2010年11月06日

韓流アイドル研究してみた(男子編)。

前回やった女子編がすでにひと月半前だ…忙しかったんだなぁ。いや実際忙しかった。今日は久しぶりにチョビが塾に出かけたあとも、寝たいほど疲れてないので、だいぶ間があいたけど韓流アイドル研究してみたのパート2、男子編を書いてみよう。

女子はセクシー、男子は「男らしく」が基本の売れ路線。女子も男子もやや幼稚な感じや中性的な雰囲気が好まれて、特に男子はマッチョが拒絶される傾向にある日本のアイドル界とはやや事情が異なるようだ。

いやいや、正直こんなに面白いと思ってなかった。前回の女子編で一瞬触れた「ブラウン・アイド・ガールズ」のマンネ(<末っ子という意味らしい。アイドル動画を色々みてると、しょっちゅう出てくる単語がこの「マンネ」。どのグループにも「リーダー」がいるのは日本のアイドルグループと同じとして、儒教のお国柄からか、年功序列に関しては日本の数倍厳しい感じの韓国では、集団の中の一番年下がまたなんとなく皆から可愛がられ注目されるらしい。私も三人姉妹の末っ子なので、マンネ、ってことになるなー)のガインちゃんという子が気になって、youtubeであれこれ探ってたら、彼女が出演しているバラエティ番組にぶちあたり、そこから男子のアイドルグループにも芋づる式に詳しくなってきた私です。

彼女が出てる人気バラエティ番組がこれ。

『私たち結婚しました』


なんかよくわかんないけど、アイドルとか俳優さんとかに、仮想結婚というか新婚さんごっこをさせる番組。忙しいスケジュールの中、二週間に一回ずつぐらいの頻度でデートさせたり、番組が用意する「ミッション」なるものを二人で解決したりというイベントも入れながら、アイドルや人気俳優の思わぬ素顔を引き出そうという番組構成。なかなかよくできてるよなーと思うのは、恋愛ご法度の売れっ子芸能人に、それなりにちょっと楽しい恋愛ごっこでガス抜きさせつつ、ファンにも擬似恋愛体験をさせちゃう一石二鳥ぶり。

ここでガインちゃんの「仮想夫」になってるのが、佐々木蔵之介の若い頃?って感じのチョ・グォンくんで、バラード系の歌が中心のアイドルグループ「2AM」のリーダーなのである。

2AM


化粧が濃いのはどうやら向こうのデフォルトらしい。これは正直なかなか慣れない…もう少しナチュラルでいいんじゃないかと思うんだが、作りこみが韓流の基本らしい。ちなみに2AMとは「午前二時ぐらいに切ない思いを噛み締めながら聞きたい歌」を歌うグループっていうコンセプトからきたグループ名だそう。

同じ事務所の兄弟グループ2PMは、午後2時に聞きたい音楽だそうですが、こっちは正直あんまり歌もダンスも微妙〜な感じ。2AMはマンネのジヌンくん以外「ええー、キミらアイドル枠なの?」というルックスだし、バラエティでのはっちゃけぶりも半端なく、youtubeにはリーダーのグォンくんが女性アイドルの物まねをする動画が山ほどUPされてて、アイドルというかもはやお笑い枠?といった感じなのですが、でも歌うまいんだよね。ホントに。

2AMと2PMのメンバーが出演した「アブラカダブラ」(前回紹介したブラウン・アイド・ガールズの曲)のパロディ作品がこちら。はじけるグォンくんに注目(紫っぽいぴたぴた衣装)。



この中でもグォンくんのダンスの妙なキレっぷりが突出していて、ニコ動界隈でも「姐さん」として愛されているようだ。

話をバラエティ番組『私たち結婚しました』に戻すと、このグォンくんガインちゃんのカップルはとっても可愛くて「もういいから結婚しちゃえよ!」の声が国内外からも高いぐらいの人気カップルで、番組コラボのデュエット曲まで出している。動画サイトで「wgm adam」で検索すると色々でてきます。不器用だしおふざけばっかりなんだけど、年上のガインちゃんを喜ばせようとあれこれ奮闘するグォンくんと、笑ったり呆れたりキレたりしながら、でもまんざらでもないような様子のガインちゃんの夫婦漫才のようなやり取りが楽しい。

正直韓国って近い国だけど興味なくて、ハングルも「別になんにもしてないのに怒ってるみたいに聞こえる言葉」って感じであまり好きじゃなかったんだけど、このバラエティ番組がおもしろくって色々見てるうちに、ちょっとずつ「あ、この単語はこの意味だな」とかが聞き取れるようになってきて、あとテレビでよくやる北朝鮮の国営放送のアナウンサーみたいなんじゃない、普通の若い子が喋る韓国語というのをたくさん聞いてるうちに、ハングルかわいく聞こえてきた。特に女の子が「あーらっそ♪(<わかった、の意<らしい)」とか「しろぉ〜(やだー、の意<らしい)」とか言ってると結構萌える。かわいい。ソフトパワーは偉大だ。

で、話を男性アイドルに戻すと、2AMみたいに「歌で勝負」系は少数派で、やっぱり噂の「東方神起」とか「少女時代」みたいに、エレクトロ・ポップ系の曲とダンスが売りのグループが大半のよう。中でも一押しのSHINeeについては後述するとして、個人的に結構な衝撃を受けたのが「Super Junior」である。

Super Junior


youtubeでテキトーに関連動画をサーチしてて出てきたこのグループ。2005年デビューだそうなので、いったいいつまでジュニアなのだというツッコミは少年隊がいまだ少年隊であるこの日本では無効ということで無視しますが、上のミュージックビデオ、最初に見たとき私が瞬時に思ったのは「右端になにか間違った人がいる…」というものでした。「これはなんかのパロディ?」とも。

ところがどっこい、この「踊れるデブ」ことシンドンくんは、れっきとしたメンバーのひとりなのだ。正直「ひと山いくら」商法のため、一人あたりの歌パートが少なく、まあなんとか長めにうたえる子が4人ぐらい、あと踊れる子、歌もダンスも微妙だけどビジュアル担当です的な子がごちゃまぜになったグループなのだが、その中でシンドンくんのダンスは真ん中より上に見えるのである。フィリピンの囚人さんも踊っている「Sorry Sorry」のビデオとかを是非ご覧くださいませ。




失礼、こっちはフィリピンでした。本家はこちら。



曲の後半あたまぐらいではセンターも踊ってるんだよ。ちなみに本人は俳優志望らしい。最高の助演男優を目指したいそうだ。

正直「どっかでオチがくるの?」と思いながら最初に彼らのミュージックビデオを見て最後までまったく冗談抜きで「かっこよく」撮られたビデオだとわかったとき、私はものすごく自分を恥ずかしいと思いました。差別はいかん!とか言いながら、自分にどれだけ体型差別意識が染みこんでるのか痛感した。ビデオの中ではアップになるシーンは少なめだけど、でも全然その他のイケメンズと変わらず「アイドル」枠だし、もちろんバラエティではおふざけ担当だけど、ステージではかっこいい歌とダンスを披露するシンドンくん、これはインパクトあり!だった。その他のメンバーは正直名前と顔が覚えられません。若干おっさん臭い顔立ちというか韓流ドラマか映画に出てそうな感じのシウォンくんが比較的弁別しやすいぐらいか。

ちなみにこのグループにはもう一人、踊りはちょっともっさりしているけど「歌えるデブ」のカンインくんがいるのだが、彼2010年現在兵役で入隊中である。このあたりもお国柄っていうか、どんなに売れっ子だろうと韓国の男子は一生に一度は兵役に行かねばならぬし、ちょっとズルして行かなかったりしたのがバレたりすると結構叩かれる模様。大変だなぁ。後述のSHINeeのリーダー、オニュくんも、バラエティー番組の中で「友達はみんな兵役だし…」とぼやいていた。ちなみに2AMでアイドル離れしたボーカルでうならせる(そしてルックスもアイドル離れしているので基本アイドル枠というところに若干の無理があるのだがそれは置いといて)チャンミンくんは、すでに兵役済みだそうだ。

で、最後に持ってきたのは、この冬日本公演も予定されている5人組のグループ「SHINee」。2008年のデビュー曲、「お姉さんはきれい(ヌナ・ノム・イェッポ)」の衝撃の完成度をとくとご覧くださいませ。



これ、デビュー前のスタジオでの練習風景を撮影した動画がyoutubeにあがってるのだが、これ見ても彼らのダンスの技術の高さにはうならされる。冒頭でセンターにいるキノコ頭のマンネ(末っ子)テミンくんは、この段階で中学生。びっくり。



彼らのダンスの振り付けをしているのは実は日本人ダンサー。仲宗根梨乃さん(米国在住)という方。女子に人気の少女時代も彼女の振り付け。彼女自身が踊ってる動画もあるので貼っておきます。カコイイww



これはニコ動経由でPerfumeを知ったときぐらいの衝撃かな。いやもうね、おばさんなのでキャーキャー叫びたいとか恋をしたいとかではないんですが、「この子らを見てると幸せ」っていう世界です。私はPerfumeではあ〜ちゃん萌えで、あ〜ちゃんが泣いたり笑ったりするともうそれだけできゅんきゅんしてしまうし、あの三人が仲良く広島弁で喋ってると可愛くてにやにやしちゃうし、PVのダンスや音楽(彼女らの場合、歌はそんなに上手ではないので全体を「作品」として見る^ ^;)は完成度高いものが多いし大好きなのですが(DVDも写真集も買った!)、彼女らを見てて感じるウキウキに近いものを感じました。

なんせ彼らデビュー段階で10代だし成長期なので、二作目のアルバムPVでは「誰やねん?」ぐらいの変貌(とくにマンネ)を遂げている。日本でいったら「レッツゴーヤング」的な時代のアイドル風だったのが、すっかり大人の雰囲気に。マンネのテミンくん誰だかわからんかった、まぢで。まだあと5〜6年ぐらいは身体もめいっぱい動くだろうし、進化しつつ活躍してくれそう。



彼らの場合、ダンスもすごいが、リードボーカルの二人(リーダーのオニュくんと最近女優さんと熱愛発覚のジョンヒョンくん)の歌唱力が半端ない。上の曲の「MR除去」(テレビ番組なんかでかぶせている録音の音声をはずしたもの)バージョンというのがyoutubeに出回ってるんだけど(<要するに歌ってる声がそのまま出る)、これが異様な高クオリティ。



なんでこんだけ動きながら声が出るのか?すごすぎ。ちなみに金色シャツがジョンヒョンくんで白上着で背中毛皮っぽいのがオニュくん。椅子に座ってるミンホくんは足怪我してるので踊ってません。彼は基本的にはラップ担当。半分そりあげたヘアスタイルの子がKeyくん。赤パンツが一気に大人っぽくなったマンネのテミンくん。

彼らの場合またキャラわけもよくできてるっていうか、ああ実にこの5人であることに意味があるのね、という感じなのもまたいいんだろうなと思います。赤レンジャーというかキムタク系のちょっと不良少年ジョンヒョンくん、リーダーなんだけどおっとり系、でも癒し声が素敵で歌唱力は半端ないオニュくん、JUNON系モデル風で正統派王子ながらガチホモ疑惑が出るほどメンバーとじゃれあうのが大好きな長身のミンホくん、やんちゃ坊主で絵とか料理とか何かと器用なkeyくん、ルックスはすっかり大人になったのに、中身まだまだお子ちゃまで愛されキャラながらダンスではNO.1の末っ子テミンくん、誰が誰と一緒にいてもなんかいい雰囲気。

この仲良し5人がバラエティ番組なんかでワイワイやってるのを見てるのも微笑ましく楽しいのですが(『ハローベイビー』という「ネタにつまったら子供と動物を使え!」の極致みたいなバラエティ番組に出演してるのですが、実にカワイイ。いや赤ちゃんもかわいいんだけどこの5人が。「Shinee Hi Bb」でぐぐると動画がいろいろ出てきます。英語字幕つきのも多数)、ちなみにネット上では世界の腐ったおねいさんたちが「どのカップルが好きか?」みたいな動画を作っちゃきゃあきゃあ言ってます。「2min(ビジュアル担当のふたりテミンくんとミンホくん)」とか「Jonkey(やんちゃ組のジョンヒョンくんとKeyくん)」とか「Onhyun(年長組)」とかでぐぐるといろんな妄想動画が検索できます。腐女子っていうのは日本にしかいないのかと思ってたよ…。

てなわけで男子韓流アイドル一押しはSHINee、ということで。

有名な東方神起についてもふれてませんし、あくまでようつべとニコ動をさまよいながら見つけて楽しかった範囲の研究ごっこなので、色々と間違いなどあるかも知れませんが、ご勘弁を。それにしてもさ、なんで韓国とか台湾とかのアイドルだと、日本で公演やるのに「来日公演」じゃなくて「日本デビュー」にするんだろうね?無理やり歌を日本語で歌わせたり。

正直最初に韓国語の歌を聞いたときには「ちょろ」とか「ねげ」とか「よっぽ」とか耳慣れない音がいっぱい出てきてアレだったけど、聞きなれると平気になるものです。というかむしろ下手な日本語よりオリジナルのほうがいい。ホウ・シャオシェンにはまって台湾映画とか見まくってたときも、中国語最初のうちずっと慣れねぇww吹き替えてくれいwwwとか思ってたけどそのうち慣れて平気になってた。文法もなにも分からないけど、韓流アイドル研究にはまってたこの短期間に沢山韓国語の単語も覚えたよ(ハングルは読めないけど)。マンネとかヌナ(お姉さん)とかヒョン(お兄さん)とか、ヨボセヨー(電話で「もしもし」)とか、かむさはみだー(ありがとう)とか。

中学生ぐらいの頃には、洋楽を聞きながら英語を覚えた。そんな感じで「外国のもの」に触れるのって国際交流的にいいんじゃないかと思うんだけども。レコード会社の人たちは何故この「日本デビュー」にこだわるんだろうなぁ。うーん不思議。

というわけで、約1ヶ月の研究成果をようやく発表!なのでした。熱烈ファンの方には突っ込み入れられそうな記事でごめんなさい。でもとりあえず自分が面白かったとこだけはこれでざっくり紹介できたかな?うむ。インプットばかりでアウトプットする場所がなかったので、これで一応すっきりこん。うわーい。



posted by なつめ at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。「2min」を検索していてこちらに辿り着きました。
わたくしはアラフォーのk-pop好き、特にこの記事で取上げてくださっている踊れるデブがいる(笑)SJと褒めて下さっているSHINeeを愛でておりますが、いやあ、どっぷり浸かったファンの目線とは全く違う冷静な目線で分析された韓流アイドル(男子)評は、大変鋭く見事な分析ぶりで感動してしまいました。
特に「ガチホモ疑惑のミンホくん」「若干おっさん臭い顔立ちというか韓流ドラマか映画に出てそうな感じのシウォンくん」のくんだりでは腹を抱えて大笑い。←そのお二人のファンです(笑)
ああ、一般の方がご覧になってもそうなのだと腐った婆は嬉しい限りです。

どうもなつめさんのお好きな世界が自分のそれと近いものがあり、星の数ほどあるブログの中から巡りあえた運命に感謝でございます。
これから遡って拝読させて頂きます。

慌しい年の瀬ではございますが、どうぞ良いお年をお迎えください。
Posted by 摩利 at 2010年12月29日 22:44
◇摩利さま
おおーこの記事に食いついてくださる方がいらしたとは。書き込みありがとうございます♪

SHINee、日本公演を無事終えて、来春の日本デビューが決まったそうですね。<という程度には、SHINeeまわりのみ詳しくなりました。ハロベビと年下の男の子は、ようつべ英語字幕で全話制覇!SJではシウォンくん、シンドンくんのほか、マンネのギュさま、ミノくんらぶのドンヘくんが弁別できるように。こんだけ分かれば新大久保いけるんじゃないか!?とか思ってます。

最近はまったり更新のブログではございますが、どうぞまた遊びに来てくださいませ^^
Posted by なつめ at 2011年01月01日 00:36
こんばんは。
半年ほど前から、K−POPに目覚めたアラフォー(・・・限りなくフォーティ寄り・笑)女子です。
同じくです。学生時代は全くアイドル(光GENJI全盛期!でしたッ)に興味なかったのですが、今では、地方から東京へライブを見に行くほどにはまってしまいました。ウチワを作るのも時間の問題です(爆)。SUPER JUNIORの掛け声の完全マスターを目指してます。
なつめさんとは逆で、SUPER JUNIOR
がきっかけでSHINeeを知りました。
どちらの記事も興味深く、とても楽しく読ませていただきました♪ 画像もたくさんありがとうございます。
また、訪問させていただきます。今後ともよろしくお願いします。 
Posted by ずん at 2011年03月11日 03:01
◇ずんさま:
コメントありがとうございます。結構アラフォーなファンの方は多いんですね。心強いです。

ずんさまのお宅は地震の被害は大丈夫でしたか?いつになく多くの方にサイト訪問していただいている中、皆さんご無事かどうか気になります。多くの方が救われますように。
Posted by なつめ at 2011年03月12日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。