2008年08月24日

【嵐になるまで待って】…キャラメルボックス

昨日はテッチが合宿にいっている間に、友だちと劇団キャラメルボックスのお芝居を観にいってました。

嵐になるまで待って】…池袋サンシャイン劇場にて

サンシャイン劇場は改装したばかりで、杮落とし公演だったようです。新しいおうちの匂いがしました。入り口脇にあったとても微妙〜な感じの喫茶店も、すこしおしゃれっぽく改装されていました。

今回の舞台は、サスペンス。心理的にちょっと怖くなってしまうシーンもあったのですが、テンポよくコミカルなシーンを織り交ぜたストーリー展開のスピーディーさはさすがお手の物といった感じの演出でした。オープニングでニック・カーショウが流れたのには世代的に感動。

何度か続けてキャラメルの公演を見て思うのは、「相手を信じて、自分を信じて、自分を投げ出してみなさい」ということを、繰り返し問われているような気がします。公演に行くたびに、そうしよう、と思うのだけど、現実にはなかなか難しいことです。でもだから、繰り返し、繰り返し、この舞台と向き合うことが必要なのかな、と思ったりします。

東京公演は31日までです。平日の席には余裕があるそうなので、機会がある方は是非おでかけくださいませ。


posted by なつめ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。