2015年08月16日

終戦の日に「野火」を観た。

8月入ってから仕事が完全に修羅場ってて、ああ、SJのDEVIL活動、あれで終わりだと思ってたけどまだ活動続くんだ、とか、リパケあるんだ、とか色々思いつつ、残業三昧で一日10時間もPCの前に座ってるのに家に戻ってまでPC開く元気がなかったので、ブログの更新もすっかりサボってました。その間にも色んなことがありすぎて、どこから手をつけていいのやら。

と言う状態なので、大人しくいちばん手前から始めることにします。今日みてきた映画の話を。8月15日は言うまでもなく、太平洋戦争が終結した日、日本の敗戦記念日なわけですが、今年はその終戦から70周年ということで、いまや世界に好戦的政治家として名を知られてしまったシンゾーの談話がどうなるか、という話が何週間も前から世間をにぎわせてましたね。

まあ実際出た談話は、「相変わらずの『約束守る気一切しないのでなんでもぺらぺら饒舌に喋ります』感はぷんぷんするけれども予想していたほどのヤバさではなく、『直接手は汚さない上級ネトウヨ』が非常に慎重に批判がきても誤魔化せる程度のウヨっぽさを漂わせつつ、一般保守には『まあいいんじゃないの』と言わせる内容」だったので、ギリギリほっとしたといえばほっとしましたが、太平洋戦争終結の記念日を前にいきなり日露戦争の勝ち自慢から入り、悪いのは日本じゃなくてブロック経済なんだよ〜んとか、しかし私は謝らないキリッ(`・ω・´)!!とか、「21世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリード」(今まで女性の人権問題とか性差別問題に関して、日本が世界をリードしてたことなんかあったか…???先進国中、男女の平等指数のビリッけつ案件は枚挙に暇がないので圧倒的ビリっていう意味ではリードしてますが)とか、ウヨ好きのしそうなタームをちりばめ、言ってることとやってることが全然違う系を恥ずかしげもなくぶっこんでくるあたりは流石だな、鉄面皮ってこういうこと言うんだな、って思いましたけど、そんな話をしてるとあっという間に夜が明けそうなのでそのへんはこの程度にしといて、今日みてきた映画は「野火」。



原作はこれ。読売文学賞を受賞した大岡昇平の小説(1951年発表)です。
野火 (新潮文庫)
野火 (新潮文庫)
posted with amazlet at 15.08.15
大岡 昇平
新潮社
売り上げランキング: 461


もともと行こうかな、いつ行こうかな、早くしないと東京終わっちゃうな、とか思いつつ、観たらしんどくなりそうな映画だし、タイミングつかめずにいたんですが、たとえ台風がきても絶対この週末観にいかねば、と思わせてくれたドキュメンタリー番組がありました。

NHKドキュメンタリー「女たちの太平洋戦争〜従軍看護婦 激戦地の記録〜
これ、8月21日(金)にも再放送(13時30分〜)があるので、みていない方には是非みていただきたいのですが、映画の舞台と同じ南方戦線に、従軍看護婦として赴いた女性たちのインタビューを中心とした番組だったんですね。これが、なんというかおそろしくガツンとくる内容だった。

赤十字から派遣された元看護婦たちは、80代90代の高齢女性ばかりですが、職業婦人だった人たちらしく、実に明晰な言葉で語る。当時赤十字の看護婦は、卒業後12年間召集があれば義務に応じる必要があった。生まれたばかりの乳飲み子を置いて、戦地に赴いた看護婦もいたそうです。

彼女たちを待っていたのは、医薬品どころか水も電気もろくに使えない病院と、大量の負傷者、マラリアなどの感染症患者、そして食糧難。補給はなく、後方だったはずの病院も戦況悪化につれいつの間にか前線となり、空爆で、ほんの一時前までは生きていた同僚が頭の半分が吹き飛んだ姿で見つかったときの様子(「あのとき何故無理にでも防空壕に連れていかなかったんだろうって」)、足手まといになる重症患者を殺せと指示され、静脈に空気を注射して殺したこと(「毒なんかなくても静脈に空気を入れたら人は死ぬんです。でもね、七転八倒してもがき苦しんで死ぬの。」)、死体を荼毘に付す余裕もなく、毎日死んでいく兵士の死体をトロッコで運んでは放り出し「ほれ、いっちょうあがり」と軽口を叩くほど感覚が麻痺していったこと、現地民から食料を強奪したこと(「私たち悪いことしたよ。土人が一所懸命に作った穀物を盗んで食べたんだもの。」など、自身の経験したおそらくは思い出したくもない地獄を、顔出しで、インタビュアーをまっすぐに見つめ、はっきりとした口調で語る姿をみていたら、これはもたもたしてないで観にいかなきゃ、とあらためて思ったの。生きながらえたこの人たちが、かくも赤裸々に戦場の現実を語り残そうとしている。この事実を真摯に受け止めれば、「なんか観ると気が重くなりそうだなぁ…」という理由でもたもたしていてはいけない、と思って。

渋谷に出るのが嫌だったので、立川の映画館にいったんですが、予約時にはけっこうガラガラかなーと思ってたんだけど、7割がたは席が埋まっていました。若い人もいましたが、かなり高齢の一人客も多かったです。ご遺族の方かな…とふと思ったりしました。塚本晋也監督って「鉄男」とかの監督でどっちかっていうとアングラなイメージなので、あれぐらい客層がばらけてるのはわりと以外でした。立川っていう場所柄もあるのかも。

私、思春期にちょうどベトナム戦争映画が非常に多く作られてた時期で、確か小学生で「地獄の黙示録」が公開、「キリング・フィールド」「ディア・ハンター」あたりはしばしばテレビでやってたし、「プラトーン」「カジュアリティーズ」「グッドモーニング・ベトナム」「フルメタル・ジャケット」「バーディ」どれも映画館でみました。「84★チャーリー・モピック ベトナムの照準」という非常にマイナーな映画もありますが、これはモキュメンタリー(ドキュメンタリー風フィクション)の傑作です。

84☆チャーリー・モピック ベトナムの照準HDニューマスター版 [DVD]
ケンメディア (2012-02-24)
売り上げランキング: 64,982


という具合で、かなり戦争もののバイオレンス表現には耐性のある私ですが、それでも野火はかなりしんどかった。この手の映像がダメな人は、たぶん15分と見てられないと思います。でも、ある程度耐性ある人は、観にいく価値がある映画だと思う。というか、是非多くの人に見てほしいと思います。この映画と、「女たちの太平洋戦争」での生存者たちの証言は、一致してるもの。人がモノ扱いされる戦場、そして戦死者の大半が餓死であった南方戦線の異常な空気が見事に映像化されています。

私、これを戦後生まれの監督が撮った、ということに深い意義があると思っていて、さっき挙げたドキュメンタリー観てても思いましたが、もう戦後70年にもなって、実際に戦争を経験して地獄をみた人たちもどんどん高齢化して、亡くなったり、呆けてしまったりして、証言を得ることが難しくなっている。映画監督だって、戦争経験のあるような監督はもう年取って現役引退したり亡くなったり、もはや日本では「経験者が語る」だけでは戦争の語り継ぎができなくなろうとしてるんですよね。

そんな中でふわっとした「一般市民は戦争の犠牲者」的なテンプレで、描く内容は特攻か広島長崎、せいぜいたまに戦艦もの、みたいな映画やドラマばかり製作されてたら、それは戦死者を「悼む」から、「美化する」に容易につながりかねないと思ってて、特攻映画を観て「この方たちの犠牲のお陰で尊い平和が…」とか言いながら同時に嫌韓・嫌中ツイート垂れ流している10代20代のTwitterアカウントなんかみてると、もう非常にヤバイ、と危機感をおぼえるわけです。

現に「女性たちの戦争」の放送のあと「従軍看護師さんを悪者として描き自虐史観をおしつけようとするサヨク番組だ」みたいなツイートみかけて、どういうオツムで見たらそういう理解になるんだよ…!って倒れ死にそうになりましたもん。あの証言者たちが何故あそこまで赤裸々に、味方である日本軍の加害性も含めて戦争を語ったのか。それは「戦争はそうやって人の人間性を奪ってしまう恐ろしいものであることを知って欲しい」「こんなことを二度と若い人たちに経験させたくない」という気持ちからでしょう。「悪意ある番組に悪者扱いされた」なんて彼女たちの誰が思うのか。第一そんな気持ちだったら、インタビューなんか応じないっての。

こういう憂慮すべき状態にあって、原作に対してもほぼ忠実な映画化を、戦後生まれの監督がやった、っていうことの意義をしみじみ感じたし、自分も戦後生まれだから知らないし伝えられない、じゃなくて、語り継ぐためにできることをしないといけないなぁ、と思いました。

NHK、近頃はすっかり政府広報化してジャーナリズム精神なんか見るも無残に崩壊しちゃってますが、こういういい仕事もしてまして、戦争証言アーカイブっていうところで、フィリピンにいた方の証言とか見られます。私この証言集、少しずつでも全部みようと思ってるんだけど、これとか、見て欲しいです。

永田勝美さん「見守るしかない餓死の兵士
最後のほうの「遺族の人は聞かされると、ほんとうのことを聞かされると嫌なんだろね。それは名誉の戦死であるとか、人を助けようと思って自分が犠牲になったんですよとか、そういう美談はあれば喜ぶよ。しかし、現地の戦地の実態というものは、そんな美談はないんですよ。そんな美しい戦争だなんてない。もうみんな目を背けるような話ばっかしでしょう。(中略)言ってそれが何かの形で受け継がれて、戦争というものは、やっぱりいかんものだなぁ、悪いんだなぁと、これを分かってもらうといいわけですよね。」という言葉を、しっかり受け止めないといけないと思う。

映画のストーリー等についてはオフィシャルサイトやWikipediaでだいたい把握できるかと思いますが、シネマトゥデイのサイトで製作秘話の連載が出てて色々と面白いので興味のある方は是非。自主制作で、ミンダナオ島とか沖縄なんかで撮影してるんですね。エキストラに沖縄系の名前の人多いなぁ…って思ってたんですけど、太平洋戦争の激戦地であり、集団自決を迫られた経験も持つ沖縄の人たちは、どんな気持ちで撮影現場を見たんだろう…とかもちょっと思った。

ちなみに私、原作のほうは映画みるまで読んだことなかったんですが、Kindleで300円ぐらいだったので、映画みたついでに買って読みました。映画はかなり原作に忠実です。大岡自身の従軍経験がもとになっている小説なのですが、原作はものすごくスノッブな文体で、残酷な戦場の現実を描きながら、どこか主人公の「私」と著者の間には距離があり、なんともいえない「他人事」感がある。小説のラストにはひとつ仕掛けがあって、こういうスノッブな文体に対するエクスキューズでもあるようだし、また、この距離感なしには大岡自身、書くことが出来なかったのかな、みたいなことも考えました。

エピグラフがいきなり聖書の句だし、ある程度のキリスト教の知識がないとちょっと理解しづらいところもあるかも知れません。とにかく文体は鼻につくぐらいスノッブで、主人公が戦場でいきなりベルクソンについて考察してたりするし、あ、そういやこの人仏文科だったんだ、みたいなのをあらためて感じましたが、映画みてなかったら途中で投げ出してたかも。私は見てから読んで正解でした。

若干ネタバレ風になりますが、映画のラストのシーンは、小説にも書かれている「私」の「儀式」を監督なりに映像化したものなのかなと思う。そこまでの間に散々戦場の血まみれ、死体まみれの絵を見たあとなのに、ラスト静謐なシーンの中にふっと浮かび上がる狂気が、いちばん重たくて怖いシーンだったかも知れません。小説だとラストがすごく饒舌なんですが、映画はその短い、台詞なしの映像で、何かを切り出すことに成功していて、こういうのが小説映画化の醍醐味だなって思いました。

逆に、小説版で、一箇所驚くほどナイーブな心理描写があって、それは映画にも出てくる、銃を捨てるシーンなんですけども、そこの部分で突如文章がそこまでのスノビズムをかなぐり捨てた文章になることで、やはり著者自身の叫びみたいなものが聞こえるような感じがするんですよね。これは映画版だけでは読み取れない。

やっぱ映画でしかできないこと、小説でしかできないことがあって、そこをやってるものじゃないと、それぞれそのメディアでやる価値がないと思うのだよね。近頃原作ものの映画やドラマ多いし、小説もはなからそれを見越したようなあて書きっぽいものが増えたような気がするけど、それは選んだメディアに対して失礼だと思うわけです。その点、野火は非常に原作に忠実な映画化をしつつ、監督ならではの表現になっていて、原作とのガチンコ対決をした結果だな、って非常に納得できる作品でした。大岡が生きててこの作品を見たらどういう感想を言っただろうなぁ…。

という感じですごく褒めてますが、でも、みたらどっと気が重くなって食欲がなくなるのは必至なので、行く人は朝ご飯はしっかり食べてから観にいってください。私、これだけ見たらたぶん鬱になると思って、ハシゴする映画(ミッション・インポッシブル)も予約してて、それとの間の時間に昼ご飯たべようと思ってたんだけど、映画終わったあとは食欲なくなっちゃってて、かなり頑張って押し込んだ…

ちなみに、「ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション」のほうはまーーーーーったく頭使わなくていいヒャッハー!なアクション映画なので、脳を休ませる感じで楽しんできました。

私第1作劇場でみましたが、あれは監督もブライアン・デパルマだったし、最初のほう舞台チェコだし、もう少し薄暗いサスペンスな雰囲気があって全体的にシリアスだったと思うんですが、なんかこう、典型的なハリウッド・アクション映画になってました。でも、これはこれで好き。正義のヒーローは絶対死なないやつ。安心して見られる。なんか、テレビシリーズ見たくなっちゃいましたよ…今半額になってるし…

スパイ大作戦 コンプリート・シリーズ [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-11-25)
売り上げランキング: 6,776

やっばいこれすっごく欲しい。でも我慢してる…ルパン三世のボックス以上に場所とるものを買ってはいけない…!って必死に自分に暗示をかけてます。

なんせトム・クルーズもうオッサンだもん。ファーストからすでに20年近く経って、まだ本人がここまでアクションやるなんて、よく頑張ってるよなぁ、偉いなぁと素直に感心。おじさんがんばれ!!って思いながら応援してました。正直、マッチョ苦手なので、トムの上半身裸とか要らないと思いましたが(ムッキムキで力こぶでかすぎ)、でも鍛えたら見せたい男心なんだろうなと思ってそこは我慢しましたww

ストーリー展開はまあありがちですが、テンポは小気味よくアクションは派手なんでスカッとします。意外とCGに頼りっぱなしな感じじゃないし、カーアクションも派手でいい。途中バイクアクションのとこ「イーサンお願いヘルメットして…!」ってなりましたけど無事でよかった。ヒロインが強く美しく、なんでも自分で決断できる人なところもよかったです。マッド・マックスといい、お姫さまじゃなくて、組織の中ではザコキャラの男たちより上に立ち、主人公にも一方的に助けてもらうんじゃなく常に対等にわたりあう、自立した戦う女性っていうのが、ハリウッドのアクション映画のヒロインのトレンドなのかな?

とにかく、トムがんばった!お疲れ!ってなりました。できれば還暦ぐらいで、引退してカリブの島とかで悠々自適の生活を送っていたイーサンが、ひょんなことから再び現場に担ぎ出され、かつての仲間と一緒に活躍する「三匹のオッサン:スパイ編」みたいなアクションコメディつくって欲しいです。おじいちゃんヨタヨタしながら何故か勝っちゃうみたいなやつ。すごく楽しいと思うんだけど。

というわけで、ぐっと重たい映画、超軽い映画をハシゴしてきました。同じ映画館で「日本のいちばん長い日」もやってて、終戦の日だし、野火とこれとのハシゴにするかどうか、ちょっと迷ったんですが、南方戦線の現場の惨状を見たあとで、明らかな負け戦をいかにドヤ顔して終わらせるかみたいな呑気な会議を安全な日本国内でお偉いさんがちんたらやってるのを見たら、憤死しそうな気がしたのでやめときました。予告編の「この決断が今の日本の平和を作り上げた」とかいうナレーション聞いただけでも、正直怒りでふるふるするよ。負けるしかない無謀な戦争をやり続けて、その「負けを認める決断」の遅さのせいで、何万人無駄死にさせられたと思ってんだ、という。

戦争の記憶の風化と美化が怖い、と思うのは、まさにこういう映画に対してなんですよね。出てくる人みんな栄養よさそうな顔しちゃって。こんなもんじゃないだろ、という。野火はちょっと血とか怖いからみられない、という人も、NHKアーカイブの証言集は是非みておくべきだと思います。色んな立場の証言者がいるし、やはり正当化したい人とかだっているわけだけど、そういう不均等も含めて、現に戦争を経験した人たちの言葉を聞いておくべきだと思う。

「女たちの太平洋戦争」最後のほうで、若いディレクターに「戦争ってなんですか」と質問された元従軍看護婦の女性が、一瞬絶句したあとに「バカのする事」と吐き捨てるように言われた言葉をしっかり刻んで、これから先大人になる子たちに伝えていきたいと思います。日本の「戦後」がどれだけ長く続くかっていうのは、我々現役世代の責任なんだと思う。80年、90年、100年と、「戦争で人を殺さない国」でい続けることにこそ、誇りを感じていたいと思います。殺さない、殺されない自由を手放してはいけないと、強く思う8月15日でした。

7月観た映画の感想もすっ飛ばしてるけど、とりあえず記憶が薄れないうちに!ということで、長くなりましたがこのへんで。
posted by なつめ at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いつもブログ拝読しております。

ネットで中心となる意見と、自分の周りとの乖離がどんどん広がる中で、ネット上でこういう話題に触れなくなってしまっていましたが、あまりにも悲しい現状ですね。

従軍看護師の方のインタビューは見逃してしまったんですが、NHKが夕方の番組(ニュース?)の中で、イギリスが行ったドレスデン空爆をプロパガンダとして利用したナチスや、美化しようとするネオナチに対して抵抗運動を行う空爆被害者の女性と、中国で日本が空爆を行った際の被害者の女性のインタビューは見ました。実際に空爆を行った元兵士の証言もあり、その方の尊い勇気をたたえたいと思います。

私はずっと、自国の被った害については語り継ぐのに、他国へ加えた害については殆ど触れないことに違和感を覚えていましたが、このことに関しては、NHKは良い仕事をしてくれたなと感じます。

自分が生まれてから初めての政権交代によって(特に民主→自民の際)報道の仕方がこんなにも変わるんだと衝撃を受けましたが、一枚岩ではないんですね。
そして政権交代によってこれだけNHKが韓国や中国に対するネガティブな報道姿勢を強めたというのに、相変わらず「NHKはサヨクに支配されている」なんて書き込みをネット上で見かけて、『あぁこの人たちは何が何でも中国と韓国が嫌いと思いたいだけで、自分の頭では何も考えていないんだなぁ』と悲しくなったのを覚えています。
(それこそが、ネットの意見を全く見ないようにし始めた切っ掛けだったように思います。)

原爆の記憶は勿論ですが、従軍看護師の方や元兵士の方が、被害だけでなく加害の記憶も(恐らく語ることで自らを傷つけることを覚悟しながら)語ってくれているということ。今の日本の戦争に対する認識が、それだけ切迫した状態であると、証言者たちが感じているということ。
そのことを覚えていなくてはならないと強く感じました。


長文失礼いたしました。
普段のSJやEXOに関する記事、絵本に関する記事なども楽しみにしております。
Posted by 白玉団子 at 2015年08月16日 19:24
なつめ様、こんにちは
暑い暑い猛暑の東京で、ハードワークされたようで、本当にお疲れ様でした。
くれぐれもご自愛なさって、体調崩されることなく、これからも骨っぽい記事を書いて下さることを
心から祈っております。
ちょっとめんどくさいようですが、夜、おやすみ前にぬるゆの半身浴が良いですよ。
私もこれで夏バテ、かなり良くなりました。
読書するもよし、ぼーっとするもよし、SJ聞くもよしです。(笑)
精神衛生的にも良いと思うので、夜のリラックスはぜひ、お風呂場で。

さて、戦争法案反対の気運が高まるのを私はもちろん歓迎しますが、
そこに新たな全体主義が生まれる危険性はないかと最近、若干気になります。
個人個人の声の挙げ方が、一つのやり方に集約され過ぎないことが大切だと思うからです。
せっかく起きたムーブメントがそういうことで失速し消滅しないことを望んでいます。
さらに、もうひとつ危惧していること・・・
今年のように戦争に対する社会的関心が高まるのは良いけれど、
あなたのおっしゃる通り、戦争体験の辛い思い出が無防備に美化されそうな傾向を終戦番組のあちこちに感じておりました。
憂鬱な話ですね。
これまた、本来の反戦主義とは違うところに流れて行きそうで心配です。
体制側の狙った通りのところに落ちないように気をつけねば、と思います。

ひとりひとりの自由と愛と平和が、侵されることなく平等に守られる社会を作るためにどうすれば良いのか、
私たち一人一人がしっかり自分の頭で考え、行動していかなくてはいけませんね。

でも、まあ、まずは、「あ」のつくおバカさんをとにかく、何とかして下ろすことから、かな。

P.S・・・「野火」は、高校生の時に軽い気持ちで本を手に取ってしまい、
余りのすごさにすっかり打ちのめされた思い出がります。
いまだにその時の衝撃がトラウマとして残っていて、
怖くて手が出せません・・・(超、根性なし!?)
Posted by TOSH at 2015年08月16日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424236449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック