2010年06月06日

エドナ・ウェブスターへの贈り物…リチャード・ブローティガン

このブログが「西瓜糖とサクランボ」というタイトルである時点で、ピンとくる人はピンときているはずですが、私はリチャード・ブローティガンのファンです。リチャード・ブローティガンを読む前に私をとりこにしていたのは、確か早川書房の全集で読んだ、ボリス・ヴィアンだったと思います。「ニューオールリンズのジャズ」というのが聴きたくて、レコード買ってもらったりしたなぁ。

最初に手にしたのは、河出書房新社版の「西瓜糖の日々」。以下のレビューにも出てくる、半分倉庫みたいな本屋でのできごとでした。とても綺麗な装丁だったのです。銅版画みたいな絵がぼかしっぽいビニールのカバーで覆われたソフトカバーの本。最初はただ、その装丁に惹かれたのだと思います。

読んでみて、ぶっとびました。ちょうどこの本のあとがきで、江國香織さんが書いてるように、「ブローティガン前」と「ブローティガン後」で、自分の人生がすぱっときりわけられるんじゃないかっていう感じ、あれはわかる。

以下、ブクログに書いたレビューの転載です。

エドナ・ウェブスターへの贈り物 故郷に残されていた未発表作品
リチャード ブローティガン
ホーム社
売り上げランキング: 91911


2005年、1984年に自殺したブローティガンの遺品の中から一人娘のアイアンシが遺品の中から発見し出版された「不運な女」の翻訳版を手にしたとき、ああ、今度こそこれがブローティガンの最後の小説になるんだ、と思ったのだった。まさかそれから5 年、再び藤本和子さんの訳で、今度はブローティガンの未発表作品群を手に取ることができるとは、思いもしなかった。翻訳者の藤本さんも、あとがきの中でその驚きに触れている。

詩人・作家としてまだ名をなす前のブローティガンの作品。でも、読めば確かにわかる。ああこれはブローティガンの作品だ、と。彼が当時の恋人の母、エドナ・ウェブスターに「ぼくが金持ちで有名になったら」(もし…になったら、ではなく、と藤本さんはあとがきで強調する)、これを社会保障手当に使えばいいよ、そう青年ブローティガンは言い残して故郷をあとにする。彼自身が自分の才能にそれだけの自信を持っていたとおり、この初期作品群は、若書きとかどうとかいう観点を超えて、完成されている。

そして悲しいことではあるけれど、その後彼がピストルをくわえて自殺するに至る1984年の夏への…(ブローティガンの正確な自殺日時はわからない。9月中ごろと言われている。遺体が発見されたのは10月末のことだ)…予感を随所に感じさせる作品群でもある。

ブローティガンの存命中に翻訳された、「当時の」最後の作品「ハンバーガー殺人事件」の中での、「風が吹いても消えやしない/ちりは/アメリカのちりは」(この作品は残念ながら藤本和子さんの訳ではない)というリフレインは、彼の自殺を予見させる暗さの象徴のようでもあったし、その後発見され翻訳された前述の「不運な女」もまた、(すでに彼の死を知っているという先入観を差し引いても)暗く、孤独な小説だった。

「エドナ…」に採録された作品の中で個人的にもっとも印象的だったのは「いつもいるんだ、惑わされているやつが」「実験的ドラマ三作」あたりだろうか(たまたまこの2部は続いているのだが)。ドラマの三つ目、倒れる青年の存在に気づかないかのように、キスをし「人生ってすばらしくないこと?」と言い合う恋人たち。これが、ブローティガンが詩人として名をなすという青年らしい野望の前方に、すでに見据えていた死のイメージだったのではないかと思う。

解説を江國香織さんが買いておられる。驚いたことに江國さんも私と同時期、80年代の、ブローティガンの作品がすでに手に入りづらくなっていた頃に、ブローティガンを「見つけた」と書いておられた。

今でも思い出すと悔しいのだが、当時たしか中学生だった私は、最寄駅近くの書店(この店は売れなかろうがなんだろうが返品しないので、ときどき神保町あたりの古書店では5千円ぐらいで売っているような岩波文庫の絶版本が、定価で置いてあったりするのだった)で、ブローティガンの「ソンブレロ落下す」を見つけた。でも当時、私のお財布の中身はその単行本を買うには数百円ばかり足りなかったのだ。翌月のお小遣いを入れて再びその本屋に向かったときには、もうその本は棚から消えていて、今では古書マーケットでも滅多に出回らない。でも昨今のブローティガン作品の再文庫化などの流れを見ていると、もしやまた手に取れる日がくるのかも知れないなと期待している。

不運な女
不運な女
posted with amazlet at 10.06.06
リチャード・ブローティガン
新潮社
売り上げランキング: 295505


ハンバーガー殺人事件 (1985年)

ソンブレロ落下す―ある日本小説 (1976年)

西瓜糖の日々 (河出文庫)
リチャード ブローティガン
河出書房新社
売り上げランキング: 69583


リチャード・ブローティガン
藤本 和子
新潮社
売り上げランキング: 335116







posted by なつめ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おとなが読む本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。