2014年04月12日

ギプスは水をかけると固まる。

いやー、入学式が終わってまだ一週間もたってないし授業もまともに始まってないのに、息子が家に帰ってきました。両手首骨折して!!!もーやんなっちゃいます。遊んでる最中の怪我で、自業自得もはなはだしいのですが、まーこっちは仕事中に呼び出されて病院駆けつけて、その日は病院遠すぎて帰れなくて学校の寮に泊めてもらい、本人の部屋の散らかりっぷりに戦慄し、連れ帰ってから近くの病院再受診して手術の手配したりとかで、もーね。くったくたですよ。ウネコンとえくそたん来日であらぶるタイムラインもまともにおっかけられずにぐったりしておりました。まあ、痛くて夜もろくに寝られなかったらしい本人が一番ぐったりしてはおりましたが…。

若いので早くくっつくとは思うんですけど、もうねぇ、とりあえず伝説にはなったよねわが息子ね。いますよね、春休みにスキーとかいっちゃって骨折して、入学式に松葉杖できて三年間それにちなんだあだ名つけられる子とか。しおしおになっている写真はしっかり撮ったので、成人したときとか結婚するときとかに蒸し返すネタとして大事に保存したいと思います。はい。

SJ-Mがシュキラ→シムタパの黄金コースいってたり、



ミーミがすっごい楽しそうで嬉しい…

EXOの新曲Teaser動画がようやく出たり。いろいろと忙しい週末です。



Mっ子推しなのでつい中国バージョン先にしてしまいますが、ジョンデペンはKバージョンを見るべきです。0:29付近からのちぇんSMILEにもっていかれてしまいました。散々もうちょい痩せろとか言ってたわりに、このたった3秒で完オチしてしまう私が結局盲目なのか、ジョンデのあざとさが最強すぎるのか。そのへんはわかりませんが、とりあえず完敗しました。か わ い い …(<ばたっ)

私同様、バタっとなった方は是非、人気投票ぽちっと応援してあげてください。なんか近頃急上昇中です。ファンミの間に40000まで行かないかなー。

それにしてもMV、D.O.がダンス選抜としてかなりフィーチャーされてるのがすごいですね、歌組なのに。組体操まさかのD.O.下だし。でもスホさんすっごい細いから軽いのかも知れない…。これいったいどうやってスタンバイするんだろう。ニョルカイとレイチェンが支え役とか美味しいです。あとルゥではなくあえてたいちょからスタートとか、フォーメーションも意外性ついてくる感じでFULLを見るのが楽しみです。

日本とは思えない勢いでグリパの隠し撮り画像あがってきてますが、とりあえずネタバレは我慢しておこう…と思いつつ、レイチェンモーメントやらクリチェン映像やらあったよ!という話ににやにやしてます。明日はセフンのお誕生日ですね。きっとイベントあるだろうなーと思うと楽しみです。映像化されるときもきっとこの日は入るだろうなー。

ウネコンはウネコンで、神戸では以前と構成かわった部分とかもあるそうで、全部おっかけてる人も退屈しないように、色々工夫してるみたいですね。私は最後の武道館だけなんですけど、どんなサプライズがあるか楽しみです。各会場チャームすべてつけてる猛者を何人見ることができるのか、それも楽しみにしています^ ^コンプリートできた方、是非是非見せてくださいー。

シウォン&ハンさま動画、あまりの低クオリティにすぐさげようかと思ってたんですけど、マイリスとかもしていだけたのでとりあえずあの感激のままに残しておこうかと思います。勢いでつないじゃったんで、ちょっとだけ解説しますと(わかる方は全部わかると思いますが、最近ファンになった方のために)、最初の数秒はジャッキー・チェンさんのお誕生日パーティー。再会に関する記事はこちらでご覧いただけます。0:25あたり〜のハンチョルは、SUPER JUNIOR SHOWっていうリアリティ番組の中で、ハンギョンが久しぶりに仕事で中国に行く準備をしているシーンです。0:57あたり〜のピンクの白衣着てるやつは、人体探検隊。これはキボムも出ていて、13人一緒の貴重映像満載で、動画も結構見つけやすいです。面白いので是非。

1:29〜のは、1st PREMIUM EVENT in JAPANっていう2008年に武道館でやった、今回のえくそたんのグリパにあたるような初めてのファンミーティングのステージで、私が特に大好きなミラクルです。このミラクルのときのハンさま死ぬほどかっこよかった。オープニングのジャンプの美しさ、何度もリピートしてしまうくらい。

SUPER JUNIOR 1st PREMIUM EVENT in JAPAN [DVD]
エイベックス・マーケティング (2008-09-24)
売り上げランキング: 29,323


1:59のヒニムの涙は、2010年1月のSUPER SHOW2(北京公演)でのもの。ハンギョンが離脱してからのこの公演を、この日ハンギョンが見に来ていたから泣いた、という話もありますが、真偽は不明です。SUPER SHOWはもう5まできてますが、フルメンバーで完走出来たのは、実はSUPER SHOW 1だけなんですよね。

2:05あたり〜のは、ヒニムが自分の単独DJラジオ「Young Street」で、音楽をかけている最中にハンギョンのファースト・ソロ・アルバムを開封しているところです。この時期まだハンギョンとSMエンタテイメントは係争中だったので、ヒチョルらしい、と結構話題になった動画でした。2010年8月の映像です。

2:20あたり〜のハンギョンのお部屋訪問も同じぐらいの時期、2010年7月に放映されたものです。本棚をカメラがうつしたときに一瞬見えるのは、SJの写真集「Boys in City」のシーズン3です。



Boys In City Season 3 Hong Kong(韓国盤)
スーパー・ジュニア
Eins M&M (2010-04-15)
売り上げランキング: 76,161


曲はコメントに皆さん書いてくださったとおり、ジョニ・ミッチェルが作って、ジュディ・コリンズが歌いヒットした「Both Sides Now」という曲。青春の光と影、という邦題のほうが有名かも。すごく歌詞がよくて、たぶんいろんな邦訳がネットに転がっていると思うので、是非初めて聴かれた方は歌詞も見てみてください。

なんか、SJのメンバーたちと過ごした時間を、自分のキャリアの中でなかったこと、にしちゃうんじゃなくて、ハンさまが大事にしてくれてる様子を見ると、短かったけど一緒に過ごした日々は、決して嘘じゃなかったんだなって感じがして、すげー泣きました。その時間が確かにあったからこそ、こうして再会できたんだなって。

やりきれない思いも、自分の選択が正しかったのか間違ったのかと自問するときも、喜びも失望も、私たちファンが簡単に見えるような場所には出てこないけど、彼ら13人の中には本当はもっといっぱいいっぱい、あるんだろうなと思います。それは彼らの中にしまわれていて、私たちには楽しい時間だけをくれるんだけど、でも、きっとふと見ればちくちく痛かったものが、時間をかけて癒されていく過程に立ち会えるのも、なんかこのグループを好きになったからだなって思うとやっぱSJ好きになってよかったな、ELFでよかったな、って思えることのひとつです。知らない人から見たら、いっつもなんか誰かしら欠けてるヘンなグループ、って思われるかもしれないけど、そういうのも全部含めて好きなんだよ。

これからもまた見送ったり迎えたりを繰り返すだろうけど、ずーっと見守っていきたい。っていうかいくんだろうな、って思います。もうSJに関しては太ったとか痩せたとか彼女が変わったとかではいちいち動揺しないいぞ!と、言いつつ、でこぼこカップルかわいいな、と思ってたので、シンドンの熱愛報道にはええええ…ってなりました。なんだよー兵役前じゃんかよー。もー。これは兵役中ナリちゃんを縛り付けないためのフェイクなんだ!戻ったとき気持ちを確かめたらきっと元サヤに戻るんだ!とかつい言いたくなっちゃうんですけど、でもとりあえず、美人の彼女、待っててくれるといいね、シンドン。


posted by なつめ at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子さん、まさかの両手骨折!!レジェンドてすね(-_-;)
と言いつつ私は、ここ10年の間に脚の剥離骨折(要するにヒビ)を3回やらかして社内でレジェンド作り出してます(^_^;)松葉杖、3回もレンタルするなら買った方が安かったね、って言われてます(T_T)
なので濡れて固まるギブスよくわかります(^_^;便利な世の中になりました(^_^;)
この数日はスジュMラジオに笑いハンギョンとシウォンの映像に泣きシンドン熱愛ニュースに驚きつつ、結局神戸ウネコンに身悶えた週末で終わりました…ドンへの包帯ネタが可愛すぎて、でもこんな子が兵役行って大丈夫!?と心配になりました(>_<)ドームシティが楽しみです(^-^)
Posted by さよ at 2014年04月12日 03:14
ご子息様、両手首骨折とは…!?
何より先に、痛い思いをしたご本人様にまずは心からお見舞いを申し上げます。
両手となると、治療中も何かと不便でつらい思いをされることでしょう。
高校での新生活に少しでも影響が少なくなるよう、お祈りしております。

そして、そして、
次は親の立場から…
わかるぅ、わかります。
本人の辛そうなの十分気にかけながらも、
「なんで今なの?」
「なんで、そうなるの?」
的なモヤモヤした感じ…
親、やってると何度かそういう思いにやられますよね。
どうしようもないことなんだけど、「なんでなのさ〜」って地団太踏みたくなる気分…

でも、手のかかるのもきっとほんとにあとちょっと、
ここはひとつ、どうか歯を食いしばって、もうひとがんばりなさってください。
「わかるわぁ」と共感してくれる母親たちがわんさか、いますから、
どうぞ、苦笑いで、余裕かまして乗り切ってくださいね。

そして、かけがえのないお宅の王子様のためにも、
隣国の王子たちのワチャワチャステージに十分、癒されてきてくださいね。

ひとこと、お見舞いまで。
Posted by TOSH at 2014年04月12日 08:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。