2015年04月16日

美輪さまの黒蜥蜴をみてきた。

なんかPTAのどうしたこうしたとかで忙しくしててすっかり時間経っちゃったんですけど、しかも投稿したつもりで非公開になってたという二重オチなんですけど、4月5日の日曜日、(←ウネコンの翌日という強行軍)美輪明宏主演の「黒蜥蜴」の新国立劇場での公演を観てきました。

いやー前から一度、みてみたかったの美輪さまの舞台。だけどなかなか機会がなかったんですが、ELF友だちが誘ってくれて、観劇の運びとなりました。

これがですねぇ、スパショと同じぐらいのお値段なんですけど、時間も同じぐらい、まさかの3時間40分公演なんですよ…!途中休憩はあるけどスパショだってVCR休憩あるしさ。今年80歳の美輪さまがそんな過酷な公演を…??ってびっくりしつつ、正直、ウネコン翌日で寝ちゃったらどうしよう、と心配しいしいでかけたのです。

でも、3時間40分なんてあっという間っていうぐらいの素晴らしい舞台で、カーテンコール20メートル先ぐらいにいる美輪さまは神々しく、スタンディングオベーションだった…。これねぇ、冗談じゃないんですよ、本当に。必見。

美輪さまファンの人が、なんでああも美輪さまを崇めたてまつるのか、わかってしまいました。私も1幕の段階ですでになんか新しい宗教に入った勢いで引き込まれてしまったので。3幕目が終わる頃にはすでに信者。すごいよあの人本当に。指先までも美しく気品があってオーラが違う。今年80歳とか嘘みたい。

確かに声の張りとかは10年前、20年前、30年前と比較したら劣るんだろうけど、舞台成立しないほどの衰えではない。何よりいまどきあの美しく古典的な台詞回しにリアリティを与えられる舞台女優が他にいるだろうか。他のキャストを色々と考えてみたんだけど想像できなかった。そして、こういう人だからミューズたり得たんだろうなってものすごく納得してしまいました。

一緒に観てた友だちと、私たちやっぱり最低7センチのハイヒール履いてもっと美しくならなきゃ、美しい日本語を使わなきゃ、とか言い合いながら帰ってきた(←もはやよくわからないテンション)。

ゴージャスで重厚なシナリオと舞台装置だけど、随所にコミカルな演出もあって全く飽きないです。恐ろしいぐらい時間が経つのがあっという間で、3時間以上の舞台なんて思えませんでした。一瞬たりとも目が離せない、美輪さまの女神のオーラすごい。

テレビの美輪さましか見たことない人はたぶんこんだけ言っても鼻で笑うか冗談だと思うんだろうと思うんですけど、本当なんですよ…!盛ってません。お年もお年で、美輪さまの美意識からして老醜を晒すべきでないと思ったらきっぱり辞めてしまうと思うし、観られるときに絶対観ておくべきだと思う。

ちなみに美輪さまは舞台で14センチヒールを履いておられるそうです。私たぶん歩けないです…ていうかそもそも14センチヒールとか履いたことないです。それで、一緒にいった友だちと、「まずは7センチヒールから頑張ろう!」と言い合ったのでした。私、買うところから始めないと…(←これまで5センチ以上買ったことがないw)

続きを読む


posted by なつめ at 02:28| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。