2011年10月01日

市川春子「虫の歌」「25時のバカンス」

市川春子の第二作品集「25時のバカンス」が出てたので、早速買いました。




この人は、第一作品集で「手塚治虫賞」をとってて、いまいち記憶がないんですが、たぶんその賞のことを調べてて、ふと思いついて買ったんだったと思います。



わりとゆっくりペースで発表している人のようで、二冊目までに二年かかってるんですが、やっぱり好きだなぁ。ワンパターンっていえばワンパターンなんですが、今回もやはり秘められた皮膚の内側を裏返す妄想とか、近親相姦的な姉弟、擬似兄弟姉妹の織り成す静かで残酷な物語展開に、「うむ」とうなってしまいました。


絵がすごく上手いとかでもないんですが、独特のシュールな画面構成に魅力があります。ぺらぺらした線は、萩尾望都さんの一部の作品のようでもあり、異形のものや異界の生命体をしごく淡々と受け入れる主人公たちのたたずまいは、 杉浦日向子さんの怪談ものとかにも近い感じがあって、まあ要するにすごく私好みです。

彼女の作品がいいなぁと思うのは、その表現が漫画であることにすごく意味があるような漫画を書いてるとこですね。もともと美術にせよ音楽にせよ、芸術作品っていうのは「その形でしか表現できない」なにものかを顕在化させるための触媒なのであって、本来そう簡単に別ジャンルにうつしてこねくり回せるものじゃないはずなんですが、昨今のメディアミックス戦略で、特に映像作品はそのへんの劣化ぶりがひどい。映画館にいっても、テレビの2時間ドラマを映画スクリーンで見せられるようなのばっか。

漫画の実写化映画とかも多いですが、漫画は漫画でそのコマ割りから背景まで含めてひとつの総合芸術だと思うんで、ストーリーだけうつしてもそれは全然別モノなのよ、というところが徐々に置き去りにされつつある気がしていて、漫画側でもそれに迎合しているような作品が多いんじゃないかと(読んでないけど)なんとなく思っています。

その点、彼女の作品は、スタティックな「漫画」というアートの形式を存分に生かした作品になってるなぁ、と思うわけです。漫画あんまり読まないくせにえらそうなことを書いてますが。でもそういう感じ。

おそらく次の作品集までまた2年とか待たされるんだと思いますが、その間にどういう変化や成長があるのかなぁ。楽しみです。

初めて読む方には一冊目のほうをオススメします。私自身も一冊目のほうがどっちかっていうと好きかな。

絶対安全剃刀―高野文子作品集
高野 文子
白泉社
売り上げランキング: 7415


百物語 (新潮文庫)
百物語 (新潮文庫)
posted with amazlet at 11.10.01
杉浦 日向子
新潮社
売り上げランキング: 22305


星の時計のLiddell (3)
星の時計のLiddell (3)
posted with amazlet at 11.10.01
内田 善美
集英社
売り上げランキング: 333072


このへんが好きな人は好きじゃないかと思います。オススメ。同じ日に、ボリス・ヴィアンの「うたかたの日々」の新訳版を買ったんですが、うたかたの日々は岡崎京子が漫画化しちゃってるので、市川春子は「心臓抜き」とか漫画化したらどうかなぁって思います。彼女のオプセッションにすごくぴったり合ってる作品だと思う。

心臓抜き (ハヤカワepi文庫)
ボリス ヴィアン
早川書房
売り上げランキング: 456372


おお、なんか久しぶりにフランス文学読みたくなってきたー。
posted by なつめ at 11:33| Comment(4) | TrackBack(0) | おとなが読む本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも素敵な本の紹介をありがとうございます。

あまり読んだことのないジャンルの本を知ることができて、参考になります。

私は専ら推理小説ばっかりで・・・。
漫画は少年漫画や成人漫画?(大人の男性が読んでそうな・・・)です。

市川春子さんの漫画、ちょっと興味がわきました。

私もいい年ですし、いろいろなジャンルの本にチャレンジしたいなと思います。


Posted by のの at 2011年10月01日 16:53
聞いたことのない作家さんで興味があります〜
『心臓抜き』というタイトルに惹かれます。
図書館で借りてこよう♪♪

海外の小説は、何故かなかなか読み進められず。
何度も挑戦して、挫折の繰り返しです・・・苦笑
でも最近カズオ・イシグロさんの『Never let me go』を読んですごく良かったので
ただ今原書に挑戦しています!
ちまちま一日数ページしか読めず(笑)
英語と戦いながらがんばりたいと思います!
Posted by しろあず at 2011年10月01日 18:29
市川春子さん、内田善美さんのお名前がでておりつい嬉しくて初コメント失礼いたします!

いつも1日の締めになつめさんのブログを読ませていただいております♪

Superjunior はカムバしてから特に活動目まぐるしく、情報量に息継ぎが追いつかない私ですが、
そんな中にふっと良い風を吹き込んでくれるなつめさんの読みやすい文章、とても素敵です♪
メンバー紹介もそれぞれの良さがとても伝わってきて、
何度読んでもあったかい気持ちに*


なつめさんの文章でさらにいきいきする様々な出来事、
今後も楽しく見守らせていただきますね♪
Posted by まき子 at 2011年10月02日 00:57
◇ののさま:
私最近やっと「ワンピース」デビューしたんですよー。少年漫画もいいのありますよね。市川春子さん、癖はありますがいいですよー。

◇しろあずさま:
「私を離さないで」大好きですよー。映画もみました。ボリス・ヴィアンは、私が仏文科に入ったきっかけの作家さんです。是非機会があったら読んでみてくださいねー。

◇まき子さま:
お、内田善美にも反応してくださる方が!リデルずっと絶版なんですよね。文庫版でもいいから、普通に手に入るようにしてくれたらいいのに!と思ってます。
Posted by なつめ at 2011年10月03日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。