2014年05月25日

国立劇場五月文楽、住大夫さんラスト公演みてきた。

さて、昨年のスパショにあわせてはじめて観にいってからはまっている文楽鑑賞。今回は東京の国立劇場小劇場で、人間国宝竹本住大夫さんのラスト公演、観て来ました。二列目で!これ発売当日5分前からスタンバってボタン押したんですけど20分ぐらい予約サイトつながらなくて、先に進めなくて、繋がったときには住大夫さん出演の第一部は完売状態、諦めてたら、お友だちがひと枠譲ってくれて観にいけたのです。東京は激戦なので、どうせとれないだろうと内心諦めてて、先月の大阪無理していったのも、たぶん最後だしというつもりだったんですが、ラスト公演行かせてもらえて感無量です。

演目は、こんな感じ

増補忠臣蔵(ぞうほちゅうしんぐら)
恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)
卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)

で、おそらく皆さんお目当ての住大夫さんは「恋女房染分手綱」沓掛村の段のキリ(<一番の見せ場のこと)での登場でした。とりあえずまず住大夫さんのとこから感想書くと。

この沓掛村と坂ノ下の段は、まだ幼いもと主君の子どもを養育しながら、自分の病気の母親を介護し、非常に苦しい貧しい暮らしをしている、もとは武家につかえていた親孝行の青年、八蔵(<今は介護があるのでぞうり作りとかの内職と馬方のバイトで生計をたてている)が主人公です。米代とか着物の生地代とかも払えずに集金やが家に追いかけてきたりもします。でも、青年が本当にいい子で、「自分が働きに出るようになればすぐに返します。でも余命わずかな母がなくなるまでは看病させて」的な話で集金やももらい泣きして、孝行息子じゃ…とかいって帰っちゃうぐらいの好青年なのです。主君の子どもはまだ幼く、自分は武家の子とも知らず、無邪気に竹馬遊びに興じ、大きくなったら兄ちゃんみたいな馬方になりたい!と言って、もと乳母である八蔵の母を泣かせたりします。

この青年八蔵のもとに、そうとは知らず偶然に、没落したもと主君の兄で座頭の慶政が、金目当ての追いはぎに狙われていたところを助けられ一夜の宿を借りることになるのですが、その夜、八蔵が急に刀を研ぎ始める。これを見咎めた老母が、殺して金をとろうというのか、と叱るのですが、実はその日八蔵が、主君の仇が近くにいるという情報を得て、それで仇討ちしに行こうってんで研いでたんですよね。誤解は解けたんですが、結局母にとめられその夜出かけることは諦める八蔵。これをこっそり聞いていた慶政は、もともと弟(八蔵の主君)が追放される原因となった大金を整えて(<これを後述の悪者に奪われて追放されたのだ)実家に帰るつもりだったんだけど、この真面目な忠義の若者の苦境を救うべく、こっそりお金を火鉢に隠して出て行くのです。お金はないけど、せめて父親に会いにいこうと夜の道を急ぐ盲目の彼を付けねらう追いはぎは、実は八蔵の主君を陥れた張本人の八平次。これはカシラが悪者色なので見ればちょう悪者だとわかるのですが、本当に悪いやつで、襲って金を奪おうとし、金がないとわかると腹いせになぶり殺しにしようとします。これが本当にもう、石で腕を叩き折ったりと、見るに耐えない残虐シーン。

そこに、お金を届けようとやってきた八蔵が追いつきます。八平次はとっさに隠れて八蔵は気づかず、倒れている慶政につまづいてようやく気づく。八蔵、金を返そうとしますが、慶政は固辞。金を八蔵に与えようとした理由、自分の素性、眼病ゆえ家督を譲った弟の苦境に対する自分の思いををそこでやっと明らかにします。驚く八蔵、傷ついた慶政をなんとか連れ帰ろうとしますが、さんざんやられてるので慶政そこで亡くなってしまいます。しかも物陰に潜んでいた八平次、今度は八蔵に襲い掛かる。主君、そしてその兄の仇を討つ八蔵。遺体となった慶政に八平次の首を見せながら、「仇はとりました」といって男泣きに泣く八蔵。そして、夜が明けては人に見咎められる…と、慶政の遺骸を背負い、念仏を唱えながら、一足、一足、沓掛村へと帰っていくシーンで幕。

今回、老母以外の女性の登場はなく、実に男っぽいハードボイルドなお話で、最後の対決のシーンとかも、悪者の八平次は「俺とてその三百両のために追放させられてこうなってんだ。切り取りするは武士の習い!」とか言って、結構カッコイイんですよ。これまでは、義理だなんだと世間体に振り回される男が決める子殺しとかに逆らえず、でも身を切られる思いを吐露しながら泣く母とか、武士の世の掟を守らなきゃならない子の立場を察してその意に応えつつ、でも自分はそれがベストとも思ってないしすごくつらい親の気持ちとか、そういうところで泣かされるパターンが多かったんだけど、今回は男中心ストーリーなんだけど、八蔵がすごいいい奴で感情移入できたので、男話にもかかわらず引き込まれました。

今回、実は住大夫さんがつとめられたシーンでは、私泣かなかったんです。座頭を殺して金をとるつもりか、情けない…と母親から戒められた八蔵が、「貧乏すると実の親にまでそんな人間だと疑われるのか。」と嘆き、「無念な、無念な、無念なわいの。(<ここだけ原文ママ)」と悔しがりながら、真実を告げるシーン、ここが一番胸に迫ってうるうるきたんですが、それでもダーっと泣いちゃいはしませんでした。

どっと泣いちゃったのは、住大夫さんの出演シーンが終わり、盆がくるっと回転して住大夫さんと三味線の錦糸さんが引っ込んで、その次のシーンを演じる文字久大夫さん、咲甫大夫さん、始大夫さんが並び、住大夫さんの最後の台詞、まさに絶唱という感じで語られた「逸散に跡を慕うて」の続き、「追うて往く」の一行を、咲甫大夫さんがそれはそれは力強い声で語りだした瞬間でした。そこでどどどどっと泣けてきちゃった。

前回の大阪でも思ったんですが、正直住大夫さんの衰えは隠せない感じがした。今回は二列目だったんですが、やはり声に力強さが失われている感じがあったし、一段まるまる演じることができないんだな、というのはわかった。私は本当の最盛期を見たことがないからわからないけど、ずっと観てきた方ほどそれは感じられるだろうし、何よりご本人が一番それをわかってるんだと思う。やりたいと思っていることがやりたいようにやれなくなった、とおっしゃって引退を決意されたのはすごくわかるっていうか。アスリートと同じなんだと思う。最高の極みの景色を知ってしまったひとが、そこに自分の力でいけなくなるっていうのは、すごく悔しくて赦せないことなんだと思う。

だからこそ、盆がまわって住大夫さんが引っ込むときに、「これ最後なんだ、あと数日あるけど私はこれ見られるの最後なんだ」と思ったらすごく寂しくて、なんせ去年初めてみた文楽でマジ泣きして、「すごい!こんなのをもう一回みたい!」と思って、住大夫さんに引っ張られるみたいにして文楽を見るようになったから、こんなに早く見られなくなっちゃうなんて寂しくて寂しくてたまらなかったんです。大阪で行列してたときにも、近くに並んでたおばあさんが「住大夫さんがいなくなっちゃっても文楽には来ると思うけど、もう全公演おっかけたり、東京まで行ったりはしないだろうな」というような話をしてるの聴いたりしたし、ああ、寂しいなぁ、何かが終わっちゃうんだなぁ、って思って。

でも、そのぽかん穴が開いたみたいになったところに、若い大夫さんたちの力強い語りがドン!とぶつけられて、なんていうんだろう、バトンタッチなんていう軽い言葉じゃ言い表せないんですが、ああ、文楽という世界に私を引っ張ってきてくれたのは住大夫さんだったけど、これからはきっと私また若い大夫さんたちの新しい語りを聴きに、また文楽観にくるんだな、その人たちにまた引っ張られて何度も舞台に足を運ぶんだな、っていう気持ちがストンと落ちてきて、住大夫さん、なんにも知らなかった私に「もういちど来たい!」って思わせてくれて本当にありがとうございました、あなたのお陰でこんな世界に出会えました、って思ったらもう涙ボロボロ。その後の坂の下の段も本当に素晴らしかったし、ホントに観られてよかったよう。チケット融通してくれたHさんにはもう本当に感謝感謝です。

ちなみに、住大夫さん引退後の私のナンバーワン推し大夫さんは、竹本文字久大夫さんです。元役者さんという経歴の持ち主で、若い頃はクラシックやギターも好きで、ミュージカルやりたいと思ってたこともあるそうです。前回の大阪もすごくよかったんですが、とても温かみのある情感あふれる語りで大好き。住大夫さんのお弟子さんでもあります。

あと、忘れちゃならない今回もやっぱり蓑助さん素晴らしかった。卅三間堂棟由来の木遣り音頭の段というのは、柳の精であるお柳が、もとの木を切り倒されることにより夫や子どもと別れなければならなくなる、異種婚悲劇もののファンタジーなんですが、このお柳を今回蓑助さんが遣っておられます。もうね、なんていったらいいのかわからない。どうして同じ人形なのに、こんな風に命が宿ってしまうんだろう?

昼寝してしまった夫や幼い子どもの姿を、もう自分は消えてしまわなきゃならないことを知っているお柳が、絶望と慈愛に満ちた表情で見下ろすシーンがあるんですが、もうぞくっとするぐらい色っぽくて、柳の精という非・人間的な美しさと、妻であり母親である女としての表情みたいなものが、その顔の傾け方とか見返る首の角度とかでふわあああ!と叫びたくなるぐらいリアルに表現されててですね。圧倒されます。

子どもと別れる嘆きをひとり語りながら「もうお乳が必要な年でもない、きっとちゃんと育つだろう」と言いながら、お柳が自分の懐に手を入れて胸に触れるシーンがあるんですよ。うわあああ!ってなりました。この女の、母親の、身を捩る悲しみとか、子どもにもうおっぱい飲ませることがなくなるときのあの切なさとか、この人形遣ってるひとたち全員男なんですけど!なんでわかるの!うわあああ!って感じでもう(<興奮しすぎ)。ていうかこの脚本もすごいよな、って思う。脚本もオッサンが書いてるわけですから。

お柳が消えてしまう前の人形早変わりとか、SFX的な見所も満載の幽玄の舞台です。柳の細ながい葉がちらちら舞い散る中、切られる苦しさに身もだえしながら愛する人たちの前で人間から柳の精にかわっていくお柳の姿が切ない。こういうのもすごく文楽らしくていいです。お人形ならではの表現ができるので。

また熱く語りすぎててアレですが、本当に本当に、みなさん是非一度足を運んでみてください。6月は鑑賞教室あるし、10月は結構あちこちで地方公演があります。親子教室とかもあるので是非是非。ちなみに国立劇場に行くと、こんなゆるキャラにもあえますよ!

くろごちゃん.JPG

くろごちゃん。開演前と休憩時間に出てきてくれて、一緒に写真とったりしてくれる。この写真とったあとハイタッチしてもらっちゃったー♪



そして、23日からはじまった、えくそたんの初単独コンサートも、今日がソウルの最終日ですね。ものものしい金属探知機はザルであるということが初日で判明し、昨日からは超高画質の写真がばんばか出るようになってます。なんのためのゲート…orz でもおかげさまで様子が見られて、これもふわぁってなってます。

初日、コンサートの時間帯に、クリスがweiboにログインしていたということが少し話題になっていました。彼のプロフのメッセージに「加油(ファイト)」と書かれていたことから、メンバー宛のメッセージだというようなファンタジーを抱いちゃった人もいたみたいですが、あのメッセージは単コンとかより前から同じもののはずです。ただ、彼がその時間ログインしてたのはたぶん事実なので、そのことには色々と思いをはせずにはいられませんでした。

ハンさまが抜けたあとの中国のコンサートで、ヒチョルが泣いた夜は、実はハンさまが観に来てたっていう都市伝説があります。客席にその姿を見て泣いたんだ、という噂。事実かどうかはわからない。でも、グループを離れたからって、まったく映像とかも観ないってことはないと思うんですよね実際。

クリスのweiboにもおそらく「辞めないで」とか「帰ってくるよね」とか「この裏切り者」とか、いろんなコメントは溢れかえっていることでしょう。彼はもちろんそれも読むことでしょう。自分もその場にいたかも知れなかったライブの様子も見るでしょう。見ながら彼は何を考えてたのかな、と思わずにはいられなかった。後悔の気持ちはあったのか、それとも彼らの傍を離れて一人で歩いていく自分を奮い立たせる気持ちだったのか、とか。でもそれは本当に、彼自身にしかわかんないことだよね。

選んだことの結果を引き受けて生きていくにはあまりに若いという気もしますが、それでもひとつの選択をした彼が、今後いい仲間や一緒に歩いてくれるいい支援者たちとめぐり合って、人生を歩んでいけたらいいなと思う。

そして、11人でがんばった子たちの、あのファーストステージ。初日行かれた方、本当にラッキーでしたね。ここからが新しいすべての始まりになる、その瞬間に立ち会えるって感動的だろうなぁ。スホさんのお誕生日ケーキのとこは見てて思わずうるうるしました。彼、ケーキ思いっきり袈裟切りにしちゃってたけど。でもきっと、彼一生忘れないだろうな。汗と涙でぐっちゃぐちゃのスホさん、すっごく愛おしかった。ホントに立派なリーダーの顔してました。

スホさんおめでとう.JPG


後半の、ケーキにざくざく入刀した挙句にナイフについたクリームをふたたびケーキにぺたぺたぬりまくるカイぼっちゃまと、おっこちたケーキを雑に戻しながらクリーム舐めるジョンデ萌えます。

単コンについて書きたいことはまだ色々あるのですが、今日も国立劇場(今夜は女殺油地獄だ!)なので、とりあえずレイチェンモーメントに大変満足しましたという点のみ強調して自重しないちぇんちぇん推しは短めで終えておきます。



レイしゃんってテレビとか舞台とかでお客さん入ってても、何か喋りはじめるとすっごい夢中になっちゃうこあるよね。ジョンデがファンサで立ち止まってるとこ、わざわざ待ってまでまだ喋りたいことがあったのか…。お腹いっぱいのところに更にぶっこんでくるルゥミンに対し、超低頻度でしか見せてもらえないレイチェンモーメントであるがゆえに、この程度の接近でも台風並みにざわつくレイチェンシッパーTLが愛おしい今日この頃です。


posted by なつめ at 12:58| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。スーパージュニアじてんを発見してからこちらの方も読ませて頂いてます。ELFですが、ちぇんちぇんを愛でてます(o´艸`)
SJを好きになった時にはハン様はもう中国にいたので、クリスの件、リアルタイムって結構ツライのね…と思い、真実かどうかも分からない情報を追うのにも疲れたぐらいに、なつめさんのブログ読みました。なんだか落ち着きました。とりあえず結果を受け止めようと思いました。私の中でもSJは13人+2人+1人ていうのは永遠で、いつか全員集合してるのを見たいなーなんて淡い夢を見てます(笑)EXOも12人ていうのは永遠です。でも今EXOとしてステージに立って頑張っているメンバーを今まで通り応援していこうと思いました。

私、セフンは別にって感じなんですけど(笑)クリスと一緒にいる時のセフンは好きでしたー。お兄ちゃんの事大好きな弟って感じで。構いたくて構われたくてっていう風に見えて…←これ誰かに言いたかったんです(笑)私の周りEXOペンな人いないので…
そして私はちぇんちぇんのお手振り姿が大好きです!親指がちょっと曲がってる所が!(笑)

勇気を出しての初めてのコメントなのに長々すみませんでした(^_^;)
Posted by kasumi at 2014年05月26日 01:27
なつめさん、こんばんは。

EXOちゃんの単コン、行って参りました。
日本からの参戦組レポも、けっこうあがって来てるようなので、詳しくはそちらにお任せして…(笑)

ソウルオリンピック公園競技場は、H.O.Tの頃から(古っ)何度も足を運んだ場所。東方神起、SJそしてBigBangまで。
キャパは武道館と同じぐらいかな。
ドーム系と違うのは、2階席でもわりと見れる…わりと(座ったこと無いので多分ですが)
案の定ですがバズーカ抱えたお嬢様方も(笑)

当日、私達は車で向かったので詳細不明ですが、電車で来た女の子達が駅のトイレ前で小競り合いがあったとか。なんでもクリスのファンの子だったらしい。
(この会場は花道がスタンディングなので、慣れた人は事前にトイレに行くのが常。2階3階席にもトイレはあるのでそちらの方が空いてるんですが開場後では身動き取れないので、事前に仮設に行くか駅のトイレを利用する方が多く、その時に友達同士で話してる内容がまあ物議を醸したんだそうで)

なんかものものしいね…と話してたらシンドン到着。一緒に行った同業者が以前に面識があったのでご挨拶してましたが、プレス関係者も箝口令があるようで、突っ込んだ話は聞けないのがSM…そうSMなんです。

私も同業者ご一行に混ざって行ったので、詳しく書けないのが残念なのですが、11人でも頑張ってましたよ。
取って付けたような内容もありましたが、なんかこう「あの人が抜けたからって言わせない」ような気迫みたいなのは感じた。
バックステージで、DVD撮影以外は笑ってないんだもの。
彼等もプロ。そこらへんはちゃんと使い分けていましたが、いかんせんまだ日も浅い。そして若い。連日徹夜で変更したシステムとフォーメーションで頭は爆発寸前だったのではないかと思う。
だけどその中でも、スホ・チャンニョル・シウミン・カイ
この4人は事態を受け止めた上で冷静にそして真摯にステージをこなしていたような印象です。
プレスの与太話ですが、やっぱり練習生の頃からこういう事態を見てきたメンバーは腹の座りが違うと…。

ところでカイくん、なんだか前に見た時よりも更に痩せてて、こんなヒョロッコイ身体でどうしたらあんなドラマチックなダンスが出来るんだよ…と。
涙が出ました、すみません。
彼は、自分のパフォーマンスがEXOの基盤とちゃんと分かってる。だから、手を抜かない。腰の状態はかなり深刻だと噂で聞いてたし、韓国の歌番組でもパフォーマンス後にカイくんだけ抱えられてバックステージに帰った事もありました。
彼の根性を賞賛するのは簡単だけど、その真意をいつか話して欲しい。貴方にとってあの時のEXOって何だったの?と。
たくさんのEXOファンがこのライブを体感したと思いますが、そこに大義なんてない。

あるのは、この人達すきだぁ〜った思いだけ。

それだけでいいような気がしました。

もっともっと沢山の裏話をなつめさんにお伝えしたいんだけど、私も仕事の関係でしがらみが多くてコレ︎ってトコをお伝え出来なくて残念です。

中途半端な内容でごめんなさい。

もし詳細をぶっこんでいいアドレス(Gmail)とかあったら教えて下さい。
そして、なつめ目線で発信してもらえたら…と思います。

ひとつよろしくお願いします。

長文失礼しました。
Posted by ハル at 2014年05月26日 20:37
◇kasumi さま:
コメントありがとうございます。お手振り、ちぇんちぇんは手がちっちゃめなので萌え袖になりがちなところに萌える私です…

◇ハルさま:
バクステレポ、ありがとうございます。ライブ終わって、Mっ子たちはちょっと暇そうにしてて、Kっ子たちは休む間もなく活動で、xoxoは4回で打ち切りみたいにして終わっちゃうし、なんとなく胸をちくちくさせながら見守る毎日です。

ネット上にはメアド置かないようにしているので、メッセージは

http://form1.fc2.com/form/?id=211723

から入れていただけると助かります。裏話は聞きたいような怖いような…ですね。ファンカムとかみながら、この子はきっとこんな子、って思ってるイメージがどっぱずれだったら凹みそうw

SMの練習生の子たちは、ストレス耐性を見るために、何度かグループを組まされてはそれを壊される、というのをやられるって話を聞いたことがあります。デビューまで長かった子ほど、そういう経験も、その間に脱落していく子たちの姿も、見てきてはいるんでしょうが、やはり単コン前のこのタイミングは、ショックだったろうと思うんですよねぇ。

今回ある意味ホームでしたが、来月からは中国でのステージが連続するので、そこからが正念場な気もします。特にMっ子たちが傷つくことがないように願ってます。
Posted by なつめ at 2014年05月30日 00:18
なつめ様

去年のスパショ前後、なつめさんのプログを読ませていただいて、いきなり重症のすじゅペンになってしまった者です。

もともと歌舞伎や時折文楽を観ていて、24日土曜日、住太夫さんの公演に行っておりました。

住太夫さんは、確かにかつての声量や圧倒的な存在感は失われていたかもしれません。
簑助さんも、ご病気の前はもっと手のつけられないほどの咲き誇るおんな、の世界を作っていらしたかもしれません。
しかし、お二人が私たちに起こさせる感激は更に強いものとなっていたと思います。
芸にたいする誠実さ、真摯さ、力でねじ伏せるのでなく、全てをのみこんだ上の抑制のきいた表現。

すじゅについて、なつめさんのお書きになることに共感してきましたが、文楽についても共感させていただいて、嬉しくなりました。
例えば、咲甫太夫さんの第一声、まさに、です!

国立劇場を出て、すじゅ一色の日常に戻りながら、私はすじゅについても、ダンスのキレがなくなって容貌が衰えても、観続けていくんだろうなあというようなことを考えていました。
そんな対象を持てて、幸いだと思います。

すじゅの道に落としていただいたなつめさんと同じ公演を観られて、それも嬉しく思いました。
ギュぺん、エクソはチェンチェン、を続けていくと思います。。
これからも楽しみに読ませていただきますので、よろしくお願いします。
Posted by chirikuruwa at 2014年06月01日 18:30
◇chirikuruwa さま
わあ、あの日、同じ空間にいらした方に読んでいただけるとは!なんかすごく嬉しいです。私はまだまだ文楽は観始めたばっかりですけど、徐々に本格的にはまりつつあります…こういうものと出会えて、本当に幸せだなーって思います。お互い色んなものを楽しんでいきましょうね〜。
Posted by なつめ at 2014年06月02日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。