2015年07月15日

SUPER SHOWで会いましょう。

土日2日間、SUPER SHOW 6のアンコールLIVEのライブビューイングにいってました。本当は土曜日は用事があっていけないと思ってたんですけど、チケットが手に入ったので、急遽参加で初日は一時間ほど遅れての入場だったのですが、それでもそこから3時間近くあるのがスパショなので(笑)、1日目も、もちろんオープニングから全部みられた2日目も、画面の前でライブを満喫してきました。

思えば、日本でのSS6、私は悪名高い巻き巻きの東京初日、そしてソンミン結婚問題で本国大荒れ直後の大阪2DAYSということで、トゥギは帰ってきたし、さあ盛り上がるぞ!っていうところで微妙に尻すぼみになっていた時期で、楽しいは楽しいんだけどどことなく微妙な空気も漂うライブだったので、その不完全燃焼感がどことなく喉に骨が刺さったみたいな感じで残っていて、その後発売されたDVDも、あんまり繰り返してみたりしてなかったんです。

だけど、今回は、正直できないんじゃないかと思ってたソウル凱旋、そして兄さん合流・ウンシヘ入隊前おそらく最後の単独コンサート、ということで、なんとしても見たい、と思ってました。一次予約でチケットとれなくて結構青くなってたんですけど、結果的には二日とも見られてよかった…

細かいレポは会場に行かれた方たちが沢山あげてくださっているので、いちいち書きませんが、とにかく日本のSS6よりずっとずっとよかったです。

オープニングのVCRにさり気なく兄さんが合成されてたり、いったいどのへんで登場するのかなーと思ってたら、もんのすごく美味しい感じで出てきましたよ兄さん。会場もものすごく沸いてました。横浜でみたKRYコンサートの時には、だいぶ緊張気味に見えましたが、日本でのツアーがいい具合にリハビリになったんではないでしょうか。めっちゃ調子よかったです。ぎゅにおちょくられてむっとしたりしてましたが、その都度カンインが「イェソニが喋ってるんだから邪魔するな!」っていちいち割って入ってて、トーク以外でもちょいちょいくっついてて、雲×2仲良し〜って微笑ましかったです。

当然、兄さん帰ってきたので構成変更もあって、KRYタイムがたっぷりと。なんといっても、兄さん兵役中のSS5でぎゅとリョウクが兄さんの映像と共演した「モクチ」を本家のソロでじっくり聞けたのは感慨深かったです。本当に、あれからまる2年ですもんね。兄さんも自分が出られなかったスパショのステージ、思い出してたんじゃないかなぁ。

カンイン、1日目の挨拶のとき、例の訓練の件、謝罪していました。私ハングルわからないけど「ちぇそんはみだ」を繰り返してたので例のアレだろうなと。あとから訳してくれた方のツイートを見ましたが、ヒョクにちゃんと言ったほうがいいよ、って言われたので、って言ってたらしいですね。6月に訓練も済ませたと。ELFの前で自分の言葉でちゃんと謝罪してくれてよかったです。こういうのってすごく大事だと思う。カンインはとにかく兄さんの世話がやきたくてしかたない様子で、同級生嬉しいんだなぁって微笑ましかった。ウンシヘ入隊の話題になっても、「兄さんたちもみんな帰ってきたんだから、大丈夫。みんな帰ってくるよ。知ってるでしょ?」って何度もELFに語りかけて、お父さんぶりを発揮してました。

正直、やらかしの前科あり、前例のない謹慎中の入隊、ということで、カンインほど兵役が「戻れる保障のない旅」だったメンバーは他にいない気がするし、その寄る辺なさと帰る場所のある有難さを知っているからこそ、兵役に赴くメンバーのことを誰より気にかけてるのがカンインなんだな、って感じがします。本人たちが言わないかわりに、カンインが「待っててくれるでしょ?」って何度も言ってた感じ。

リョウクは相変わらず喉の調子を気にしているのか、ずっとペットボトルを片手に持ってて、え、歌う間も持ってるの…?って感じでしたが、それでも歌い上げるところでは決して手を抜かないのがリョウクらしいなぁと思いました。特に二日目は、完全燃焼っていう感じだった気がする。相変わらずの小悪魔ぶりを発揮してましたが、トークの最中とか、ちょいちょい他のメンバーのところに近づいていっては前髪なおしたり汗を拭いたりしてて、女子マネみたいでした。ガチャピンの仮装、本人的にはカエルだったようで、二日目ちゃんとしゃがみこんでカエルの物まねしてたところに萌えました…うぎたん、それ恐竜の子どもなんだよ…(←ガチャピンのこと青虫だと思ってる人も結構いますが、間違いです!南国生まれの恐竜の子どもで年齢は永遠の5歳、こうして見ると、なんか永遠のマンネにぴったりのキャラですね…)

ぎゅは全体的にとってもマンネっぽかったです。ちょいちょい兄さんをからかってましたが、一緒にやれるのが嬉しくて仕方ない様子に見えました。「光化門で」では、歩いてファンの近くまでいくんですが、一番終わってから「そっちにも行くからねー」的なことを行って、反対サイドにもちゃんと歩いていって、皇族のような美しいお手振りでファンサしてました。ELFみんなで合唱して、やっぱいい曲だなーと思いました。二日目の「光化門で」、最後のほうの歌詞の「君」を「ELF」に変えてた。ぎゅの表情はいたずらっぽかったけど、でも、ELFのために歌ってくれてる、っていうことが伝わってきて、ぐっときました。仮装コーナーではフラダンス踊ってて可愛かった♪

日本でのSS6に比べて、バラードタイムがすごく長かったんですが、新しく偽音楽番組風のVCRを撮ってて、トゥギに司会をやらせてあげよう企画!的なとこもあった気がしますが、このぐだぐだ感がSJだなーって笑っちゃったし、それを挟むのでバラード多いな、っていうのもさほど気にはなりませんでした。

シウォンは日本でトゥギが歌った「ロスト・スター」…韓国の歌手みんなあれ好きだねぇ。私はジョンデが好きって言ってて買ったんですが、やたらいろんな歌手が披露してるような。会場外を白馬が走ってるレポを見てたのでちょっと期待した分若干残念感はありましたが、でも相変わらずかっこよく、いまどきひざまづいて歌うポーズかこんなに似合う歌手はシウォンぐらいしかいないんじゃないかと思う。上手でした。人魚の仮装はこれはもうやりたいんだなと(笑)。タイトスカート状態なんで、ぴょんこぴょんこはねて高速移動してる様子がおかしかったです。10周年のVCRで、子馬時代の映像が流れて、ああ、変わったようで変わってないなと。育ちがよくて、別に俳優業に専念したって構わないだろうに、メンバーと過ごす時間が大好きで、イケメンの無駄遣いをまったく厭わない素直なシウォンは、兄さん組から見ると、幾つになってもやっぱり可愛い「弟」なんだろうなーって感じがしました。

カンインの歌った曲は知らない曲だったんですが、トゥギの曲はなんか聞き覚えが。トゥギものすごく練習したんだろうなぁと思いました。すごく上手かったです。兵役前のスパショの弾き語りなんか全然足元にも及ばないぐらい。トゥギ本人はバラエティとか司会業とかをやりたがってるようだけど、私はもう一度ちゃんとミュージカルとか歌のお仕事やったらいいと思うんだよなぁ…トゥギ自身がボーカルラインにはなれないと決めてかかってるようなとこはあるけど、ヒニムだってコラボでCD出してるんだし、歌手のお仕事もあんまり堅苦しく考えずにやってみたらいいと思うんですよ。そこから広がってくるものがある気がするんだけどなぁ…

ヒニムは若干顎のたるみが心配になりましたが、本人も「痩せる」って宣言してたので、カムバまでにまたひと磨きしてかっこいい姿でテレビに出てくれると信じております。そうなのよ、三十路になると代謝が変わるのよ…がんばれレラ!

この写真みれば、今でも十分美しいとは思いますが…
HeeSorry.JPG

とにかく83が身体はってる姿が印象的でした。トゥギは足怪我してるのにダンス全部踊ってたし、レラが何故あの海女さんの仮装を選んだのか正直意味わかんないといえばわかんないんですが、あのカッコで足ひれつけてじたばたと走り回る様子や、ぶっ倒れるまでちょぎわってる姿、あんなに真面目にダンス踊ってる姿とか見てたら、ジーンとしちゃって。

全員が兵役を終えて戻ってくる頃には、83はもう四捨五入したら40歳という年齢になってます。もちろん、その年齢になったって、全力で女装して、舞台の端から端まで走ってみんなに会いにきてくれるだろうと思うけど、それでも今できることの最大限を出し切ろう、という様子が見て取れて、ぐっときました。あとレラがトゥギのこと好きすぎてさぁ…。盛んにトゥギの体調を気遣っている様子が微笑ましかったです。ちゃんと腐向けサービスの人工呼吸二日ともやってたしw 

弟組が兵役いっちゃったら寂しくて我慢できなくなっちゃうに決まってるんだから、もう83一緒に住んじゃいなよ!って思いました。レラトゥギってデビュー当時はさほど仲良くなかったと思うんですよね。でも、色々乗り越えるものがあって、表に立つリーダーのトゥギと、面倒見のよさと人脈で裏側から支えるレラみたいな役割分担が自然とできていって、いい関係になったなーって感じがします。ついでにカンインも同居して、トゥギと一緒にワークアウトしようぜ…!

ウネはD&E活動ずっと続けてたこともあって、ビズ最強でした。どんちゃんのうさぎバンダナと長渕風グラサンについてはなんぼか言いたいことはありますが、それを差し引いてもビジュアル絶好調です。ヒョクチェの黒髪もすごくよかったし、ダンスもキレッキレでした。ウネコンのアリーナでヒョクチェの足さばきを見納めのつもりで堪能しましたが、ライビュでしっかり映してもらえててもう一度見られてよかった。ヒニムが行ったときにも思いましたが、油が乗って、花の盛りみたいなときに兵役にとられてしまうのが毎回本当につらいです…一番つらいのは本人たちだろうけど。

twitterにも書きましたが、ほんっとヒョクは大人になりました。あんなにしっかりしちゃって、誇らしいような、寂しいような、です。このチームが空中分解しなかったことにはヒョクの功績が本当に大きかったと思う。病みがちなトゥギをはじめ、癖のある年上組をよく支えて、同い年のシヘの面倒もみて、マンネラインもよく可愛がって。

二日目の挨拶で、レラがもう喋れないぐらい泣いちゃって、そんなヒョンを笑顔で抱きしめる様子もかっこよかったよ。あられもなく涙を流すレラに、お母さんかよ!って心の中でツッコミ入れつつもらい泣きしそうになりながら、もう片方では、そっか、ヒョクはもうこんな風には泣かないんだな、って思ってました。自分の番が来る前に俯いて少し涙を拭ってたけど、ウントゥクDJのシュキラの最終日に、終わるのが嫌だ、挨拶しちゃったら終わりになるから嫌だ、って子どもみたいに泣いてたヒョクの姿はもうありませんでした。顔をあげて、しっかりと挨拶して、最後の親指キッスまで、ずっといい笑顔を見せてくれました。いつの間にか、こんないい男になっちゃって。

ヒョクの挨拶、訳してくれた人のを見ましたが、兵役中の彼氏を待ってる彼女のことを、韓国では「ゴム靴を履く」って言うんですね。ELFほど沢山ゴム靴を履くファンは他にいないよね、でも、最後には綺麗な花靴を履かせてあげるからね、っていう言葉がかっこよすぎてですね…。浮気できないだろこれ!!ってなりました。正直、レラよりかっこいい言葉を残して兵役に行くメンバーはもういるまいと思ってたんですけど、うりヒョクチェが記録塗り替えてきました…

ドンヘも泣きませんでしたね。最後に舞台にキスをして「ここが懐かしくなると思う」っていう言葉が本当にドンヘらしくて。ドンちゃんほどステージ上でリラックスしてるアイドルって見たことないんですが、彼にとっては本当にELFと過ごすステージの上が、自分の家みたいなものなんだろうなって。だからやっぱりこの場所でお帰りを言ってあげたいな、と思うじゃないですか。

今回のDEVILの活動を終えて、86が兵役にいったら、当分は音楽活動があるとしてもユニット活動に限定されるだろうし、スパショはしばらくお休み、ってメンバーたちも言っていたので、マンネラインが戻ってくる2018年頃までスパショはなし、っていうのはそうだろうなーと思います。実際、メインダンサーとボーカルを欠く状態でのワールドツアーは難しいでしょう。見てる間は楽しくて、彼らの姿を目にやきつけておきたくて、その先のことを考えるのは先送りにしていたけど、終わって夜が明けてみて、ああ、本当にしばらくの間、スパショでは会えないんだ、と思うと本格的な寂しさがこみ上げてきました。

3年半は確かに長いけれど、アンコンでのメンバーたちの全力疾走をみたら、やっぱりまたスパショで会いたいって思うんです。SM TOWNとかじゃなくて、スパショで会いたい。サービス満点、ステージと観客席が一体になるあの感じを目の当たりにして、やっぱり彼らが本領を発揮するのは、テレビでもMVでもなくて、SUPER SHOWのステージなんだな、ってあらためて感じました。だから、お帰りは次のスパショで言いたい。

私、ELF-JAPANに入会したきっかけは、当時トゥギがそろそろ入隊だろうと言われていて(←実際はそれから1年以上行かなかったんですがw)、アルバム出せるのもスパショできるのも、ましてや日本で公演打てるのもこれが最後じゃないか、という予想をしてたので「だったら後悔しないように観にいっておこう!」と思ったからなんですよね。そしたら、その後びっくりするほど何度も来日があって、D&EやKRYのツアーもやって、「あれ、最初で最後のつもりだったのに…??」と思いながら、気づけばそこから今まで彼らと一緒に走っていました。

4集が大人の事情で受賞できなかった後の5集活動の盛り上がりをリアルタイムで体験できたのはすごく楽しかったし、ウネは日本デビューの年のショーケースから、2度のツアーまで見守ることができて、ドームの夢は兵役後にお預けになったけど、でも叶えてあげたいなって思ってます。

それがそんなに簡単なことじゃない、っていうのはわかってるんですよ。うぎたんが「僕は現実主義者だから、奇跡は信じない」って言ってたの、すごくわかる。日本みたいにおじさんおばさんになってもアイドルおっかける文化がない韓国で、初期から応援してきたELFたちも20代後半を迎える中での3年半の空白期間がどれほど厳しいものか。あの異様な人数のファンダム抱える東方神起だって、二人極力時期をあわせて、なるべく短い期間で戻ってこられるように調整しているのに、SJは出発がズレるので全員揃うまで余計時間がかかります。しかも、去年のソンミン事変もあり、大手ペンカペの閉鎖や活動休止も相次いでいる。2018年、無事に全員が揃ったところで、もう一度大きな会場でスパショができる保障なんて、本当はまったくないんです。

その厳しさは、彼ら自身が一番よくわかってることだと思う。だからこそ、何一つ後悔しないように、という彼らの気持ちが溢れているステージでした。あの全力の仮装も、全盛期のスパショの楽しさをもう一度思い出させてくれるものだったし、ファンが求めているものを全部見せてあげたい、という彼らの気持ちが伝わってきて、ありがたかった。

だからこそ、その彼らをもう一度スパショのステージを真っ青に染めるペンライトで迎えてあげたいし、もう一度一緒に走りたい。私もいよいよほっといたら3年半後は4時間半とか立ってられないおばさんになってそうですが、身体鍛えますよスパショのためなら…!2018年、SUPER SHOWで会いましょう。それを合言葉に、空白期間を乗り切りたいです。

そして2018年の奇跡のために、今回の10周年記念アルバムの活動はなんとしても成功させたいです。カムバラッシュで音楽番組での活動も1週間だけらしいですが、ここのセールスで結果を出さないとこの先なんてない。今は音楽番組ではハンテオチャートのものが多く反映されるらしいので、私もハンテオチャートへの反映を謳ってるお店で予約しました。


ハイライト・メドレーでましたが、タイトル曲はかっこよさと面白さのバランスが絶妙で実にSJらしい、しかも大人っぽい曲調で、本当にこれから先10年のSJの代表曲になる要素が満載だと思うし、MVフルが出るのがすっごい楽しみです。それ以外の曲もバラエティに富んでいて、メンバーたちが作曲や作詞で参加してるし、買う意味のあるアルバムだと思います。



15日出演のラスの予告にミン事変の裏側的なことが書かれててハラハラしますが、今回の活動期だけは本当に何ものにも邪魔されたくない。メンバーたちが完全燃焼できるように祈りつつ応援します。

SS6.JPG


posted by なつめ at 01:16| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも読み逃げしてます、ごめんなさい。なつめさんの詳しくて的確なレポペンです。
私は最終日のビューイングに行きました。楽しくて楽しくて、やっぱりSS最高!‥の後の現実。弟たちのために涙を流すヒニムとグッと堪えた86と‥。あ〜この掛け合いがしばらく見れないのか‥心にポッカリです。
でもでも、またSSで再会したいので私も体力維持して待ちたいと思います!
Posted by たま at 2015年07月15日 10:32
なつめさん

初めまして。初コメで長文失礼します。
直前でスタンディングのチケットが手に入ったため、2日目だけ渡韓して観て来ました。
行きたくても行けなかったたくさんのELFの想いがメンバーに伝わってるような、全力のパフォーマンスはカッコ良過ぎて『イケメン酔い』するほどでした。
ライビュではアップが中心で全体はなかなか観られませんでしたが、会場では花道をダッシュするメンバーの動きが速くて、それこそ見切れちゃうほどで…隅々まで楽しませる姿に感激しました。
そしてもう数え切れないくらい歌っているであろうソリソリとミスプルが神パフォーマンスでした。
センステでミスプルを全力で踊るヒチョルに「このアンコンは特別なんだ」と感じました。
ウニョクは福岡オーラスよりふた回りくらい細くなったのではというくらい痩せていました。最後の挨拶の直前に花道で一人佇む姿はやっと立っている様に見えました。涙を目にいっぱいためているウニョクを近くにいたELFたちは声を掛けずに、そっと支える感じで見守っていました。
それぞれの立場で支えあうメンバーとELFと出会えて幸せを感じたアンコンでした。
もちろん最高に楽しかったです。
スタンディング入口の通路にスパショの全日程だと思うのですが〜プリントされている幕がはってあったのですが、会場内で撮影出来ず。
これどこかで商品化して欲しいなと思いながら退場しました。






Posted by miko at 2015年07月15日 11:54
覚えていらっしゃらないかもしれませんが…
以前、よくコメントさせていただいておりました ののと申します。
すごく久しぶりにコメントさせていただきます(^^)

ソウルアンコンに参加されてたんですね。
私の地元でもライブビューイングがあったのですが、隣町で遠かったので諦めましたT_T

なつめさんの感想を読んで、胸が熱くなりました。
ウニョクは本当にイイ男に成長しましたね。
元々、素直で思いやりがあってイイ男でしたが、幾つもの試練や年齢を重ねて、さらにイイ男に。
私がメンバーの中で成長が一番著しいと感じるのはウニョクです。

来週末のSMTOWN大阪のライブビューイングに行く予定です。
ずっと留守番組だったので、ライブビューイングでも初めてスジュのパフォーマンスを観られるので、すごく楽しみにしております。
いっぱい声援を送りたいと思っています(^^)

DEVIL活動期、心残りがないように全力疾走してほしいですね。
こちらも楽しみです。

長文、失礼致しました。
Posted by のの at 2015年07月15日 15:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。