2013年07月21日

憲法「改悪」の道を安易に突き進んではなりません。

今日は全国で参院選です。地域によっては、夜8時まで投票所があいてないところもあるから、「涼しくなってから…」なんて思ってて、貴重な一票を無駄にしなように、みなさん気をつけてね!被災地だけでなく、全国でおよそ35パーセントにものぼる投票所が8時より早くしまってしまうそうです。

反原発、TPPなどいろんな話題が出てますが、私は今回の選挙の争点は憲法「改悪」だと思っています。あべぴょんなどといって可愛いキャラクターのふりをしているアベシンゾー氏ですが、私が繰り返し、繰り返し言ってきたとおりの展開になりつつあります。

かつて私がブログに「安倍シンゾーなんか首相にしたら、日本も徴兵制復活になってあなたの友達や恋人が兵隊にとられることになるかも知れませんよ」と書いたら「そんなアホなことがあるわけがない」「若い子が多く見ているようなブログで、子どもを怖がらせるようなことを書くな」という批判をわざわざメッセージフォームで送ってこられた方がいました。今その人をつかまえてゆさゆさ揺さぶって問いただしたい気分です。「自民党はそんなことするわけない」ってあなた言ったけど、私が言った通りになってるじゃんか。石破氏は自衛隊を「国防軍」にするにあたって審理非公開の「軍事裁判所」の創設まで言及してるんですよ。検察の取調べ可視化が進まないことで冤罪ばんばん生み出してる国でですよ。

こちらにある「自民党改憲案『超』口語訳」というのが大変わかりやすく自民党案の問題点をまとめているので、これから投票という方は是非一度読んでおいてください。詳しく「何が変わってるか」みたい方はこちらの現行憲法と自民党案の対比表を。そもそも誰が何言ってるのかわかんねぇよ、という方はtsudaるの語源である津田さんが作ったサイト「ポリタス」で候補者たちの発言を見てみてください。

そして何より「入れたい人がいないから入れない」という方、それはあなた自身の権利放棄であるだけでなく、投票権を持たない子どもたち、ホームレスの方々、知的障害の方々、在日外国人の方々、自然や動物たちなどに対して、投票権を持つ人が負っている責任を放棄する行為でもあるのです。

すでに、自民党政権になってから、現行憲法上でも基本的人権の侵害にあたるのではないかと危惧されるような政府の動きは活発化しています。そもそも96条「改悪」がもたらす危険の意味については、憲法改正案に反対する日弁連の会長声明をご覧ください。

日本国憲法 (小学館アーカイヴス)
小学館
小学館 (2013-06-20)
売り上げランキング: 226


これは80年代に出たすごく美しい写真本で、私はハードカバーで持ってますが、今またブームになっているそうです。日本の憲法を「みっともない」などと言う安倍首相の言葉はどう考えてもその憲法をまともに読んだことのある人の発言ではありません。本屋で立ち読みパラ読みでもなんでもいいです。読んでみてください。そして、その崇高な理想を簡単に踏みにじろうとしている人たちに対して、どういう判断を下すべきか、考えて欲しいと思います。
posted by なつめ at 09:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全くもって同感です。
私のモヤモヤとした気持ちをこれほどまでにスッキリ整理してくださると本当に気持ちがいいです。

先ほど、朝のうちに投票に行ってきました。
杖をついてもようよう前に進まないようなおばあちゃんが、ふうふう言いながら投票所への坂を一人で上がってくるのを見て、この時期に、この選挙に「棄権なんてありえない!」と力強い思いがしました。
が、投票率はいかがなものか・・・
ちょっと心配です。

これからも、なつめ様のブログには熱心に通いたいと思います。

どうか、また、いろいろ、教えてください。
(SJ情報も)
Posted by TOSH at 2013年07月21日 11:45
なつめ様、初めてコメントさせて頂きます。元々SJのブログとして拝見させて頂いてたのですが、SJ以外のお話もいつも分かりやすく、的確に表現されていて、その文章力に引き込まれておりました。アベ政権の件、以前に、公家顔だからなんとなく良い人っぽい、という表現になんて鋭い意見だろうと目から鱗でした。政治にほとんど興味の無かった私のアベ氏への印象を言い当てられた気がしました。自分の一票が、今後とんでもない日本にならないように動いてくれることを願っています。
拙い文章で大変失礼いたしました。これからもなつめ様の意見、たくさん聞かせて頂きたいです。そしてもっと色んな方々にも知って頂きたいです。
Posted by しほ at 2013年07月21日 19:58
こんばんは、はじめまして。
いつも楽しく興味深くブログ拝見させていただいています。

私は20代のガキんちょで、社会経験もほとんどないし、我が子がいるわけでもないし 、ニュースを毎日細かく追っているわけでもないです。
でも、なんだか、本能的に感じるんです。
このまま安部政権に任せるのは危険だろうな、と。
そうゆう"感じ"みたいなもの世間には伝わってないんですかね?
このまま、すいすいと「壊憲」されていくのでしょうか。。
同じ世代の人たちがこんなに投票に行っていないことにも危機感を感じずにはいられません。


話は全く変わりますが、こちらを訪れたのはSJの個別紹介を読ませていただいたのが始まりです。
私はSHINeeぺんなのですけど、文章全体から溢れるSJ愛に私自信も彼らが愛しくてしょうがなくなっちゃいました!
本や映画、展示などの紹介もとても参考にしています。
この前地元でやっと「セデック・バレ」上映したので観てきましたよ。
かなり突き刺さってしまい、パンフまで買いました。

いろんな方向に脱線してしまいました。。
これからもいろいろなトピックでブログ楽しませていただきます!
exo紹介が終わったらぜひぜひSHINeeの5人も!!
Posted by みー at 2013年07月21日 23:29
初めてコメントさせていただきます。
EXOきっかけで2か月前ぐらい前からなつめさんのブログを拝見して以来楽しみにしています。

私はアナログ人間なのでちゃんと届いているか心配ですが、あまりに今回共感したのでコメントしようと思いました。

私は元々金持ち優遇の自民党が嫌いですが、憲法改正の件以来ますます嫌いになりました。
改正すると結局は貧しい者が戦争に行くことになり戦死しても自己責任だぐらいにしか思っていないのではと。賛成している方々は自分や息子が部隊の先頭で戦い、妻や娘が野戦病院で働いてもいい思っているのかと。
戦争を体験していない人多い今、軽々しく憲法改正なんて考えないほうがいいと思うのです。
Posted by まゆ at 2013年07月21日 23:46
はじめまして。2年前くらいに「Mr.Simple」でSJファンになりました。その頃からこちらのブログを拝読し、SJ愛もさることながら、同年代の息子もおり、共感してました。

2年間も読ませて頂くだけだったのに、初めてコメントさせて頂くのは、本当に、憲法を変えてはいけないとの思いからです。今回の選挙は期日前投票で行いました。念頭においたのは、憲法改正反対と、原発再開反対です。
特に、憲法9条、96条を変えるのはもってのほかです。ありえない。
平和が良いに決まってます。何よりも命が大切。
宮崎駿さんも寄稿されてましたが、良いんです、憲法と現実が合わなくても(自衛隊の存在)

日本が60年以上平和だったのは今の憲法があるから。
私は戦争体験はありません。祖母や父母から聞いたに過ぎないけど、想像はできます。自分の愛する家族が、戦地に行かされて敵とはいえ、人を殺めるかもしれず、殺されるかもしれず…

憲法を変える必要性を感じません。太平洋戦争の時の母親や多くの日本人も、決して戦地に愛する人を行かせたくなかったはず。言えなかっただけで…
今は、当時より発言したり、行動したり出来る環境にあります。
ダメなものはダメです。改憲論者の方も「変えるなら正々堂々と」と言われています。96条改正→9条改正(改悪)なんてもってのほかです。
何でそんなに戦争がしたいんだろ???
国防軍なんて要らない。


全く話は変わりますが、いよいよ今週末はSS5ですね。初めて参戦します。
ウネのリリイベは一人でしたが、今回は娘(小6)と一緒なので心強いです。私は土曜日のみですが、満喫してきたいと思ってます。

長々と乱文、失礼しましたm(__)m
これからもなつめさんのブログを楽しみにしています。
Posted by tagu at 2013年07月22日 20:47
◇TOSHさま、しほさま、みーさま、まゆさま、taguさま
コメントありがとうございます。まとめてお返事失礼します。正直投票日になっちゃってからこんな記事あげたって遅いよ!寝ちゃった私ばかばかばか、と思いながら午前中に書いてたんですが、真剣に読んでくださった方がいてくださって嬉しかったです。

今回の選挙の投票率は6割にも届かず、こんな国家の一大事みたいなことが山積している時期の選挙とは思えない数字でした。

政治って案外身近です。戦争が始まっちゃえば好きな音楽も敵性音楽として聞けなくなったり、女は銃後で料理洗濯掃除してればいいから大学なんか行く必要ない、とっとと結婚して兵隊になる男子をいっぱい産め、とか言われるようになるかも知れない。そういう前科はいっぱいある国なので。

そうさせないためには、選挙のときだけじゃなくて、政治家が何を動かそうとしてるか、見て監視してないといけないんですよね。とにもかくにも議員は決まってしまったのだから、あとは何かあったときいつでも国民としてNGを出せるように、しっかり見張っていかなくちゃって思います。
Posted by なつめ at 2013年07月23日 01:35
>「自民党はそんなことするわけない」ってあなた言ったけど、私が言った通りになってるじゃんか。石破氏は自衛隊を「国防軍」にするにあたって審理非公開の「軍事裁判所」の創設まで言及してるんですよ。

安部首相も石破氏も徴兵制を明確に否定しています
それと、軍事裁判と徴兵制には何の関係もありません
志願制の米軍にも英軍にも軍事裁判がありますので

世界の流れを見ても、徴兵制の廃止が世界の流れです
欧州でもほとんどの国々が徴兵制を廃止していますし、重武装中立で知られるスイスでさえ、軍の方は現代のハイテク化した戦争では徴兵制は非効率だから徴兵制をやめたいと言っていますが、スイス国民の方が徴兵制を支持し徴兵制が維持されているような状況です

ましてや、1億2千万人という人口を抱え、海という天然の要害に守られた日本に徴兵制を敷く理由がありません
仮に尖閣や竹島での武力衝突になった場合でも徴兵制は意味がありません
どちらも海に浮かぶ小さな諸島での戦いですから、主戦場は空と海の戦いになりますので、徴兵で集めた兵士に出番はありません
それにどうしても自衛隊員を増やしたいなら定員を増やせば良いだけです。自衛隊の倍率は約5倍ですから

ただ、政治家に限らず「若者を鍛える・礼儀を教える」などという理由で徴兵制を語る浅はかな人も居ますけど
プロの軍人を必要とする自衛隊にとっちゃいい迷惑です
万が一徴兵制を採用しようとしても自衛隊が反対するでしょう
そんなものに予算をかけるのなら、遅れている装備の更新や、年々削減されている火力の増強に予算をかけてくださいと言われるのがオチです
Posted by hot at 2013年07月23日 06:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。