2013年10月11日

しゃいにたんカムバック!

今年は2枚アルバム出たのでもうないと思ってたのですが、怒涛のカムバックラッシュでございます。SHINeeのEVERYBODY キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!



イメージTeaserがすごくかっこよくて、でも6日にお披露目でやった公演の映像はなかなか高画質が出てこなくて待ち遠しくてたまらなかったのですが、期待を裏切らない完成度でしたねー。

「Symptoms」はまたむっずかしい曲やな。それにしてもこういう曲であらためて思うのは、本当にSHINeeって平均値あげてきたなぁーってこと。デビュー当時は主に歌える子ふたり(ジョンヒョンとオニュ)、踊れる子ふたり(テミンとキーくん)、ビジュアル担当(ミノ)って感じだったのが、この延々盛り上げっぱなしみたいな曲を全員交代で歌える、というか全員歌えるようになったからこそできるようになった曲だなと。

それはタイトル曲の「Everybody」のパフォーマンスにも言えることで、全体平均が高くないとできなさそうな、休みどころまったくナシみたいなダンス。とりあえず最初に見たとき、30歳すぎたら出来ないだろこれ、と思った。と同時に、ああ、彼らが30代40代になる10年先、20年先になってもおそらく決して色あせないものを、私いま見てるんだなぁーと思ったらなんかおセンチになってしまいましたよ。


私はステージ観にいったわけじゃないけど、それでもこんな風に感じるんだから、きっと実際にこのステージ観にいった人たちの中に、この記憶はずっと消えないで残るんだろうなぁ。いつか彼らが年をとって、こんな風にすべてを叩きつけるようなパフォーマンスが見られなくなったとしても。

今でこそELFやってますが、私そもそもK-POPにはまったきっかけってSHINeeのReplayなんですよね。

その頃のiPodの再生数とかハンパなくて、余裕で一日20回とか聴いてたと思います。テミンがキノコじゃなくなって、内気だったミノがバラエティでもこなれたトークを見せるようになった今でも、やっぱりこの曲って私の中では全然色あせてなくて、たとえ日本語バージョンが出ようと「こじしんごる あら」のとこはオニュのあの突き抜けるような声で耳にインプットされてるし、キーくんとジョンヒョンが80年代アイドルみたいなメイクされてて変だ変だと思いながらもどうしても惹かれてしまって、ようつべを漁りまくった日々がいつ聴いてもよみがえる。

そういう「弟時代」SHINeeの代表曲がReplayだとしたら、今年のDream GirlWhy So Serious?、Everybodyの三曲って、一定年齢になったらとりあえず「男らしく」「マッチョな感じに」しなきゃならん的な韓流男子アイドルの定型を逃れて、「大人になったけれどキラキラしてる」SHINeeのスタイルをいよいよ確立してきたんだな、って思わせるような、マイルストンみたいな気がします。デビュー時からキャッチフレーズの「コンテンポラリーバンド」ってなんなんだよ、って思ってたけど、やっとそのキャッチフレーズが腑に落ちるようになってきたというか。

全員動ける、全員歌える、そしてこの5人でなければならない。彼らはきっと、新しい神話を作っていくんだなぁ。日本デビューからこっち、気持ち離れ気味になってたんですが、今年の三連発で、一気にまたSHINeeデレ期が戻って参りました。置き場所なくなっちゃうからデジタル版で、と決めてはいるけれど…でも最近えぷえくすのPink Tapeとか、SMのCDのアートワークがすごくよくて、見たら欲しくなっちゃいそうだなぁ。うう。早くiTunesにのせて〜。


とりあえずジョンヒョン、この手の衣装とメイク似合う。そして活動中にオニュが肩を脱臼しませんように、とせつに祈っております。



おまけ:
9日のラジオスターはマンネラインの共演でした。

字幕ないけどぺた。話はよくわかんないんですが50分ぐらいのとこで、またデビュー当時ぎゅが酒のんで泣いた話をやってるよw


ラベル:shinee
posted by なつめ at 01:48| Comment(6) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なつめさん、ご無沙汰しております。
ワタクシ現在ELFでありシャヲルではありませんが、日々しゃいににデレまくって萌え萌えしております。

じょんじょんの交通事故により、本来6月に行われるはずのコンサートが8月に延期になり、ぶぅぶぅ文句を言いながら娘と神戸へ出かけましたが、初めて観た彼らの単独コンは素晴らしいモノでありました。
スパショに比べると2時間半と短かったので、その日は淡々と家路についたのですが、翌日、翌々日…とじわじわと感動が後から押し寄せるという不思議な体験をしました。
ダンサブルな曲がリップシンクなのは仕方ないとしても、スローな曲を丁寧に歌っていたのには感動しましたし、何より常に全力のダンスは圧巻でございました。

私はスジュさんのことが大好きで、他のグループに心奪われることはないだろうと思っていましたが、いとも簡単にしゃいに堕ちして、せっせと動画漁りに勤しむ毎日です。
スジュさんのワチャワチャっぷりとはまた異なる、しゃいにの仲の良さやアホ男子っぷりに日々癒されています。
私はずっと薄ーい顔が好みでして、じょんじょんやちぇみののような濃い顔は苦手と言い続けておりましたが、『花ざかりの君たちへ』を見て、さらりと背面跳びをこなすツンデレちぇみのにあっさり堕ちてしまい、あちこちに弁解をしています。

2月にドリゴルでカムバしリパケのWSSも出ていましたから、今年はもう出ないだろうと油断していたら、めっちゃパワフルな曲をぶつけてきましたねー。カッコイイです。メイクや衣装もステキ。
こんなダンス、5人のレベルが揃ってないとできない代物ですよ。さすがしゃいにです。
歌もみんな上手になって、オバちゃんは嬉しいです。(但し、未だにちぇみのの部分は、『これ誰?』って思っているうちに過ぎてゆきますが…)

今年はスジュさんのカムバがなくて、年末の賞レースや音楽祭もつまんないなーと思っていましたが、ここはしゃいにに頑張ってもらってダンス以外の賞を取って欲しいと思うのであります。

Posted by れいこ at 2013年10月11日 19:14
同じくなつめさん、ご無沙汰しております。
遂に自宅PC逝ってしまいまして会社からコメです。

ぃやあー参りました。リプまくりです。
曲よりダンスより何より『しかしよく働く子達!』てのが最初の印象でした。
個人的にはテミンの頬がまたちょっとこけてきて嬉しい。そして彼の声は何故こんなに切ないんでしょう。あの若さで。

あぁ・・ウチの子になってくれないかしら・・。
Posted by masao at 2013年10月12日 16:44
EXOたんをおぼえよう〜チェンチェンの巻〜以来のコメントをさせていただきます。

しゃいにのWSSからの完成度の高さには本当にびっくりですよねー。
エビバデのMV最初に見たときは本当に鳥肌が立ちました…

SJもエクソも好きですが、エンターテイメントとしての完成度の高さはシャイニが一番ですね!

さて、コメントさせていただいた本題ですが、
ちょっと前の韓国のインタビューで、チェミノがものっすごく素敵なことを言っていたのを知って欲しかったのです!
ともすると世間知らずに思われがちな「アイドル」のイメージを完全にひっくり返してくれるないようなので、是非!

ツイにて日本語訳をしてくださっているのを見つけたので。
(許可とかとってないのですが、これってNGでしょうか?? もしまずいようであれば、お手数ですがコメントの削除をお願いします m(_ _)m

http://twishort.com/T3Sdc
Posted by かな at 2013年10月12日 21:50
こんにちは、なつめさま。
ブログ毎回楽しく読ませていただいています。

初めてのコメント、少々ドキドキですが、いろいろ思ったことがあって!


私もSHINeeにハマったのはReplayなんです。
と言っても日本語verでした。
先にオリジナルを知っている方からすると、日本語にするのってモヤモヤするのすごくわかります。
私も実際、韓国語曲のほうが好きです。

日本での活動は嬉しい反面、うーんってなることが多いし、ただでさえハードスケジュールの中飛行機で行ったり来たり・・
やっぱり彼らには韓国で一番に頑張ってもらいたいので日本での活動が彼らの負担や足かせになってないかなって心配になります。

でも、彼らが日本で活動してなかったらSHINeeのこと知らないままだったんだろうな、と思うと
またうーん・・・・
「Replay〜君は僕のeverything〜」(今みてもなんなんだこの副題)はなんだかんだ思い入れのある曲ですし。



そんな中、今年の活動!
5周年とゆうことで事務所も力入れてくれているみたいで嬉しい限り!
なつめさんの言うように、SHINeeにしかできない、今しか出せない魅力でパフォーマンスしてくれて、毎回私は号泣です。。
私はKey君寄りのオールペンなので5人それぞれの良さが随所にあってもう・・(泣いてる)

SHINeeを好きになってSJも知って。
こちらのブログにもお邪魔するようになってSJののことも好きになって。
ブログを初めから読んで、海外小説や演劇、政治などあまり自分が興味ないことにも関心が出てきたり。


・・・・アイドルってすごい(゚Д゚)!!


SJと比べるとソリソリみたいな爆発的に売れたものもないし、ダンスのレベルを維持するのも大変だろうし、5人とゆう人数で兵役期間をどう乗り越えるかとか、安定した地位にいるわけではないので不安はいつもあるんですが、、だからこそ今この時の彼ら5人の姿が儚くて輝いて見えるのかなー・・

なんていろいろ考えちゃいました。
とにかく今は全力で彼らのパフォーマンスを楽しみます!
14日の音源発売楽しみですね〜
アルバムのアートワークも素敵なので機会があればぜひ見てみてください!
それと、ジョンが作詞作曲フィーチャリングしたIUの「Gloomy Clock (Feat. Jonghyun of SHINee) 」もとってもいいので聞いてみてください〜
http://www.youtube.com/watch?v=89yOIUzXdsQ&feature=youtu.be

ではでは!
Posted by みー at 2013年10月13日 02:37
まさか、まさかの5ミニでしたね〜

しかし、本当にみせてくれました!!

私もReplayでハマった人なので、なんとなくなつめさんの気持ちわかります。

金曜日のけだるい始まりは、Replayで、ヌナノムイェッポ〜♪で毎日元気をもらって出勤しているので(笑)

しかし、今回はキタ―です!!
はまりました。
たのんだCD早くこないのかよ!!って感じです。

ふふふ

Posted by hanuruimpact at 2013年10月13日 12:39
なつめさん、お久しぶりです。
友人からSHINeeカムバックしたって!という
嘘か!と思ってしまう情報にびっくりして
ようつべを検索したら…
なんとまぁ!皆様が言われるとおりの
完成度の高いパフォーマンス!ダンス!
ホント、すごい運動量ですね。
はぁ〜尊敬しかできません。


私は今はEXOに夢中になってますが
このなつめさんのブログで
SHINeeのかっこよさに目覚めた一人であります。
他のK-POPアイドルとはいい意味で外れた
独特の魅力を炸裂させてます。
日本での売り出し方はちょっと違和感感じますが。
でも爽やかさはSHINeeの魅力ですもんね♪
発売日は店頭でガン見して考えます(笑)
Posted by ユカリョフ at 2013年10月13日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。