2015年11月23日

おやすみ、とらさん。

今年最後の文楽ツアーで大阪いって、風邪ひいたまま息子のガッコの文化祭に出たりしなきゃならなかったりしてこじらせまして、結局この連休は出かける予定も全部キャンセルしてダウンしていたのですが、そのタイミングを狙っていたかのように、うちのねこさん、とらさんが、満22歳で老衰で亡くなりました。

torasan.JPG

これは亡くなる半日前のもの。

とらさんって本当に20歳すぎてもかくしゃくとしていて、25歳ぐらいまで生きるんじゃないかと思うぐらいだったんです。この夏休みの間はずっとばあばと一緒におやまのおうちに避暑にいっていて、その間は二階と一階の階段も毎日元気に上り下りして、東京にいるときよりもたくさんご飯も食べて、すごく元気だったものですから。

でも、秋になって東京に戻ってきてから、ぐっと動く量が減って、ご飯を食べる量も減ってきて、なんだか椅子にあがるのがしんどそうだねぇ、とか、トイレの段差を超えるのが大変そうだねぇ、という感じになってきて、いよいよ老々介護に突入かしら、なんて母が言い出したばかりだったのですが。

先週は、私も母もそれぞれ別に旅行に行っていたのですが、それが帰ってきて、あと、これまた寮に入り浸りでめったに家には寄り付かなくなっている息子が、学校の行事で地方に行った帰りにひょっこり実家に顔を見せた翌日、お見舞いにきた母のお友達と家族に見守られて、とても安らかに息を引き取りました。本当に絵に描いたような大往生でした。
続きを読む


ラベル:日記
posted by なつめ at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。