2014年10月19日

ラーメン食べてく?

今週はEXOの冠番組「90:2014」のメンバー別MVのちぇんちぇんの回でして、ゲストはBoaちゃんだし楽しみにしてたんですが、とりあえずMVはこんなんでした…72時間以内に30万再生だっけな、それぐらい行くとメイキングが公開されるそうなので、この週末はせっせとまわします。


なんかよくわからんが臨死体験、的な???Boaちゃんのこの曲(No.1)は、どんな歌詞なの?と検索してみたら、青春応援歌みたいな歌詞が出てきて、????なんでこれがこの臨死体験MV????って全然意味わからなかったんですが、ハングルオリジナルの翻訳歌詞をみて納得、っていうか、日本語歌詞と全然違うwwってびっくりしちゃいました。検索すると個人で訳してらっしゃる方のサイトがいくつかありますが、もっと詩的な歌詞なんですね。最後に月のショットがあるのも、あー一応歌詞にあわせてるのかー、と。

とりあえず、うあああああジョンデが照れてるううううとか、こここ口角に触るのか!触るのかうらやましいいいい、とか、ああああたぶんすごい厚さの中敷いれてるううううう、とか、睫毛長いなぁああああ睫毛いいなぁあああああああ、とか、荒ぶってると3分終わるので、で、内容なんだっけ?的な感じです。

ギョンスのS.E.S.のやつが秀逸だったので、それに比べると捻りがないかなぁ。これまでやったやつの中ではこれが一番好きかな。この頭おかしい感じが、いかにも80年代90年代っぽくて。


たとえば、Peter Gabrielとかみたいな。

それにしても昔の曲って聴くと、すんごいテンポ遅かったんだなってびっくりしますね。こんなに遅かったっけ。キャリーぱみゅぱみゅのMVとかの源泉ってやっぱりこのへんの時代のもののような気がする。なので、私みたいなアラフォーでもなんとなくすんなり入れるのかも。

So: 25th Anniversary Edition (3 CD)
Peter Gabriel
Imports (2012-10-22)
売り上げランキング: 91,244


FULLの動画は見てないんですが、ボアちゃんとのトークのコーナーで、「ラーメン食べてく?」小芝居というのがあって、なんか萌えました。知らなかったんですが、韓国での「ラーメン食べてく?」って、シチュエーションによって「今晩うちに泊まっていく?」っていうお誘い(もちろん男女の)をあらわす隠語みたいなものなんだそうです。そこんとこ踏まえてみるとおかしい。


ボアぬなに「ラーメン食べてく?」って言われて、キメ顔しようとするものの、男子の妄想が一瞬にして暴発したらしく照れて顔かくすジョンデと「なに想像してんだよお前!」って叩きに行く兄さんたち(どさくさ紛れに一番しっかり攻撃してるセフン)。いやーなんつうか健全な20代男子なんだね、って感じですが、レイちゃんの安定の天然ボケもよかった。


「ヌナがお腹すいてたら、僕作りますよ。」って言われて「きゃー、いいわぁあ♪」ってなるボアちゃん。気持ちわかる。

ちなみに私的優勝はこれ。ほぼ放送事故。

我慢できず爆笑するボアちゃんも可愛くって。とりあえず、使うときがあるのかわかりませんが、ボアちゃんみたいに可愛く「ラーメン食べてく?」って言えるようになっておこうと思いました。エンドレスリピート。

ちなみにこちらはヒニムの「ラーメン食べてく?」(インスタグラム投稿より)
ヒニムと食べてく?.jpg

Only Oneのカップルダンスを踊ってみようコーナーもありました。


照れ照れだったのに結構ガッツリ行くおてふん。でこ触ってるじゃん!まあ一番回数こなしてますからね。そしてこの身長差。少女マンガみたいだなと思いました。シリアス演技モード入ってたのに、ボアぬなに触れた瞬間につい口元がほころんじゃうスホさんに、ちょっと胸キュンでした。そして、手をあげて「僕もボアぬなと一回一緒に踊りたいです」と立候補するレイちゃん可愛い。

ねぇ、振り付け覚えてるの?ってボアちゃんが驚いてますよね。これ撮影してたの結構前なので、もしかして日本のSM TOWNでレイしゃんがカップルダンスのお相手に抜擢されたのって、ここでアピールしたからかなぁって思いました。いやー、やりたいことを「やりたいです!」っていつでも言える状態にしとく、ってすごいことだぞ。感心してしまいました。

この週末は中国上海でのSM TOWN、北京からはだいぶ遠いですからまあ違うっちゃ違いますが、ルハンの訴訟はじまってこんな短い期間でまた中国に行くのって複雑だろうなぁ、と思ったんですが、空港では皆元気そうだったのでよかったです。

SJのメンバーは数便にわかれて行ったみたいですが、トゥギも笑ってたし。
141017TeukHae.jpg
この人みてー、って顔のどんちゃん。

いますっごいヒョクチェのビズがいいのでSS6楽しみです。金髪のまま来てほしい…。
141017EunTeuk.jpg

翌日の便で、カンインやヘンリーと一緒に空港に来たミンくんはふかぶかと頭を下げていました。

前回の記事はずいぶん沢山の方に読んでいただいて、コメントも沢山いただきました。記事へのアクセスは、ユニークユーザー数で、東京ドームは埋まらないけど日本武道館なら2Daysいけるわぐらいの数でした。ああ、この人たちが全員一回、メンバー別人気投票んとこでちぇんちぇんにポチっと入れてくれたら、一気に上まで行くのに…レイチェン並ぶのに…(T T)とか不毛なことを考えてました…←うそ(←ちょっと本当←コラ)

すみません真面目に書きます。やっぱりSJってすごい人気あるんだなぁ、とあらためて思うと同時に、これだけ沢山の人たちがそれぞれにもやっとした思いを抱えながら、言葉や答えを探してるんだな、と思いました。もちろん私もその一人です。書きながら自分の中のもやもやを整理する、みたいな感じ。

こういうことの答えって簡単には出ないと思うんですよね。東京ドームまでの日にちもないし、それで余計にそれまでに気持ちの持っていきかたを決めなきゃ、みたいな気分で焦ってしまう方も多いと思うんですけど、あわてて決めるもんでもないと思うんですよ。

韓国のファンサイトの離脱が早かったのは、彼女たちは半年もの間彼らの交際や、場合によっては結婚の意志を知ってたし、じわじわと疲れていって最後に限界で落っこちた、みたいな感じだと思うんですよね。でも、たいていの日本人は報道ではじめて交際や結婚を知ったわけで、そこから虚実いり混じったネット情報をかき集めては混乱して、余計にどうしたらいいのかわかんなくなっちゃう。

そういう記事をネット上で書いておいてなんですが、色々わからなくなって考えるのも疲れちゃったら、少しネット断ち・情報断ちして、リアルなお友だちと会うっていうのがいいと思う。SJペンじゃなくてもいいから、普通に会って話したりご飯食べたりできる友だち。人間、どんなに悲しいときでもお腹はすくし、おなか一杯になるとちょっと幸せになる。悲しむとか腹を立てるとか不安を感じるとかっていうことは、すごーくエネルギー使うことです。だから栄養補給だいじ。

繰り返しになるけど、私は、もう応援できない、っていう人も、やっぱり応援したい、っていう人も、SJは応援するけどソンミンは嫌、っていう人も、みんなアリだと思ってます。韓国のファンダムの選択を間違ってるとは言えないけど、正しいと言うつもりもないです。ただ、彼女たちがそうするには理由があった、ってこと。それを記事にまとめたのは、経緯を何も知らないまま「頭のおかしい痛い人たち」扱いするコメントがネット上で少なくなかったからです。それは彼女たちに対してすごく不当なことだと思ったから。

ちなみに少なくとも会社に出されたメンバー別ジャケットの要求は、私のお財布的には正しくなかった…orz えええええ、と思いながらウネとヒニムを予約しましたが。という我が家の台所事情はさておき、選択そのものに誰が正しくて誰が間違ってるとかはないと思う。

それに、アイドルヲタ同士のマウンティングって不毛ですよ。私もちょっぴり痛いけどあれほど痛くない、みたいなことで優越感持ったって、外側から見たら全員一緒ってことは往々にしてある。私だって実際にイベントとかコンサート行ってみるまでは、アイドルヲタとはどれほど恐ろしいものであろうか、ぐらいのイメージ(←すごい偏見)持ってましたもん。実際ライブいってみて、たくさんのELFちゃんたちと会って、ああ、これはスポーツとか美術とかに青春かけてる子たちと全然かわらないんだ、夢中になるものがそれぞれ違うだけなんだ、ってことに気づかされて、いかに自分が偏った目でものごとを見てたか思い知って恥ずかしく思いました。だから、なんとなくのイメージだけで決めつけちゃうことには気をつけようと持ってます。

誰のどんな選択も、視点や結論が自分と違っても、うん、アリだと思う(※私はしないけど)、と思っていられたら、気持ちもラクになると思うんですよね。それは、他の人がしない選択をする自分だけでも判断してする、っていう自由に繋がるし、みんなが一緒である必要はない、ってことは、SJというバラッバラな個性の集団をみてきて学んだことの一つです。それに人間は間違える生き物だから、あ、間違った、と思ったらそのときまた別の選択をすることだってある。しばらくファンをお休みしたって時間が経ってから戻ってくる人もいるかもだし。そう思うと、すこーしだけ、いま選ばなきゃ、っていうプレッシャーが消えて、ラクになるんじゃないでしょうか。

昨日紹介したLIVSMさんのメッセージ、あれ全体に切なくて泣けるけど、読んでていいな、って思ったのは、彼女は辛くなったときに、電話で実家のお母さんと喋って、ちゃんと身近な人の大切さを感じたところ。いっぱいいっぱい傷ついたと思うけど、でもミンくん追っかけに費やした時間のすべてが無駄になったわけじゃないと思うんですよね。友だちもいっぱい出来ただろうし、いい思い出もあって、家族の有難さを知ったりして。それってひとつのことに夢中になって一所懸命やってきたからこそ経験できたこと、って言えると思う。

とにかく、私は東京ドームは行くし、ペンラ消したりもしないし、彼らがこれからどうやってこの事態を乗り越えるのか、ちゃんと見ていきたいと思ってます。すでに、SNSで何かを発信するメンバー、沈黙するメンバー、ファンに直接メッセージを送るメンバー、あえて通常モードにしているメンバー、それぞれが動いたり動かなかったりしてますよね。彼らだって、何が正解なのかなんてわからないけど、考え考え、手探りで、自分はこうしよう、と思ったことをして、思ったことを言っているんだと思う。そう思ったら、なーんだ、メンバーもELFも同じじゃん、と思えて、やっぱり一緒にこのピンチを乗り越えたいなぁ、と思ったりしてます。今回は諸事情あってそうならなかったけど、アラサー集団なんだから、これから先も結婚するメンバーは出てくるだろうし、そのときはみんなにおめでとう、って祝福される結婚であって欲しい。その土台をイチからまた作る感じ。

そしてこのもやっとした気分を「やっぱ楽しい!」に変えてくれるのも、きっとスパショじゃないかなって、そういう期待を胸にドームに行こうと思ってます。トゥギやシンドン、ヒニムに綺麗なブルーオーシャンを見せてあげたい。ウネコンのでんでん太鼓を、ELF-JAPAN仕様のやつにとり替えていこうと思います^ ^

最後。自重しないちぇんちぇん推し、っていうかMっ子推し。
EXO-M VogueGirl.jpg
この5人がこんな風に並ぶことはもうないけど、でもいい顔して笑ってたから。


posted by なつめ at 02:30| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なつめ様
おはようございます
続けて、三連続目のコメントですが失礼します。

今回もあたたかな記事を本当にありがとうございました。
モヤモヤをスッキリ消毒していただいた上、ちょっとヒリヒリしたところに保湿クリームを塗っていただいたような気分です。

SSのチケットも届きました。
今回は、今までで一番しっかり見えそうなポジショニング…
運の良さに感謝して、楽しんできたいです。

一連の記事更新、
本当にお疲れ様でした、

そして、また、楽しみに待っています。

Posted by TOSH at 2014年10月19日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。