2015年01月17日

GDA:本賞受賞おめでとう!

今年のGDA(ゴールデン・ディスク賞)、SJ出ないし、最初SJ-M出るんじゃないの?的な噂もあったけど、結局トゥギ一人で司会…という形で、すっかりぼへーっとしてしまって、てんで真面目に追ってなかったんですが、SJPER JUNIOR、アルバム本賞受賞したんですね。トゥギのご挨拶(いんぴにと一緒だったんで、先にぴにの子たちのが入ってますが)。



隣がグループでまたわちゃわちゃしてるものだから、余計にトゥギがぼっちなのがみてて寂しくて、なんとも言えず悔しく切なくて、トゥギのご挨拶も、喜びというよりは、この先続く困難に、それでも立ち向かっていく、諦めずに努力を続けるSUPER JUNIORであります、と(デビュー10年目のベテラングループのリーダーがですよ…?)、半ば自分に言い聞かせるみたいなご挨拶で、私嬉しい、きゃー!っていうより、お通夜みたいな気分になっちゃってたんです。

だけど、そんな気持ちをあっためてくれたのはヒニムでした。自分の記事としてのポストじゃなくて、トゥギのインスタに、普通にコメントしてたんですよね。訳をつけてくれた方のツイート貼り付けておきます。



Cr. myulchosさん

ヒニムは撮影で地元で若い頃バイトしてた店に行ったりしてて、そのポストにもなんか感動したりしてたんだけど(ヒニムが「思えば自分の周りにはいつもいい人ばっかりいてくれた」って書いてて、それさ、人徳ってやつだよ、ヒニムがいつだって義理を忘れず面倒見がよくて、誰かを助けるとき一肌脱ぐのを決していとわない人だから、だから周りの人もヒニムを助けてくれるんだよ、うわーんやっぱりヒニム好きだついていくよう私のほうがバリバリ年上だけどっっっっっ!てなってた)、こーゆーとき、真っ先にトゥギに声かけてくれるだけじゃなくて、トゥギのあのひとりぼっちの挨拶を見て、ショボンってなってた世界のえるぷちゃんたちの気持ちもちゃんとわかってて、「俺のカワイコちゃんたち、元気だせよ!」って言ってくれるなんてさぁもういい男すぎるじゃん…これで惚ないとか無理じゃん…T Tって感じで、お陰で元気になりました。

あの、圧倒的セールスを記録しながらソシに大賞を譲った2010年12月9日のGDAで、泣いたヒョクチェを真っ先に慰めてやり、トゥギにハグして、涙を撮られないように顔を隠してやったヒニムの姿を思い出したよ。


あれから、もうこれ最後のフルアルバムになるかも知れないなって思った5集、2011年度のGDAの大賞があって。まさかの6集出してからのトゥギ入隊で。そして、7集が出て。本当に、平坦な道ではなかったし、これからも平坦な道ではないだろうと思う。兵役ラッシュは続くし、メンバーもELFも歳を重ねていき、離れていく人も増えていくだろう。だけど、いくつものどん底を乗り越えてきたんだもんな。と思った。

今年の後半、兄さんが戻ってきてからアルバムを出す、という話は確定っぽいし、うん、そこからまた新しい伝説を作ろう、作れる、と思った。ヒニム、うぎたんのSUKIRAにも電話出演しててさぁ。疲れてるのにごめんね、っていううぎたんに、「うちのリョウクが出てるんだからさ」って、もうさーホントなんだろう、レラって寅さんみたいなんだよ、あの年齢で!なんかちょっとこの義理堅い感覚、古いっつうかさ、でもそこが好きなの、だから偏愛なの。

というわけで、レラウクSUKIRA楽しみ。本当に不愉快なことがいっぱいいっぱいあって、なんかもう疲れちゃったしやんなっちゃった、っていう人多いと思うんですけど、ちゃんとELFのことを考えてくれるメンバーがいるから、私はSJ好きでいられると思いました。ありがとヒニム。

そして、今日17日はカンインのお誕生日ですね。これもうお蔵入りになるんじゃ…と不安になってた主演映画も無事公開、いいお誕生日プレゼントになったんじゃないかな。

Kangin.jpg
彼は本当に軍隊いって、大人になって帰ってきたなーって思う。以前の「俺が俺が俺が」っていうジャイアンっぽさの代わりに、弟たちを後ろから支えてあげるような優しい視線を感じることが増えた。一番勢いのあった売れっ子時期の不祥事、世界のアイドルになっていく時期を経験できずに軍隊で過ごし、ただ普通に兵役に行くのとは比べ物にならないような、途方もない不安を感じながらの2年間だったろうなと思う。だからこその成長だと思うし、辛かったと思うけど、いい方向に作用してよかったなって思う。あのまま天狗になってたら、きっと今の大人の男・カンインはいないし、グループに残ってたかどうかだって怪しいと思うので。

この映画公開を機会に、また演技のお仕事まわってくるといいなーと思う。彼、いい役者になると思うんだ。ただの絵に描いたようなハンサムボーイじゃないぶん、リアリティのある役柄を演じられると思うんだよね。

ちなみに私この「純情漫画」もレンタル落ちを買って持ってるのだ。
純情漫画 [DVD]
純情漫画 [DVD]
posted with amazlet at 15.01.16
ビデオメーカー (2009-10-02)
売り上げランキング: 110,504

どちらかというとメインの役ではなくて、あまり美味しくない、純情だけどデリカシーのない若造の役だけど、でもその一途なとこが可愛かったし、演技者としての可能性を感じさせるとこはあったよ。機会があったら是非ご覧ください。猫の葬儀も日本にくるといいなぁ…

さて、踊る吟遊詩人ことカイくんも今週はお誕生日だったわけですが、EXO-L公式へのメッセージがまたあまりにも詩的で萌え死に、さらにIVYクラブマガジンにおいて、『メンバーのこの能力が欲しい!』というQに対して、「チェンひょんのポジティブマインド」というAをぶちかまして、先日のジョンデの「僕にとってカイはジョンイン」を補完するという萌え殺しの矢に再度打ちのめされたので、今日の自重しないちぇんちぇん推しはカイチェンにします。

ninijong.JPG

JD-Kai.JPG

ジョンデすげぇな、っていつも思うのが、この子少女マンガから抜け出てきたみたいなヒョンたちと一緒に舞台に立つときも、この圧倒的カリスマ性を誇る天才ダンス少年と一緒にいるときも、いつでも平常心っていうか、ちっとも気圧されたり卑屈になったりする様子がないところです。だからって天狗なわけじゃなくていつも謙虚な子ではあるけれど、自己肯定感が高くて無駄なコンプレックスを抱えてない子ってハートが安定してていいなーっていうか…そういう意味ではこの子がどこにいても誰といても、すごく安心してみてられるんですよねぇ。そういうとこ好き。←結局そこw

KaiChen.jpg
カイチェンは、ジョンデが甘やかしてるだけじゃなくて、ににたんもイタズラしてみたりして、ちゃんと甘えてる感じが好き。

EXO早くも3月から2ndツアーだそうで、マジかよATMは年度末休暇もなしか!!って感じですが日本はたぶんまた一番最後とかですよね。でも私、Mバージョンが観たいんです。台湾…いったことないけど台湾…もともと学生時代にホウ・シャオシェンの初期の映画にドはまりして、一度いってみたいと思ってたので、この機会に台湾とか…い、いってみたい…でもちょっとあっちのライブはコワイ…という感じで葛藤している私です。

お年玉プレゼント企画は、今日いっぱいで締め切りです。日曜ちょっと終日外出しちゃうので、抽選とご連絡は来週になるかも知れませんが、お年玉なので1月中にはお手元に届くように頑張りますね。


posted by なつめ at 02:07| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ERRORの表示がでるので、何回も送信になっていたらすみません。
このヒニムのコメントには涙ですよね。ヒニムの大きさを感じるし、いつでもメンバーとELFのことを考えてくれてるって思います。ヒニムのいうことだから信用できるって思います。
トゥギが一人で受賞したことはさびしかったですよね。みんなの喜ぶ顔を直接見たかったって思います。でもママシータで賞をもらえて本当に良かった。帰ってきたトゥギにもこれから兵役に行くメンバーにも待っているELFがいることをわかってもらえたかな?と思います。
SJの個々の活動は本当にがんばれー!!って思うのですが、みんなちゃんとSJ本体を忘れずに活動を続けてほしいですね。
EXOはクリスが抜けた時点で追うのをやめてしまいました。
もともとバンド系が好きなので、SJが特別です。なんていってもヒニムがいますからね(^−^)
Posted by めいめいこ at 2015年01月19日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。