2015年06月30日

シティボーイズ・ライブ ファイナルpart.1「燃えるゴミ」千秋楽みてきた。

突然ですが、シティボーイズ。私がシティボーイズに興味持ち始めたのは「ラジカルガジベリビンバシステム」やってた80年代後半からなので、渋谷のジァンジァンでやってた頃なんかは知らないけれど、でもなんだかんだで四半世紀ぐらい、シティボーイズは私のアイドルだったのでした。

その、毎年ゴールデンウィーク頃を楽しみにしていたライブ、ここしばらくは何年かおきになってましたが、あればはせ参じていたライブに、今年ついに「ファイナル」という銘がついて、月末だけど、平日だけど、これは何をおいても行かねば…!と思ってチケットとって、久しぶりの東京グローブ座にいってきました。千秋楽。

シティボーイズ・ライブ ファイナルpart.1「燃えるゴミ」

シティボーイズのライブは、前述のいとうせいこうとか、中村ゆうじとかがゲスト出演することが多くて、最近は若手の芸人さん入れたりもしてたけど、今回は原点回帰、というか、3人だけの舞台。2年ぶりに舞台で見た私の大好きなおじさんたちは、正直一見しただけで「ああ、おじいさんになった…」と感じるほど、やっぱりおじいさんになってた。だって66歳、66歳、65歳ですもん。当たり前といえば当たり前なんですが。

思えば9年前、当時の職場で過労死寸前で働いてて、子どももまだ小学生だったし自分の時間なんかほとんどとれなかった頃に、「マンドラゴラの降る沼」がまさかの銀粉蝶さんゲスト出演で、しかもせいこうちゃん、中村ゆうじ出て池上本門寺境内でやるっていうんで、発作的にチケットとって、子ども生まれてからたぶん初めて、ステージらしいステージを見たのがシティボーイズだったんです。

シティボーイズミックスPRESENTS マンドラゴラの降る沼 [DVD]
日本コロムビア (2006-12-02)
売り上げランキング: 16,300


当時は本当に仕事もハードで、パラハラっぽいのもあったし、休日は全部子どもの相手や部活で潰れるから人とも会えないし、今思い出してみてもあああ、辛いよねぇえ、というような日々を過ごしてたけど、この日は本当に久々にいっぱい笑いました。一人で観にいったんですけど、お寺の境内の特設テントっていうシチュエーションがまたアットホームな雰囲気でちっとも寂しくなかったし、懐かしい小劇場通い時代を思い出させて、当時はなかなか時間もお金もなかったけど、少しずつ、学生時代に好きだった観劇に気持ちが向くきっかけを作ってくれたのは、シティボーイズのライブだったんです。学生時代のアイドルだった、っていうだけじゃなくて、そういう意味でも私にとってはとっても大切な、大好きなカッコイイおじさまたち。

作・演出に気鋭の脚本家、前田司郎を迎えての3人コントは、それでもいい意味で相変わらずでした。ステージで2年ぶりの3人を見たとき、ああ、年取ったな、って正直思いました。きたろうさんがずいぶん痩せててちょっと心配になるぐらいだったし、まあいつものことではあるけれど斉木さん台詞忘れてるし、大竹さん息切れしてるぞ!とかちょっとドキドキしましたが、でも舞台が進むにつれ、そこは我らがおじさまたちのこと、だんだん調子出てきて、Ninagawa モナリザとか美輪さまの舞台ぐらい激しかったし、やっぱりいっぱいいっぱい笑わせてもらいました。
続きを読む


posted by なつめ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。