2016年02月15日

コトリちゃん&文楽東京2月公演いってきた

リョウクちゃんのソロファンミのレポを眺めつつ、激レアチケットをゲットした人たちが超羨ましく(カバー多いから映像化難しいだろうなぁ…と思うと本当にレアですよね)、そして早くも追加公演決まった永遠のマンネが誇らしく、そして軍隊の短い休暇の合間に弟の応援にくるヒョク(ミュージックバンクの収録のとき来てたというレポ…T T)がかっこよく惚れ直すという一週間でしたが、バレンタインデーの存在は綺麗さっぱり忘れていましたよ(汗)。



兵役消化モードで全体の活動がないせいもあり、SJって本国では化石的な扱いみたいですが、そういう中で、ミュージカルだけじゃなく音楽番組とかバラエティ番組も積極的に出演して「を、スーパージュニアってこんな歌えるボーカルがいるんだ」って、あまり興味のない人にも思わせるようなパフォーマンスを届けてくれる永遠のマンネすごい、ありがたい。ファンミはいけませんでしたが、来週のライビュとっても楽しみです。

さて、建国記念日の休日、近所の絵本雑貨のお店とギャラリーを兼ねた「ウレシカ」さんというお店で、小さな絵本の原画展をみてきました。

とりごえまり+やまぐちめぐみ 二人展「そら」 同時開催:『コトリちゃん』原画展


この絵本は、2015年9月に難病のため49歳の若さで亡くなった画家のやまぐちめぐみさんが生前とりごえまりさんと企画していた絵本で、やまぐちさん亡き後、残された絵に、足りなかった絵を一部とりごえさんが描き足して、完成までこぎつけた作品なのです。

kotori.JPG
これは写真撮影オッケーだった、前の二人展のとき展示された作品や、個人蔵のやまぐちさん作品コレクション。

絵本は、1年に1日だけ目を覚ます、小さな小さな女の子コトリちゃんが、小鳥の背中に乗って、さびしい人に、内緒の贈り物を届ける物語です。それ小さくない…!という巨大な小鳥と、リスよりも小さな女の子のサイズ感の不思議さがじつに絵本っぽく、物語展開もわかるようなわからないような…なのですが、最後まで読み終えると、ああ、あの小さなコトリちゃんはやまぐちさんご自身の姿なんだなぁ…とふと感じたりしました。

一番最初に目覚めるコトリちゃんの森のおうちの近くには、リスさんの姿があるんだけど、物語の中では、いつも庭に遊びにきてくれたリスさんの死を嘆く女の子が出てくるのです。年に一度だけ目を覚ますコトリちゃんは、彼岸からこちら岸へ、やってきているのだ。と。そんな気がしました。さびしい人と直接言葉を交わしたりするわけではないけれど、コトリちゃんの贈り物が、季節を経て、どんな風に届くのか、是非絵本を手にとって確かめてみて欲しいです。

omake.JPG
絵本購入したら、絵本の中の1シーンの絵葉書もらえましたー。


私もちょっとした病気が見つかったところで、絵を描かれたやまぐちさんの心だけでなく、その作品をなんとか読者に届けようと頑張ってくれたとりごえさんや編集部の人たちの思いも感じてすごくじんわりと沁みました。展示は明日15日までなんですけど、お近くの方は是非。

続きを読む


posted by なつめ at 01:04| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。