2015年04月21日

大阪→名古屋、文楽→ウネコン+展覧会+うまいもんツアー(ウネコン雑感)

名古屋日曜のウネコンのチケットが取れたので、ここはまとめて!ということで、週末から表題のようなツアーをやってきました。金曜夜、仕事が終わってから新幹線で大阪へ向かい、深夜にビジネスホテルにチェックイン、翌日土曜日の11時〜16時までの文楽の第1部を見て、それから名古屋に移動。日曜日は市美術館で若林奮(いさお)の展覧会見てからウネコン二日目に参戦、月曜日に帰京、というなかなか贅沢な旅でした。その合間に食べたおいしいものレポはまた追ってあげるとして、忘れないうちに、ウネコン2日目と文楽4月公演のレポというか雑感を…。

今回のウネコン、私はアリーナ1列目、花道の上手側という、ほぼどセンターみたいな席でした。私は福岡行かないので、今回のツアーはこれが自分的オーラスです。SJ本隊のカムバの噂やKRYのスケジュール、ヒョクチェの入隊時期などを考えると、たぶん追加公演はないんだろうな…という気がするので、兵役前の二人に会えるのはこれが最後だろうなーと思ってて、なのでこういう小さめの箱で最後に会えて、嬉しかったです。ガイシはキャパ1万人ぐらいなのかな?アリーナから天井席まで一体感があって、楽しかったです。回数こなしたからか、会場が小さめで客席が近いせいかはちょっとわかりませんが、さいアリでは少し緊張気味に見えたウネの二人は最初からとてもリラックスムードで、観客との掛け合いも楽しんでる感じだったなー。

前回さいアリと比較しての違いは、バリ5のみで使っていたバクステ、今回は「君が泣いたら」でトロッコで移動、その後思い出映像を見るとことかもバクステに留まるという感じだったので、だいぶ遠くのお客さんの満足感があがったんじゃないかと。威力が強すぎてぶつかり事故が結構おきていたボールのバズーカ発射はやめたらしい。手で投げてました。あと、最後アンコールで着て出てくるD&Eトレーナー、デコりすぎてなんかもう違う服になってました。ドンヘはD、ヒョクチェはEの文字の上をデコってるんだけど天の川状態で読めない。ので、お互いに相手のイニシャルが入ったトレーナーを着てるようにしか見えず、ウネのペアルックでではあったもののえるぷとのペアルック感は薄れたようなww まあいいです。リア充でした。

リリースイベントでの最前列経験はありましたが、アリーナ最前列って初めてだったので、係員のお兄さんが3時間近くずううううっとしゃがんだ姿勢で柵を押さえ続けている姿も初めてみまして。別にぐいぐい押す人とかいなかったし、VCRの間ぐらいみんな座ってんだからちょっと休んだらどうなのかしらと思ったんですが、マニュアルなのか、ずっとそのしゃがみ姿勢のままでした。脚しびれそうだった。ホールは一回入ったら基本出られなくて、ドリンクとかは入場前に買って入ってください、って入り口付近で言われてたのに、買わずに入ってしまったというおばさまが「買いにいっちゃダメ?」って食いふさがってて、結局「僕が一緒に行きますんで、どうぞ」なんて個別対応でお兄さんが案内してたりして、なんだその神対応、っていうか、会場スタッフって大変だなーと頭が下がる思いでした。皆さんライブではやる気持ちはわかりますが、会場での案内にはちゃんと目を通し、耳を傾け、なるべくスタッフさんに迷惑かけないようにしましょうね。

ちなみに私の前の柵担当だったお兄さんはずーっと私の目の前にしゃがんでたもので、ちょっと恥ずかしかったです。こっちはいい年してアイドルに手振ったりちょぎわ踊ったりしてるわけでさぁ…。途中でちらっと見たら靴紐結び直してて、目があったので口パクで「おつかれさまです」って言ったら、はにかんだようにニコって笑ったお兄さんは大変好青年で胸キュンでした(←違う)…すみません、ウネコンレポじゃなくて会場スタッフレポになってしまいました。

でもこういう席やっぱ面白くて。途中で空気でぐるぐる風船のわっかをまわす演出あるんですけど、そこで私の目の前の1つが落ちてしいまって、担当スタッフの人が超あわあわしながら復帰しようとしてて、「…がんばれっ!」って思わず両手を握り締めてしまったり(←結局曲が終わっちゃうまで間に合わなかったけどw でも他のスタッフもやってきてなんとか押し上げようと悪戦苦闘する姿を私は見た!ので、「しくりやがって!」とか言えないです、すごいがんばってたから)。

会場カメラマンさんが割と小柄な女性だったりとか、WINEの舞台で使う門みたいなのをスタッフが組み立ててるとことか、最後にちょぎわ踊ってくれたドンウンさんをヨンソンマネが回収にきたとことか(←たぶん最後までいたらえるぷに取り囲まれて帰れなくなっちゃうからだと思います。ヨンソンマネはD&Eトレーナー着てた。腰を屈めてこそこそこそこそってやってきて警備員に柵あけさせてドンウンさん回収してたけど、やっぱ背が高かった。ドンウンさん「(いきなりステージにあげられるとか)聞いてねぇよ…!」みたいな感じでヨンソンマネに何か言ってて、マネは笑いながら「ごめんごめん」みたいにしてた。)、そういうDVDには入らない場面がちょいちょい見られました。

こんな風に舞台にはあがらない一人ひとりのスタッフの人たちが、素敵なライブの思い出を残すために頑張ってくれてるんだなぁーってあらためて思ったりしました。本当に、ライトのあたらない見えないところで、大勢の人たちがライブを支えてます。アリーナ席体験記として、これは伝えたいなぁって思いました。

こんだけ書いてやっとウネ話に突入。

今回、どんちゃんが衝撃的に上半身鍛えすぎてました。またかよ…って感じですが、どうしてどんちゃんは鍛えるというと、上半身ばかりむやみやたらに鍛えちゃうのか。なぜバランスというものを考えないのか。パッツンパッツンですよ衣装。筋肉つきすぎて。あれ早々と脱いじゃってましたけど、暑いとか重いとかじゃなくてキツいんだと思います。なんなんだろう…カムバックの準備なのかなぁ…とするとまた、リョウクちゃんが「もう飽きた」と言ってた『オトナの男』コンセプトなんでしょうか。うううむ。

のっけの挨拶では、いきなりドンちゃんが「おなかすいた」とかいうボケをかましてきたりして、なかなか「オエヨ」に到達しない。挙句、ビスがいっぱいついているジャケットを脱いで、「これものすごく重たいんですよ」と言い出し、「皆さんに音を聞かせてあげたいから」と、ヒョクチェにヘッドセットマイクで音を拾えと指示。無理やろ!と思うしどんちゃんの意図がまったく掴めない私でしたが、言われるままに床に寝そべるみたいにして付き合ってあげるヒョクチェ(毎度のことながらこの辛抱強さに感心する…)。そして、何をやるかと思いきや、少し高いところからジャケットを落とすドンヘ。

思うにここで「ドサッ!」的な音がして重さが伝わる、というつもりだったのでしょうが、案外音がしょぼい。ヒョクチェ苦笑。えるぷにも伝わっていないため納得いかないどんちゃん。なにやら照明さんにまで特殊効果をお願いして、ヒョクチェにジャケットを投げる→ヒョクチェ大げさに倒れる、という小芝居。そして二人で大ウケ。もはやMCだか小学生のじゃれあいを見てるんだかわからないw

この調子で人を散々振り回したにも関わらず、一通りやって満足するなりやおらジャケットをメインステに置きにすたすた花道歩き出すどんちゃん。ヒョクチェが「ちょっと、挨拶は!」みたいなことを言うと「もうやったじゃん」。仕方なく「あっちが、D&EのDを担当しているドンへです。僕はEを担当しているウニョクです」と、一人で二人分やったげるヒョクチェ萌え。

なんというか全体的にこの調子で、どんちゃんのマイペース度がさいアリに比べはるかに増していて(<というか通常運転に戻った)、それを好きなように泳がせながらも、適宜進行につとめるヒョクチェが神がかって見えました。あれ、普通の司会者さんだったら時間内にまとめられないっていうか、仕切りきれず呆然としちゃうと思う…ヒョクチェじゃないと通訳できない謎のギャグとか、ヒョクチェじゃないとぶった切れないふらふらトークとか、全部拾ってまとめてあげるこの感じ。これがEunHaeの醍醐味だよ!って感じで、ニヤニヤしてしまいます。それでいて、ヒョクチェがすべると容赦なく突っ込むドSっぷりを見せるアホの子の奥深さよw

アンコール前のMCではけるとき、これで最後です!とか言ってえるぷがお約束のえええええーって言うとき、「えーじゃないかえーじゃないか」はキュヒョンのギャグだから僕らも自分たちのを作ろうよ、と言い出すどんちゃん。だが例によってオチは考えていない。自分もすぐには思いつかず苦笑いのヒョクチェ、「じゃあ裏で考えてくるからえるぷも考えておくように」と宿題出しての退場。ヒョクには「昨日はホイッスルふくひとがいて、『ピッピ、D&E』ってやってたけど、休んでてもいいからね。」と言われ、ホイッスルもないのに「ぴっぴ、D&E」って口ホイッスルでコールする、ひとり遊びが上手なえるぷが健気で可愛かったです。

上の「新しい『えええー』」は、結局、どんちゃん発案「えーえーえーえーD&E NIGHT(サタデー・ナイトの節で)」、ヒョクチェ発案「えーえーえーえーABCD&Eー」の対決となりましたが、ヒョクチェのほうが若干聞き取れず声が小さいえるぷ。ヒョクチェ「皆さん僕のは気に入らないんですか!」とぶつぶつ言いつつ、「じゃあドンヘのやつが一番で僕のやつ二番ね」と言ってえるぷに練習させるヒョクチェかわいかった。

途中のMCでは、チョコちゃんのうちわ持ってきてたえるぷちゃんがいて、ヒョクがすごく嬉しそうにうちわ受け取っていとおしげに見てました。「皆さん、チョコのために祈ってください」とか言い出すのでまさか…!と心配してしまいましたが、「オンマに電話したら元気に走り回っているそうです」と言ってたので、ひと安心しました。よかったぁー。「チョコはここでパパのこと見ててね」とか言いながらうちわを舞台に立てようとしてたり、チョコちゃん出来合いヒョクチェが微笑ましかったです。

同じく途中MCで「男性の方がいらっしゃるんです」と言い出すウネ、50代ぐらいかな?っていう感じのご夫婦を見つけ「カップルですか?ご夫婦ですか?」「どっちが来たいっていったんですか?」などと盛んに話しかける。連れてこられたんじゃなくて、二人ともファンです、という仕草をするご主人に向かって「じゃあじゃあじゃあじゃあ、スーパージュニアのメンバーいえますか?リーダーは誰?」「こないだ兵役に行った人は?」「もうすぐ帰ってくる人は?」などとSJクイズを出し、ご主人がことごとく正解するのに対して「おおおー」と感心しつつ喜ぶ二人が可愛かったです。

小さな子どもから、自分たちのお父さんお母さんぐらいの年齢の人が観にきてくれること、男性ファンがきてくれること、どれもみんな大切なことで、嬉しいんだなぁ、と感じました。ヒョクチェは丁寧にお辞儀をして、どんちゃんは「のどが乾いたでしょうからお水」なんていってペットボトルの水を渡して飲ませてました。まずご主人に飲ませ、それを奥様に飲ませて「うわあああい間接キッスぅうう」みたいな表情でちょっとはしゃぎ気味でしたが、「僕口つけてないから大丈夫です」と言って「それ僕の水なんだけど」ってヒョクチェに突っ込まれてたのには笑ったw

あと、入場がライブ半分すぎたぐらいになってしまったえるぷちゃんを「遅刻してきた!」「立って!」と立たせて「もうかっこいい曲終わっちゃったよ!」なんていいながら、「じゃあ罰として一曲歌ってもらおう」と言い出し歌わせるウネ。ひいいー。私あれやられたら泣くw でも、がんばって歌ったえるぷちゃん、お疲れさま!周りのえるぷちゃんたちも応援するように一緒に歌って、ほっこり。

最後のちょぎわをえるぷに躍らせたり、「一緒に遊ぶ」っていう言葉が本当によく合う感じのライブでした。どの場所にいるえるぷちゃんたちも満足できるような構成に感心しただけでなく、ライブだけど、ウネのお部屋に遊びにきたみたいな、あったかい交流があって。

去年一年ホールツアーやって、彼ら自身やスタッフが、えるぷが何を望んでいて何を喜ぶのか、っていうことをしっかり掴んだ上で、彼らのスタイルを生かすツアーに仕上げてくれているんだな、っていうのを強く感じました。こんな風に『フィードバックが活かされてる』ってお客さんが感じられることって、とても大事だと思うんです。『ついてこられるやつだけついてくればいい』だけじゃない部分にこそ、何か問題が起きたときにも相手を信頼して待っていられる気持ちが育つわけで。

最初っから完成したもの出せよ、いつ見ても同じクオリティ保てよ、という人たちはもちろんいるかも知れないし、そういう形のライブにももちろん別のよさがあると思うけど、ウネのスタイルというのはこれなんだな、と思います。ステージの上にアーチストが座りこんで一緒に映像みるライブとかってあんまりないと思うんですけど、そんな風に同じ方向を見て笑ったりはしゃいだりしてると、本当に「友だち」として彼らのおうちにお邪魔してるみたいな錯覚を覚える。Ever Lasting Friends略してELFって、本当にぴったりのFC名だなって思うのです。どのえるぷちゃんたちも、自分が経験したその時間を「特別だ」と思えるこの感じと、一緒にライブを育てていくこの感じは、この先もっと大きい舞台でパフォーマンスすることになっても大切にして欲しいなぁ…と思う。

東京から大阪を経た名古屋という半月の間にも、このライブがこんな風に成長して変わっていく様子を観られて、本当にラッキーだったと思います。私はラスト福岡はいけないけど、この二度目のツアーがどんな風に完成するのか、レポ楽しみにしたいと思います。

一曲一曲について細かくは書きませんが、アリーナ一列目で本当によかった、と思ったのは、モニターやDVDの映像ではなかなか抜かれることのないヒョクチェの足さばきを肉眼でしっかりと見ることができたことでした。そりゃもう、ヘンな位置にかかとあるしすごい中敷入ってると思いますよ。でも美しかった。大勢のプロのダンサーさんたち、彼よりももっと体格のいいダンサーさんもいる集団の中にいても、一歩抜け出てる感じ。本当にヒョクチェはダンサーなんだ、ってあらためて感じて、瞬きするのも忘れて見入っていました。他の人たちと同じ振り付けやってても、ほんの僅かな手の角度とか首の反らせ方とかに、すごいこだわりを感じるっていうか。

どんちゃんももちろんSJの中では上手ですが、プロのダンサーさんたちの中にいて見劣りしないどころかその中で目立つヒョクチェのダンスを、これほど身近で見ることができたのは本当にラッキーでした。三角形のフォーメーションになったとき、ヒョクチェがトップに来ることへの納得感たるや。練習生時代からだけじゃなく、ハンさまが抜けてから、SJのメインダンサーとして他のグループに絶対負けない、っていう気持ちでものすごい努力し続けてきたんだな、っていうのを改めて思った。

あと、今回すごく強く感じたのは、ヒョクチェは本当にもう兵役行く覚悟決めてるんだな、ってことです。私的には、同伴は無理でも、同じ時期に入隊するんじゃないかと思ってたんですが、でも表情見てたら、きっとヒョクチェのほうが誕生日順どおり先にいくんだろうな、っていう気がした。東京で泣いた日と比べても、顔つきが変わっていました。たぶんもうヒョクは泣かないんだなって。

アリーナ一列目からだとセンステは後ろから見る感じになります。二人がセンステ行っちゃうと、近くではモニターを見てる人も多かったけど、私は自分の側からだとライトが眩しくて逆光みたいになる中に浮かび上がるヒョクチェの背中を、自分の目でずっと見てました。なんていうか、決めた人の背中だった。

最後の最後で両手でハート作りながら、突然目を潤ませたどんちゃんは、ヒョクチェに比べるとまだ幼い表情でした。急にぎゅって感情がこみ上げてきちゃうのとかも、どんちゃん的に通常運転だし。もちろん、兵役を意識してないわけじゃないんだけど、覚悟決まった表情のヒョクチェとはまだ段階が違うみたいな感じがしました。そのどんちゃんも、兵役直前になったら、今のヒョクみたいな表情をしたりするんだろうか、って思ったけど、正直想像がつきませんでした。

あと、そんな風に大人の表情になってしまうドンヘを平常心で見てられる気がしないです…orz あんなに泣き虫だったのに、逞しく、大人になってしまったヒョクチェの姿を見てたら、頼もしいな、っていう感じと寂しい感じが同時にこみ上げてきて、思わず昔の「人体探検隊」とか、SUKIRAのウントゥクDJ最終回とかの、ふにゃふにゃで弟感満載だったヒョクチェの姿が観られる動画を見直したりしてしまいました。ドンヘのときも同じ症状起こしそう…T T 

「いつまたこんな風に皆さんとお会いできるかわかりませんが、その日まで、皆さんどうぞ元気でいてください。皆さんの幸せを祈っています。」というヒョクチェの言葉は、優しくて、いつもの「また会いましょう!」の何倍も、真摯な想いが詰まってる気がしました。切なくて、でもこの成長の過程を見つめてこられたことが本当に幸運だったな、って思いました。

一番嬉しかったのは「(前回より会場が大きくなって)皆さんとの距離も少し離れてしまいましたが、心の距離だけは変わらないと思っています。」「涙を流している方も、幸せそうな笑顔の方もたくさん見ました。皆さんの気持ち、わかっています。」っていう言葉だったな。会場が広くなって距離が離れることへの寂しさとか、広い会場でウネがちゃんと一人ひとりのこと見ててくれてるのかなっていうELFの不安を、この人はちゃんとわかってくれてるんだな、って。その気持ちを知っててくれるなら、きっとドームでもELFが幸せになれるライブをやってくれる気がするんですよね。

もちろん、ドームツアーやりたい、今日の映像をまたステージの上でELFと一緒にみたい、そんな沢山の夢を口にしながらも、自分たちが身を置いているのは、それがそう簡単に叶うような世界じゃないっていうことは、彼ら自身が一番よく知っている。2年のブランクは長い。

青いペンライトで埋まった会場で「Present(いま・現在)」に起きているすべてのことをしっかり記憶しておこうとするみたいに、ぜんぶを慈しむような目でえるぷを見てるヒョクチェの姿を見ながら、この光景を、戻ってきたときにきっとまた見せてあげたいし、ドームの夢もいつか叶えてあげたい、と思いました。それで、本当にウネコンのDVDをでっかいモニターでウネと一緒に観たいです。

最後の挨拶、ダンサーさんたちがカートゥーンムービーみたいな動きでわちゃちゃちゃって並び順変えて、モニターにカンペも映らなくなってても、一人ひとり名前を紹介したヒョクチェ、ウネに請われて一曲歌ってくれて、「ほんっとすみません!」って大きな声でELFに頭さげてたちゃりさん、銀テで自分にリボンかけてプレゼントになってたどんちゃん、ついにはマネひょんたちや会社のえらい人たちまで巻き込んだちょぎわの前フリ動画などなど、楽しかったこと、可愛かったこと、いっぱいいっぱいあるんですけど、こんな気持ちで帰ってきました。

今回のツアーのDVDの初回限定版には、絶対このちょぎわ前フリ動画全パターン入れておいて欲しい。ていうか、ELFがちょぎわのフラッシュモブ動画作ってYOUTUBEとかで流行させて、SORRY SORRYがフィリピンの刑務所で踊られたときぐらいの感じで世界中にD&E流行させようぜ…!って思いました。そうなったら、東京ドームも、マジソンスクエアも夢じゃないかもよ…!

EunHae.jpg

最後に、いつも忘れないちぇんちぇん推しだけして寝ます。

2013mamaCHEN.jpg

ぐなーい。


posted by なつめ at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。いつもブログ読ませていただいてます。

私も日曜のウネに行きました。本当に楽しかったの一言です。盛り上がりすぎて詳細思い出せないくらい。でも、詳しく書いて頂いているおかげで、ちょっとずつ思い出せました。風船のところとか、あー!そうだった!!と。 ドンウンさんの捌けてくくだり、面白いですね(笑)

私はバクステ近くのスタンドでした。仰ってる通り、ウネが思ったより後ろにいてくれたおかげで、寂しくなかったです。色々考えてくれてたんですね。

もう行ってしまうのが信じられないけど。。。また一緒にVCR見れる日が来るといいな、と思います。
Posted by ミカン at 2015年04月21日 21:50
初めまして!
いつも楽しく読ませて頂いてます。

ヒョクチェの足さばきに、ものすごく同感したのでコメントさせて頂きます!
彼のダンスは、本当に足さばきが素敵ですよね…。私も名古屋日曜日、センステ前2列目にいたのですが、足さばきに見とれていました。
特にlights camera actionとセータージーンズからのbreaking upあたりのダンスが本当に素敵で…。
あれを生で、しかも近くで見れて幸せ者だと思いました笑

2年のブランクは大きいですが、彼らが戻ってきた時にはまた必ず集まりたいな、と思いました。
そう思えるような温かいライブでしたね!
Posted by ゆりゃん at 2015年04月25日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。