2015年04月29日

大阪→名古屋、文楽→ウネコン+展覧会+うまいもんツアー(みたもの食べたもの)

ああああなんか忙しくしてる間に名古屋いってからもう一週間以上経ってしまいました。世の中にはすでにゴールデンウィークに突入している方もいらっしゃるとか…人によってはほぼ半月休みだとか…私「GWナニソレ美味しいもの?」と言いながらカレンダー通り通勤の人ですがT T

さて、表題のとおり、大阪名古屋で観たもの食べたものの記録です。

今回は、金曜夜から大阪入りして、文楽一部を鑑賞してから名古屋に移動、というスケジュールでした。なので到着の夜は何も食べませんでしたが、翌日はまず、移動のときにめんどくさくないように、先に新大阪駅にスーツケースを置きにいって、そこで文楽の幕間に食べる「とん蝶」(美味しいおこわ)ゲットしてきました。こちらは通信販売等がないので、大阪で買うしかありません。ので、文楽劇場にいくときの毎度のお楽しみです。

toncho.jpg

ここで豆知識!とん蝶売ってる絹笠というお店はミナミのなんばウォーク内とか百貨店内とかあるんですが、まあどこも普通のお店なんで10時ぐらいが開店で、朝早い出発とかだと買えない、と思いがち。ですが、実は新大阪の駅構内の土産物店(朝7時30分開店)で売ってるんですね。今駅が工事中で駅ナカのお店見つけられず一瞬絶望したんですが、駅2階、新幹線の入り口近くのみやげ物店の棚にもしれっと置いてありました。やた!って感じで、これと、京都銘菓の「おたべ」のミニサイズ版「こたべ」をデザート用にゲット。これ、ハコのデザインがすごく可愛くて、女性向けのお土産にもいい感じですよー。私は季節限定の「さくら」を買いました。今はもう初夏のデザインになってますね。

今回の文楽公演は、吉田玉男さんの襲名披露記念公演だったんですが、私は襲名の口上のない回を選んだので、口上は観られず。でも、普段はわりとカジュアルな雰囲気の大阪の文楽劇場なんですが、今回はお着物姿の方が多かったように思います。東京は結構いつでも高そうな着物の奥様方が多いんだけどね。

口上は観られなかったけど、こんなものがロビーにあって、なんか祝賀ムードは味わってきました。

bunraku.JPG

演目は以下のとおり。あらすじなんかはリンク先でどうぞ。
 ■絵本太功記(えほんたいこうき)…夕顔棚の段/尼ヶ崎の段
 ■天網島時雨炬燵(てんのあみじましぐれのこたつ)…紙屋内の段
 ■伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)…火の見櫓の段

続きを読む
posted by なつめ at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

大阪→名古屋、文楽→ウネコン+展覧会+うまいもんツアー(ウネコン雑感)

名古屋日曜のウネコンのチケットが取れたので、ここはまとめて!ということで、週末から表題のようなツアーをやってきました。金曜夜、仕事が終わってから新幹線で大阪へ向かい、深夜にビジネスホテルにチェックイン、翌日土曜日の11時〜16時までの文楽の第1部を見て、それから名古屋に移動。日曜日は市美術館で若林奮(いさお)の展覧会見てからウネコン二日目に参戦、月曜日に帰京、というなかなか贅沢な旅でした。その合間に食べたおいしいものレポはまた追ってあげるとして、忘れないうちに、ウネコン2日目と文楽4月公演のレポというか雑感を…。

今回のウネコン、私はアリーナ1列目、花道の上手側という、ほぼどセンターみたいな席でした。私は福岡行かないので、今回のツアーはこれが自分的オーラスです。SJ本隊のカムバの噂やKRYのスケジュール、ヒョクチェの入隊時期などを考えると、たぶん追加公演はないんだろうな…という気がするので、兵役前の二人に会えるのはこれが最後だろうなーと思ってて、なのでこういう小さめの箱で最後に会えて、嬉しかったです。ガイシはキャパ1万人ぐらいなのかな?アリーナから天井席まで一体感があって、楽しかったです。回数こなしたからか、会場が小さめで客席が近いせいかはちょっとわかりませんが、さいアリでは少し緊張気味に見えたウネの二人は最初からとてもリラックスムードで、観客との掛け合いも楽しんでる感じだったなー。

前回さいアリと比較しての違いは、バリ5のみで使っていたバクステ、今回は「君が泣いたら」でトロッコで移動、その後思い出映像を見るとことかもバクステに留まるという感じだったので、だいぶ遠くのお客さんの満足感があがったんじゃないかと。威力が強すぎてぶつかり事故が結構おきていたボールのバズーカ発射はやめたらしい。手で投げてました。あと、最後アンコールで着て出てくるD&Eトレーナー、デコりすぎてなんかもう違う服になってました。ドンヘはD、ヒョクチェはEの文字の上をデコってるんだけど天の川状態で読めない。ので、お互いに相手のイニシャルが入ったトレーナーを着てるようにしか見えず、ウネのペアルックでではあったもののえるぷとのペアルック感は薄れたようなww まあいいです。リア充でした。

リリースイベントでの最前列経験はありましたが、アリーナ最前列って初めてだったので、係員のお兄さんが3時間近くずううううっとしゃがんだ姿勢で柵を押さえ続けている姿も初めてみまして。別にぐいぐい押す人とかいなかったし、VCRの間ぐらいみんな座ってんだからちょっと休んだらどうなのかしらと思ったんですが、マニュアルなのか、ずっとそのしゃがみ姿勢のままでした。脚しびれそうだった。ホールは一回入ったら基本出られなくて、ドリンクとかは入場前に買って入ってください、って入り口付近で言われてたのに、買わずに入ってしまったというおばさまが「買いにいっちゃダメ?」って食いふさがってて、結局「僕が一緒に行きますんで、どうぞ」なんて個別対応でお兄さんが案内してたりして、なんだその神対応、っていうか、会場スタッフって大変だなーと頭が下がる思いでした。皆さんライブではやる気持ちはわかりますが、会場での案内にはちゃんと目を通し、耳を傾け、なるべくスタッフさんに迷惑かけないようにしましょうね。

ちなみに私の前の柵担当だったお兄さんはずーっと私の目の前にしゃがんでたもので、ちょっと恥ずかしかったです。こっちはいい年してアイドルに手振ったりちょぎわ踊ったりしてるわけでさぁ…。途中でちらっと見たら靴紐結び直してて、目があったので口パクで「おつかれさまです」って言ったら、はにかんだようにニコって笑ったお兄さんは大変好青年で胸キュンでした(←違う)…すみません、ウネコンレポじゃなくて会場スタッフレポになってしまいました。

でもこういう席やっぱ面白くて。途中で空気でぐるぐる風船のわっかをまわす演出あるんですけど、そこで私の目の前の1つが落ちてしいまって、担当スタッフの人が超あわあわしながら復帰しようとしてて、「…がんばれっ!」って思わず両手を握り締めてしまったり(←結局曲が終わっちゃうまで間に合わなかったけどw でも他のスタッフもやってきてなんとか押し上げようと悪戦苦闘する姿を私は見た!ので、「しくりやがって!」とか言えないです、すごいがんばってたから)。

会場カメラマンさんが割と小柄な女性だったりとか、WINEの舞台で使う門みたいなのをスタッフが組み立ててるとことか、最後にちょぎわ踊ってくれたドンウンさんをヨンソンマネが回収にきたとことか(←たぶん最後までいたらえるぷに取り囲まれて帰れなくなっちゃうからだと思います。ヨンソンマネはD&Eトレーナー着てた。腰を屈めてこそこそこそこそってやってきて警備員に柵あけさせてドンウンさん回収してたけど、やっぱ背が高かった。ドンウンさん「(いきなりステージにあげられるとか)聞いてねぇよ…!」みたいな感じでヨンソンマネに何か言ってて、マネは笑いながら「ごめんごめん」みたいにしてた。)、そういうDVDには入らない場面がちょいちょい見られました。

こんな風に舞台にはあがらない一人ひとりのスタッフの人たちが、素敵なライブの思い出を残すために頑張ってくれてるんだなぁーってあらためて思ったりしました。本当に、ライトのあたらない見えないところで、大勢の人たちがライブを支えてます。アリーナ席体験記として、これは伝えたいなぁって思いました。

こんだけ書いてやっとウネ話に突入。

続きを読む
posted by なつめ at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

美輪さまの黒蜥蜴をみてきた。

なんかPTAのどうしたこうしたとかで忙しくしててすっかり時間経っちゃったんですけど、しかも投稿したつもりで非公開になってたという二重オチなんですけど、4月5日の日曜日、(←ウネコンの翌日という強行軍)美輪明宏主演の「黒蜥蜴」の新国立劇場での公演を観てきました。

いやー前から一度、みてみたかったの美輪さまの舞台。だけどなかなか機会がなかったんですが、ELF友だちが誘ってくれて、観劇の運びとなりました。

これがですねぇ、スパショと同じぐらいのお値段なんですけど、時間も同じぐらい、まさかの3時間40分公演なんですよ…!途中休憩はあるけどスパショだってVCR休憩あるしさ。今年80歳の美輪さまがそんな過酷な公演を…??ってびっくりしつつ、正直、ウネコン翌日で寝ちゃったらどうしよう、と心配しいしいでかけたのです。

でも、3時間40分なんてあっという間っていうぐらいの素晴らしい舞台で、カーテンコール20メートル先ぐらいにいる美輪さまは神々しく、スタンディングオベーションだった…。これねぇ、冗談じゃないんですよ、本当に。必見。

美輪さまファンの人が、なんでああも美輪さまを崇めたてまつるのか、わかってしまいました。私も1幕の段階ですでになんか新しい宗教に入った勢いで引き込まれてしまったので。3幕目が終わる頃にはすでに信者。すごいよあの人本当に。指先までも美しく気品があってオーラが違う。今年80歳とか嘘みたい。

確かに声の張りとかは10年前、20年前、30年前と比較したら劣るんだろうけど、舞台成立しないほどの衰えではない。何よりいまどきあの美しく古典的な台詞回しにリアリティを与えられる舞台女優が他にいるだろうか。他のキャストを色々と考えてみたんだけど想像できなかった。そして、こういう人だからミューズたり得たんだろうなってものすごく納得してしまいました。

一緒に観てた友だちと、私たちやっぱり最低7センチのハイヒール履いてもっと美しくならなきゃ、美しい日本語を使わなきゃ、とか言い合いながら帰ってきた(←もはやよくわからないテンション)。

ゴージャスで重厚なシナリオと舞台装置だけど、随所にコミカルな演出もあって全く飽きないです。恐ろしいぐらい時間が経つのがあっという間で、3時間以上の舞台なんて思えませんでした。一瞬たりとも目が離せない、美輪さまの女神のオーラすごい。

テレビの美輪さましか見たことない人はたぶんこんだけ言っても鼻で笑うか冗談だと思うんだろうと思うんですけど、本当なんですよ…!盛ってません。お年もお年で、美輪さまの美意識からして老醜を晒すべきでないと思ったらきっぱり辞めてしまうと思うし、観られるときに絶対観ておくべきだと思う。

ちなみに美輪さまは舞台で14センチヒールを履いておられるそうです。私たぶん歩けないです…ていうかそもそも14センチヒールとか履いたことないです。それで、一緒にいった友だちと、「まずは7センチヒールから頑張ろう!」と言い合ったのでした。私、買うところから始めないと…(←これまで5センチ以上買ったことがないw)

続きを読む
posted by なつめ at 02:28| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

2年目のウネコン、埼アリのヒョク誕いってきた!

というタイトルをつけたものの、我ながらなんでも省略すればいいというものではありませんですね…なんのことだかわからん!!ええと、SUPER JUNIOR D&E、2015年2ndツアー、埼玉スーパーアリーナの公演2日目(4/4)、ヒョクチェのお誕生日の日のライブにいってまいりました。

レポはずいぶん沢山出てるので、流れを追うというよりは、あくまで自分用メモっていうか、印象に残ったこととか感じたことを順不同でメモっていこうと思います。そうそう、時事プレスの動画もでましたね。ちょっとでも雰囲気伝わるかな?



IMG_2176.PNG

セットリストはこんなでした。

1.Scary House
2.Motorcycle
3.Bari 5!
4.Light, Camera, Action!
5.The Beat Goes On
6.Skeleton
7.超プレッシャー
8.Wonderland
9.1+1=LOVE
10.Symphony
11.Growing Pains
12.Mother
13.君が泣いたら
(映像鑑賞タイム)
14.Where Is She?
15.Breaking Up
16.Wine
17.Teenage Dream
18.I wanna dance
19.Oppa Oppa
20.Saturday Night
(以下アンコール)
21.Kiss Kiss Dynamite
22.Hello
23.Gift


・私は1階席メインステ真横あたりだったので、VCR映像はあんまりよく見えず。センステとバクステはお尻側から見る感じでしたが、でも1階席3列目だったんでオペラグラスはあまり使わずに楽しめました。

・オープニング、今回はヘリでの登場。上から下に下りてくるだけじゃなくて前進します。しかもプロペラがまわって機体が光ります。見た瞬間の感想→「お、お金がかかっている…」…本国でのOppa, Oppaリリース時のMVに一切金かけてもらってなかったことへのトラウマがあるため、ちょっとでも動くセットとかあるといちいち感動するのだった。新アルバムScary Houseからの開始で、ダンサーさんたちも黒衣装でオープニングからの数曲はハードな感じ。

・Motorcycleの途中でなにやらごそごそ舞台裏からものが出てきたのでトロッコかなと思ったらバイクが乗ってるトロッコだった。ウネとダンサーさんがまたがって移動します。近く通ったとき見たら、ナンバープレートが「19-86」になってた。ウネの誕生年♪こういう細部にまで凝ってもらってるとこに、ウネがスタッフに愛されてるのを感じる…。

・1stツアーの時も、DVD出たときも思ったんですが、今回のライブでも、ダンサーさん、通訳のネモトお母さん、スタッフの方々などツアーに関わるすべての人たちから、ウネすげー愛されてるなぁ…と思いました。カメラワークとかも、始まってまだ二日目なのに圧倒的にSJ本隊のライブよりいいんだもん。ファンから見て抜くべきとこを抜いてくれてて、拍手したくなりました。カメラマンさんの愛だよ、あれ。

・たとえば、途中風船の輪っかみたいなオブジェを、空気で浮かせたままくるくる回す演出があるんですが、そこでスチル写真のカメラマンさんが、セルカ棒みたいなものにカメラくっつけて、風船越しに2人の写真撮ろうとしてるのが私の席からは逐一見えました。そっか、いい絵を撮りたいんだな!っていうのが伝わってきて。こういう縁の下の力持ち的なスタッフ一人ひとりも、いいライブといい思い出をつくろうとしてくれてるんだな、っていうのが随所で感じられて、とても爽やかな気持ちになれました。

・Bari 5!はバクステでバッキバキのダンス。今回オープニング以外にも吊り下げ乗り物あったしバクステも使ったしトロッコも多かったし、とにかく全方向全階のお客さんにウネが近づけるように、楽しんでもらえるように…という演出意図が随所に感じられて、それがすごくよかったです。トロッコもウネが右回り、左回りをそれぞれ交代してて、こっち側しか来ないっていうことがない。EXOのロスプラではそれぞれの子の担当の場所がだいたい決まってるみたいで、推しの子が自分側の担当じゃない場合は諦めるしかない、みたいなとこがあったんですが、今回のウネコンは、とにかくまんべんなく両側に二人が来てくれる。サインボールも遠くに届けるためにバズーカ使ってたし、天井席のお客さんも疎外感とかないと思います。サインボールは逆に二階席で得した!って思うかも(勢い強すぎて思いっきりボールがヒットしちゃったお客さんもいたみたいですが…どんちゃんが「申し訳ないです…大丈夫?」ってすごい気にしてました。怪我はなかったかな?)。今年のファンミの演出すごく不評だったようだけど、ファンミもまさおさんに演出してもらえばいいんじゃないのか…!!

・ご挨拶MC、「今日は皆さんを帰さないよ。(ELF悲鳴)ずっと一緒にいたいです。(ELF悲鳴)今晩ここに一緒に泊まりましょう!(ELF悲鳴)」的なやり取りのあと、「ここにこうやって寝てー、えるぷに腕枕してあげたい。」とセンステで横になり実演を始めるウネ。「そんでこうやってぽっぽしてあげる。」って腕枕側にちゅってしてみせるどんちゃん。それ見たヒョクチェ、隣に寝てる彼女に覆いかぶさる系でキスの実演を試みるも、照れすぎてふるふるしながら笑ってました。自分でやっといてなんだそれw

続きを読む
posted by なつめ at 03:20| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

いよいよウネコン♪そしてひょっちぇのお誕生日!

D&Eセカンドツアー、いよいよ始まりましたね。今日行ってたお友だちから、ちょぎわなかったと聞いてちょっとがっかりしてたんですけど、代わりに観に来てたイスマン氏がちょぎわってたというレポを読んで爆笑しました。なんだろう、この人のこういうところがどうしても憎めないw 自分とこのアーチストのライブいってペンラ振って踊って、自由だなぁ(笑)。

流れてくるセットリストによればやっぱり新しいアルバムの曲が多いみたいで、うっ受け取ったばっかで予習しきれてないよ…!って感じですが、行きの電車で頑張って予習します…。

Present (CD+DVD)
Present (CD+DVD)
posted with amazlet at 15.04.03
SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK
avex trax (2015-04-01)
売り上げランキング: 132


私まだELF版しか受け取れてなくて、超プレッシャーとか聞けてないんですが、頭のなかm.c.A・T状態のままどんな曲か楽しみに出かけようと思います(汗)。ちなみにカードはひょっちぇだったので、DVDつきはドンヘだといいなー。韓国語バージョンは、通常版がドンヘでスペシャルバージョンがヒョクチェだったのでちゃんとウネになったんですよ。

ちなみに今日はこれも届いたので、ライブに向けてテンションあがってきました♪



表紙はウネじゃないけど、これのグラビアが入ってるやつ。



翻訳つきのところで買ったので、アルバムに自作曲を採用されるまでの苦労とか、ドンヘのバラエティ精進話とかインタビューのとこも読めて面白かったです。人生のうち半分の時間を一緒に過ごしてるんだもんねぇ…。

ドンヘが義務警察の試験を受験しにいった話や、5月にSJの10周年記念アルバムが出るという話がtwitterタイムラインを賑わせたりして、このせわしない雰囲気に、ああ、その日が近いのだなぁ…と感じざるを得ませんが、でも負け惜しみじゃなく「ああ、おばちゃんになっててよかった…!」と思うのは、2年とかこの年齢になるとあっという間なんですよ…いやマジで…。

なんせね、今年、私の大好きな画家の鴨居怜の没後30周年記念展があるんですよね。で、私25周年のやつ横浜まで観にいってるんですけど、それ自分的に2〜3年前の話だと思ってましたからね。中2〜3年の時間が自分の中ですっぽ抜けてるんですよ。おそろしい…そして年々それが加速していくのです。あたかもUFO連れ去り事件のごとくに。リアルホラーです。

というわけで、現在お若い皆さんも2年待ってる間にちょっとずつ歳をとりますし、それに比例して時間が経つ体感スピードも加速していくので、2年のお留守番など怖るるに足らず!です。そうですとも…。

続きを読む
posted by なつめ at 01:46| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。