2016年07月24日

最近手に入れた本たち

海の日の連休は軽井沢の実家の別荘でのんびりしておりました。これにあたり、ちょうどamazonのプライム会員セールをやってたこともあって、Kindle Fireというのを買ってみたんですけども(3500円だったから、あんまり使えなくてもいいなーと思って)、これがなかなか快適。


プライム会員じゃないと8000円以上するんですね…プライムって一年あたり3900円の会費なので、Kindle買うためだけに一年だけ入会しても元取れる計算なのか。私は密林ヘビーユーザーなので、お急ぎとか到着日指定が無料のプライムはぜんぜん元取れるなと思ってすぐに入ったのですが、特典としてよく使ってたのはプライムビデオぐらいで(ミュージックは音楽の品揃えが貧弱すぎてすぐにアプリ外しちゃった)、それは主にスマホのアプリで見てたんです。

でもちょっと画面小さいなーっていうことで、ちょうどスマホを買い換えるつもりもあったので、大きめスマホにするか、動画や電子書籍用のKindle買って、スマホはやっぱり手の中におさまるサイズのものにするか、考えてたんですね。そこにセールで8GBのKindle Fireが3500円っていうのがあったので、これならまず試してみて、ダメなら親にでも譲ってあげようと買ってみたんです。

もともとiPhone用のKindleアプリは愛用してましたが、いやー画面サイズが少し大きくなるだけで、こんなに読書がラクになるのかと。自分の老眼のすすみ具合を再確認して涙目(←)、というのはともかくとして、すごく快適になりました。はっきりいって、ゲームとかその他の付属アプリは、使えねぇーというやつばかりですが、読書端末としては実に快適。電子書籍でも詰ん読になってたセール本とか、休み中にすいすい読んでしまいました。

中でも夢中になっちゃったのがコレ。



今年の手塚治虫賞とった作品。一ノ関圭という漫画家さんは始めて知りましたが、超寡作で幻の漫画家と呼ばれてる人らしいです。これコミックスだと2000円近いんですけど、Kindleだと1080円なんですよ。近頃、漫画は場所塞ぎだし紙の劣化が早いので、あれば電子版を買うことが多いのですが、こんなに割安だったら余計飛びつきますよねぇ。

手塚治虫賞は、「虫と歌」に出会わせてくれたりとかしたので結構賞としては信頼してます。

で、鼻紙写楽。なんとこの漫画家さんの24年ぶりの新作なんだそうで、ファンは待ちわびてただろうなぁ!と。歌舞伎の世界と東洲斎写楽を巡る時代もので、そもそも写楽じたいが謎の浮世絵作家ということで、漫画じゃなくてもそそる素材だし、時代考証もものすごくしっかりした作品で、歌舞伎の世界の舞台裏とかがものすごく面白い。写楽を巡る謎解きと、5代〜7代の団十郎(成田屋)の活躍した時代の歌舞伎の世界の攻防が並行して描かれて、ものすごくよくできた推理小説のような面白さです。

最近の漫画の絵柄ではありませんが、とにかくえげつないぐらいに絵が上手い人だなーと思ったら、芸大の油絵科を卒業している方なんだそうです。この作品は、2003年〜2009年にかけて連載されたものの、掲載誌が廃刊になって、とまってしまっているのだそう。こんなに面白いのに…!!

めちゃくちゃ売れたらどこかで連載再開、と言うこともあるかもしれないので、これはもう全力で布教しようとエントリー書いてみました。

ただ、これから買って読む方には、まず一番最後のページで掲載順を確認して、その順番で読み進めることをお奨めします。なんでこんなことにしちゃったのか編集者の意図がさっぱりわかんないんだけど、この作品の連載は、そもそも時系列が飛び飛びで、出来事の謎や物語の流れは、あとの作品を読んで、あれ、こういうことか!ってなるような、そういう複雑な仕掛けになってました。それを時系列順に編集しちゃったものだから、「これついさっき読んだじゃん」という話のあらすじが次の回で冗長に繰り返されたりという、よくわかんないことになってしまっています。

だいいち、全然関係なさそうな話が並行して語られるのをよくわからないまま読み進めていくうちに、「あ、これあの話のあの人か」「この会話はあのエピソードが裏にあるのだな」みたいなのが少しずつわかって謎がとけていく面白味が、この構成だと失われてしまいます。ほんっとになに考えてんの!って感じですが、どうにかこうにか単行本として一冊にまとめる体裁を整えようと編集者が苦心した結果かも知れません。だけどその努力の方向間違ってるよ…残念すぎるよ…!

書籍買いなおして裁断して自分で縫い直したい感じなんですけど、電子書籍だとそうもいかないので、とりあえず我慢。そして、続編が出た暁には、「完全版」「ディレクターズ・エディション」として、掲載順どおりの書籍をもう一度出して欲しい…(←絶対買う。たとえ豪華版でも買う。)

とにかくこういう作家さんがほとんど描いてないのって、もう残念すぎる。内田善美が筆を折り、杉浦日向子が早世してしまったのと同じぐらい残念すぎる…!編集者さんには受賞をきっかけに再度アプローチしてもらって、続きを描いてもらって欲しいです。
続きを読む
posted by なつめ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おとなが読む本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

明日は投票日。

せぶちちゃんのカムバックで超ハッピーな週を過ごしております。ステージごとに細かいアレンジを加えてくれて、毎回一人だけ目立つ衣装とか、「う、見逃せないじゃん…!」という企画を考えてくれるため、どのステージも楽しいのですが、カムバステージのMVPは私的にくぷすでした…というかショーチャンのカメラマンさんにMVPを…!!


私くぷす推しではないんですが、これ見て胸キュンにならない人がいようか。砕け散ってもいいと思いましたね実際。2:09見るためだけに10回ぐらいリピートするだろこれ…!というヤツでした。伝説になるぞ…。

くぷすのサイン会での人たらしぶりについては様々なレポを見ており、こわい、生くぷすこわい、推しじゃなかった人たちがどんどん陥落してる…と震えておりましたが、こ れ は …!

というわけで、皆さん是非2:09しっかり見てやってください。

ハニの髪型どうしたとか、ミンギュのTシャツの1984年の出来事をまざまざと思い出せる私的に、やべぇこの子ら誰一人として生まれてない…!!つかSJですら1984年には83がたったの1歳…!という事実にあらためて気絶しそうになったりとか、ツッコミ&セルフツッコミ入れつつ、楽しく過ごしてます。



リパケは日本版の発売待ってるんですけど(特典DVDに字幕つくから)、我慢できなくて音源はiTunesで買ってしまった…5曲増えて満足クオリティです。


シウォン枠ですが、現在お休み中のウォヌがMVには出演してくれているのも嬉しいです。公開前の動画配信中にもウォヌへの電話コーナーがあったり、こうして一緒だよ!という気持ちを表現してくれることが素直に嬉しいですよ。くぷすの「(放送が)終わったらかけ直すから」つって電話切るところとかが、すごくリアルでいい。ちゃんと連絡取り合ってるんだなーって。


MVメイキング、倒れるとき頭をガードせずにいられないチキンなバーノンと爆竹が怖くて完全に顔が強ばってるぶーちゃん可愛い。

今回のカムバは三週間の活動だそうで、わりとカムバラッシュにあたっているので、また一位獲得できるチャンスがあるかどうかはわかりませんが、とにかくファンを楽しませるサービスをいっぱい用意してくれるせぶちちゃんたちのステージ、見逃さずに楽しみたいです。売れ始めると動画の削除早いからね…!

ボーカルライン&バラエティ担当のそくぶーちゃんたちはトゥギのお誕生日にプレゼントくれたらしくて、可愛い弟達が兵役中で寂しい思いをしているじいじも一回り下の弟たちに癒されてる感じじゃないかしらん。


最後のほうでヘンボクのカバー歌ってくれてますね。NYのKコンでもSORRY SORRYカバーやってくれて、本家はもうこの人数じゃ見られないので感無量。



BANGのせぶちちゃんバージョン好きだなー。これ日本のライブでもやってくれるといいな。昔なんかのドラマに出ていたユイちゃんが可愛かったので検索して、そこでアフスク先輩の太鼓パフォーマンスの動画を見たときには、な、何が始まったのだろう…と思ったものでしたが、今みるとかっこいいな。


でもすごいよなぁこれ。普通にマーチングバンド的なことをやらされているという。「アイドルなのに何故ここまで体育会…」と思わなくもないけれど、でもこういう一芸持ってると何かと便利かも知れない。何に便利なのかはわからないけど。

さて、関係ありませんが、明日はいよいよ参院選の投票日です。18才からの選挙権がみとめられて初の選挙ということで、楽しみにしている学生さんも多いことでしょう。

今回の選挙は、改憲勢力に単独過半数を与えるかどうかという選挙なので、わりとおおごとです。そういう選挙に「参加した」ということだけでも、かならず将来孫やひ孫に「へぇー」と言われること請け合い。行っておきましょう。

行ったことがない方は、投票なんてめんどくさいと思う方もいるかも知れませんが、行ってみたらあまりにラクチンなので、拍子抜けすると思います。考えてもみてください。ヲタは推しに一位をとらせるために、毎日せっせと公式MVをまわして再生数あげたり、読めもしない韓国語のサイト巡回してポチポチしたり、ライブがあればチケット代とあわせて何万もかけて遠征し、朝イチからグッズ列に並んでゲットしたグッズを手に3時間とか4時間とか立ちっぱなしできゃあきゃあ言っておるわけです。その根性があれば、投票なんか文字通りの朝飯前…!

そんなに推したい人いないもん…という人もいるかも知れませんが、投票しない、ということは、「こいつだけはマジ勘弁」と思う人が当選する確率をあげることに協力してるようなものです。だって、そいつの支持者は投票に「行く」んだから。こいつだけはマジ勘弁と思うヤツの当選を邪魔するためと思ってもいい、あるいは選挙後「自分は支持しなかった党とか政治家」に対する文句を心置きなく言える権利のためと思ってもいい(←おかげさまで私はいつも心置きなく首相をDISってます)、とにかく何年かに一度しかない、国の未来を決める人たちを選ぶことに直接関われるチャンスを無駄にしないようにしましょう。

なお、今年は「支持政党なし」というトンデモ政党が出てるので、政治批判のために無効票にしようとして「なし」とか「支持なし」とか書くのは絶対やめましょう。政策も公約もなーんにもない胡散臭い詐欺師どもに政党助成金とかまわっちゃうので。こんなところが議席持つようになったら世紀末もいいとこです。皆さんの代わりに議決に参加〜なんていってますが、この「皆さん」はネット民の多数決を想定しているようです。そんな数字は簡単に操作可能だし、結果どういう風になるかというのは、2ちゃんだの各種まとめサイトだのtwitterを見てれば想像つくでしょう。

また「公約がない」=突然何を言い出しても約束違反じゃないので、右にも左にも転ぶのが自由という、ある意味極右政党や宗教がかった泡沫候補たちよりもタチが悪い団体です。騙されないように。ただ、長生きしたら、この世紀末的な選挙広報をとっといて、未来の世代に見せたいよ…トンデモすぎて話しただけじゃ信じてもらえなそうな党の公約がいっぱい載ってるよ…漫画みたいだよ…

あと、なんとなく改憲改憲ニュースで言ってるのは知ってるけど、9条だけでしょ?と思ってる人は、そうじゃないので是非こちらのページをご覧ください。

http://editorium.jp/kenpo/const.html
ラジオボタンで、今の日本国憲法、自民党の改憲草案、両者の比較を切り替えてみることができるので、何がどう変わるかがぱっと見でわかって便利です。

ドヤ顔の前文の「ニッポンえらい」節が昨今のテレビ番組の「ニッポンすごい」連呼を軽く凌駕してるとこがダサすぎて死ねるとか、色々突っ込みどころはありますが、要は時代の逆戻りを指向する改憲案です。改正とか言わずに退化と言って欲しい。9条9条言ってる人たちにはむしろ、「第三章 国民の権利及び義務」の「第二十一条」「第二十四条」あたりにヤバみを感じて欲しいです。もともとの日本国憲法の認める国民の「自由」な権利をあれやこれやと難癖つけて狭めるとか、「伝統的家族観(笑)(←実際のところは明治時代のごく短い期間における時代錯誤的かつ性差別的要素満載の家族観)」を押し付けていることに、たとえばLGBTの方たちは強く反発していますし、「女三界に家なし」みたいな時代に戻れというマッチョの心意気がひしひしと感じられて、私も死にそうです。

なんと10年も前になりますが、こんな記事を書きました。
教育基本法を読む

そして、2013年。
憲法「改悪」の道を安易に突き進んではなりません。

とにかく、自分が10年前に予想したディストピアが、現在目の前で展開されていると思うと気絶したくなりますね…悪い夢じゃないかと。目がさめたら、みんな正気に戻ってないかな?と。

続きを読む
posted by なつめ at 14:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。