2015年06月08日

中日文楽みてきた!…その2+KRY兄さんお帰りライブ@横浜

あああ、先週の文楽の感想書き終えないうちにあっという間に一週間たってしまいましたー。忘れないうちにメモメモ。

土曜日は栄のホテルに泊まって、朝ご飯はホテルの近くのハッシェル・カフェっていうカフェでキッシュのセットを食べてきました。ビルの3階だったかな、エレベーターが柱の裏側みたいなとこにあってちょっと入り口わかりづらいんですけど、中はとっても乙女なカフェで、私が入った10時前後ぐらいはガラガラだったんですが、のんびり食事して出てみたら、5〜6人お客さん並んでました。大通りから一本裏に入ったみたいなとこなのに、人気店なのかな…。

キッシュはたっぷりのサラダがついてものすごく大きくて、これにスムージーをつけたので満腹!文楽寝ちゃったらどうしようと思ったけど、やっぱり大好きな演目「女殺油地獄」だったのでそこは舞台に釘付けでした。

前回みたときも与兵衛は勘十郎さんだったんですが、やっぱりこの与兵衛という人間の愚かさ、小ささ、虚勢をはってるけど寂しがりやで見栄っ張りで短絡的で、どうしようもなく救いようのないクズっぽさに、でもすごいリアリティと説得力があって、はぁーって見とれてしまった。侍に泥をかけてしまい、あとで手討ちにしてくれる、と叔父に叱られ、「斬られたら死ぬ、死んだらどうしよう」と怯えて震える小心者、なのに自分の借金を返すために、何の罪もない他人の女房を刺し殺すにあたっては、子どもを残して死にたくない、と命乞いをする女に「おお、死にともないはず、尤も尤も。こなたの娘が可愛いほど、俺も俺を可愛がる親父がいとしい。金払ふて男立てねばならぬ。諦めて死んでくだされ」という身勝手さ。

終わった瞬間に、まわりのお客さんが口々に「ありゃ人間のクズだな」「最低」って言ってたもんね。でも、顔のパーツだってろくに動かない操り人形に、見た人たちがここまで嫌悪感持つってすごくないですか?すごいと思うんだよー。

今回のパンフレットは中日劇場特別版って感じで、普段劇場で売ってるパンフレットより高かったんですけど、玉男さん、勘十郎さん、和生さんのスペシャルインタビューが入ってて、あと、女殺油地獄の背景トリビアが入ってたりして、それも面白かったです。当時の油商人たちがどういう組合組織を作ってたか、とか。

私最初にこの演目みたときは、この殺されるお吉も、なんかこう無防備というか隙があるというか、ちょっと年下の与兵衛に甘えられることに関してまんざらでもないところがあるような気がして、なんで同業者のとこの息子だからってこんな親切に面倒みてやるのかなぁ、って疑問だったんですが、株仲間という同業者組合の結びつきの強さとか、当時の大阪の商人の事情があって、その上での面倒見のよさなんだなぁと思うと、人の好いのが祟った感じで余計気の毒に見え、与兵衛の悪さが余計に際立つという…

なんだけど、これ勘十郎さんの演じ方がそうなのか、与兵衛これだけの最低人間であるにも関わらず、どこかしら憎めない人間味が滲み出るところが不思議なんですよね。本当に親の気持ちなんてこれっぽっちもわかってないし、周囲にこんなに彼に親身になってくれる人が沢山いて、更生するチャンスだってたくさんあるのに、そのすべてのチャンスをいちいち自分から遠ざけてしまう愚かさ。逃れられそうなのに逃れられず、破滅へと至る不幸な転落に、どこかこの世界の無常を感じてしまう。

そのへんは、演じる大夫さんや人形遣いさんもなんですが、脚本がやっぱ上手いんだと思うのです。近松の描く人物像って、やっぱりちょっと他の作家とは市井の人々の心理描写とかのリアリティが違う気がするんですよねぇ。だから、どこか普遍性があって、現代になっても受け入れられやすいんじゃないかなぁ。今回は基本的に口上目当てだったので、日帰りにしようかとも思ったんですが、この演目このキャスティングで観たい、と思って一泊にして、やっぱりよかったです。

あと、前のエントリでも書いたけど、大夫さんでは咲甫大夫さんがよくなってきてる気がする。以前は語りわけとかわかりやすいし、聞き取りやすいのはいいと思うけど、そんなに心を揺さぶられる感じはしないなぁと思ってて、ものすごく人気あるけど、自分的にはあまりピンとこないな、っていう印象だったんですが、ここ数回、最初みたときよりずっと語りに深みがあるなぁって感じるようになった。心に響くっていうか。咲甫大夫さんはまだ若いので、これからもっともっとよくなるんだろうなぁ。

文楽って、いろいろ見るにつけ、大夫さんがかなりお爺さんになってからのほうが、声に滋味というか、深みみたいなのが出てくる気がするんですよね。でも、そこから先は体力がどんだけ続くかとの戦いになる。年取れば体力落ちるしあんまり長い場面を演じきれなくなる。だから、ものすごく長いことやるように見えて、実はスポーツとかと同じぐらい、本当に自分がやりたいことがやりたいようにやれて体力も続く、っていう期間は案外短いんじゃないかと思う。

今回の女殺油地獄ではクライマックスの油店の段を語った咲大夫さんがこの演目語り納めということで、円熟の語りっていうのはこういうのを言うんだろうなぁと思いながら聞いてました。語り納めって、この演目は自分でもうやらないって封印しちゃうんですかね。素人からするともったいないみたいに思っちゃうのですが、やっぱりスポーツ選手が引退決めるときみたいに、最高の芸でなくなる前にこれは語り納める、みたいなことを決意するってことなんだろうな…

というわけで、基本的には口上が目当てだったんだけど、色々と贅沢に楽しんできた二日間でした。7月、SMTでの大阪行きにあわせる公演のチケットも無事にゲットしました♪2部の「生写朝顔話」を観にいきいます。なんか、悲恋モノっぽいです。予習していこう…。この日(土曜日)は、大阪では天神祭りもあるんですよね。花火見られるといいなぁ。

そして、今週は週の真ん中超平日でしたが、兄さんお帰りKRYコンサート@横アリにいってきました。もう、平日オンパレードやめてよ!とぶつぶつ言いながらでしたが、初日のレポ、なるべくみないように…と気をつけてても流れてくる楽しそうな様子に、ワクワクしながらの参加。

今回は、スタンド2階席で、センターステージ真横ぐらいの位置の席でした。二階なので遠いっちゃ遠いけど、横アリはたてに長いので、真横というのは近いっちゃ近い、わりと観やすい席でした。ぎゅのお手振りっていっつも上のほうばっか見てて、足元あんま観てないこと多いじゃないですか。久々の二階席だったので、「あ、なんかぎゅに手を振ってもらってる実感がある…!」っていう感じでしたw

最初のVCRの合間に一人ずつ出てきてちょこっとだけ歌っていちいち沈む、という演出はイマイチよくわかんなかったけど、でも始まってからはとにかくねぇ、センターステージの上に吊るしたLEDかなんかなのかな、とにかく光の輪がいろんな形や色に変形する演出がすごく綺麗でした。あれ、SJ本隊でもやって欲しい…ものすごく綺麗。

全体として、3日はうぎたんが終始えらいご機嫌で可愛かったです。ぎゅが日本語の腕をまたあげていてだいぶ長い話ができるようになってて驚きました。通訳のためじゃなくて辞書みたいに単語きくためにネモトさん使ってた…(笑)。ちゃんと文法考えながら喋れてる感じ。日本語勉強してます、って言って「あの人は誰ですか。あの人はブラウンさんです。」みたいな謎の英文和訳みたいな例文をスラスラと日本語でしゃべってくれました。「ツアー後半まで観に来てくれたら、もっと上手になった日本語をお聞かせします」って宣伝上手なマンネ。あと、兄さんもカンペは見てたけど、相当長いトークができるようになってましたよ。

兄さんは最初の一、二曲ぐらい、あれっ大丈夫かな…?っていうぎこちない感じがあったけど、進むうちに徐々に馴染んできて、ステージやりながらカンを取り戻してるんだな…っていう感じだった。兵役前に比べるとやっぱり少し声量が落ちてしまった気もしたけど、これからステージ重ねるたびに、またどんどん良くなっていきそうな気がします。

なによりも歌ってても、トークしてても兄さんが楽しそうで嬉しそうで、私も嬉しくなりました。挨拶で、「皆さんの前でこうしてまた歌わせていただくことができて本当に嬉しい。僕を歌わせて下さってありがとうございます。これからも頑張ります。」と言ってた兄さん。兵役中もずーっとSNSやめなくて、いつか軍から叱られるんじゃないかとハラハラして、セルカ王マイペースすぎ!って思ってたけど、呑気に見えても不安だったんだなって思った。そんな兄さんをいっぱいの青いペンラの海で迎えてあげることができて、本当によかったなぁと思いました。

正直、こんなでかい会場じゃなくてもいいのに、と思ってたんだけど、お帰りなさいの第一発が、あの大きな会場でのいっぱいの青のペンラでよかったなぁって思います。ツアー最後まで、あんな風に沢山のペンラで迎えてあげられるといいなぁと思う。平日ばっかだけど…!!

たくさんミュージカルやって鍛えられたんだろうと思うけど、うぎたんが今スゴイと思いました。旬っていうか、まだまだ伸びるんだと思う。もとから上手かったけど、声にさらに餅のような粘りが出たっていうか。次の舞台もまたきっと、高く評価されるんだろうなって思うと楽しみです。

ぎゅも、以前はもっと淡白な歌い方だったけど、艶が出てきたなぁと思った。光化門ではやっぱいい曲だねぇ(ぎゅも自画自讃してたけどw)。トークで、彼女ができなくてもえるぷが恋人、みたいなことを言ってから「決まり文句ですねー」とか言ってて笑いました。このへんのトークのセンスは流石です。

KRYは、トークを安心して聞いてられるのがいいです。あ、あ、ヤバいまた着地点のない話にいきつつある…!的なハラハラがないので…(←誰のトークの話かはお察しくださいw) 兄さんがボケてぎゅが突っ込み、時間がくればうぎたんが「では次の曲は」とビシバシ進行するという、見事なチームワークでした。前回に比べると踊ったりするような派手めの演出は少なかったけど、この軽妙なトークはさみながらの歌の連続、退屈しなかったなぁ。

椅子に座ってのアコースティックライブもよかったです。こういう雰囲気で小さい会場でやってもいいだろうなぁと思いました。兄さんが自分のパート忘れてぎゅがカバーしたけど笑っちゃって、あとから兄さん「あんまり曲に心酔しきっちゃっててわすれちゃった」みたいなこと言ってた^_^;

ソロでは、兄さんが自作曲を披露すると聞いてて、バラードを予想してたんですが、意外やすごいポップだった。ウギョルのテーマソングとか挿入歌で使えるんじゃない?みたいな可愛い告白ソング。是非使っていただきたい…ヘンリーが降板しちゃうのでタイミング的に残念だけど、えっせむからまたジョイ子が出るらしいので、そこで是非使って欲しい…!

うぎたんのきゃりパミュはELFの需要わかりすぎてて最強でした。ぎゅが「僕たちのコンサートのコンセプトはぁ、眠くなるコンサート」とか言ってましたが、その目をばっちり覚まさせる感じのパフォーマンス。初日も見た友達が「二日目のほうが化粧気合入ってた」と言ってました。すごい本気度でした。さすがヒニムの直系の弟。

トークで兄さんが、兄さんの「僕の誕生日の頃にSJとしてお会いできると思います」的なこと言ってたんですが、あれはエイネなんですかねぇ。日本でもスパショの凱旋やってくれるなら嬉しいけど、でも本当に8月も後半になっちゃうと、時期的にはもうヒョクチェが危ない時期だからなぁ…。

トゥギが「もう次あと何年かやらないよ」なんて冗談かもしれないけどツイートしてたし、7月のアンコンでスパショはしばらく見納めになるのでしょうか。私はいけるとしてもライブビューイングなので、少し寂しいですが、でもこの先数年続く兵役ラッシュの間、ユニット活動を地道に支えて、また全員揃ってスパショができるように会社に人気をアピールしとかなきゃ…と思いました。ぎゅもバラエティで来年行くとか話してたみたいだし、いよいよですよねぇ…気を引き締めてかからねば…(←でも私BBAなんで、蓋をあけたら結構あっという間だろうなと思っているw 40過ぎたらね、2年とか瞬きする間ですよ実際!)

その兵役の話もしてて、兵役中ぎゅはほとんど連絡くれなかったー、なんて兄さんが冗談言ってましたが、そういう冗談も面白おかしく出来ちゃうのが、やっぱSJのメンバーたちが積み重ねてきた時間の賜物だよなぁって思いました。お互い本当によく相手のことわかってるなっていう感じ。ぎゅに手が小さいことをからかわれて、VIP席の親御さんに向かって「おかあさぁん!ぎゅがいぢめる!」って言いつける兄さん、アラサーとは思えない可愛さだったし。そして、ツンしたかと思うとバックハグしてきたりする小悪魔うぎたんに、相変わらずコロコロ転がされてる兄さん愛おしかったです。マンネラインが兵役行ってる間は、兄さん組が逆に弟たちを支えてくれるんだろうなと思います。

地方公演は行く予定ないんですが、D&Eみたいに尻上がりに改善されていくことも多いと思います。今回は、ぎゅがセンターの遠くの席のことを気にしてて、近くまで行けなくてごめんなさい、これから行く場所ではもっと遠くの皆さんにも近づけるようにエイベとえっせむジャパンの人たちにお願いします、って言ってました。これは地方公演でバクステ作られたり、トロッコきたりとかあるんじゃないかな…と思いました。D&Eでも、後半進むにつれてどんどんファンの声うけて演出変えてましたもんね。その柔軟性がユニット活動のいいとこだなぁとも思います。地方公演のレポ、楽しみです。

この週末はD&Eの台湾コンサートで、ダンサーズも一緒に台湾いってて、すごく楽しそうですよね。海外でもあのメンバーで楽しげに公演してる様子が流れてきて、なんかすごく嬉しいです。


さすがの中華圏、信じがたい近さと高画質。ダンサーさんたちも活き活きしてますよね。ああああ、4月の名古屋思い出すよぅ。

毎度のことだけど、こんな花の盛りみたいないい時期に兵役にとられちゃうの、本当につらいですT Tドンヘは義務警察とか色々噂が出てくるのに、誕生日が早いヒョクチェのほうはまったくなんの話も出てこなくて、これは普通に現役入隊するつもりなんだろうなぁと思ってます…同じグループにどうしても公益になるメンバーが多いので、いけるなら現役で、というメンバーが少しでもいないと、たぶん本国でのイメージ問題として色々厳しいんだろうと思う。

日本にはもう一度来られるのかなぁ…だいたい延ばせても3ヶ月だと思うんだけど、ユノが8月という話が出てたので、外貨稼いでるアイドルはもっと延ばせるのかも知れない…とか思って、もう一度SMTで会えたらいいなぁ…って思います。どうなるのかなぁ。まあ、本当にその日になってみないとわからないことではあるんですが…。

DnE.jpg

日付もまたいだのでこのへんにしますが、まだまだ飽きないちぇんちぇん推しでしめます。えくそちゃんたちのリパケ活動始まって、ジョンデは音楽番組出るたんびに髪型変えてるんでなんか髪が心配です。頭皮いたわって…お願い…


このMnetの公式一人ファンカムすごくいい企画だと思います。他局もやってくれればいいのに…有料でも買うのに…

週末はえっせむのマネージャーさんの結婚式でBest Luck歌ったらしいですね。


正直、リパケ曲あまりにもジョンデのパート少なくて激欝だったので、こうやってのびのびと歌ってる姿をみてなんだか少しだけ慰められました。いつかはぎゅみたいにソロもだして、めいっぱい歌わせてあげたい。

CDはまだ届かないんですが、あちこちに流れてるスキャン画像みて楽しみにしてます。
LMRchen.jpg
基本的に猫顔すき。



韓国語バージョン買うつもりなかったんだけど、約束の韓国語バージョンはジョンデが作詞なんで、ちょっとでも印税入るかと思って韓国語バージョンも追加注文した私です。トレカ、レイチェンくるといいな…


posted by なつめ at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なつめさんこんにちは!

私はKRY一日目行ってきました!!
数日前からドキドキそわそわし、始まった瞬間ぶわ〜っと泣いてしまいました。
やっぱり私にとって兄さんは一番なようです。

VCRでぎゅが出てきたときから、ああ、やっと三人そろってコンサートができるんだなあと思って号泣。
兄さんが出てきてまた号泣。そしてしゃべっている兄さんに笑ったり泣いたり。怒涛のSNS攻撃も兄さんの寂しさの表れだったんだなあと思って、許してあげることにします(笑)

そしてうぎたんのつけまは最高でしたね。ほんと、えるぷの需要わかってる、さすがうぎたん、と思わず独り言。
兄さんは僕の自作曲よりもりょんぐの女装のほうが盛り上がってたって嘆いてましたが、しょうがない(笑)兄さんとぎゅもぜひうぎたんステージに女装して参加してください。

なつめさんの言うように、マンネ組の歌唱力アップに私も感動しました。
ぎゅは、一つ一つ言葉を紡げるようになったし、りょんぐは迫力ある歌い方もできるようになったし(ミーシャすごかった!!!)今後も楽しみですね〜

兄さんは楽しそうにステップを踏み、慣れてくるとどんどん兄さん節がさく裂し、トークもお手振りもたくさん頑張ってくれていたので、うれしかったです。兵役後初ステージにおかえりを言えて本当によかった。
私は天井席だったので、大好きなにいさんの太ももを近くで拝めなかったことだけが心残りですが(変態)、これからはいっぱい会えるんだ、と思って、間近で拝める日を楽しみにしていようと思います。
というわけで、兄さんへの愛を取り戻した先週でした。私も地方公演やアンコンのライブビューイングはいけないと思われるので、いろんな人のレポを楽しみにお留守番してます!
Posted by わこ at 2015年06月08日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。