2014年12月10日

スパショ6@大阪いってきた(12/6〜12/7)そのいち

この週末は、スパショで大阪三昧してきましたー。6日土曜日に大阪入りして、まずはSJのライブでは久々のアリーナ席のBブロックでメインステージを堪能。日曜日には1階スタンド席でしたが、今度は花道延長線上ぐらいだったので、それはそれで全体像を楽しんで、月曜日には大阪城まで見学して戻ってきました。

osakajo.JPG

さんざんライブであらぶって、夜は夜でお友だちと美味しいものを食べて深夜までお喋りして、スーツケース転がしながら観光もして、抜け殻になって帰ってきたので、月曜日はばったり寝てしまい、レポも書けませんでしたが、一日仕事してようやくゾンビから人間に戻ってきたので、覚えてるうちにライブのレポを…。

二日目と三日目で、記憶がごっちゃになってるところもあるかも知れませんが、覚えてる限り、順不同で。

私初日はBブロックの上手側にいたんですが、ちょうど真ん中のお誕生日ケーキみたいなくるくる回るステージあるじゃないですか、あれの真横の2ブロック目って感じで、その位置は全員が外側向いてぐるぐる回る演出のときに、ほぼ毎回ヒニムがスタンバイするところだったんです。あと、初日アナのコスプレだったヒニムがステージから降りて退場するときもこっち側の通路を通って引っ込んでいったので、奇跡のアラサーのキラッキラなコスプレ姿の目に焼き付けることができ、私的に神席でした。Sorry, Sorryのドラムのカッコイイ姿も間近で見られたし、私がひーさまカッコイイ、カッコイイばっかり言ってたので、隣の友だちうるさかったと思いますゴメンww

アリーナ席はあと、東京ドームでは斜めから見下ろす感じだったのでCG演出の意図がイマイチよくわかってないところもあったんだけど、冒頭のtwinsの炎をそれぞれ歌ってるメンバーのところに投げあう演出とかが、正面から見ることで、なるほどこういうことか!ってわかってすっきりした。

全体的に言えたことは、10月東京でみてきた超駆け足ダイジェスト版的なライブよりも、とてもゆったりと楽しめたってことです。ちゃんと計ったわけじゃないけど、4時間半ぐらいのライブ中、1時間ぐらいはトークしてたんじゃないかと。

東京では平日開催で時間的な制約もあったし、それでも3時間半ってえくそたんのろすぷら約2時間半に比べたら1時間も長いし、十分贅沢なライブではあったんですが、やっぱりあのぐだぐだトークを楽しみにしているところはあるので、お腹いっぱいになるまでトークタイムで楽しませてもらえてよかったです。東京のあと、ヒョクチェがごめんねっぽいツイート(インスタだったかな…忘れた)をあげてたりして、ああ、彼らも急ぎ足のライブを気にかけていたんだろうな、っていうことがすごくよくわかる充実っぷりというか。ぶっちゃけライブって準備された曲を順番にきちんとこなせばいいわけで、トークなんて全部サービスですから、本当に全力でファンサしてくれたんだな、って感じでありがたかった。

しかし、83はもうオッサンやなwと思いました。語呂合わせっぽいオヤジギャグを思いついてしまうと、もう言わずにはいられない。オヤジギャグを我慢出来ない。おっさん同士でひーひー笑ってる。こういう兄組の内輪受けのグダグダが始まったとき、リョウクちゃんの目が「無」って感じになってるとこがたまりませんでした。

この手のグダグダはシンドンがいるとうまーくオチつけてまとめてくれるんだけどなぁ…って思うと、楽しいんだけどちょっぴり寂しくて。でも、ヒョクチェが代わりに「ちゃっ!」って言って適宜割りこんで進行してくれるようになってました。トークとか出来ない子だったのに、トゥギの代理リーダーやって、ウネでツアーもやって、いつの間にかこんなに頼もしい大人の男になっちゃったヒョクチェの姿にも感慨深いものが。

ヒョクチェのあのソロをステージ近くで見られたのもよかったなぁ。あの歌詞に目を奪われずにヒョクチェだけに集中できたのでよかったです。本当に綺麗に身体作りこんでるし、どんどんかっこよくなる。SJのナンバーを踊ってるときとは一味違う切れ味で、ああ、ダンスで絶対負けたくないって思ってるんだなーっていうのが伝わってくるような力強いソロステージでした。

あと、全体的に83とカンインの兵役終了組の頑張りがすごく際立つライブでした。冒頭のTWINSからBONAMANAにいって、花道のほうにメンバーたちが走っていくところがあるんですけど、そこで私のいた側の花道にはヒニムが走ってきて、一番年なのに一番遠い先っぽまで全力疾走していく後姿を見て、私はそれだけでなんかじーんとしちゃった。アラサーだし足悪いし、いくらでも言い訳できるのに、大阪のヒニムは本当にライブのあいだじゅう、全力で走ってた

東京で見たときにも「なんかヒニムが通常の3倍ぐらい真面目に歌ったり踊ったりしている…」と思ってたんだけど、それ気のせいじゃないって確信した。日曜日なんか、ご挨拶のとき「どーとんぼりっ!」って言いながらグリコのポーズとって、そのまんまぴょんこぴょんこしながら上手にはけていって、MCはそのまま「さっあの人のことは気にせずに…」的に進行していったんですが、しばらくして下手側から同じポーズでぴょんこぴょんこしながら出てきたときには、あのヒニムがここまで身体はるなんてって爆笑しながらも感動し、それを凝りもせず3回もぜえはあいいながら繰り返してるのを見ながら、ヒニムの大阪愛・道頓堀愛に嫉妬してましたw

カンインも、もともとご挨拶のときも最初の「コンバンバー、カンインでーす」意外はほとんど日本語使わない人だったのに、えるぷに「みなさん、目ちゅぶってください」「見ないでください」と言って(←それを聞いてすかさず『(カンイン兄さんの代わりに)僕を見てください』と口を挟むヒョクチェに、ああ、トーク上手くなったなぁ…と思うなど)、こそっと薄目でカンペ見ながらだったけど、「僕は今日、特別なステージを準備しました。皆さん、きぜちゅするかも知れません!(←この『きぜちゅ』の段階で萌え死んだ)」みたいな、比較的長い日本語のご挨拶をしてくれました。そのきぜちゅするステージは、東京から変更してまさかの日本語曲でした(エグザイルだって)。ときどき「つ」が「ちゅ」になっちゃったけど、でも全体的にはとっても発音も綺麗で、ホントに驚いた。

日本語曲やるってことは権利問題でDVDには収録されなくなるかも知れないわけだし、英語の歌なら英語使う国って世界中にいっぱいあるけど、日本語曲なんていくら練習したって基本日本でしかやれないわけだから、練習する努力や時間に対する見返りってすっごい少ないですよね。両手に余るぐらいしか日本でのライブないんだもん。なのに、10月末からの一ヶ月でこんなに練習してきてくれたんだなぁ…と思ったらなんかじーん、です。

カンインやヒニムはSJの日本でのプロモーション活動が本格化しはじめた頃には入隊していて、カンインは除隊して活動に合流したときにも、自分を知ってる日本人なんているのかなぁ…ぐらいの気分だったろうし、ヒニムだってスパショ5の最後のほうで除隊して合流したとき、日本のステージで自分のソロにあんなに熱い声援がおくられるなんてたぶん予想してなくて、びっくりしたと思うんだよね。そしてそのELFの愛にこたえようといっぱい努力してくれた二人に、すごく感謝したい気持ちになりました。

あの1年前の京セラでの少しはにかんだ様子の照れくさそうなヒニムと、今回の京セラでの本当に楽しそうに笑ってメンバーたちといちゃこらして、全力でファンサしてるヒニムを両方見てみて、なんていうかヒニムの中で確実にメンバーたちとの信頼関係も、えるぷとの信頼関係も強くなってるんだなぁっていうのを感じたし、ヒニム自身も、最終日のご挨拶(←ヒニムお手紙書いてくれてた…「僕はひらがなしか読めないからこんな紙に書いてきたんだけど…」つって、A4ぐらいの紙に書いたお手紙。日本語でELFに語りかけてくれてた)の中で、「3年前(兵役に行く前)の僕と今の僕があまりにも違うから皆さんびっくりしているかも知れませんが、皆さんのおかげで、僕はいま、すべてが本当に楽しいです。」っていうようなことを、すごく真摯に語りかけてくれて(最後の『すべてがたのしい』ってところ、2回繰り返してた)、なんかじーんとしました。

兵役って現役だろうと公益だろうと、本当に長くてつらいんだろうなーと思う。シンドンのソロVCRのところ、私は東京で泣いたからもう平気だーい、って思ってたのに、結局また土日ともガチ泣きしてしまったんですが、そのあとのMCで、日曜日アリーナの最前列にシンドンペンちゃんがいて泣いてるのをメンバーたちが目ざとく見つけていて、ヒョクチェが「泣かないでください。君が泣くと僕の心が痛いです。」なんていいながら、兵役話になったトークタイムがあり、そこでウネのまさかの入隊宣言が入るわけですが、そこは後述するとして、そのトークの中でトゥギが、「兵役はいるとなぁー、マジでつらいぞ、毎日毎日『ELF〜ELF〜 (T T)』って泣いて『忠誠!(敬礼のポーズ)』やって、また『ELF〜会いたい〜(T T)』ってめそめそ泣いて『忠誠!』ってやっての繰り返しなんだぞー」って冗談めかして言ってたけど、ほんっと冗談抜きで、気持ち的にはそんな毎日だったんだろうなって。

だからこそ、そんな不安な日々を支えてくれて、ずっと待っててくれて、帰ってきたときに変わらずに大好き!って叫んでくれるファンの存在の大切さを、ヒョン組は本当に実感してるし感謝してるし、だからこそ、アラサーの身体に鞭打って、全身全霊でファンサービスしてくれてるんだなぁっていうのを強く感じました。最終日、トゥギがFROM Uだったかなぁ、曲忘れちゃったんだけど確かアンコール曲のとき、センターステージの真ん中で、ものすごーく長い90度のお辞儀をしてた姿も本当に印象的でした。顔を上げたときに、ちょっと目が潤んでた。

長くて苦しい兵役生活の間、彼らはあのブルーオーシャンを何度夢に見たんだろう、って思った。それを現実に目の前にするたびに、きっと入隊前とは何か違う感動があるんだろうなぁって。何度も何度も本当にいとおしげに客席を見るトゥギの表情を見ながら、そんな風に思いました。

そして、ああああだからドンヒに兵役前にせめてあと一回。あと一回でいいから、まじりっけなしのブルーオーシャンを見せてあげたかったんだようT T とうるうるする私なのだった。メンバーたちがきっと写真とか動画であの綺麗な青い海も、サプライズの様子もドンヒにも見せてくれるだろうし、ドンヒのバナー持ってる子やドンヒを思って泣いてる子がいたことも、きっと伝えてくれるだろうと思うけど、でもやっぱり入隊前に会いたかったよ…T T

ヘルニアの治療どれぐらいかかるのか分かりませんが、そうはいってもさほど長くは引き伸ばせないはずなので、きっと年明け早々ぐらいには入隊するんだろうなと思います。VCRはもうシンドンなしバージョンになってて、それも寂しかった。後半の小芝居のあるVCRのところはカットされてないんだけど、それ以外の、たとえば一人ひとり名前を呼ぶオープニングのVCRとかにすでにドンヒの名前がない寂しさ。だけど、まました日本語バージョンのジャケットには、ちゃんと姿が入ってるから!

MAMACITA-AYAYA- (初回限定生産) (CD+DVD)
SUPER JUNIOR
avex trax (2014-12-17)
売り上げランキング: 82


まました日本語バージョン発売日まであと一週間ですよー。あの歌詞の正解が気になります。トゥギのパートいくら聞いても「茨木市の××××」って聞こえてまったく意味とれず。日本語バージョン初披露が終わったあとのトークでも、ヒョクチェの「歌詞ききとれましたか」に対するえるぷのお返事が正直すぎて(それまでの質問に対する『ネー(はーい)!』の勢いとは明らかに違ってたw)…。トゥギは嬉しそうに3回ぐらいそのパート歌ってくれたんだけど、まーっっったく聞き取れないまま、「茨木市…茨木市…」って脳内で繰り返してたら、一緒にいた友だちが「トゥギのあれ、『茨木市の延長線上』にしか聞こえない」とか言い出すものだから、もうそうとしか聞こえなくなってしまいましたww

日本語バージョン要らんと思ってたんですが、このまったく聞き取れない空耳アワーな歌詞をこうやって推理する時間がわりと長いこと楽しめることを考えると、案外コスパがいい商品のような気もしてました。チョリソーとかもうバラバラを超える迷歌詞になるでしょうか。乞うご期待。

ちなみにトゥギが未発売のMAMACITA日本語バージョン見本版をステージに持ち出して、スパショのくじ引き企画ミーグリで、これを一名の方にプレゼントします!って言い出して、ドンヘが「(エイベックス的に)NGみたいだよ」ってあたかもしっかりものみたいに言ってたところ笑ったんですが(←自分は新曲だのなんだのオフレコトークを我慢できずにもらしてしまうくせにw)、結局それは発売後の福岡で「サインつきでプレゼントします!」ってトゥギが約束してたんですけど、これで少なくとも30人ぐらいは福岡のお客さん増えたぞ!と思いました。リーダーによる全力営業。福岡でミーグリチャレンジする方、頑張ってあててね!

ちなみに私は福岡はいけないので大人しく買いました。そして、「SUPER JUNIOR ドンヘ&ウニョク THE 1st JAPAN TOUR 2014」のDVDも大人しく自分で買いました…1月21日発売、楽しみです。

ああ、兄さん組のことしか書いてないのにもう2時過ぎちゃった…ここんとこ仕事も年末進行だし寝不足もいいとこなんで、いったん切ります。弟組の話はまたこの次に♪あと、初日アリーナだったので、銀テをゲットすることができました。私前回のロスプラは呆然としてて自分では手を出せなかったので、今回初めて自力でゲット。会場限定グッズとかは買わなかったのですが、お土産プレゼントやりますね。

そうそう、EXOのロスプラのほうの銀テのプレゼント企画の応募は締め切りましたので、こちらは今週中にアナログ抽選会やって当選者を発表します。プレゼントは1名さまのみの予定だったんですが、福岡公演での銀テを提供して下さったKさん(ありがとうございます!)のお陰で外れた方にもお楽しみが増えました。発表までもう少しお待ちくださいねー。

そしてどんなに眠たくても忘れないジョンデ推し。人気投票ぽちっと押してね!MAMAの高画質が次々出てきて保存が忙しいです。

2014MAMA.JPG

2014MAMA_JD.JPG

ちなみにジョンデは昨日の夜、スホさん、ギョンスと映画観にいったそうで、二人がトイレに言ってる間にジョンデが、最初はシェイクコンボを頼んで、それからチェダーチーズ味のポップコーンとコーラのセットに変えて、コーラ2つでもいいかどうか聞いてOKって言われて注文したんだけど、トイレから出てきたギョンスが「なんでコーラにしたんだよ」ってジョンデにぐずぐず不平を言ったので、スプライトに取り替えてもらった(そしてジョンデが奢った)、というようなお話が流れてきまして(cr.dyostined)、たいへん萌えたのでした。ジョンデにぐずぐず言うギョンスとか萌えざるを得ない。ビバ!ビーグルラインおとなし組。

あと、東方神起のコンサートに行ったりもしてたみたいですね。
141209.JPG
カイテムというリア充CPの間にナチュラルに割り込んでるちぇんちぇん。


posted by なつめ at 02:25| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
まわりにえるぷがいないので、今回初1人遠征して土日のスパショ大阪に参戦して来ました。
大阪で初めてママシータ日本語ver聴いたのですが、わたしもトゥギパート「茨木市の延長線上〜♪」にしか聞こえませんでした(笑)
なつめさんのブログを見て、
そう聞こえたのは自分だけじゃなかったと嬉しくなり(笑)コメントしちゃいました。
いつもは韓国語の方が好きなんで、日本語あんまり。。なのですが、ママシータは面白すぎてはまりそうです。
大阪が楽しすぎて、福岡も行きたくなり(笑)
でもこれ以上は予算的に無理なんですが、一応チケットを探してみましたが、探してる人が多かったです。ちょっと前まで譲る方が多かったのに。まあこれであきらめついたので来年に備えて貯金頑張ろうと思います(笑)
Posted by ミキ at 2014年12月10日 07:35
いつも楽しくブログ、拝見させて頂いてます。
土曜日、私も同じくらいの席でした!
(真ん中のくるくるまわる演出のとき、ドンへが何度も目の前で、リョウクペンなのに何度もドンへに心を奪われました。笑)

初めてのスパショ、最高に楽しかったです。
なつめさんのレポを読みながら、また胸が熱くなりました。
弟組レポもたのしみにしています〜!

まさかカイテムにジョンデがわりこんでくるなんて。笑
こういうところも大好きです!
Posted by yuki at 2014年12月10日 15:50
なつめ様
お久しぶりです。
今回は強行軍の旅を終えられて日にちもたたないうちに
早速、大阪のスパショレポの記事アップ、ありがとうございました。

先日の東京ドームのバタバタしたスパショがいろいろ改善されていたようで、それを見られたなつめ様がとてもうらやましいです。
やはり、スパショは4時間を切ってしまうと非常に忙しくなってしまう内容なのですね、
大阪では本人たちもELFもゆったり楽しめたようで何よりでした。
相変わらず、なつめ様の臨場感あるレポート、
「うん、うん」とニヤニヤと頷きながら読めるようになった私も
いつの間にかしっかりELFになったんだなーと改めて思いました。(笑)
大阪のその場にはいなかったけれど、まるで、皆さんと一緒に見てきたような錯覚さえ起こしてしまいます。

正直言って、EXOの分野にはあまりついていかれないので、どうか、また、来年もSJについてもたくさん語ってくださいね
何時でもとても楽しみにしています。

今年もあとわずか、あっという間に来年はやってきますが、兵役ラッシュ本番のSJではあっても、決して目はそらさず、なつめ様をはじめとしてこのブログに来られるみなさんと一緒にSJを楽しんでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

今週末は選挙もありますね、
この国日本の未来について、こちらも目をそらさずしっかり見て、考えて、
選んでいきたいと思っています

では、少し早いけど、良いお年を!

ご無理をなさいませんよう、くれぐれもご自愛ください。
Posted by TOSH at 2014年12月11日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。