2015年01月13日

江戸のだめんず・うぉ〜か〜「冥土の飛脚」みてきた。

成人の日の3連休、まんなかの11日に、大阪に文楽遠征いってきました。二部を見てきたので、演目は「日吉丸稚桜(ひよしまるわかきのさくら)」「冥途の飛脚(めいどのひきゃく)」。二番目は、近松門左衛門の世話物の中でも特に有名なやつですね。

お正月公演では、舞台の上に「にらみ鯛」という特別の飾りがつくんです。可愛い!
2015年にらみ鯛.JPG

最初の「日吉丸稚桜」駒木山城中の段っていうのは、豊臣秀吉をモデルにした人物(木下藤吉)が出てくるんですけど、これがイケメンの「検非違使」っていうカシラを使うもので、出てきたとき「ええぇ〜秀吉ってサル顔じゃないの」って思っちゃって、なんか違和感感じながらみてて、もじもじしました。話はフィクションなので、別に秀吉設定使わなくても…と思ったんだけど、当時の人たちは「ああ、この(実在のちょっと前の)人物がモデルの二次創作なのね」と思いながら見るほうがわかりやすかったんだろうなぁ。

お話としては、歴史モノにありがちな首実験モノ。まずは織田信長をモデルとする「小田春長」が、義父「斉藤明舜」(斉藤道三がモデル)に離反されたため、斉藤の娘で自分の妻である「萬代姫」(まんよひめ…濃姫がモデル)を討つよう藤吉に命じたという話が前段にあります。お話は、藤吉の丁稚奉公時代の奉公先の主人「源左衛門」を殺した「鍛冶屋五郎助」(実は加東清忠という元武士で、斉藤家の元家臣=萬代姫の実家である斉藤家に恩義がある)、その娘「お政」、お政の夫で藤吉の家来の「茂助」(=源左衛門の妻の連れ子すなわち義理の息子で、五郎助とも妻の「お政」を通じて義理の親子←ややこしすぎ)、という入り組んだ人間関係を背景にしています。正直人間関係図を見てもなんのことやらさっぱりわからず、終わってから人間関係飲み込んだ感じ。

かいつまんで話すと、この茂助、舅の五郎助が自分の義理の父を殺した仇だと知り、妻のお政を離縁すると言い出すわけ。で、この妻お政が、悲嘆にくれて自害するんですが、そこにあらわれた五郎助、何故か茂助に斉藤明舜を討つための軍事上重要な機密を教えてやり、娘に対しては「男が理由で自殺するような娘は勘当だ」つって冷たく勘当するわけです。でもこれは、父親として、「勘当すれば仇である自分とは他人だから、娘を妻として認めてやってくれ」という親心なんですね。しかも、五郎助が斉藤の家臣、加藤清忠であることを見抜いた藤吉がそれを指摘すると、この五郎助やおら着物を脱ぎだして、その腹からは血が流れている=主君への忠義と婿への義理の板ばさみになりつつ、その両方に義理をたてるため、こっそり切腹しながら来てた、という「ええええ!」というびっくり展開。

とにかくねぇ、エクストリーム自害って感じなんですよ。お政も首を刀で突いたというのにずーっと色々喋っててなかなか死なない。五郎助とか登場時から腹切ってるはずなのに、これもずーっと喋っててこの段終わるまで死なない。いやそれ、おかしいって。無理あるって!と思うんですが、なんだろう、巨人の星が何週間分もの連載かけてやっと1試合おわるような感じでしょうか…。

ともあれ五郎助の説得に心うたれた茂助はお政を再び妻として、「生まれ変わったらまた一緒に」などと言い合いながら、息絶えようとする妻を抱くのですが、ここからもうひとつどんでん返し。何故か五郎助が娘の首を切り落としちゃう。えええ!そして五郎助は、藤吉に「これは萬代姫の首だ、首をあらためろ」と迫るのだ。

つまり五郎助は、元の主君の娘である萬代姫の命を救うために娘の首を差し出したわけですね。藤吉も忠義心に感心してこれを受け入れます。そして五郎助は、ようやく娘の頭を抱きかかえて不憫であった、しかしでかした、斉藤家への忠義のためによくぞ死んだ、と褒め、涙を流すわけ。藤吉が、五郎助の息子竹松を自分の家臣として加藤の名を残すぞと宣言して、よくわかんないけど男たちばっか盛り上がってこの段終わり。

歴史モノはだいたい毎回、武士が一般人には理解しがたい「義理」と「人情」の板ばさみになりながら、結果的に誰か死ぬ、という感じですね。いくら主君ったってそこまで義理だてしなきゃならないことか!?と思うし、登場する女たち(今回は五郎助の妻)はだいたい私と同様「なにも自分まで死ななくても」「なにも子どもを殺さなくても」というまっとうなことを言うんですが、男たちは聞いちゃいません。「要するにヒロイズムに酔ってるんだよ!それに毎回女が巻き込まれるんだよ!きいっ!」と思いながら見ることになります。疲れます。

ただ、娘を勘当して、「もう一度妻にしてやってくれ」という願いを聞き届けられた五郎助が、「聞いたか、娘、ではない、他所の女中」と、自分の娘に呼びかけるところ(本当は、「よかったなわが娘よ!」と言いたいところなのに、勘当したから「娘」じゃない、というところにこだわってる)が、あまりにも滑稽で、滑稽だから余計悲しくて、ちょっとだけ鼻の奥がツンとします。

お政が蓑助さんでした。死んでいく女性の、それでも愛する男の妻として死にたい情念と切なさを、すごくドラマチックに見せていただいた感じ。

そして、「冥土の飛脚」は淡路町の段、封印切の段、道中相合かごの3段で、全体のお話からいくと中段ぐらいまで。

前回公演のダイジェスト。


あらすじ、全体像はこちらのサイトの紹介がわかりやすいかも。

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
近松 門左衛門
角川学芸出版
売り上げランキング: 18,097



ちなみに2月の国立劇場で「心中天の網島」の「時雨の炬燵」も見るし、去年「女殺油地獄」も見たし、あとは「曾根崎心中」が見られると、近松門左衛門の有名な世話物は結構おさえた感じになるなー。

なんていうか、世話物いくつか見てきてちょっとわかったような気がするのは、あれは江戸のだめんず・うぉ〜か〜なんだなってことです。今回も、舞台終わって立ち上がったら、斜め後ろあたりの席にいたおばさんが「本っ当にああいうダメな男っているわね。」って吐き捨てるように言ってて、すごいツボでした。本当にダメ男。マジでダメ男。飛脚のスピードで転落していくダメ男。

大筋としては、飛脚屋の忠兵衛が、惚れた遊女(梅川)が自分より先に田舎オヤジに請けだされちゃうかも、ということに焦り、飛脚屋として届けなきゃいけないお金に手をつけてしまうという話。「十両盗めば首が飛ぶ」という時代になんと300両もの公金横領。その金で請け出した遊女と駆け落ちするけれど、結局見つかって捕まってしまう。実際の事件がもとになっているお話だそう。

だいたい、最初に友人の八右衛門に届けなければいけない金50両を手付金に使ってしまい、返済猶予を頼むものの、母親にちゃんとお金を返したのかと迫られて困り、ごそごそ引き出しを覗いて見つけた鬢水入れを包んで金に見せかけ、友人にはいい加減な領収書を書いてもらって、字が読めない母親を騙すというやり口、のっけから思慮に欠け、その場しのぎの嘘しか考えられない忠兵衛のダメダメっぷりを、すごく上手く象徴してると思った。こういう男は計画性ない上に、その場の雰囲気にはすぐに飲まれて大きいこととか言い出しちゃうからダメなんだよ…こういうヤツいるよ…女を不幸にする男だよ…!!!梅川、早く別れろ!と思いながら観る(←文楽みてるときはだいたい毎回思う。ヒロイン、その男と別れろ!それアカン奴や!!!)。

その次のシーン、そもそもお届けが遅れて督促まで来ていて、どう考えてもちゃんと届けないと代々続いたお店の信用も危うい、という300両を懐に入れ、お届け先のお屋敷に行こうとしているのに、足がついつい梅川のいる新町のほうに向いてしまう、というところ。そもそもそれ届かなかったら首が飛ぶぞって言われてるお金で「考えろよ!!」なわけですが、ダイジェスト映像の1:40あたり、「ああ、早く届けないと…でも、ちょっと梅川の顔だけ見てから…いやいやでも行くとついついこの金使っちゃうかも…早く届けなきゃ…でも顔がみたい…いや届けなきゃ…やっぱり梅川が…届けなきゃ……」ってウロウロした挙句に、「えーい、やっぱり梅川に会いに行ってから!」ってなるあたりが、もう絶望的にダメ男。

本人がここまで浮ついたお花畑脳になってしまっていることを心配し、友人の八右衛門は「金もないのに梅川にのぼせあがっている忠兵衛はこんなことまでしている、本人のためだからもう寄せ付けないでやってくれ」と諸々の事情をばらしてしまうんだけど、それを立ち聞きした忠兵衛、かっとなって届けなければいけない300両を、自分が養子になるときもらった金だと言い張って封印を切り、八右衛門への50両を投げつけて返し、残った金で梅川を請け出してしまうのです。

可哀想な梅川は男の言葉を信じていて、早く行こうと焦る忠兵衛に、「そんなに慌てなくても、同僚に挨拶もしたいし…」なんて暢気に言うのですが、それを聞いたこのバカ男、いきなりわっと泣き出して、「実は絶対届けなきゃいけない金に手をつけた」と告白するわけです。

バカ!もうバカバカ!考えろよ!!って感じ。しかも遊女梅川も、最初「一緒に死のう」って言うんだけど、男に「生きられるだけ一緒にいよう」と言われて「そうぢゃ、生きらるるだけこの世で添おう」と、この短慮のカタマリみたいな男について行っちゃう。今回の舞台では男の生まれ故郷への逃避行シーンまでで終わってしまうのでここまでなんですが、若い二人の愚かさがなんともいえない苦いラストです。

けれど、みぞれ代わりに振る紙吹雪の中、よろめきながら絶望的な逃避行を続ける二人の姿はものすごく美しくて印象的です。若い男女が完全に自分たちの悲劇の世界に入りこんじゃってるとこで、冷静にみたら痛いシーンなんです。だけど、本人たちはあまりにも必死で、状況は絶望的なのに、少しでも一緒に生きたいという欲望だとか、自分たちを転落させた恋への凄まじい執着があって、これってやっぱり若者ならではのエネルギーなんですよね。若くて、愚かしくて、美しい。結果、忠兵衛は本当に典型的なだめんずだしミリ単位も同情するポイントなんかないのに、エンディングで梅川を抱きかかえ、絶望した目で空を見上げるこの馬鹿男に、つい気持ちを寄せてしまいたくなる。人形だけど。

「女殺油地獄」でも思ったけど、近松って、だめんずを徹底的にだめんずとして描きながら、でもどこか憎めない人物としてキャラクターを作っていくのがすごく上手い脚本家なんだなーと思いました。いつか通しで観てみたいなー。

今回、観てて面白かったポイントは、梅川が八右衛門が来る前に、女郎同士で色々愚痴を言い合っていて、「あーなんか暗くなっちゃったから、ちょっと浄瑠璃でも聞こうか」っていう話になって、禿(かむろ)が三味線を弾いて浄瑠璃をやるシーンがあるんですね。そこで、実際に三味線を弾いている錦糸さんと、お人形の手がピタっと合うんですよ。あんまりすごくて、両方見比べてほおーってなっちゃった。

あと、これは覚えておこう、と思ったのが、新町通いで生活態度が乱れてきた忠兵衛を心配するお母さんが、「お父さん(先代)が『鼻紙をじゃんじゃん使うやつはダメ』って言っていたけど、忠兵衛は近頃やけに気が大きくなって、鼻紙を2枚とか3枚とか重ねてすごい勢いで使うようになった。大丈夫だろうか」と言うシーンがあって、なんかすごくリアルな観察ポイントとして勉強になりました。皆さんも恋人や夫、息子がティッシュペーパーとかトイレットペーパーを無駄遣いするようになったら、お金の無駄遣いもしてないかどうか、気をつけてチェックしましょう!

もう一点、これは読み方次第だと思うので、一般的な解釈はどうなんだろう?って思ったのは、あの封印切りのシーンで、完全に頭カーっとなっておかしくなっている忠兵衛から金を受けとった越後屋の人間たちや友人の八右衛門は、その金が忠兵衛の言うとおり忠兵衛の金だと信じてたのかなーどうかなー、というところです。

八右衛門は、たぶんそもそもは本当に忠兵衛を心配して越後屋までわざわざ言って、無茶な身請けを止めさせようとしてたんだと思うんだけど、50両の返済も快く待ってやり、色々と心配をして立ち回ってやって、その金手をつけたらマズイんじゃないの、と指摘もしてやったのに、その恩を仇で返すようなかんしゃくを起こし、またしてもその場しのぎの嘘をついて自分の金だ!と喚いている様子に呆れ、「こいつもうダメだ」と見放したようにも見えたんですよね…。

だとすると、単に忠兵衛に騙されたというよりは、周りの人間たちはこぞってお金だけはしっかりとって、愚かな男の転落を見捨てて立ち去った、という、だめんず認定された男への世間の冷たさを象徴するような、すごく苦いシーンに見えて。だから余計に、続く絶望的な逃避行のシーンで、どこかこのダメ男に同情したくなってしまうのかも。

梅川は勘十郎さん。私最初に観た舞台で勘十郎さん立役(男役)やってらしたので、男役の人形遣いさんというイメージだったのですが、ここ二回続けて女役をやられる舞台を見て、勘十郎さん女役もいいなぁーと思いました。蓑助さんの女役はすごくドラマチックな印象ですが、勘十郎さんのはもう少し抑えた感じ。役によるのかも知れませんが、細やかな仕草の積み重ねでキャラクターが見えてくるみたいな緻密さを感じます。お人形遣う人によって、印象だいぶ違うんだろうなぁ。

住大夫さんが引退されて、現役最年長の嶋大夫さん、お客さんは嶋大夫さんが目当ての方が多くて、実際その段だけきて帰っちゃう人もいて、遠征組の私は「ぜ、贅沢だなぁ…」と目を白黒させてました。地元の人は何度も聞きにくるんだろうなぁ。いいなぁ。東京はそもそもチケットとるのが大変なので、こんな風に贅沢な観かたできるの羨ましいです。というぐらいの感じで、大阪の文楽劇場ではチケットとりやすいので、関西の方是非是非、足を運んでみてください。

次は2月の東京公演だー。楽しみ♪

さて、今回は、せっかくお正月に行くんだし、ということで、商売繁盛の神さまをまつる今宮戎の十日戎のお祭り「えべっさん」に行ってみました。本番は10日なんですが、11日にも『残り福』といってお祭りが続いてるんです。会社もいろいろ大変なので、商売繁盛をお祈りしてこようと。

リンク先にもありますが、鯛とか宝船とかの、クリスマスのオーナメントみたいな縁起物をばら売りしてて、ただでもらえる笹(福笹)に、好きな縁起物を選んで買って、↓のような、かわいらしい福娘さんたちにとりつけてもらうんです。
福娘さん.JPG

ただし高い!このオーナメント高い!一つ2000円とか2500円とか平気でします。つけるもの少ないとしょぼいので、ちょっと可愛い感じに仕上げたいと思ったら平気で2万円とかふっとぶ感じ。私そんな余裕はないので、お土産はミニチュアえべっさん熊手にとどめておきましたが…。

賽銭箱の両脇に、ドラがあって、みんなこのドラをばしばし叩いて「えべっさん、たのんまっせ!」と叫んでいます。えべっさんは耳が遠いから、こうしてお願いごとの念を押すんだそうです。面白い。

えべっさん.JPG
ドラは銀色なのに、会社の名刺やなんかがべたべた貼り付けてあって、銀色の部分はほとんど見えません。私もちゃんとバシバシ叩いて「たのんまっせ!」してきました。

会場にはずーっと「商売繁盛で笹もって来い」というはやし歌が流れていて、賑やかなお祭りです。福娘さんたちはAKBとかよりずっと可愛いし、カメラもったおじさんたちがめちゃくちゃ写真とりまくってました。なんとなくテンションあがるし、面白かった!

帰りはまたまた深夜バス。今回は新たにネックピローを導入してみました。とあるアンケートで「お気に入りのネックピロー第一位」に選ばれていた無印良品のやつを買ったんですが、これ、かさばるけど確かによかった!細長いクッションみたいなものですが、首にまかずに伸ばした上体で腰にあててもいいし、空気を入れるようなタイプと違ってビーズが移動するので、無理なくフィットする感じがいいです。ただし、すんごいかさばりますw これのお陰で前回よりずいぶん首まわりはラクだったなー。あと、ヒニムも買ってた蒸気のアイマスクも持っていきました。



初めて乗った深夜バスは4列ガレー船で瀕死でしたが、回数重ねて深夜バスにも少し慣れてきた私。心地よく過ごすこつがちょっとずつつかめてきた感じです。次回は耳栓を導入しようと思う…今回ちょっと派手な鼾の方がいて(汗)。オススメの耳栓があったら是非教えてください。

というわけで、今年初の文楽大阪遠征、無事に楽しんできました。今年もいい舞台がいっぱい見られますように!

さて、もういい時間なので最後に自重しないちぇんちぇん推し。2015年1月9日は、いくつかある記念碑的ジョンデの神ビズ空港記念日のひとつとして長く語り継がれることになるのではないでしょうか…このスタイリング好きすぎて、あっという間にカメラロールがいっぱいになりました。

140109LC.JPG

pika.JPG
萌え袖、マフラー、ぬいぐるみ、まつ毛…あらゆる萌え要素が集結。つらい。

現在の待ちうけコレです。
150109JD.JPG
ああああああ可愛いなぁあああ!(←基本それしか言うことがない)

というわけで、ギョンスのお誕生日について語る時間がなかった…ごめんギョンス><!デビュー当時はあんなにあがり症だったギョンスが、役者さんとして一気に注目を集めるようになるなんて想像もしてなかったけど、本当にいい形でお仕事が広がっていて嬉しいです。今年も、歌に演技に、いっぱい活躍するD.O.がみられますように!

DOめがね.JPG
メガネ男子D.O.素敵。


posted by なつめ at 01:26| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なつめさんはじめましてこんにちは
いつも楽しく読ませてもらってます

夜行バス、わたしのおすすめは旅の散策ツアーズです。一度これに乗ると、もうここ以外考えらんないです。
一番お気に入りのところは、足が180度あがるフットレストがついてるところ!
残念ながら背もたれは180度にはならないのですが。
それか、やっすい四列バスをダブルでとる方法。どっちも体を横にして寝られるので、とにかく楽です

それでは!
Posted by 愛 at 2015年01月13日 15:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。