2016年06月27日

兄さん大活躍でござる!

先週はPerfumeのライブの翌日に、兄さんのソロコンのライブビューイングにいってきましたー。二日続けてライブ、ライビュでちょっと疲れましたが、兄さんのライブはとりあえずもんのすごくほのぼのしました…♪

第一曲から、いきなり歌いなおしていいですか?って曲をぶったぎる兄さん。あたたかい笑いに包まれる会場。なにこの、おうち発表会のような空気は…?という感じで驚いてしまったのですが、基本的に終始この親密な空気感の流れる中で兄さんが自由に歌い、語り、それをファンがひたすら愛でるという、サロン・スタイルのコンサートでした。

いきなりダンサブルなナンバーから入ったりして驚かされたうぎたんのソロコン、大会場でのぎゅのソロコンという順番でみてきたので、あまりにもアットホームな雰囲気に最初戸惑いましたが、結論的には「こういうのもアリなのかな」と思った次第です。そして、絶対踊らないなこりゃ、と思ってたら後半のSJメドレータイムで結構嬉々として踊ってる兄さんの姿も微笑ましかった。

兄さん、スパショのときはトーク省エネしてるんだなというのがわかりましたよ。いやー喋る喋る。しかもすごいオッパっぽさ醸してくるんですよ。ライビュで字幕つかないから何いってるのかはわかんないけど、「…でしょ?」「…いい?」みたいな、ELFに語りかける語尾の雰囲気が、なともオッパ風味なんですよ!!

で、何が微笑ましいって、そういう感じで散々オッパ風ふかしてた兄さんが、ゲストでトゥギが来たとたんに、うっきゃーってなって喋り方が一気に弟になっちゃうの。もう明らかに喋り方違うの。

その前に、ミュージカル出勤途中のぎゅが来て一曲歌っていったんですけど、そこでも「うわー嬉しいなぁ」「感動だなぁ」って言ってたけど、年上風味は崩してなかったんですよ。ぎゅが「来ないとイェソンさん拗ねるから…」とかいっていじってて、嬉しそうにニコニコしてたけど、それはやっぱりあくまで兄の顔してるんですよね。

それが、トゥギだと、同じ「うわー嬉しいなぁ」「感動だなぁ」でも、はしゃぎっぷりが突如年下っぽくなるのがおかしくて。トゥギは歌わずトークのみでしたけど、あのボーダーのシャツ着てきたんだったらバックダンサーに混じってSJ曲踊ってればサプライズとしてはもっと面白かったのにーと思っちゃった。羨ましいな、ライブやりたいな、って言ってるんだったら、YOUも歌っちゃいなよ!って思いました私。まあそれはそれとして。
続きを読む
タグ:SUPER JUNIOR
posted by なつめ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

Perfumeライブ「COSMIC EXPLORER」行って来た(幕張メッセ)

なんかついこの間幕張メッセいた気がする〜と思いながら昨日もいってきました幕張。今回はPerfumeのライブで。



私、その昔ニコ動にどっぷりはまっていた時期に、アイマス動画(ヲタにしかわからない)の曲としてPerfumeがよく使われてたことから検索してPerfumeのCD買った、というすごーくネット民な入り方してるんですよPerfume…「木村カエラさんがラジオでおススメしてて〜♪」的なおされっぽい動機ではまっておきたかった…たぶん、初期のファンの人からすると邪道。

最初はフォトジェニックでダンスがとってもエモーショナルなのっちのファンになり、そこからビーハイブの動画とか漁って「あーちゃんは天使」という結論に至り、当時ニコ動では結構あーちゃんアンチ多くてゴリラとか言われてて悔しくて「あーちゃんは天使!」とか書き込んでましたからね←ガチ で、当時はかしゆかっていう人は掴めない人だなと思ってたんだけど、トーク番組とかの出演が増えていく中で、「あ、おさえがかしゆかなんだ」と。前のめり気味のあーちゃんと、自由すぎるのっちの感性的な部分をきちんと整理して言語化できる人なのだな、と思いはじめて結局全員推し。

でも、私Perfumeに関してはSHINeeちゃんと同じ流れを辿っちゃってて、一時期はなれてたんです。初武道館、会社が近所だったのもあって音漏れ聴きにいったりしましたが(←ガチ)、なんか自分的に一番盛り上がってたのがそこで、「ああ、ついに武道館だね、これからメジャーな人になっていくんだね…!」みたいな気持ちでちょっと落ち着いちゃったんですよね。

SHINeeも、日本初ライブまでが自分的に一番山場で、その後の日本曲がなんか生ぬるいというか、イマイチだったこともあってまったく日本活動追わなくなっちゃった。今思うと惜しい。あの生ぬるい時期を経て、だんだん彼らのカラーがうまくミックスされたテイストになっていく過程を全然追ってなかったので…

しかもPerfumeに関していえば、前も書いた気がするけど、メジャーデビューしたばかりの頃ってYouTubeとかで海外のファンが増殖してて、私的に「すぐにも世界にいける!出せ!」っていう気持ちがあったんだけど、徳間ジャパンのマネジメントはつべやニコ動の「踊ってみた」動画をガンガン消させたり、ファンの「盛り上げよう」っていう雰囲気を潰しちゃうものすごく古臭い著作権管理マネジメントで本当に歯がゆくて、「くそう、素材はいいのにマネジメントが糞で商機を逃してしまった…T T」みたいな気持ちになり、SJのおっかっけも忙しくなりだしてたので、一応アルバムとかDVD見かけたら買うものの、シングルとか活動おっかけとかは熱心にやらない程度に盛り下がっちゃってたんですよね。

それをひっくり返されたのが、去年のドキュメンタリー映画。


これ見てなんかもう、勝手に諦めていた自分をものすごく反省しました。彼女たちは全然諦めてなかった。ずーっと最高を求めて走り続けていたんだなぁと。

で、大反省大会⇒ファンクラブに入る⇒ライブ参戦、という流れだったんですが、いやー楽しかった!これまでもライブDVDは持っててみてたし、Perfumeのよさはライブにいかないとわからない!って色んな人から言われてたけど、本当に彼女たちはライブドルなんだなって思い知らされました。

しかもやっぱりさぁ、メジャーデビューして10年の積み重ねを感じさせるステージでしたよ。貫禄。考えてみたら、インディーズ時代含めると、人生の半分以上をPerfumeとして生きてるんですよね、彼女たちって。それってすごいよホントに。3万人入ってるってことでしたが、これだけの人たちに幸福感を与えて家に帰すってすごいことですよ実際。

キャリア長いということは、それだけ長くみてるお客さんも多いわけで、彼らにマンネリ感を感じさせず、でもある種の様式美として求められている部分はあるわけだから、そこで期待したものを見られずガッカリさせるということもせず、その上で初めてのお客さんに疎外感を感じさせない、という条件をクリアした上で自分たちにとっての冒険をさらに先に進めていくっていうのはすんごいハードル高いことだと思うんだけど、それを軽々とやってるかのように見せる、見事なステージは、本人たちもだけどスタッフの力っていうのもすごいよなぁと思った。ああいう平たい会場でドームクラスのようなゴージャスな演出もあってびっくりしたよホント。

会場の三分の二以上がアリーナオールスタンディングというかなり過酷な空間でしたが、ファンのマナーのよさもすばらしかったなぁ。後ろから見ていて、危険な押し合いとかあんまり見えなかったし、アーティストが流れの途中でステージとめて「皆さん、一歩下がりましょう」みたいな注意喚起をする必要もなかったよ。このへん、近頃のSJのファンミとかライブでのお触り目当てのひどい座席移動なんか見てきてるので、「ああ、ファンの質って大事」と思いましたわ…

これからくる人たちのためにセトリとかは内緒にしてね!っていうお約束なので、詳しくは書けませんが、とにかくちゃんとコスミックな感じでした。そしてアイドルでした。

続きを読む
タグ:Perfume ライブ
posted by なつめ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

ぎゅったんソロコン幕張オーラスいってきた。

先週の話になりますが、行ってきました幕張。ぎゅったんのソロコンのオーラスへ。

kyu_makuhari.jpg

セットリストはこんな感じでした。

当日、クラブ系ミュージックのイベントが同じ幕張であったらしく、駅のトイレに入ったら、ヘソだし鼻ピアスみたいな女の子たちが「なんでそんな地味なカッコなの!」とか言いあいながらマスカラ盛り盛り中だったので、あまりのアウェイ感に「に、日本デビューするとこんなに一気に若いファンが増える…のかな…??」ってなってたんですが、途中で道を曲がったらどっと客層が変化したので安心しました。

今回は事前のリサーチほとんどせずに行ったのですが、変色ライトの演出は楽しいですね。ただ、できることならサイズをもう少し小さく…でんでん太鼓式のやつでしたからねぇ。薄型化するか、おしゃいにちゃんたちのみたいに腕時計型にしてもらえると場所ふさぎにならずに助かるのですがー。

ライビュでみたうぎたんのライブが思いの外ダンス満載だったので、ぎゅは逆をはって思い切りベタなバラードのライブでくるだろうな…と思ってたんですが、予想どおりの部分と、予想外に自分オンリーのファン以外でも楽しめるように工夫をこらした部分があって、なんかバラードのコンサートなのにこんなにいっぱい笑ってこんなに楽しいってアリかな?っていうすごく楽しいライブでした。

特に後半のSJメドレーのダンシングぎゅの頑張りようとか「おおっ、ウリマンネがこんなにも頑張って踊っている…!ヒョクやシンドンにこの成長した姿を見せたい…T_T 」と、ほとんど甥っ子の学芸会親の代わりに見にきた叔母さん状態で見ておりました。なんせ一人で踊るとは思ってなかったんで。ダンスタイムではマサオさんの無茶振りちょぎわとかも踊ってたよー(なんせ一人だからサボれないw) 汗をかきかき踊って、デビルで「♪冷たく熱い〜♪…暑いです!」って叫んでたのは、良くできたコントのようでした。

みんなのリクエスト曲は、まさかのメドレーで、聴きたい曲全部きけたので、これはオーラスの得したとこでした。名古屋はリクエスト参加者が少なかったんだそうで、ごく少数のひのとリクエストが反映された結果、ほかの会場とは少し違う選曲になったとか。マジPOP STARリクエストしてくれた人に菓子折贈りたい…ふりつけぎゅこちなくて可愛かった…

ぎゅが踊らないしっとり系のバラードでは、男女ふたりのダンサーさんが小芝居交えたダンスで曲の世界観を表現してたりして、なるほど、VCR一辺倒じゃなくてこういうやり方もあるんだなと。流石マサオさん、ってなりました。

続きを読む
posted by なつめ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする