2015年10月03日

RENTみてきた。

シルバーウィーク云々があったので、今年の9月はなんだか一気に通り過ぎていった気がします。ジョンデおたおめもシンドンおたおめもスルーで仕事して、ニコ動のウネスペシャル生放送も10月入ってようやくタイムシフト視聴したって感じで、肝心の新譜のほうは仕事で家にいないから郵便やさんが持って帰っちゃったしまだ手に入ってない状態なんですが(泣)、そんな中、1日はこのミュージカルを観てきました。

ミュージカル・レント(シアタークリエ)

もともとは、ちぇんちぇん出演の「インザ・ハイツ」の話をしていたときに、「それのもとになったようなミュージカルだよ」ってミュージカル好きの友達が教えてくれて、へぇーって思ってたら、私のお気に入り平成仮面ライダー、村井良太くん主演でやるっていうので、おお!と思ってチケット申し込んだらこれが惨敗でして。なんでも、ケミストリーのひと(よく知らない)と、超新星ユナクが出演するため、倍率がすごかったらしいです。チケットとれないと余計気になってしまい、結局イープラスの貸切公演で、どうにか後方ですがチケットを確保し、いってきました。

私以前から村井くんとドンヘすんごい似てる説唱えてるんですけど、似てると思いません?
DH.jpg

ryota1.jpg

ryota.jpg

兄弟って言われたら納得しそうな勢い。

作品については、こんな感じで、1990年代のものすごい伝説的な作品なんですね。ミュージカルには全然詳しくない私ですが、それでも「ロッキーホラーショウ」とかと同じで、名前だけはなんか聞いたことあるな…ぐらいのレベルでは知ってるぐらいの有名作品です。

初演から20年ということで、私的にはちょうど自分の青春時代と重なるので自然に時代の雰囲気とかわかりましたが、パンフレット買って「そうか、スパイク・リーとかテルマ&ルイーズとか、解説ないと若い人はわからないのか…!」とか、そうだあの当時はAIDSといえば不治の病だったんだよな…とか、「歌詞にポケベルが出てるぞ!(出演者の中で実際ポケベルに触ったことあるの何割いるのだ…!)」とかに地味に反応しながら観てました。

知らないミュージカルだと思ってたけど、この曲だけ、江口洋介が出てるコーヒーのコマーシャルで使われてたので知ってました。


↑こちらは映画版↓の映像だそうですが、映画も舞台のオリジナルキャストが多数出演しているとのこと。



私、ミュージカルって実際の舞台は劇団四季のしか観たことがなくて(コーラスライン、ジーザスクライスト・スーパースター、キャッツ、ライオンキング←しかも王道のみ)、小さめの小屋でやる作品は初めて。なんかお作法がわからず「こ、ここで拍手していいのか」とか「え、なんか一緒にやるの?」とか、右をみたり左をみたりしながら若干緊張気味でみてましたが、いい作品でした。

始まって15分ぐらいは、翻訳調の歌詞と、「ぜんぶ歌うんだ…(←私がこれまで見たことあるのは、たいてい歌ばっかりか、普通の台詞→歌→台詞→歌、って感じで、台詞がほぼ全部歌になってるやつは初めてみた)」というのが衝撃で、正直「うーん、これ2時間半きついかも」と思ってたんですが、少し慣れたら(あと後半のほうが役者さんも喉がひらいてのってくるので曲も盛り上がる)引き込まれていって、後半の盛り上がりシーンとかダダ泣きしてしまいました。

なんか、最近こういう「今を生きる」みたいなノリを忘れてたよなぁって思って。四十路すぎるとつい先のことばっか心配しちゃうので。上に貼った「Seasons of love」の歌詞の冒頭「525600分」は、一年間を分で分割した数字だそうです。人生をどうやって計る?という歌詞。学んだ真実、泣いた回数、過ごした真夜中の数、インチ、マイル、エトセトラ。一人の人間の人生を、どうやって計る?「愛」で計ってみてはどうだろう?そんな歌です。

村井くんはちっちゃかわいかったです。ドンヘよりちっちゃい。というかEunHaeは、韓国サイズでの小ささなので、生でみると実は案外おっきい。村井くんはガチでちっちゃかった。歌も上手でした。私は主に「戦国鍋TV」で彼の歌唱力評価してたんですが、アイドル系ミュージカルに結構出てるんですね。ユナクは最初ちょっと音外してたんでハラハラしましたが、後半よくなってきてたな。女性陣のボーカルもパワフルでよかったです。端役で妙に上手い男性がいて、あとでパンフレットみたら四季出身の人らしかった。なんだかんだで下積みある人は実力違うんだなと思いました。

チケットほぼ完売らしいですが、当日券が若干出るらしいので、チャレンジできる方は是非!大阪公演もあります。

ちなみに戦国鍋↓



ちなみにこの天正遣欧少年使節でいちばんちっちゃいのが村井くんです。ミゲルかわいい。
posted by なつめ at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしも、RENT行きたかったですーー!!
気づいたのチケット売り切れた後だったんですが。(゜д゜)

日本公演の初回版は、ユナクの役に宇都宮隆がキャスティングされてたんですよー。懐かしいなぁ、その頃はもうTMネットワークより小室ファミリー全盛でしたし、ちょっと年上過ぎた感ありましたけど、歌はさすが上手かった。

で、本物のRENT見たさにブロードウェイにも行きました。
正確にはオフブロードウェイになるのだったかな。
英語わからないけどストーリーは頭に入ってるので、充分楽しめましたし、オリジナルキャストはマークのみでしたが、旅先ということもあって、ものすごく感動しました。

本拠地の劇場自体はそんなに大きくないんです。今はどうか知りませんが。私が見た時は500人くらいのハコで、でも客入りはほぼ満席で、みんなキャストと一緒に歌ったり、笑ったり、ヤジ飛ばしたり?リアクションがすごいww
日本人はお行儀がいいんだって知りました。

普段はミュージカル観ないのですが、でもRENTとヘドウィグアンドアグリーインチだけは海外カンパニーの来日公演でも、日本人キャスト公演どちらでも見続けたいと 思っていて。。。なので今回見逃したのは、本当に痛い(>_<)です。

久しぶりにコメントにして長文、失礼しました。
ヒョクとドンへの活動詳細はこちらで仕入れてますので、兵役もうすぐの2人、さみしいなぁ。。。
また覗かせていただきます!


Posted by あゆち at 2015年10月28日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック