしちゃって、本当嬉しいような寂しいような…ですが、頼もしい姿のレポ読めて嬉しかった!

カンインがワイルドだったり、ヒニムが地獄ラーメン食べて唇はらしてたり、うぎたんが風船集めゲームや罰ゲームで賢い小悪魔っぷりを発揮してたり、どのレポを見ても「ああーこんな感じだろうな!」って映像が浮かぶ感じでした。次はまた、だいぶ間があくだろうなぁーと思うと、今回参加できた方が羨ましいです。

で、今回お留守番組の私は、ELFジャパン限定発売の、2013年の埼アリでのファンミのDVDを見ておりましたww ウィークデーに届いたんですが、当然仕事で不在で、クロネコさんに持ち帰られてしまったもので、週末ようやく。




続きを読む
posted by なつめ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。