2016年01月04日

あけましておめでとうございます&2015年に観たものたち

2016年、あけましておめでとうございます。

暮れに突発性難聴を発症して、なるべく睡眠を多くとりなさいと言われてたので、夜中のネットサーフィンとかも控えてブログ更新も久しぶりになってしまいましたが、お正月はのんびり東京で過ごして、結構リラックスできました。難聴のほうは、3週間の投薬でも数値が改善しなくて、このまま固定しちゃうのかなぁ…という感じもあり、ライブ好き、舞台好きとしては辛いところです。聞こえないだけならまだいいんですけど(片方なので)、なんだか壊れた拡声器みたいに音割れして聞こえる音域があって、それがしんどいんですよねぇ…

実は突発性難聴は2度目で、一度目は6〜7年前ぐらいだったのですが、そのときは半月ぐらいでほぼ正常域まで回復したので、ちょっと舐めておりました。反省。病院で平均睡眠時間をきかれて「まあだいたい4時間か4時間半…」と答えたら「8時間は寝てください…!」と言われ、そりゃほぼ倍だし無理っすと思いましたが、なんとか頑張って5〜6時間は布団に入ってるようにしたら、さすがに吹き出物とか減りましたもんね。睡眠大事です。日本で平均的に一番寝てないのは40代女性らしいので、もろにぶちあたってますが、今年はなるべく快眠生活を心がけようと思います。

今年のお正月は、ペットロスの母を元気づけようと、国立演芸場「新春名人会」で初笑いと洒落こみました。演題はこんな感じ。
160103hatsuwarai.jpg

書いてないけど最初におめでたい獅子舞もあって、とってもお正月な気分を味わえました。そうかー、お獅子ってライオンだからネコ科なんだよなぁ、ってあらためて気づかされるようなお茶目なお獅子でした。落語も古典、新作があり、講談や紙切り、漫才もあって盛りだくさん。お正月らしい詰め合わせです。場所柄かご高齢のお客さんが多く、枕や噺に出てくる固有名詞(人名)がかーなーりー懐かしいものが多く、私の年齢でどうにかギリギリ知ってるぐらいの感じだったので、子連れでいくのはちょっと難しいかなー浅草あたりのほうが無難かなーという感じでしたが、でもさすがにお正月興行だけあって、重鎮クラスの人たちが出演してて、安心してみられるのがよかったです。

母がナイツが見たいっていうのでこの席にしたんですが、ナイツももうベテランなんだなぁ…。漫才協会の副会長ですもんねぇ。柳亭市馬さんの「かつぎや」はとってもお正月らしい演目で、江戸文化のお勉強にもなりました。ノーブルな語り口、いい声!トリの鈴々舎馬風さんの「親子酒」は枕の小さん師匠の思い出話などが興味深く面白く。そういえばこれ、落語協会新旧会長そろい踏みですね。

去年の後半からなんか落語づいてますが、今年こそは夏に本格的な怪談聞きにいきたい…。毎年そう思ってるんですけどあっと気づいたときにはチケット発売になってるっていうことばかりで。今年は外さないようにしたいです。

というわけで、2016年は落語から始まったヲタ活、今年はどうなりますことやら…。去年はミュージカルとかあまり行ったことのないジャンルにも手を出して面白かったので、今年もまた楽しい映画や舞台との出会いがあるといいなーと思ってます。


毎年年末にまとめてる1年間のヲタ活記録、今年も記録のためにざーっと書いてみます。

【1月】
11日…新春文楽公演@国立文楽劇場「冥土の飛脚」ほか

【2月】
4日…映画「バベルの学校」@渋谷アップリンク


【3月】
8日…演劇「パスファインダー」(劇団キャラメルボックス)@サンシャイン劇場

【4月】
4日…ライブ「SUPER JUNIOR D&E Present」@さいたまスーパーアリーナ

5日…演劇「黒蜥蜴」@新国立劇場中劇場
18日…4月文楽公演@国立文楽劇場「天網島時雨炬燵」ほか
19日…展覧会「若林奮 飛葉と振動」@名古屋市美術館
19日…ライブ「SUPER JUNIOR D&E Present」@日本ガイシホール
29日…映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督


【5月】
6日…映画「マミー」(グザビエ・ドラン監督)

30日…中日文楽@中日劇場(名古屋)2代目吉田玉男 襲名披露公演「仮名手本忠臣蔵」ほか
31日…中日文楽@中日劇場(名古屋)「女殺油地獄」ほか

【6月】
3日…ライブ「SUPER JUNIOR KRY -phonograph-」@横浜アリーナ

27日…映画「海街ダイアリー」是枝裕和監督

28日…展覧会「鴨居怜 踊り候え」@東京ステーションギャラリー

28日…展覧会「画鬼暁斎」@三菱一号館美術館

29日…コント「シティボーイズ ファイナル 燃えるゴミ」千秋楽@東京グローブ座


【7月】
5日…ライブ「SM TOWN LIVE 2015 in TOKYO DOME」@東京ドーム
8日…映画「マッドマックス 怒りのデスロード」

11日…ライブビューイング「SUPER SHOW 6 アンコール@ソウル」
12日…ライブビューイング「SUPER SHOW 6 アンコール@ソウル」
19日…コント「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」小林賢太郎@東京グローブ座
22日…映画「国際市場で逢いましょう」

25日…夏休み文楽特別講演@国立文楽劇場2部、3部「生写朝顔話」ほか

【8月】
1日…展覧会「うらめしや〜、冥土のみやげ展」@東京芸術大学大学美術館

2日…演劇「五右衛門VS轟天」(劇団新★感線)@赤坂ACTシアター

15日…映画「野火」塚本晋也監督

15日…映画「ミッション・インポッシブル ローグネイション」


【9月】
12日…映画「SMTOWN THE STAGE」
19日…9月文楽公演@国立劇場「鎌倉三代記」ほか
20日…文化財「三笠ホテル」@軽井沢
21日…美術館「軽井沢現代美術館」

【10月】
1日…ミュージカル「RENT」@シアタークリエ

10日…演劇「泥かぶら」(劇団新制作座)@日本橋公会堂
10日…映画「バクマン」大根仁監督

【11月】
1日…落語「笑福亭釣瓶落語会」@りゅーとぴあ新潟
3日…ドキュメンタリー映画「We Are Perfume」
15日…錦秋文楽公演@国立文楽劇場「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)」ほか
16日…錦秋文楽公演@国立文楽劇場「碁太平記白石噺」ほか

【12月】
13日…落語「笑福亭釣瓶・べ瓶 親子会」@イイノホール

振り返ってみると、我ながら4月、7月あたり無茶してますねw 息子が高校に入って寮生活になったのと、SJのメンバーたちの入隊も近づいていて、兵役前に一度は会いたい…!と思ったり、母も高齢になって、いつ自由に動けなくなるかわからないよなぁ…とふと思ったりして「好きなもののために思い切るなら今年と来年のうちだ!」みたいなテンションになってたせいもありますが、4月なんか学校のPTAの役員引き受けて引き継ぎとか総会準備とかで、仕事から帰って夜中の2時3時とかまで書類作ったりしてる時期ですからね。どうかしてます。

文楽は、ついに文楽友の会に入会したこともあり、我ながらせっせと通ってますねー。観たことのある演目の数もだいぶ増えてきました。今月も行きますよー。せっかく人間国宝になったばかりなのに、嶋大夫さんが引退しちゃうので…T T 見おさめ聞きおさめです。

ドラマ「タイガー&ドラゴン」で、元落語研究会のヤクザの親分役で出演した際の、ほんのさわりだけの高座姿をみて、一度ちゃんと落語やってるとこみたいなぁーと思っていた釣瓶師匠の落語会、東京公演のチケットがとれず意地になって新潟までいってしまったのでしたが、これも無茶したシリーズですね(笑)。でも、無茶した甲斐はありました!新潟の美味しいお酒やお魚も堪能したし…


映画は年の初めの目標としては、もっと沢山観たかったのですが、でも少ないなりにいい映画を見たな。アカデミー賞の「バードマン」はさすがの出来、長回しの連続に応えた役者さんたちがすごかった!そして、低予算ながら、実に忠実に原作を映画化した塚本監督の「野火」、テロと相互不信の蔓延する今だからこそ多くの人に見てほしい「バベルの学校」、このあたりが私的年間ベスト映画。

美術展では、大好きな鴨居怜の展覧会も嬉しかったのですが、企画・展示・グッズと三拍子揃った文句なしの展覧会は「画鬼暁斎」でした。三菱一号館って本当にいいキュレーターいるんだなぁ…と思う。「うらめしや〜、冥土のみやげ展」も規模は小さいながらも貴重なコレクションが揃い、楽しい展示でした。美術館としては、初めていった軽井沢現代美術館、車がないとちょっと交通アクセス悪いんですが、元永定正とか草間彌生とかの作品があり企画展もそこそこやってるみたいで、わりと面白かったです。空いてるしカフェもあるし。

舞台は色々見ましたが、やはり感慨深かったのは、シティ・ボーイズのファイナルライブですかね…学生時代からずっと好きだった不良おじさんたちの集いが、ついに区切りを迎えたその千秋楽に行くことができました。毎年GW頃に公演があるので、そのために旅行いかずに東京にいるようにしてたぐらいで。最後と思うと寂しいけれど、でも相変わらずの3人のおじさんに、またどこかで出会えることを楽しみにしてます。あとはなんといっても美輪さまの黒蜥蜴!これは圧巻でした。今年は「毛皮のマリー」があるのでプレオーダーに申し込んではいるのですが、あたるかなぁ…あたるといいな。

とらさんが亡くなって元気のない母と一緒に過ごす時間も必要ですし、自分の体調や息子の学費のことなんかもあるので、今年はあんまり無茶はしないようにしよう、と思ってますが、早くもSJのファンミやf(x)の初単独コンサートなど、カレンダーにぽこぽこと予定が入りつつあります(汗)。そしてEXO-Lを退会したかわりに、PerfumeのファンクラブP.T.A.に入会してしまいました私。だって今年、アリーナツアーあるっていうんだもん…!

でもホントに、いいものに出会うたびに、ああ、これ観るために、私仕事してるんだわ、みたいな気分になるんですよね。きっと今年も新しい出会いがあるだろうなと思うと楽しみです。落語から明けた2016年、しめは何になるのかなー。みんながアートやステージが楽しめる平和な1年になることを、心から祈っています。
posted by なつめ at 01:28| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます
お久しぶりにコメさせていただきます。
年末更新がなかったので、もしやと思っていましたが…。同じく40台ですのでしっかり休養をとるのは難しい…同感です!ですが、治療されて、回復されることを願っています。

11月にEXOのドーム公演2回参加しましたが、私もその際に「もういいかな」と思ってしまい、なつめさん同様ファンクラブ退会考えております。(代わりにSEVENTEENのファンクラブができたら入りたい!)

こちらのブログのファンとして、更新楽しみにしておりますが、無理せずお体大切になさってくださいね。
Posted by おっこたん at 2016年01月04日 11:24
数年ぶりにコメントさせていただきます。ミンペンやめてしまってSJから離れ気味でしたが、なつめさんの文章が好きでたまにブログにお邪魔させていただいておりました。
PTA入会されたとのこと、私も会員なので嬉しいです。難聴が良くなられ、アリーナツアーを楽しまれるよう祈っております。
お大事に。
Posted by minih at 2016年01月06日 03:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック