2016年06月27日

兄さん大活躍でござる!

先週はPerfumeのライブの翌日に、兄さんのソロコンのライブビューイングにいってきましたー。二日続けてライブ、ライビュでちょっと疲れましたが、兄さんのライブはとりあえずもんのすごくほのぼのしました…♪

第一曲から、いきなり歌いなおしていいですか?って曲をぶったぎる兄さん。あたたかい笑いに包まれる会場。なにこの、おうち発表会のような空気は…?という感じで驚いてしまったのですが、基本的に終始この親密な空気感の流れる中で兄さんが自由に歌い、語り、それをファンがひたすら愛でるという、サロン・スタイルのコンサートでした。

いきなりダンサブルなナンバーから入ったりして驚かされたうぎたんのソロコン、大会場でのぎゅのソロコンという順番でみてきたので、あまりにもアットホームな雰囲気に最初戸惑いましたが、結論的には「こういうのもアリなのかな」と思った次第です。そして、絶対踊らないなこりゃ、と思ってたら後半のSJメドレータイムで結構嬉々として踊ってる兄さんの姿も微笑ましかった。

兄さん、スパショのときはトーク省エネしてるんだなというのがわかりましたよ。いやー喋る喋る。しかもすごいオッパっぽさ醸してくるんですよ。ライビュで字幕つかないから何いってるのかはわかんないけど、「…でしょ?」「…いい?」みたいな、ELFに語りかける語尾の雰囲気が、なともオッパ風味なんですよ!!

で、何が微笑ましいって、そういう感じで散々オッパ風ふかしてた兄さんが、ゲストでトゥギが来たとたんに、うっきゃーってなって喋り方が一気に弟になっちゃうの。もう明らかに喋り方違うの。

その前に、ミュージカル出勤途中のぎゅが来て一曲歌っていったんですけど、そこでも「うわー嬉しいなぁ」「感動だなぁ」って言ってたけど、年上風味は崩してなかったんですよ。ぎゅが「来ないとイェソンさん拗ねるから…」とかいっていじってて、嬉しそうにニコニコしてたけど、それはやっぱりあくまで兄の顔してるんですよね。

それが、トゥギだと、同じ「うわー嬉しいなぁ」「感動だなぁ」でも、はしゃぎっぷりが突如年下っぽくなるのがおかしくて。トゥギは歌わずトークのみでしたけど、あのボーダーのシャツ着てきたんだったらバックダンサーに混じってSJ曲踊ってればサプライズとしてはもっと面白かったのにーと思っちゃった。羨ましいな、ライブやりたいな、って言ってるんだったら、YOUも歌っちゃいなよ!って思いました私。まあそれはそれとして。
続きを読む


ラベル:SUPER JUNIOR
posted by なつめ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。