2011年03月10日

スーパージュニアを語ってみよう:メンバー紹介編(イェソン)

メンバー紹介も4人目。なんだかんだで続いてるぞ!次は、「芸術的な声帯」を意味する芸名の持ち主、芸声=イェソン兄さんの番です。基本情報はWikipediaあたりから。

英語表記:Yesung
本名:キム・ジョンウン(漢字表記:金鐘雲)
ニックネーム:兄さん、雲のお兄さん(クルムオッパ:本名の漢字表記「金鐘雲」から)、天安の狂犬(出身地名と、たぶん喧嘩強そうだから?)
1984年8月24日生まれ。身長178cm、体重64kg。AB型。
出生地:忠清南道天安市
家族構成:父・母・弟
サブグループ:Super Junior-K.R.Y.、Super Junior-Happyに参加
ペット:リクガメのタンコマ、タンコミン、タンコメン
歌組、バラエティ班の切り札
腐ったおねいさん的にメジャーなカップリングはイェウク(イェソン×リョウク)、2Woon(カンイン×イェソン)あたり。

まずは写真からいってみよう。基本のお顔。たぶん3集の時期。
ye01.jpg

ちょっと若い頃。
ye04.jpg

メガネだとこんな感じ。
ye02.jpg

ヘン顔も可愛いです。
ye06.jpg

コンサートではキョンシー姿も。
ye-kyon.jpg

すみません、ヘンなのばっかりUPしちゃったので、この兄さん美人です。K.R.Yのものと思われ。最近美人度があがってる気がするのう。
ye05.jpg

イェソンは日本での人気結構上位に位置してる感じがしますね。ニコニコ動画などでも兄さんの愛され率はハンパない気がします。SJの中ではマンネ組(キュヒョン、リョウク)とカンイン、イェソンが基本的に歌組であり、その中でも結構ソロが多いほうかな?と思います。

▼ソロでヒットしたテレビドラマの主題歌。


兄さんは、芸名どおり声に特徴があるので、聞けばけっこうすぐわかります。少しハスキーというかスモーキーな声質。反面ダンスは微妙組に属しますが、ピンで歌うシーンが多いので、ライブ映像などでもすぐ見つけられます。お顔はどっちかというとカッコイイよりカワイイ系で親しみやすい感じなのですが、目張り入れると雰囲気変わります。個人的には兄さんの声質って、ヘビメタとか似合うと思うんだよなー。結構お洒落さんで、宿舎公開のバラエティでは、シルバーのアクセサリーとかたくさん持ってました。

なので、『花美男〜』のイェソンのライブのシーンとか超好きです。こういう曲バンドでやって欲しいなぁー。


個人的にはエアロスミスのこれとか、イェソン兄さんにカバーして欲しい。似合うと思うんだよなぁ…。
http://www.youtube.com/watch?v=bKttENbsoyk

…話がズレた上に昭和の話題ですみません。

さて、イェソン兄さんのエピソードといえば、なんといってもペットのリクガメ「タンコマ」です。
タンコマ.jpg

宿舎で退屈していた兄さん、ひちょのペットの猫がうらやましくて、自分もペットを飼おうと思い立ちました。が、なぜかそこで購入したペットが、日本円で30万円以上するリクガメ。タンコマと名づけうきうきとペットのいる生活に入ったイェソン兄、しばらくしてウニョクに語ったことには…

なぁ、退屈だからペットを飼おうと思ったんだけど、余計退屈だな

…………兄さん、カメ、基本的に動かないしね…………。わくわくしながらリクガメ連れてきて、お部屋でちんまり座りこんで、動かないカメを眺めてる兄さんの姿を想像すると、それはそれで結構萌えです。今ではタンコミン、タンコメンの二匹も増えて、三匹のカメを飼ってます。多少はコミュニケーションできてるんだろか…。(※追記参照)

兄さんと言えばもうひとつよく出てくる話題は「鼻の下」です。長いわけではない。メンバーの鼻の下を触るのが趣味。「本当はほっぺた触るのが好きなんだけど、ステージのメイクでみんな肌荒れちゃってるから試行錯誤してるうちに鼻の下に辿りついた」んだそうで…^^;

▼ユ・キムの「遊びにおいで」より
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8977845

上のエピソードで分かるように、ある意味ひちょより四次元性が高い感のある兄さんは、SJのバラエティ班における隠し球でもあります。

▼バラエティ「人体実験隊」における伝説の「タコ踊り」


▼言いにくい単語をアクセントの位置を変えながら言うゲーム。他のメンバーもかわいいですが、見どころは全力投球なれど空回りする兄さん。後半ずっと兄さんのターン。5:20あたり〜。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11320579

メンバーの中でとくに仲がよさそうなのは、同じ歌組、かつ宿舎でも同室のリョウク。歌手として尊敬もし、弟としては溺愛です。これ、SJの自作ドラマのメイキング編なんだけど、兄さんの妙な自信満々っぷりと、応対するリョウクのスルースキルが微笑ましいです。前半のキスシーンで笑いがとまらないマンネのぎゅも可愛いですが。

▼自作ドラマのメイキング(英語字幕)


「カップル役初めてだよな、でも歌のときとか、一緒にやることは結構多いだろ?(とすごい勢いでまくしたてる兄さん)」リョウ「(台本見ながら)はぃい」「だからな、カップルの演技だって全然問題ないよ」リョウ「台本まだちゃんと読んでないんですよ」「台本なんか読まなくたって大丈夫だ!」リョウ「(ぇ゛)」

「だいたいどんな感じの役どころかだけ掴んでればいいんだよ、台本なんか全然読んでなくたって平気だ」リョウ「へぇ、そうなんですか?」(<この『あぁ、ちんちゃ?(Oh, Really?)』というリョウクの相槌が全然兄さんの話聞いてないっぽくて笑えます…リョウクこの兄さんのテンションも、慣れきってるんだろうなぁww)<字幕:つまり普段どおりにしてれば大丈夫だと…??「要は、今ちょうど、今みたいに、俺たちの芝居がなければだな、奴らの演技も続かないんだよ」リョウ「あぁ、そうですか(<またしても心ここにあらずのリョウクの『あぁ、ちんちゃ』ww)」「(間髪入れず)そうだ!(<ここの兄さんのひとり悦に入った『くろっち!』もなんか笑える)」

リョウ「で、誰が主役なんです?」「主役はキュヒョンとソンミン」リョウ「あ、そう(笑)…じゃ僕ら何を…」「俺たちは助演だ」(<ここで自信たっぷりに言い切る兄さんと、楽しそうに笑ってるリョウクがかわいいー)…このあと無駄ないちゃいちゃシーンでの兄さんの暴走っぷり、口にサンドイッチ突っ込まれたときの表情は必見です。

あとちょっと意外な感じもあるけど仲良しがカンイン。同学年で、練習生時代から仲がいいそうです。どっちも喧嘩番長に見えるけど(スーパーショウのつなぎ映像 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=rY4VqJoMGFg で、イトゥクやドンヘあたりが「この子ら本当は取っ組み合いの喧嘩とかしたことなさそう…」って感じなのに比べて、兄さん明らかに腰の入り方、ガンの飛ばし方とか決まりすぎ)、タイかなんかでキックボクシング体験の映像があって、これ体格差はすごいのに、意外にも兄さん強いの。カンインが身体おっきいのにどっかノミの心臓的なところがある分、対照的でいいコンビなのかなーと思います。

カンインが不祥事で謹慎し、そのまま入隊になったとき、SJのメンバーが見送りに行ってた動画みましたが、あのときイェソン泣いてたと思う。キャップで目は隠してたけど、鼻が真っ赤でした。兄さんのその、やっさしいハートが好きだなー。

もうひとつ、イェソン兄さんの優しさがにじみ出てる動画(っていうか声だけなんだけど)。イトゥクやキュヒョンが交通事故で大怪我を負ったときに、ラジオで流されたイェソンからのメッセージです。事故二日後のものだそう。この段階でまだキュヒョンは意識不明だったはず。

▼イェソンからのメッセージ(※英語からの和訳なので雰囲気だけです)
http://www.youtube.com/watch?v=qtVJrraXl9g

「今、病院にいる、シンドン、ウニョク、キュヒョン、そして俺たちのリーダー、トゥギ兄さんへ。まず、トゥギ兄さん。イェソンです。昨日事故のことを聞いたとき、すごくショックだったよ。兄さんはリーダーとして、俺たちを引っ張ってくれる…でもこれまで、ありがとうとか、本当によくやってもらってるとか、ちゃんと言えたことがなかったです。兄さんの存在がどんなに大きなものか、気づいてなかったけど、俺たちが兄さんのもとで、どんなに心地よく過ごしてきたかをつくづくと感じたよ。他のメンバーたちのことは俺がしっかり面倒みます。だからあまり心配しないでね。

よう、シンドン。お前がいないと、俺たちのチームは笑えないじゃないか。お前がいなくなったら誰がお前の服着るんだよ。お前の明るさは、お前のトレードマークだよな。早く元気になって、俺たちのムードメーカーでい続けてくれよ。

ウニョギ。お前とは長い付き合いで、俺にとっては本当の弟みたいなものなんだ。ソウルに出てきてスーパージュニアのメンバーになって、こうも安心して心地よく過ごしていられたのは、お前が一緒にいてくれたお陰なんだよ。俺たち今も、仲良しだろ?

そして、俺たちのマンネ(末っ子)、キュヒョナ。今、お前には俺の声は聞こえないけど、でも、あとからこの放送を聴いたら、お前笑うんだろうなぁ。お前はよくMFY(<イェソンのラジオ番組)に出てくれて、俺が何か失敗するとすぐ面白がってたよな。お前は弟のくせに、俺をからかってばかりいて…でも、お前は俺にとっては決して嫌いになれない大事な末っ子なんだ。兄さんは…兄さんは、お前がすぐに目を覚まして元気になるように、祈ってるよ。お前がまた他のSJのメンバーたちと一緒に、元気に放送に出てくれたら、お前がいくらからかってもふざけても、兄さん怒らないから…だから、頑張るんだぞ。いいな?…イェソンより。」

つっかえつっかえ、涙声になりながらの兄さんのメッセージ。これは泣きましたほんとに。イェソンの人柄が伝わってきます。ミュージカルやOSTなど、ソロ活動が多くても、兄さんはとても謙虚な、心優しい青年です。不器用で、溺愛している弟たちにはいいようにいじられまくってますが、でもそれだけ愛されキャラなのですよ。バラエティでどんだけかっ飛ばしてても、どこか天然で嫌味じゃないし、あったかい。そこが人気の秘密かなーと思います。

というわけで、最後はアリランTVのモノローグをどうぞww


【追記】兄さん溺愛のタンコマは、大きくなりすぎ動物園に寄付されることになりました…(T T) タンコマ元気でね。 心の隙間を埋めるためでしょうか、兄さんが飼いだしたのはポメラニアンのコミンです。兄さん忙しいし、実家に預けてるみたいですが。こうして並んだとこを見ると、なんか似てますね。
yedog.jpg



posted by なつめ at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、白玉団子と申します。
管理人様にとっては随分過去に書かれた記事なのに、今更コメントしてご迷惑じゃないかと考えたのですが、衝動に負けてしまいました。

兄さんの紹介記事、ありがとうございます。
ここ3カ月ほどでぐいぐいSJペンになり、兄さんの虜になってしまった新米ファンとしてはこういった記事は有難い限りです。

他のメンバーのものも拝読しましたが、特にKRYの記事を読みつつ、兄さんて、歌「だけ」で考えるならソロ歌手の方が合ってるのかもなぁ…なんて感じてしまいました。
爆発的な歌唱力を誇る一方で、マンネ組ほど安定感がない気がするんですよね。でも、兄さんが歌うと兄さんのものになってしまう。

ミン君の記事で言及してらっしゃいましたが、兄さんも「(デビュー)待たされ組」の一人ですよね。
100人以上いるSM練習生の中で生き残る自信が無くて、さっさと兵役に行ってしまうことを考えた、と「不朽の名曲」のインタビューで語っているのを見た事があります。(一方で、バラエティ番組でこのエピソードをネタにしてもいるんですが…)

兄さんは「可愛い」とか「笑いの神がついてる」とか言われる割には全体的に不安定で、つまらなそうな顔をしていることも多くて、でも逆にそんな所を「放っておけない」と思うのかもしれない…なんて考えてしまいます。

トゥギの入隊が徐々に実感を帯びていく中、「次は兄さんかな…」という気持ちが募っていきます。ここ最近になってファンになった人間としては、寂しい気持ちは(トゥギに対しても)否定できませんが、彼らの戻ってくる場所を守っていたいな、と思います。


素敵な記事を読んで、ついつい語ってしまいました…すみません。
紹介記事以外でも、MVやライブ映像のツッコミ、「思った思った!」と共感する部分から「そんな所まで…!?」と尊敬してしまう部分まで、本当に面白いです。
これからも陰ながら応援しております。
Posted by 白玉団子 at 2012年02月11日 01:30
◇白玉団子さま:
ようこそ、いらっしゃいませ♪古い記事ですが、お楽しみいただけて幸いです♪KRYの活動のこととかソロのこととか、あんまり書けてないんですが、日本では特に人気の兄さん、ますます愛していただけると嬉しいです^^
Posted by なつめ at 2012年02月11日 12:20
初めまして、実衣です。

自作ドラマのいぇうくときゅみんは超萌えました
無駄にりょうくにでれでれしてるいぇそんがかわいくって。。。
そんみんは女子にしか見えない!
きゅひょんの手のまわし方が(照)

ラジオメッセージは泣きました
パソコンで泣いたの初ですよ
いぇそんの優しさを改めて知りました

かんいんといぇそんのコンビは守ってくれそうでときめきます

白玉団子さんの言うようにいぇそんの入隊はもうすぐかななんて思います。。。
寂しいというかなんか苦しいです(T_T)
でも立派ないぇそんになって帰ってほしいです
入隊するまで、してから、除隊した後
ずーーーーーーーーーーーーーっと
いぇそん大好き
Posted by 実衣 at 2012年03月30日 10:36
◇実衣さま:
ようこそ、いらっしゃいませ。だいぶ古い記事になってしまいましたが、お楽しみいただけて幸いです。もうすぐカンインも戻ってきますからねー。雲雲コンビ復活楽しみです。
Posted by なつめ at 2012年03月31日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック