2015年07月08日

SM TOWN LIVE in TOKYO DOME 2015いってきた。

嵐のようにやってきて、嵐のように去っていった感じのSM TOWN LIVEでしたが、今年は屋根つき東京ドームでしたので、日曜日に参戦してきました♪

開催のニュースが出た頃には「7月なんて、もうヒョクチェいないかも知れないし、KRYはともかくSUPER JUNIORとしてのまともなステージは見られないのかも…」「でもどうせえっせむのことだからギリギリまで『来るかもよ、来るかもよ、だからチケット買ってよ、入金した?はい、欠席!』とかありだよなぁ…」と悲観的な気分になりながら、「でもまぁ、f(x)はSM TOWNじゃないと会えないし、あとはルーキーズの顔みせだろうから青田買いしにいくか…」ぐらいの気持ちでチケットをとってみたら、よくも悪くも裏切られた感じでした。

考えてみると結構すごいことなのかも知れないんですが、私東京ドームで生まれてはじめて天井席というものになり、ちょっと高くて席につくまで怖かったんですが、でも全景見られるし、ずっと立ちっぱなしでなくてもいいので、のんびり双眼鏡のぞいて体力温存しながら4時間半を無事に乗り切れたので悪くなかったです。8倍の望遠鏡だとちょっと小さかったけど、でも上手のほうのステージ脇とかよく見える席だったので、そこのぞいてるのも面白かったし。プリマネらしき人の姿もみえたので大満足♪

直前にソルリの活動離脱のニュースが流れた上に、ビクトリアも健康上の理由とやらでお休みだったことはえぷ目当てだった私的には残念でした。まさかの3人体制と聞いて、えええ、という感じだったのですが、でも3人の妹たちは頑張ってたよT T なんか仮面つけた女性ダンサーが二人ついてましたが、こういうとこルーキーズ女子とかれっべるちゃんとかに助っ人やらせればいいのに、とちょっと思わないでもなかった。

メインボーカルが2人いて、ラッパーがいるんだから大丈夫といえば大丈夫じゃん、と思うのに、ビクトリアの非現実的な美しさがえぷの世界観に与えるものってやっぱり大きいんだな…とあらためて思いました。やっぱり、妹たちだけだと幼さが目だってしまうのです。デビューが10代なので、急激に大人びたといっても、アンバー22歳、ルナ21歳、クリスタル20歳ですよ。こんな幼い3人が、大きな舞台で頑張っている姿にはぐっと来ましたが、やっぱりビクトリア、アラサーで体力的にもキツいとは思うけど、カムバ頑張って…!と祈る気持ちになっちゃいました。

アンバーのSHAKE THAT BRASS、脚が細くて華奢で。でも堂々たるソロ舞台でした。ルナはダンスバトルの一番手で、すごく頑張ってた。でも、歌う姿ももっと見たかったなぁ…。

あと、驚いたのが、ルーキーズ本当に前座だけだったんです。これが「悪くも」のほうでのびっくりでした。挨拶も全員はしなくて代表が一人で「素晴らしい先輩たちと…」のテンプレ挨拶しただけで、あれれれ?今年デビューじゃないの??って感じ。あと初日はゆーたくんいなかった気がする。二日目にはいたそうで、写真もあがってたんで安心しましたが、見るの楽しみにしてたので残念だったなぁ。にしてもルーキーズ、成長は早いわ顔はお直し入るわで、覚えても覚えても顔がわかんなくなっちゃうよ…orz

EXOのデビュー時には、SM TOWNでもコラボのステージとか結構用意してもらってたし、バックダンサー穴埋めでもなんでももっと出せばいいのにね。そこ出し惜しみしてどーすんの、と思ったなぁ。沢山だして「ねえ、あの子誰?」みたいになれば、興味もってくれるファンが増えるかも知れないのにね。とりあえずぽんくるがいたので嬉しかったですが…。

全体とおしてみて、SHINeeの安定ぶりには感心しました。もちろんえるぷだし、ユノいないけど頑張ってた最強さまもすごいな偉いなと思ったし、ちぇんちぇんをひたすら追い続けてはいましたが、トータルでいって、今一番の旬はやはりSHINeeだな、と確信しました。本人たちが今やりたいこと、やれること、やらせてもらっていることがカチっと噛み合ってきてて、ファンとの絆もしっかり築き上げていて、なおかつファンじゃない人たちも引き込むことができる「ライブ強さ」も身につけたな、って感じ。これ、強いですよ。

SJのライブに行くと、本当に伊達に100ステージやってないな、って思わされることが多いけど、SHINeeもあのドサまわりみたいなホールツアーで、このライブ強さを培ってきたんだなぁっていうのを実感しました。トンが兵役の間の日本市場を牽引していくのは、やっぱりこの5人なんだろうな、と思う。ソロやコラボステージでの活躍もよかったし、えびばでの盛り上がりとか、ものすごくワクワクしました。

じょんのソロかっこよかったし、テミンはソロやカイくんとのPretty Boy、チャンミンのバックでのMiroticまで、けしからん色気をばら撒きまくってました。ミノも頑張ってたね。タネの少ないいちごが可愛くて。にしてもやっぱテミンだよな…キノコ頭でニコニコしてるだけでトークなんかできなくて、ただただ踊るのが好き、って感じだった中学生の子があんなステージをやるようになっちゃうんだから、芸能界って怖い…


こんなだったのに…ここから10年も経ってないのに…。思えばこの練習室動画が私をK-POP沼に引きずり込んだのでした。なんじゃこの完成度は…!っていうんで一気にはまったんだもん。SJもミノが初期はドンヘに懐いてて、その繋がりで見始めたんだし。私はSHINeeが日本デビューしたタイミングで離れてしまって、こっちでの活動を全然追ってなかったので、たぶん行っても日本語曲知らないしわかんないだろうなーと思って行かなかったのですが、ドーム行っておけばよかったな、とちょっと後悔しました。後追いだけど、とりあえずDVD買おう…

SHINee WORLD 2014〜I’m Your Boy〜 Special Edition in TOKYO DOME [DVD]
ユニバーサルミュージック (2015-07-01)
売り上げランキング: 32


なんかアマゾンだとAmazon.co.jp限定とかっていうダイジェスト版あって安いんだけど、トークもみたいのでDVD買います。でも初回限定はブルーレイだけなのかぁ。うちブルーレイじゃないからなぁ…残念!そういえば、あの頃日参していたオニュペンさんのブログ主さんは、あのSM TOWN観に来てたのかなぁ。なんてことをふと思ったりしました。

れっべるちゃんたちは健康的で可愛かったです。ジョイ子のふとましい足尊い。マシュマロ女子万歳。ウギョルが可愛くてニヤニヤしながら見ています。イェリがツインテールじゃなくて残念(というか見分けがつきづらいのでツインテールにして欲しい…)。ウェンディは顔の系列が違うのですぐわかるんですが、あとの3人見分けづらいですねぇ。アイリーンにはリーダーならではの苦労臭が若干あるんですが、遠くからだとそこまで見えないからなぁ。

ソシはキャッチミー以外の選曲が正直微妙でした。SJみたいに、少女時代のファンじゃなくてもわかりそうな鉄板曲入れといたほうが盛り上がると思うのになぁ。Geeとかだったら流石に誰でも知ってると思うんだけど。SJはその点、潔く「定番お祭りコース料理盛り合わせ」だったんで、他アーチストのファンにも比較的あたたかく受け入れていただけてたような気がします。衣装まで去年と同じってのはどうよ…!とは思いましたが、活動してないから仕方ないか…。

まあ、これから怒涛のカムバックなので、後半の大阪では新曲入れてくるかも知れませんね。PartyのMVが出てとっても可愛いです。ここしばらく「なんか迷走してるなぁ…」っていう曲が多くて、正直MR. MR.とかで「うーん、ソシの神通力もここまでか…」と思いましたが、うまく補正されてきてカムバック楽しみですね。



シングル - Party(韓国盤)
少女時代
SM Entertainment (2015-07-18)
売り上げランキング: 61


カンタ先輩のチョアがまたしてもメドレーでフルではなく、ルーキーズを引き連れてのキャンディもなかったことは残念ですが、でもチョアは異様な盛り上がりを見せており、カンタ先輩もたいへんご機嫌な様子だったのでよかったです。今年は天上智喜のお姉さまがたがいなかった…残念。なんとなく予定調和として楽しみにしてたんですが…。J-minちゃんは今年も上手かったです。毎年前座で堂々と一人舞台をこなして偉いよなぁ…

切なかったのは、T-RAX出てきたところで、後ろの席から「あれ誰?てぃー、あーる、えー、えっくす…?」って声が聞こえたところで、ちがああああう!と思いましたが、でも兵役から戻ったジェイさんの元気な姿が見られ、M&Dもやったので嬉しかったです。ヒニム金髪かっこよかったし、近くの席から「この曲かわいい」って声も聞こえて、でしょ!って思いました。ただ、T-RAXはどうせ客が知らないんだったら、バラード系じゃなくてX-JAPANプロデュースのビジュアル系時代の曲でいっちゃっえばいいのになぁーと思いました。あっちじゃ難しくてもせっかく日本なんだし。

挨拶もダラダラやらずにサクっと引っ込んでしまうジェイさんの奥ゆかしさはいいのですが、何故最強さまがX-JAPANの曲をやったときTRAXにバックをやらせなかったのか!という件については、同行の友人とひとしきり憤慨してきました。せっかく単独コンサートじゃなくてコラボもやりたきゃやり放題なんだから、そこ入れないでどうすんの!!ですよ。

EXOはやっぱりKバージョンオンリーで、ジョンデの歌がなさすぎて軽く鬱ってまして、でもコラボがある、コラボが…と持ってたら、兄さんとベッキョンだったので、「コラボもないのか…!」と絶望したあと、最強さまとぎゅと三人の五人神起時代の曲があり、やっとまともに声が聞けてほっとしました。ちなみに最強さまはイチゴだの鯖だの被り物オンリーで行く気かと心配したけど、後半はちゃんとした曲やっててそれも安心しました。本当に最初「この人は最後までこれで行く気か…」って勢いで飛ばしてたのでw

私双眼鏡でジョンデしか見てなかったのでモニターのアップは見られず、非合法なのがあがっててやっと顔も見ましたが、緊張してるよねすごく…でも、大先輩二人に負けないジョンデの素晴らしい歌声を、ドームの5万人に聞いてもらえてよかった。正直、曲が曲だけに、あとでビギのお姉さまがたに叩かれるんだろうな…T Tと心配してたんですが、素晴らしかった、ありがとうというツイートを沢山見かけて安心したし、嬉しかったです。あれでジョンデ落ちした方には、是非この人気投票して欲しいです…私、相変わらず家と会社とスマホで毎日投票してるんですけど、伸びないんですよ…!レイさんの隣とまでは言わないので、せめてしうたまの近くに並ばせたい…本当に真摯に努力する子だし謙虚だし、勇気も才能もある。ないのは人気だけなのT T

D.O.の出た授賞式で「Best Luck」の生歌披露したときにも思ったけど、EXOのファンだけが相手じゃないアウェイ環境で歌って、聴いた人に感動を与えられるってやっぱすごいと思うんですよ。比較すると若干D.O.のほうが順位上だった私がジョンデに完落ちしたのも、SM TOWNで聴いた生歌が素晴らしかったからだったし。なんかもうEXO見るの疲れちゃって、最近あまり曲も聴いてなかったけど、この先もやっぱり、ジョンデの歌声は聞いていきたいと思いました。本当に、もっともっとたくさん歌わせてあげて欲しい。

ダンスが上手くなったのももちろん努力の賜物だし、それはそれで尊いことだとは思うけど、でもやっぱり彼は歌い手なので、その力を思い切り発揮できる環境を与えてあげて欲しいんですよね。そういう意味で、今回のカムバは、見てる側としてはストレス三昧だったので、心地好さそうに歌うジョンデの姿をドームで見ることができて本当に良かったです。ジョンデを選んでくれた最強さまには本当に感謝、感謝だなぁと思いました。それとも、ぎゅが推薦してくれたのかなぁー。「お前の大好きなキュヒョニヒョン」だもんねぇ。

ダンスも、本当に上手になってました。Historyの頃にはターン一回したら軸がぶれてふらふらしてたのに、身体つきがすっかり大人になって、ぶれない。私が大好きだった華奢で芋っぽい普通の男の子はもういないけど、成長したんだねぇえT Tってなりました。

EXOはですね、なかなか出さずにファンもじりじりしてたと思うんですが、やっと出てきたときの衣装のダサさに目がテンになりました。なんてまたあのガソリンスタンドの店員みたいな変な服でうるろんやらせようと思ったんだろう…。綺麗な男の子たちに極限までダサい服を着せて、どのレベルまでみんなきゃあきゃあ言えるかという実験でもしてるんでしょうか。ただ、「EXOの衣装、可愛かった!」ってツイートも見かけたので、単なる好みの問題なのかも…なのかな…いや、違う気がする…!と心は乱れるのだった…

去年のSMTは、BoAちゃんのとこで意外にもうるっときそうになった私でしたが、今年のBoAちゃんは女性らしいスカートルックでの登場で、でも力強く、美しかったです。あの若さで、来年にはデビュー15周年なんですね。出稼ぎばっかりさせられて、一人で沢山苦労してきたと思うんだけど、その中から立ち上がってきた強さと美しさにひれ伏すしかなかった。毎年新曲持ってくるっていうとこがやっぱかっこいいよな、って。SJみたいに思い切り割りきって往年の名曲とかで繋いじゃえば簡単に盛り上がるのに、今勢いのある後輩ちょっと引っ張り込んでコラボでもやれば会場をきゃあきゃあ言わせることだってラクチンなのに、それをやらないとこがBoAちゃんの美学なんだろうな、って思いました。

SJはねぇ、まあ相変わらずです(笑)。いつものように自由なお祭り野郎たち。トゥギとカンインがなかなか出てこなくてじりじりしましたが、出てくればなんだかんだですごい盛り上がり。伊達に100回ツアーステージこなしてないよなぁってあらためて思いました。ぎゅはコラボもソロも出番いっぱいあって大活躍でした。あ、ちょっと声調子悪いかな…って感じで光化門はソン・シギョンが乗り移ったかのような囁きトーンになってて心配しましたが、でも伸びるところは伸びてたし、コンディション悪ければ悪いなりにまとめられるんだな、って感心した。

3日のシュキラのBORAみてて、だいぶ疲れた様子だったので心配してたうぎたんも美声だったし、ウネがSaturday Nightやってくれて嬉しかったし、二日目には最強さまとちょぎわもやったそうですね。ヘンリー、また辛気臭い曲やるから、盛り上がらなかったらどうしよう…と思いましたが、後ろの席にヘンリーペンのしゃをるちゃんがいて、「ぎゃー!ヘンリー!やばいやばいかっこいいいいい!」って絶叫してたので安心しました。ミーミのREWINDもかっこよかったんですが、天井席って音ズレが酷くて、コールがしづらいのが難点でした…orz あと、Mっ子たち挨拶のチャンスがないので、ミーミせっかく日本語勉強してたのに、披露する場がなくて残念だったな…ここ改善してくれないかな…

SJ-M登場シーンでは移動の車をメンバーたちが運転してて、ドヤ顔きめてるけど運転荒いドンヘより、できればヒョクチェの助手席に乗りたい♪と思いつつみてました。ウギョルの合コン編思い出すわ…。しをにーは終始ご機嫌でドンヘやヒョクチェにぺたぺた。でもまあ、誰より一番ご機嫌だったのは兄さんです。ドームで久々の「お元気ですか!」もかましてたし、エンディングで一番最後まで残ってたのも兄さんでした。

ただ、最後のほうの新曲ラッシュのとこで、SJはトリがママシタだったので兄さん出番なくて、そこ残念だったなぁ。兄さんは舞台袖で両手あげて、踊りながらメンバーたちを見てました。あれ、SORRY SORRYを前にやっちゃったから仕方ないかも知れないんだけど、いっそトッタオッパとかのほうが良かったんじゃないだろうか。まましたは一応日本語版出してる一番新しい曲、っていうことなんだろうけど、あの曲は正直「うおー!」って盛り上がる曲じゃないからなぁ。その前のSHINeeとか神がかってたのでちょっと残念でした。前半、そりそりの入りじゃなくてしゅっぱめんにして、そりそりは最後まで温存しとけばよかった気がします。じゃなければSHIRTがよかったなぁ。あれもホーンセクションとかあって、楽しいと思うんですよね。

SJは7月3週目ぐらいにカムバックと言われてますが、次のアルバム、今度こそドンヘの作曲した曲がタイトル曲になるといいなぁ…って願ってます。ドンヘも作曲初めて最初の頃は、ワンパターンっていうか虫歯になりそうな甘ったるい曲ばっかりだったけど、この頃ぐっとファンキーでSJにもよくあう曲が作れるようになってきてるし、なんといっても兵役前の最後のアルバムだから。実現するといいなーって思ってます。

最後の最後、ヒョクと兄さんだけがステージに残ってて、「行く人」「帰った人」並びだな、って思って少し切なくなりました。7月後半のカムバック、ヒョクはちゃんと完走できるのかなぁ…とか考えちゃって。今日は、チャンミンの義務警察合格のニュースが流れてましたが、ヒョクチェは現役入隊だからだろうけど、なんの噂も出こなくて、いつ行くのかさっぱりわからないじゃないですか。なので余計「これ最後かも知れないな」なんて思っちゃって。ダンスバトルとか含めて、踊ってるヒョクチェの姿をいっぱい心に刻めたのはよかったです。ヒョクと兄さん、お互いに最後のお辞儀をとりあって、二人でもぐら叩きみたいに交代でぴょこぴょこお辞儀してて、兄さんそこ最後譲ってやれよ!って思いましたけど、そこで空気読まないのが兄さんなので仕方ないのだった…(笑)

もうSJは兵役で人数いなくて、グループとしての体をなさない感じでのSM TOWNなのかも…ってとこまで覚悟してとったチケットだったので、こんなに楽しめるとは思ってなくて、もちろん安いチケットじゃないけど行ってよかったなぁと思いました。私はあとは大阪もう1ステージあるので、セットリストがどう変わるのかとか予想して楽しみに待とうと思います。カムバック曲あるといいなぁ…そして、これから兵役組も来られるといいな…そして、これ重要なんですけど、HOPEの前に、是非カンタ先輩とルーキーズのちっちゃいもの倶楽部でキャンディを…!この願いが叶いますように。七夕のお祈りでした。


posted by なつめ at 01:00| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ちょくちょくお邪魔してブログ拝見させてもらっておりました。
私はSMアーティスト全般好きなのですが特にSHINeeが大好きでして、、、
褒めてもらって我が事のようにうれしかったのとおっしゃる通り私も今が旬だと思っているので激しく同意しました。
コンサートDVD購入されたとのことだったので、ぜひ短くてもよいので感想書いてほしいです〜(ってもちろん可能であればでいいです!)
本編自体非常に長いのでファンじゃないときついかもしれませんが、、、いろいろ反省点や改善点はあれど、私的にはとっても楽しめて感動できたコンサートだったのでとにもかくにもぜひ見ていただきたいです♪

ではでは今後もちょこちょこお邪魔させていただきます。
Posted by soi at 2015年07月22日 13:36
大変ご無沙汰しております。
以前プレゼント企画に応募させていただいた、ELPでしゃをるでEXO-Lの者です。ずっとブログ楽しみに拝見させてもらっておりました。

SMTOWN大阪にEXOペンの娘と参加し、「やっぱりライブはSJが一番盛り上げるね!」と言い合い、大阪は「DEVIL」ありで「今のSJ兄さんたちにぴったり〜」とかっこよさに悶えておりました(^^;

しかし今回は言及したい!
私もK-POP沼にはまったきっかけがSHINeeのルシファでしたが、なつめさん同様イル活に力を入れだしたストレンジャー期は正直興味を失いそうになりました、でもSHINeeコンに参加し続け思ったことはおっしゃる通り彼らの成長です。
東京ドームは都合で見に行くことができず、ブルーレイを何度も見ている状態なので大きなことは言えませんが、開始早々の「東京ド〜ム!」からの5人の気迫!何度見ても彼らのオンマ世代の私…感動して泣きそうになります。
ポリープを乗り越えたオニュと天使かと見まごうテミンのコラボ などなど見どころ満載!
ぜひぜひDVDをご覧になって感想お聞かせください!あっという間にDISC1.2とも見終えてしまうと思います。

※大人になってしまった(特にテミンとKey要注意です!)彼らに寂しさを感じる今日この頃です。
その分ミノがいい味出してくれてますが(^ω^)

長文失礼いたしました。
Posted by おっこたん at 2015年08月15日 17:46
なつめ様、お久しぶりです。
訳あって久しぶりに記事を拝読しました。

カンタ先輩のチョアがフルコーラスじゃないなんて、本当に残念です!
↑私、この曲大好きです。ちなみに、ビクトリアさんが
出演するMVの方も好きです。

でもやっぱりなつめ様がおっしゃるところの、『BoA先輩の美学』はこの目で見たかったなと思います。
今年の彼女のカムバック曲は個人的に素敵だと思ったので。


さて、ライブの感想とは別で、僭越ながら提言をさせていただきます。
「次のアルバム、今度こそドンヘの作曲した曲がタイトル曲になるといいなぁ…って願ってます。」

というのは私も同感ですが、

『ドンヘも(中略)この頃ぐっとファンキーでSJにもよくあう曲が作れるようになってきてる』

というのは 半分正解で半分違うと思います。
何故そう思うかというと、作曲は確かに彼ですが、
「SJによく合うファンキー」な形に仕上げるまでには
アレンジャーのTeam One sound さんの力が多分に働いていると私は思うからです。

*私は作曲者と同時にアレンジャーを気にするタチです。
最近だとSJ-MのSwingのユ・ハンジンさんや、お馴染みのHitchhikerさん等。

直言で失礼いたしました。
ドンへさんを低く見るわけではないですが、日頃 アレンジャーって重要だなと思うので、書かせていただきました。
生意気で申し訳ございませんでした。
Posted by づう at 2015年09月01日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。