2015年04月29日

大阪→名古屋、文楽→ウネコン+展覧会+うまいもんツアー(みたもの食べたもの)

ああああなんか忙しくしてる間に名古屋いってからもう一週間以上経ってしまいました。世の中にはすでにゴールデンウィークに突入している方もいらっしゃるとか…人によってはほぼ半月休みだとか…私「GWナニソレ美味しいもの?」と言いながらカレンダー通り通勤の人ですがT T

さて、表題のとおり、大阪名古屋で観たもの食べたものの記録です。

今回は、金曜夜から大阪入りして、文楽一部を鑑賞してから名古屋に移動、というスケジュールでした。なので到着の夜は何も食べませんでしたが、翌日はまず、移動のときにめんどくさくないように、先に新大阪駅にスーツケースを置きにいって、そこで文楽の幕間に食べる「とん蝶」(美味しいおこわ)ゲットしてきました。こちらは通信販売等がないので、大阪で買うしかありません。ので、文楽劇場にいくときの毎度のお楽しみです。

toncho.jpg

ここで豆知識!とん蝶売ってる絹笠というお店はミナミのなんばウォーク内とか百貨店内とかあるんですが、まあどこも普通のお店なんで10時ぐらいが開店で、朝早い出発とかだと買えない、と思いがち。ですが、実は新大阪の駅構内の土産物店(朝7時30分開店)で売ってるんですね。今駅が工事中で駅ナカのお店見つけられず一瞬絶望したんですが、駅2階、新幹線の入り口近くのみやげ物店の棚にもしれっと置いてありました。やた!って感じで、これと、京都銘菓の「おたべ」のミニサイズ版「こたべ」をデザート用にゲット。これ、ハコのデザインがすごく可愛くて、女性向けのお土産にもいい感じですよー。私は季節限定の「さくら」を買いました。今はもう初夏のデザインになってますね。

今回の文楽公演は、吉田玉男さんの襲名披露記念公演だったんですが、私は襲名の口上のない回を選んだので、口上は観られず。でも、普段はわりとカジュアルな雰囲気の大阪の文楽劇場なんですが、今回はお着物姿の方が多かったように思います。東京は結構いつでも高そうな着物の奥様方が多いんだけどね。

口上は観られなかったけど、こんなものがロビーにあって、なんか祝賀ムードは味わってきました。

bunraku.JPG

演目は以下のとおり。あらすじなんかはリンク先でどうぞ。
 ■絵本太功記(えほんたいこうき)…夕顔棚の段/尼ヶ崎の段
 ■天網島時雨炬燵(てんのあみじましぐれのこたつ)…紙屋内の段
 ■伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)…火の見櫓の段

続きを読む


posted by なつめ at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。