2014年09月14日

第三舞台:朝日のような夕日をつれて2014みてきた。

これ、やってたのとか知らなくて、たまたまe-plusにアクセスしたときにもうだいたい売り切れてたチケットがたまたまキャンセルが出たのか買える状態になってて思わずポチっとしてしまったので、観て来ました。第三舞台「朝日のような夕日をつれて 2014」@池袋サンシャイン劇場。

Godot.jpg

これは80年代ぐらいの小劇場好きならまず知ってるだろうという、第三舞台(鴻上尚史主宰)という早稲田演劇研究会系の劇団の旗揚げ公演の演目にして代表作、というやつで、何度か再演されてますが、今回は1997年以来の再演だったようですね。すごいな。

私自身が第三舞台のお芝居を見ていたのは80年代の後半で、一番最初に見たのが今でも忘れない下北沢のスズナリ劇場での「もう一つの地球にある水平線のあるピアノ」でした。当時売れっ子になりはじめていた第三舞台が最後に小さな小屋でやった舞台です。このときの筧利夫のポチ役は、踊る大走査線より何よりも彼の代表作であると信じている私。

当時私は確か14歳ですから、中二病真っ盛りです。中学から高校生ぐらいまでの私は小劇場のお芝居にのめりこんでおりました。大学受験のときに「ベケットやりたい」とか言って演劇学科と仏文受験しちゃってるんですから相当です。当時はボリス・ヴィアンにもはまってたので、数が少ない演劇学科のある学校以外は仏文で受験したんですね。結局仏文に入って卒論はベケットで書いたので、一応初志貫徹はしてるという。

そんな私ですが、第三舞台で最後に観にいったステージは、たぶん1989年、大学に入学した年ですが、新宿でやった「ピルグリム」だと思います。とすると観にいくのが実に四半世紀ぶり。指折り数えてみてひえー、ってなってました。

身の回りにもそういうお客さんが多い感じでした。はっきりいって、客の平均年齢高すぎ、って感じで(40〜50代中心って感じ)、客席入ってうっかり同窓会に来てしまったような気分になりました。第三舞台のステージではその時々のトレンドな出来事やキーワードが使われることが多いんですが、トッキュウジャーとかがネタとして出てくるあたりに、作ってる側も見てる側ももう親の世代だからな…とちょっと苦笑いしちゃったりして。

こういう「時代と添い寝する系」の演劇というのは、本当にその時代に体験しておくことしかできなくて、演じる役者へのあてがき的な部分も多いし、映像化された過去の舞台を見てもやっぱり当時の「気分」というか空気感的なものには完全には寄り添えないわけで、繰り返し再演し得る戯曲とは違う独特の儚さがあります。それでも、2時間弱の舞台の最後に、あの伝説的なエンディングが来たときには胸にしみるものがあっりました。

【…この宇宙は分子によって成立している。どんなに多くても、有限な分子によって成立している。だとすれば、有限な分子が、有限な組み合わせを、無限な時間のうちに繰り返すなら、もう一度、あの時と同じ分子配列が偶然に出来上がる。その時、私は、あの時と同じ状態でそこにある。その時こそ私は、私でなくなったあの瞬間に、真っ向から立ち向かおう。何にもたよらない、何も待ち続けない、固有の人間として、私は私の寒さを引き受けようと決めたのです。

リーインカーネーション。生まれ変わりを私は、信じます。

舞台後方がせり上がり、傾斜が出来ていく。そこに立ち続けるスーツ姿の五人の男のユニゾンによるモノローグ。

朝日のような夕日をつれて 僕は立ち続ける
つなぎあうこともなく 流れあうこともなく
きらめく恒星のように
立ち続けることは苦しいから
立ち続けることは楽しいから
朝日のような夕日をつれて ぼくはひとり

ひとりでは耐えられないから
ひとりでは何もできないから
ひとりであることを認めあうことはたくさんの人と手をつなぐことだから
たくさんの人と手をつなぐことはとても悲しいことだから
朝日のような夕日をつれて
冬空の流星のように ぼくは ひとり



もう10代ではないので、涙が出るということはなかったのですが、40過ぎてあらためて22歳の鴻上尚史が書いたこの台詞に触れて、それだってもちろん未熟な年齢なわけですけれども、さらに未熟な10代だった私が、希望とか絶望とかのリアルな感覚も意味もよくわからないままこういうステージの幾つかを経験して、わけもわからないまま心を揺さぶられたことっていうのは、それはそれとして間違ってなかったんだよなぁ、と思ったりしました。

今思うと、下北沢の劇場だとか早稲田の大隈講堂裏のテントとか、今はもうない駒場東大の胡散臭い学生寮の奥にあった小劇場とか、あんなところに中学生や高校生で出入りしてたってのは、相当な背伸びだったよなぁと思うのですが、でも10代後半で触れたものってやっぱりどういう形であれ一生引きずるものなんだなぁと思うんですよね。

第三舞台を見なくなっていった理由には、メジャーになりだしてからのチケット代高騰とか、売れすぎて客の質が落ちたとか(笑いたいだけの客が増えて、唐突に入るシリアスな場面の切り替えにまったくついていけてないだとか、泣きたいだけの客も増えてなんか号泣してるとか、観てて客席の反応にイラっとすることが増えた)、まあ色々理由はあったんですけれども、おそらく当時の私の中に、もっと別の精神的に切実なものが芽生えはじめていて、それに比べると舞台上の出来事っていうものに対する距離感というか、膜みたいなものを感じ始めていたからだろうなぁって思うんですよね。ひと言で言えば没入できなくなった。

その後は山海塾の舞踏とかのもっとゴリゴリの前衛芸術や、シティ・ボーイズやラーメンズのコントみたいな方向に流れたりしてたので、誘われてキャラメルボックスを観にいくまではすごくブランクあったんですが、こうやって年齢重ねてからもう一度、小劇場演劇っていうのを観にいくようになってみると、なんというか20代ぐらいで避けていたこっぱずかしさに対して、逆にまた素直に受け止められるようになってる自分にびっくりしたりもするんですよね。キャラメルボックスなんか、たぶん私10代20代で観てたら、ケッ!って思って二度と観なかったんじゃないかと思うんですが。ああいう素直なキラキラしたものにはことさら背を向けたいお年頃でしたから。

だけど、やっぱりそういう10代の感性というものには、この年齢になってもどっかしら支配されている部分があると思うのです。元に戻るというわけじゃないのですが、色々積み重なっても根っこのところにいつまでもあるもの、というか。そういう意味でも、10代の暇なときに、背伸びして親に叱られたりしながら色んなことを経験するのってわりと大事な気がします。

別に芸術関係じゃなくても全然よくって、ただその年齢のときに、説明しろって言われても何がどういいんだかうまく言えないんだけど、ガシっと心を掴まれる、みたいなことを、どんなジャンルでも経験しとくことい気がする。誰かに言われたり薦められたりしたからってことじゃなく、ただ自分の未熟な感性で「いい」と思うものに偶然でもなんでもいいので出会うこと、発見すること、それを誰かに否定されたり笑われたりしても、やっぱりいい、好きだ、と心の中で思い続けること、そういう経験をしておくと、大人になってこの情報過多の社会に放り出されたときにも、ヘンに右往左往しなくてすむんじゃないかと思うんです。

なんか書いてることがババアっぽくなってきたからやめよう。

私は小須田康人さんが好きなので、久しぶりに舞台で元気な小須田さんの姿が見られてよかったです。彼と大高さんはオリジナルからのキャスト。他の三つの役を若手の客演の人たちが演じてますが、私がすごくイイ!と思ったのは藤井隆さんでした。彼のことって特に注目してみてきたことはなかったのですが、舞台の彼はものすごくよかった。舞台俳優としての色気がある。彼が出る舞台がほかにもあるなら見たい、と思わせる役者さんだった。えっと、もともと吉本の人だっけ。しかしとにかく舞台の彼は糞カッコイイですよ。絶賛。

「朝日…」はやっぱりゴドー1(初演では亡くなった岩谷真哉さんが演じていた役)の演技でかなり良し悪しが決まる部分が大きいと思っていて、それを今回演じた藤井さんはそれに耐えうる器だった。またステージの彼が見たいなぁ。

ちなみに途中客席に呼びかける演出があるんですけれども、今日のマチネで指名されてた人は「あなたが欲しいものはなんですか」の問いに「い、今助けてくれる人…」とうめいてました(笑)。他のステージではどんな答えだったんでしょう。気になります。

昔の第三舞台といえば幕前にかかるロキシーミュージックの「More Than This」が定番でした。今回はかからなかったけど、懐かしくつべ動画を貼り付けてみる。


Avalon
Avalon
posted with amazlet at 14.09.13
Roxy Music
Virgin Records Us (2000-02-28)
売り上げランキング: 17,437

このアルバム(アヴァロン)に入ってます。

さて、明日は明日で文楽観にいく予定。今月はライブは行かない代わりに舞台三昧と決め込みました。文楽はじめてというお友だちを誘ってまた伝統芸能の布教につとめております^ ^

SJの活動二週目は、順調に一位獲得してて嬉しいですね。正直、今回はどこか一つでもトロフィーとれれば十分というか、それすら難しいんじゃないかと予想していたんです。SJが強い音盤のチャート反映比率が下がって、音源(配信型)が重視されるようになっていて、それでなくてもしすたとか非常に強いグループが同時期に一位候補にもなってるし、苦しいだろうなぁって。だから、その条件下で、これだけ何度もトロフィーをプレゼントできたことって本当に世界のELFの結束力だよなぁって、あらためて感動。

そしてそのファンにこたえる兄さんたちの手作りのコレね。彼らって本当に自分たちのファンが求めているものをわかってるよなぁって、つくづく。

7集記念おそろいTシャツ奢りくじ引き大公開、ですよ。シンドン監督作品。まあ見れば字幕なくてもどういう流れがわかると思いますが、メンバーとスタッフもあわせてお揃いのTシャツをプレゼントする、のを誰にするかくじ引きで決めよう、というね。実にSJらしいお遊び。

結果はご覧のとおりでヒョクチェがドボンを引いてましたが、しっかしヒョクってなんかゲーム弱いですよねぇ。決してどんちゃんみたいに全体的にとろいというわけではないのに、貧乏クジひく確立の高いことw



これ↑の中でも負けて腋毛そられてたし(苦笑)。空港で女装させられていたのも記憶に新しい…
まりりんヒョクチェ.jpg
バラエティの神がついている、ということにしましょう(笑)。

出来上がったTシャツはこんな感じ。
おそろTシャツ.jpg

三十路の不良.jpg

「シンドンがいるからこそスーパージュニアが存在する!」って書いてあって、背中には「前をみて!」って書いてあるそうです(笑)

HyukTwi.jpg
これは12日のミューバンのあとの一位記念撮影。

なんか今週いっぱいで活動終了というような噂がちらほら流れてましたがどうなのかな。MamacitaバージョンBはあるけど、リパケの噂が全然でてこないので、このままツアーに突入してしまう気もしますが、もうちょっと音楽番組でも見たかったような。そうそう、私のところにも平日運送やさんに持って返られてしまったCDがようやく届きまして、今日楽しく開封してました^ ^私のところには黒ミンくんがきました。バージョンBはまた別の写真ですよね。楽しみ。

とりあえず卒アル仕様で本棚の普通の棚にはいらねぇ!という6集「Sexy, Free & Single」時のファンの叫びをちゃんとりマーケッターがキャッチしてくれたんだかわかりませんが、今回のパッケージは普通の本棚に入るサイズでほっとしてます。THANX TOのどんちゃんのお手紙の長さとぎゅのお手紙の短さが目をひきます。やっぱり読めるようになりたいなぁ。と思いつつ、四十路には字がちっちゃいです。小さくてよかったと言いながら、歌詞カードとTHANX TOについては机上版を出してほしい←違

EXOのろすぷらはこの週末はバンコク。ルハンが過労でお休みになってしまったので、タイのファンは残念だったことでしょうが、次は地元の北京なので、しっかり休んで回復してほしいものです。でもこれ、絶対身体的に過労ってだけじゃなくて、ストレスだよなぁ…ルハンそもそもわりと神経質なほうなのに(高所恐怖症だし潔癖症だし)、あの勢いでサセンにおっかけまわされてたらそりゃ自律神経もおかしくなるだろうなと。クリスが抜けてそれでなくても人数少ないところに、ボーカルのルハンがお休みで、Mっ子満身創痍な感じでつらい。歌パートとかどうしたんだろうと思うと、FanCamあがってくるのが楽しみなような怖いようなです。たぶん全体的に韓国バージョンにして乗り切ったんだろうなとは思うんですが。

Kissパフォーマンスはシウチェンと見せかけてスホさんを奇襲した模様w

もう前髪ちんちくりんも慣れました。ちょっとよくなってきたら刈られるんだもん前髪。日本くるときどうなってるのかなぁ…orz
140912JD.jpg

STAYAITHME.JPG

富士額だしあげても綺麗なデコだとは思います、でもね、下ろしてたほうが!もっとかわいいと!!思うんですよ!!!(ぜぇはあ)

140815CHen104.jpg
8月15日のソウルSMT神ビズだったのになぁ…T T



posted by なつめ at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なつめさん、こんにちわ!だいぶ久しぶりのコメ書き込みです。

疎遠になっていた学生時代の友人が朝日〜を見に行ったよ、というのを聞いて懐かしい気持ちになったのですが。。。なつめさんも観に行ってらしたんですね!

しかも第三舞台をリアルタイムで観ていたなんて、羨ましい限りです。鴻上尚史の作品は上演当時でないとわからない空気感がありますから!

私が初めて第三舞台を知ったのは高校時代、所属していた演劇部でハッシャバイを先輩たちが卒業公演でやったから。そこからハマリ、田舎の女子高生だった私たちは鴻上尚史の脚本を本屋で買い求め、朝日〜も読んだのが最初です。

だから、朝日のような夕日をつれて´91を初めて紀伊国屋ホールに観に行ったときは、緊張して泣きそうになりました!ただ、やっぱり初演から10年経っていて、劇団も役者も人気高かったですし、小劇場というには規模が大きく、本で読んだものより進化した玩具のくだりが肉付けしてあったり、小道具やひよこの被りものもお金かかってました(笑)

処女作がその作家の最高傑作である、とか鴻上尚史が曰っていたんですが、その言葉どおりかなと思います。朝日のような夕日をつれて、なんてタイトルからノックアウトされた気分になります。今でも1番好きな演劇です。

長々と失礼しました。(_ _)
わたしもしばらくぶりに、また芝居を観に行こうかなと思います!
Posted by あゆち at 2014年09月27日 19:06
わおーあゆちさんも第三舞台ご覧になってたんですね。twitterでも普段演劇の話なんかで絡んだことがないフォロワーさんが同じ舞台を観にいってたことを知ったりして、なんか私もまた色々見たくなってます。

一度観にいくと、また芋づる式に見たくなってきますよ。是非、劇場に足を運んでくださいね^ ^
Posted by なつめ at 2014年10月01日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。