2014年10月09日

なかなか終わらないー。

なんかもう観にいってから4日も経っちゃってるんですけど、SMTライブビューイング雑感、オオトリのEXOとSJ!をどうにか書き上げたいんですが、とか書いてる時点ですでに0時30分まわっているのでどうにかEXOだけでも書ければ…(←弱気←でも寝不足)

・EXO:
日本にいるEXOちゃんたちを観るのは、今年の春にさいたまスーパーアリーナのGreeting Partyを観にいって以来なので、だいたい半年ぶりぐらいなんですが、その半年の間にあまりにも色々ありすぎて、気分的にはもう2年ぶりぐらいの感じでした…。今回はルゥも休養中でお休みだったので、10人。5×5でちょうどいいじゃん、という話もありますが、Mっ子が2人欠けた状態なので、Mっ子贔屓の私的にはハラハラ。

ご挨拶の「金柑からきたユニコーン」についてはもう書いたのでよしとして、タオちゃん二日目になってもやっぱりご挨拶で言葉が出てこなくなって、ベッキョンに盛んに日本語聞いてるのがおかしかった。「あいたかったですかー!」って言って、「僕も」って言いたかったらしいんだけど、結局ベッキョンもうまく教えてやれなかったみたいで、そこだけハングルで言ってて可愛かった。チャンベクはやっぱり日本語担なのかな、とても上手でした。でも、チャニョルが最近「ハッピーウイルスでーす」って言ってくれないから寂しい…思いっきりちゅっ♪ってやってくれてましたが。

カイちゃんおてふんのKマンネラインはずいぶん長い日本語を覚えてきたようで、つっかえながらも上手にお話してくれました。しうたまとレイちゃんは超絶可愛くて、チェンはぬれた髪の毛を気にしてずーっと髪くしゃくしゃしたり頭ふったりしてましたが、ご挨拶は大きな声で元気に「楽しいですかー!」って繰り返してて可愛かった。初日は「皆さんと、いい想い出を、つくるでした!」とめっちゃ美声で言い切ってましたが、2日目は「いい想い出を、つくりましょう!」って言えてた。

141005Chen1.jpg
濡れわんこ。

スホさんのご挨拶は、聞いててなんか本当にしっかりしちゃったなぁ…と思いました。2013年のSMTはぶっちゃけEXOちゃんたちは、みんなほわほわほわーん、って感じになってて、ご挨拶も相当グダグダだったんですよね。スホさんも笑いすぎであんまりまともに喋れてなかったし。でも、みんなきゃっきゃしてて、可愛かったです。

初めてのツアーで沢山なまのステージで経験積んで舞台慣れしたことだけじゃなく、春から本当に色んなことがあって、スホさんは本当に強くならざるを得なかったんだな、ってことをちらっと思ってしまい、そこが頼もしくもあり寂しくもあり。でも、本当に本当に、リーダーらしくなったなぁと思いました。

Mっ子たちはクリス離脱後、結局「リーダー」というものを立てずにやっているので、今「EXOのリーダー」は本当にスホさんだけなんですよね。その重圧に耐えてきた半年で、彼はすっかり大人になっちゃった感じがする。ああ見えて意外と子どもっぽくはしゃいだり、感情的なところもあったりするスホさんだけど、こうして立派にご挨拶したり、マンネラインのセフン・カイ・タオの3人が、みんなスホさんに懐いている様子を見ていると、やっぱり頼れるお兄さんなんだろうなぁって。

(Mっ子5人に関しては、不動のセンターはルゥだし、最年長として物静かにみんなを支えているのはしうたまで、中国活動における渉外担当というか広報部長はレイしゃんなんだけど、でも彼らのうち誰か一人をリーダーとして立てる、というのはなんだか私的にはしっくり来ないし、彼らもそうなんじゃないかなーと思って。この年長組3人が、支えあいながらやっていくのかなと思ってるんですよね。)

でも願わくば、またもう少し時間が経って、周りの弟たちも、もっと成長して、スホさんがちょっと気を抜いても大丈夫なぐらいな感じになるといいよなぁと思います。ビーグルラインがんがれ。

パフォーマンスのほうは、4日より1曲多かったみたいですね。MAMA観られてラッキーでした。デビュー時にあの曲見たときには「…なんだってまたこんな無駄に壮大で辛気臭い曲をタイトルに持ってくるんだ…orz」って感じで、そんなにすごく好きってわけじゃなかったんですけど(←Historyのほうが好きだった)、デビュー当時より更にダンスがシャープになってる感じで、おおーカッコイイ、と素直に思いました。デビュー時から完成度高いと思ってたんだけど、やっぱり上手になってるんだなって感心した。ろすぷらは雨の重慶(6月28日)が印象的でしたが、あれ以上の大雨の中でビシっと決めてきてたので、なんというか若いって素晴らしいというか、半年とか一年とかでこんな風に成長しちゃうんだなぁ、と思った。

そして、雨の中、タオちゃん今夜はまわらなくていいから。まわらなくていいから。と心の中で呟いておりましたが、タオちゃんは回転やりました…しかも2回(MAMAとOVERDOSE)とも。もう怪我するんじゃないかと怖くて思わず「やめて!」って声が出ちゃいましたが、でも、ご挨拶のときのふにゃふにゃパンダが、キリっとした表情になってアクションを決める様子を見て、ああ、プロなんだなぁと思いました。泣き虫のたおちゃんが、スっとプロになる瞬間。

なんだか全体的に、ああーみんな一年ですごく成長した、大人になった、かっこよくなった、というのをしみじみ感じては、嬉しいような寂しいような…っていう気分になってた気がします。特にセフンの成長ぶりたるや。背が伸びただけじゃなくて、すっかり大人っぽくなったなぁ、というのはBoAちゃんとのコラボのステージでも感じました。

初日のレイちゃんのOnly Oneコラボステージはもうなんというか生々しくてですね、彼ダンサースイッチがオンになると途端に大人の男になってしまうので、どう説明したらいいのかわかんないんですがとにかく生々しい。正視できない。レイペンさん死亡のお知らせ、って感じだったんじゃないかと思うんですが、でもまぁそれはレイさんだからいいんです。でも、去年まではBoAちゃんの頬に手を添える動作とかも「ザ・振り付け!」というか「やってみた」感がありありだったセフンが(そしてそれ以前に至っては、必死すぎて色気どころか殺気が漂う勢いだったセフンが)、なんかちゃんと現実感のある色気と余裕を見せていたことには、なんだかひぇええってなっちゃいました。テミンといい、94年生まれどうなってるんだ!!!

カイテムのPretty Boyもよかったですよ。二人のダンスは息がぴったりで、本人たちも楽しそうでよかったです。カイくんまたこういう他グループとのコラボやってくれるといいな。いんぴにとかでもいいと思うんですが。

ダンスバトルではまたレイさんセフンが頑張ってくれましたが、レイさん明らかに腰の調子悪そうだったのに(Only Oneの立ち上がりのところ、いかにも腰を庇ってる風だった)、キレッキレのパフォーマンスを見せてくれて、「きん…かん???」とか言いながら目をぱちくりさせてる子と同一人物とは思えなかった。

セフンは途中でイヤモニの機械がぶらーんってぶら下がっちゃってたんだけど、慌てず回収して踊り続けてて、ああー場数踏んだんだなぁと。そしてEXOのマンネはこういうとき、自分で回収できる子なんだなと思いました(←テミンだったら投げ捨てそう←そしてそれをキーくんかジョンヒョンが拾って帰る(←さらに言えばドンヘはパニックになりそう←そしてシウォンが助けてくれる))。


これとか懐かしいな…

Overdoseは10人でどうやんの?っていうのが気になってあんまり集中できなかったんですが、D.O.が大活躍でした。ギョンスは何気にダンスもできるので、ピンチヒッターもさらりとこなしていました。かっこいい…。その上俳優業でも超注目の新人だし…。「この子は地味だしちっちゃいし、歌うまいのに放っておいたら売れないかも知れない、推さねば!」とニコ動とかに盛んに動画をあげていたEXOデビュー当時の自分に、未来のD.O.はこんな風なんだよ!と言っても信じなかったような気がする。

初日のセットリストを聞いて、少ないなぁ、と思っていたのに対して、一曲増えただけなんですが、満足度は高かったです。やることなんか期待してなかったMAMAが特によかったなぁ。衣装もかっこよかったし。

でもライブビューイングのカメラ担当の人には、EXOとかSJとかの大所帯では、歌ってる子抜かなくていいから!とにかくカメラは正面固定で全体が入るようにして、あとじっとしててくれればいいから!!ということを強く申し上げたいと思った次第。歌ってる子しか抜かない方式だと、特に全体バージョンのときのしうたまとか数秒しかうつんないし…それより何より、EXOは全体構成とフォーメーションが面白いので、それを引きで観たいんですよね。ああああスイッチング煩い!と思ってしまった。そこはやっぱり、生のステージ見られる人たちが羨ましかったです。ただまあ、生なら生で、推しの子ばっかり見ちゃうという罠はあるわけですが。

ああああまた丑三つ時に。結局4日もかけてますが、今度こそSJ書いて完結させます。

ちなみに、ヘンリーのFantastic、日本語バージョン出ましたよー。うち通販で買ったのでまだ届いてないんですが…。
Fantastic (CD+DVD)
Fantastic (CD+DVD)
posted with amazlet at 14.10.08
HENRY
avex trax (2014-10-08)
売り上げランキング: 455


正直、曲としてはさほど欲しくないんだけど(何故この辛気臭いやつ二本立て…orz)、ただただヘンリーのためだけに買いました。あとメイキング観たいから。もしもまだ一枚もヘンリーのCD買ったことなくて、2000円までしか出せない、という方には、この日本語バージョンよりも、あちらバージョンのファーストミニアルバムをオススメしたい、かなぁ。

1st Mini Album - Trap(韓国盤)
ヘンリー(Super Junior-M)
SM Entertainment (2013-06-20)
売り上げランキング: 3,809


こうやってジャケット写真並べると、「着用」「未着用」みたいでなんか不思議…。


posted by なつめ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。