2015年06月27日

5人えぷ。

不確定という話ながら、f(x)ソルリの脱退話がニュースとして流れ、私的に昨日はお葬式状態でした…えぷの中で特にソルリ推し、ってわけじゃなかったんですが、それでもあの子も含めた五人のバランスというものが私的には神だったので、「仕事なのでいません」じゃなくて「脱退」という形で「いないのがデフォルト」ということになるとすれば、それはまた「ああ、ひとつの季節が終わった…」的な話で。

ああいう、少女と大人の女性の間の微妙な往還みたいなものも含めた商品って、SJとかみたいに「オッサンになってもずっと続けられる」というたちのものじゃなくて、期間限定っていうことはある意味最初からわかっていて、兵役なんかないけどそういう意味では女の子の魔法の季節のほうがずっとずっと短くて儚くて、だからこそもう一つ一つのステージを食い入るようにみて愛でてきたわけだけど、せめて一度は単コンやらせて綺麗な映像で残して欲しかったよ…T T

EXOとのカップリングだったSM WEEKぐらいしか結局それらしいステージってなくて、あれもDVDとかになってないので、公式の綺麗な映像で残ってるのはSMTのDVDぐらい。あとはMV除けば音楽番組の違法アップロードできる限り高画質で集めるしかないわけですが、それなんかもうほんっと磨り減るぐらい見てるもんデジタルだけど…!

I AM: SMTOWN LIVE WORLD TOUR in Madison Square Garden ライブDISC付コンプリートDVD BOX
エイベックス・ピクチャーズ (2012-10-03)
売り上げランキング: 2,521


朝ニュースを見たときからもう激欝で、夕べはひとり、お気に入りの動画を眺めながら御通夜やってました。その記録貼り付けておきます。自分の好きな動画のクリップ用含めて。歴史順じゃないです。


ピノキオはこれのときが一番好きだったかなぁ…水槽の前のやつも良かったけど。


ソルリの髪の毛のキノコみたいのが増えたり減ったりして可愛かった。太ましい足がまた可愛いね。

この曲は曲調から歌詞から本当に全部すんばらしかった。これで一位をとれて本当によかったと思う。さんざん難解な曲ばかりやらされてきたえぷが普通に一位とることなんてないと思ってたけど、これはキャッチーな表の顔を深読みの裏の顔を上手く使い分けた実に見事なバランスの名曲でした。歌詞は「恋する女の子の気持ち」みたいな建前だったけど、実際はチラチラと猟奇殺人を連想させるような歌詞でしてね。放送コードに引っかかるような言葉はないけど、明らかにそういう暗示をしてる、すごく上手い歌詞だった。それをこのお人形みたいに可愛い女の子たちが歌い踊る。なんというをたくホイホイ。



1集 - Pinocchio (CD+フォトブック)(韓国盤)
f(x)
SM Entertainment (2011-04-29)
売り上げランキング: 62,125

続きを読む


ラベル:f(x)
posted by なつめ at 01:26| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。