2015年06月28日

海街ダイアリーみてきた。

是枝監督の映画「海街ダイアリー」、これは原作も大好きなので、楽しみ半分、不安半分だったのですが、観て来ましたー。



正直、報道で最初にキャスト見たときには、綾瀬はるかと長澤まさみはないなぁ…と思ってたんですが、見終わって、これMVPは長澤まさみかな、と思いました。彼女、こういう蓮っ葉な役ぴったりだなぁっていうか、ビノシュみたいな生々しい役をやったらすごくいいんじゃないかと思いました。そういう意味ではよしのちゃんのスピンアウトちゃんと原作どおりのストーリーで彼女主人公で撮ったらよさげだなぁと思った。

次点は夏帆ちゃんで、実際にはチカちゃんのシーンが全体通してみた中で一番ぐっときた。原作だと、わりとお笑い担当というか、陽気さ、明るさの部分を担当してるチカちゃんはあんまり深くキャラ掘り下げられてないところがあるんだけど、映画では「お父さんのこととかあんまよく覚えてないチカちゃん」という女の子のほんの僅かな心の揺らぎとかが(これは脚本がいいのか夏帆ちゃんの解釈がいいのかよくわからないけど、実に奇跡的なバランスで)表現されてて、そこがすごくよかった。

【以下ネタバレあるのでみたくない方注意】

続きを読む


ラベル:映画 漫画
posted by なつめ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。