2016年02月28日

f(x) 1stライブ Dimention4 docking station@有明コロシアムいってきた

本日がオーラスのf(x)の1stライブ、私は2/20の土曜日の有明で参加してきましたー。

f(x).JPG

私、いったい何度ブログやSNSでf(x)愛を叫んできたのかわかりませんが、日本デビューに向けたファンミの話まであったのに直前中止、これでしか会えないSM TOWNでもなかなか全員は揃わず、あとからデビューしたEXOに公式ファンクラブもツアーも先を越され、SM TOWN WEEKでもEXOの添え物みたいな扱いで、こ、これは期待できる…!と思わされた久々のアルバムのカムバ途中でのソルリの活動休止とか、会社はぐいぐいれっべるちゃん推してくる中、「いつの蔵出しだよ…!これ売りきるだけ売って流れ解散させる気じゃないのか…!?」という疑念さえ起こさせたほっしゃま日本語バージョン今更発売とかに、何度も何度もきぃ!ってなって、絶望的な気分を味わった上での4人でのカムバック、初単コン、そして日本での初めてのツアーということで、もうチケットとペンライト届いたときからうるうるしそうだったんですけど、出かける前日から初日のレポみながら興奮してました。

正直いって、スパショで前日にお洋服で悩んで寝不足になったことなんかないんですよ…。とりあえず長いから靴は疲れないやつで、とか機能面でしか迷ったことないもん。でもえぷのライブの前夜の私は完全にテンションおかしくなっておりまして、ああ、20歳若くなりたい、可愛くなりたい、どうして美容院を来週にしてしまったんだろう、有明は寒いが寒いよりおしゃれをとりたい、靴もヒールあるやるにするんだ…とか完全にふわふわふわふわしまくって、眠れない夜を過ごしました。これは何…恋…恋なの…???って感じ。

ああ、これが初恋…(らんぱんぱんぱんぱん)と思いながら、お洋服を選び。


なんせ私スタンド8列目をゲットしており、その前の通路をメンバーが歩くという事前情報を得ていたため、俄然ふわふわな気持ちになってグループカラーのパープルの入ったおされワンピ、下着とペチコートまでぐるープカラーにして(←スパショでここまでやったことない…)出かけました。そしてここ数年、行列遠巻きに見るだけ見て回れ右してきた物販にも開始時刻から並びましたよ…!

ラッピングカー.JPG
まだあんま人いない…

オレンジ面。
Orange.JPG

はあああかっこいい…私4Wallsはランダムで買って白ビクさまだったんですけど(f(x)に関しては誰がきても「当たった…!」という気にしかならないのでまったく平和です)、やっぱオレンジも欲しくなってきた…


で・す・が!

物販に関しては私超言いたいことありますよー。なんせ販売開始20分で一番人気のコイン&パスケース売り切れ。その後もバングルとかファーポーチとか次々売り切れ。初日は残ってたから最悪これだけでも買えれば…!って思ってたキーホルダーも売り場見えてから売り切れ。5000円以上?いいよ買うから!ってなってたkluvくんチャームも瞬殺で、買う予定なかったトートバッグ買ってしまったよ…大型トート便利だからいいけど…。

会社はえぷファンがどれほど単コン待ち焦がれていたか、舐めすぎやで…!これまで、いくら金落としたくても落とせなかったんだよ…買うに決まってんじゃん!何よりも「!?」ってなったのがペンラ売り切れですよ。ペンラなしチケット売っといてペンラ切らすとか何事!?ってなりました。会場別とかあるかもだから、当日買おう〜って思ってた人いるかもじゃん!?私少しでも当選確率あがるかと思ってペンラつきを買いましたが、でも棒じゃないやつはよく光るもん。初めての単独で、有明コロシアムが綺麗なパープルオーシャンになるとこ見せたいじゃない。今治タオルは変えたけど、ペンラ切らすとかマジありえねぇ!と一緒に並んでた人と憤慨してました。バングルもすごい可愛かったのにな… T T 購入できた勝ち組の皆さんおめでとうございます…

にしても会場の女子率の高さすごかった。意外と若い男子が少なくて、男性はサブカルおっさん系(私と同世代か下手したらもっと年上)が多かった気がする。コスプレ組はさほど多くなくて、みんな思い思いのおしゃれを楽しんでいる感じでした。

セットリストはこちら。ってかこのサービスすごーい。便利!Youtubeの動画にもリンクしてるし。これで思い出リピートが簡単にできますね。

私年取ったせいかも知れませんけど、エレショとRed Lightの開始2曲は涙でてきちゃって、もう本当にこんな風に単独やってるえぷを見られるってこと何度も諦めかけてたから、いま!ここに!目の前にえぷがいて、この会場にいるのがみんなえぷのファンで(SM TOWNとかだとアウェイ感がすごくてつらい、これまで公式ペンラもなかったし)、これから2時間半ずっとえぷの曲だけのライブなんだ…!って思ったらもうダダ泣き。

EXOの1stも行ってるんですが、我ながら思い入れの違いを感じてしまった…うるろん売れてからトントン拍子で会社のやる気も桁違いだったEXOと違って、なんで1位とったのにFCの名前も決まんないんだよ…!とか、その後もなかなか単独の話が出ないうちに、アンバーのソロが出たりビクも大陸の仕事が増えたり、どうなるの、ねえどうなるの、と思わされた上でのやっとやっとの単独ですからねぇ。

しかもRed Lightはソルリがいた最後の曲で、あのあと彼女たちがどんな思いで過ごしてきたんだろうとか色々思ったらもう泣けちゃって。でも、こんなことではちゃんと見られない…!と気合入れなおして、そのあとはしっかり目を皿のようにしてみてきましたよ。赤と黒の衣装で一気に飛ばす感じのオープニングからの一連の曲のあと、制服風の衣装で、えぷお得意のちょっとヘン系の曲が続きます。

ビクトリアのアラサー制服の背徳感たまんないものがありましたね。このぷちょぺんざっ!も一緒にやったよー。楽しかった!


とにかく驚いたのは、彼女たちデビューしたかなり初期の頃のドサまわり以外は、それこそSM TOWNとか、どっかのK-POPフェスティバルみたいな感じのとこのゲストとしてぐらいしか、お客入れたライブのステージって経験ないと思うんですよね。だけど、なにこれ5年ぐらいライブやってた…?ぐらいの感じで、アリーナから上の席まで手を振って、煽って、ぐいぐい引き込んでくる。ファーストコンサートでこれって、贔屓目なしですごいと思う。

Beautiful GoodbyeとかSorryでは、生歌の実力にも驚きました。とくにクリスタル姫。正直、私えぷのボーカルとしては、ルナたんは声量もあるし強いなと思ってたけど、くりったるがこんなに声量あるなんて思ってなかったし、そもそも全体的に生歌はさほど期待してなかったんですけど、思った以上に歌ってた。


これちょっと2011年の動画なんですけど、やっぱりこの時期よりはるかに上達してるんですよね。

これソウルのやつですけど…


なんかこういうのってじーんとする。ピンの仕事も多い子たちだし、変な話絶対にグループにしがみついてないと芸能人として生きていけない子って一人もいないグループなんですよね。女優業に専念ということでグループを離脱したソルリをはじめ、ビクもくりったるも映画やドラマ、グラビアのお仕事は次々入ってる。作曲の才能もありソロやコラボレーションでも活躍してるアンバー、ルナはミュージカルにも出演したし、歌のお仕事で食べていける。でも、そうやって別にグループがなくても困らない子たちが、密かに実力に磨きをかけてきた成果を、f(x)というグループとして、こんな風に目の前で見せてくれるなんて。ひたすらありがたくて泣けた。ああ、待っててよかった、えぷのファンでいてよかった、とライブ中に何回思ったことか。

トークもねぇ、可愛かったですよ。みんな日本語もずいぶん練習してきてくれたみたいで。キレッキレのパフォーマンスから、ふわふわトークにいくときのルナの可愛さったらないです。くりったるは少しはにかんだ感じで、それでも少し喋ってくれる日本語はとても綺麗な発音だった。ビクは中国から日本直行で疲れていただろうに(私が行った日のミーグリは、体調不良でビク欠席だったそうです。後半かなりきつそうだった…)、それでも疲れを感じさせない、保育園の先生みたいな母性と元気。

公演の前半のトークで、「ライブのマナーについて」っていうのをビクとくりったるが寸劇みたいなのでやってくれるんですけど(マナーそのイチ、寝ちゃダメ、マナーその2、可愛くっても写真とか撮っちゃだめ、マナーその3、じっとしてないで、私たちと一緒に踊ること!)、もうそこの「写真撮っちゃだめ」のとこで「お?お?クリスタルかわいー、パシャパシャパシャ」って、盗撮ファン役になりきった寸劇する最年長と、ちょっと恥ずかしそうにその小芝居に付き合うマンネの組み合わせが美味しい以外の何者でもなかった…

トークといえば、通訳はSJのライブでもおなじみのネモトさんだったと思うんですけど、ルナが「えんばおんにー♪」って言ったとき「アンバーお兄さん、…あ、お姉さん」って言い直してて笑いました。アンバーも笑ってたな、あれきっと聞き取れてたなw

ルナバーは年の近い二人なのですが、アンバーが意外とルナに対してお姉さんぶりたいんですよ。あれ結構意外だった。全体的に、ビクトリアお母さんに甘える三羽のヒヨコたち、っていう感じなのかと思ってたんだけど、アンバーは下の二人に対して面倒みる意識が強そうだった。アンバー自身の動き方としては、ほっとんどヘンリーなんですけど(←とにかくじっとしてないw)、でもアリーナ歩いてマシュマロ配ってるときとか、ファンサに一所懸命になりすぎて歩くの遅れてステージに戻るのが遅くなっちゃってるルナに気を配ったり、ちゃんと他の子のことが見えてるんですよね。ビクトリアの出張多いから、自然と責任感みたいなの芽生えるんだろうなぁ…

逆にルナはもっとしっかりしてるイメージあったんだけど(<マンネライン2人と比べてたから)、意外とすっぽ抜けてるとこがあったりして本当にもうふわふわで可愛いんです。アンバーが「シナモンロールに見えて実際シナモンロール」って書いてたのわかる。とにかく小さな身体でぴょんぴょん跳ねてて、空気をいっぱいつめたゴムボールみたいで可愛くて。萌え死んだ。ピンクのワンピの衣装もすごく似合ってた。

ルナ結構初期からボーイッシュやらされたりBoAちゃん的なのやらされたり、大人っぽくなったら急にお色気系衣装着せられたりでスタイル迷走してたと思うんだけど、4人体制になってフェミニン担当になって、やっと一番ルナ本人のイメージどおりになったような気がする。


BoAちゃん的なものの例。

大人の女性・母性を感じさせる美貌とダンス偏差値の高さで曲が始まるや否やステージを統べてる感のあるビクトリア、クールビューティーで少女と女性の間を行き来してる感じのクリスタル(はにかみ笑顔でファンを瞬殺)、砂糖菓子みたいな女の子らしさとはじけるような笑顔ですっと人の懐に入ってくるルナ、ボーイッシュだけど実はおっそろしい美少女でもあり、誰より一番細っこい足で、でも騎士みたいに他の三人をエスコートしてるアンバー。(ここに最強札のジョーカーであり、彼女の成長過程がそのままグループの変化をもたらしてきた「シナモンロールみたいだけど殺せる」ソルリが入ってたときも好きだったけど、今の4人のバランスもそれはそれで最強だと思う。)

ちなみにルナが一番日本語がんばってる感じで、かなり長い言葉も一所懸命日本語で話してくれてました。ファンの中に入っていくときも、背筋をピンと伸ばして隅々まで手をふって、お辞儀するときも両手をお腹のあたりにあててきっちりと腰を折ったものすごく綺麗なお辞儀で、育ちがいい子なんだろうなぁ…って感じがした。

トークはあと近況を話しましょうか、って流れになって、ビクが「最近何してました?」ってアンバーに話ふったら、「最近は、個人活動も忙しくて、撮影があったりとか…」ってビクトリアの近況を話しだして「私の近況じゃないってばw」ってビクめっちゃ笑ってた。天然アンバー可愛い。そしてあらためて近況聞かれて、曲をつくってるって言ってたので、また今年中にソロが出るのかも…?楽しみです。


(このアルバムのアートワークなんかSJのMr.Simpleっぽいんですよね…)
ライブに話を戻すと、2時間半ではあるんですけど、それで40曲近くやってんですよね。4時間半かけるスジュのライブと曲の数は同じぐらい。ひたすらバキバキ踊って、歌って、ぴょんぴょん跳ねて観客席を盛り上げて。私個人的に「ああ、この曲の生パフォーマンスがみたい」って思ってた曲で「あれも見たかったなー」って思ったのはロリポップぐらい。あとは観たかった曲ほとんど観られた気がする。それぐらい、みんなが大好きで待ちかねてた曲を網羅してた感がある。

SJと違ってひとりひとりのソロとかなくて、アンバーのソロ曲もバックで3人踊ってたから、引っ込むとこが本当にお着替えタイムぐらいしかないんですよ。ものすごい密度。(SJはほぼ半分はトーク聞きに言ってるんだな、とあらためて思ったw)つなぎのVCRもされおつで、なんだよえっせむこんなセンスいい動画つくれるんじゃん…!ってなりました。SJのMVにもこの気合を入れてくれ…!最後のほう、怒涛の新アルバム曲のターンまでずっと踊りまくり、歌いまくり。もちろん客席も踊りまくり。あんなハードなやつを後半に連続でもってくるとか、あれですよフィギュアスケートでいったら4分半の最後の30秒で4回転もってくるような感じですよ。圧倒されますよホントに。

これ最新アルバムの中ではめっちゃ好きな曲なんだけど超かっこよかった…



この曲のところで店頭レプリカみたいなアイスクリーム持って歌うんだけど、ちゃんばらみたいにツンツンつつきあったりしてじゃれあってる姫たちが可愛くて…T T

もうねぇ、一週間経つけど思い出しただけでも幸せになれる。セットリスト順にプレイリスト作って聞きなおして、思い出してじーんとなれる。えぷ大好きな人たちと一緒につくったあの空間素晴らしかったけど、もっともっといろんな人に見て欲しいと思う。生f(x)のステージは本当に死ぬ前に一度みたほうがいいです。本当に尊かった。絶対なんかご利益ある。

さっきも書いたけど、f(x)って別にグループにしがみつかなくてもピンでやっていける子たちが集まっちゃってるぶん、いつ流れ解散になってしまうのか…ってファンとしてはドキドキしてることも多くて、それでもこうやって単コンまでたどり着いたのが本当に嬉しくて、尊くて終始胸がいっぱいでした。

でも、見終わってみて、この待たされ続けた7年の間に、幼かった年下組がこんなに大人になって力をつけて、まるでツアー経験豊富なベテランみたいなパフォーマンスと完璧なファンサで、こんな素敵なステージを見せてくれるようになったんだから、無駄な時間じゃなかったんだなと思った。本当に彼女たちも、単独楽しみにしててくれたんだなって、嬉しかった。

銀テ.JPG
私銀テはとれなかったんですけど、アリーナの通路に落ちたやつを警備の人たちが拾ってスタンドまで配ってくれて、それを一本だけゲットできたんです。くりったるのこの可愛いメッセージ見て、私もいっしょうわすれないよ…!!ってなった。

最後メンバーたちがスタンドの通路まできてくれたとき、私くりったるとお手手タッチしたんだよ…(号泣)。お手手ちっちゃかった…やわらかかった…たぶんウネのリリイベ最前列で見たときよりドキドキした…。アンバーはねぇ、近く通ったらもう睫毛バシバシで。もち肌の美少女だった。あと、ビクが劣化したとか言ってるアンチ、とりあえず間近で見てみろ…!と思いました。絹のようなお肌で、なんでこんなとこにお尻あんの?っていう足の長さで、母性と大人の女のエロスと少女の可愛さがごたまぜになった青島の奇跡が、80センチ先ぐらいを通り過ぎて行ったんだよ…もう嗚咽するしかないですよ。神々しかった…

会社のほうも(他の仕事で食える子たちだから)アイドルグループとしてそれで食えるようにならなくてもいいやーっていうのがあって、あれだけ難解な曲ばっかやらせることができたんだろうなーとかもあらためて思いました。そのお陰で最初期のアルバムの曲も、今聞いてもちっとも古臭くない。キャッチーで誰でも口ずさめる曲と、わかりやすい女の子らしさ、かわいらしさで頂点に立ったソシとは全然方向性が違って、難解で、噛めばじわじわ良くなるスルメなんだけど、一般の人にとってはとっつきにくい音楽性から、音楽番組で初の一位れるまでにはすごく時間かかって。単独コンサートもここまで待たされて。でも、なんかようやく時代のほうがえぷに追いついてきた感あって嬉しいです。若い女の子向けのサレオツ雑誌で特集やって欲しい…グラビアとインタビューの…保存用と2冊買うよ…!!

とりあえずは、早くライブのDVD欲しい。ミーグリは当たりませんでしたけど会場で予約しました。とにかく今この瞬間の彼女たちの美しくて儚い季節を全部全部映像化しといて欲しい…。一日分だけじゃなくてバクステ入れてほしいなぁあ。ウネコンのDVDすごくよく出来てたので、あんな感じで彼女たちのオフの表情も映像化しといて欲しい…。

4Walls日本語バージョン発売の発表なかったのかなぁー。正直、日本でライブやってくれたら嬉しいし、またツアーあったら万難を排していくと思うけど、えぷに関してはイルデとかどうでもよくて欧州の小さめのハコでツアーやらせたいんです(きゃりぱみゅとかPerfumeがあっちで成功するんだから、えぷが成功しないわけない…!)。でも実際にきいた日本語バージョン思いのほか訳も自然で悪くなかったので、出たら買うと思います。つか買うから出して。お願い。で、なんでSJの日本語バージョンの歌詞は毎回あんなに事故ってるのか誰かわけを教えて。同じ会社じゃんか…!

他の日のレポみても、お客さんの満足度がすごい高いライブでしたよね。わかる。私がえぷ溺愛だから、ってだけじゃなくて、すごく完成度の高いステージだった。これは嘘じゃないです。嘘じゃないから本当にそれほどよく知らない、って人にもすごくすごく観てほしい。私の姫たちすごいんだよ…!っていうのを一人でも多くの人たちと分かち合いたい…。決して観覧条件いい会場じゃないのに、どのお客さんもすごく満足してたと思います。私が観た回ではペンラのサプライズもあって、メンバーたちが歌いながら指さして観てくれてて、あの光の中の一つになれたことが嬉しかった。あとねー、女子力高めの会場の中で、私の後ろにはかなり年配に近い男性(ビクのガチペン)がいて、野太い声ですべての掛声を完璧にこなしていたのがなんか微笑ましくてよかったです。

とにかく、客席の一体感も素敵だった。アンコールの掛け声は「えぷえくす!えぷえくす!」でした。本当に彼女たちのライブを待ちかねていた人たちとあの時間や空間をわかちあえたのが本当に嬉しい。そして、ここからもっともっと遠くまで羽ばたいて欲しいと思います。ソウルの初ライブのあと、あっちの雑誌のグラビアインタビューかなんかで、くりったるが「単独ライブがこんなに楽しいものだと思ってなかった」って率直な感想を語ってくれてて、そう思ってくれたことが嬉しいよー、尊いよー、ってまたうるうるしちゃった。

もうさ、暑苦しく語り倒してますが、正直この3倍か4倍ぐらいは語れるんですよ、いかにえぷが素晴らしいか…ってことは!自分どんだけ好きなの、っていうのをあらためて思い知った。一度このブログでこころゆくまでえぷについて語りたかったんだけど、単コンでその夢が果たせて嬉しい。そしてこれからも激愛でいくよ…!すべてが推しでしかないんですえぷに関しては。音楽もパフォーマンスもそれぞれのキャラもみんな好き…。高校生のときにえぷにであって、メンバーたちがみんなオンニで憧れてお洋服とか髪型とか真似したい人生だった…(←気絶)

今回のツアーはいったりきたりじゃなくてゆっくり滞在してくれたようで、ひつまぶし食べた話レポとかも流れてきたし(4人前あったのに、ビクとくりったるがお腹すいてて3人前食べちゃって、アンバーとルナが1人前わけっこしたんだってw)、日本楽しんでくれてたらいいな。本当に幸せでした。ありがとううう。ライブに来てくれた皆さん、そしてここに来られなかったファンの皆さんもありがとう、って言ってくれたルナたん、本当に素晴らしいよ…(号泣)。すべてのえぷファンの皆さん、幸せな一週間でしたね。また次のステージを楽しみに生きていくぞ…!

ちなみに、今年初めてチャレンジしたPerfumeのライブ、スタンド席だけど当選しました!なので、今年前半の私は、ひたすら可愛いオンナノコを愛でる感じでございます。ぎゅコンはオーラス一本狙いだもので、全然あたらず…orz
ラベル:f(x) ライブ
posted by なつめ at 19:00| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
f(x)単コンレポ、ありがとうございます!
わたしは東京にも行けず(←遠い)、比較的近い大阪にも行けなくて(←平日だから)、DVDを楽しみにしている組なので、会場の雰囲気が伝わってくるレポ嬉しいです。
しかも、なつめさん、いつも席運良いみたいで羨ましいです。
次、単コンツアーがあれば、絶対行きたいと思いました! あると信じています!
ちなみに、20、21日はリョウクのソロコンのライブビューイングに行ってました。これもとてもよかったです!
ギュソロコンは、名古屋オーラスに旅行がてら行ってきます。わたしもレポ書けたらいいな、と思います。
Posted by tana at 2016年02月29日 21:49
はじめまして。
SJ少女時代 f(x) セブチLOVEアラフォー女です。
なつめママの感性や表現が大好きで、今回のえぷライブレポ読んで行けば良かったと後悔しました。DVD絶対買います!!
発売されたらまた感想UPしてくださいね!
Posted by ひとみ at 2016年02月29日 22:59
なつめさん初めまして。
いつもブログ観させていただいてます。

私も有明の2日目に参戦しました。
なつめさんのレポを「あぁ…すっごくわかる…!!」と思い出し泣きをしながら読みました。
レポありがとうございます。

本当に完成度の高い素敵なライブでしたね。
私もエレショのイントロの時点で一回号泣しました(笑)

ちなみに私の斜め前にいた男性ペン(ガチアンバペン)は、おそらくソウルから全公演参戦してる様子で
私達スタンドのあまり良席ではなかったんですが、野太い声で本当に楽しそうに応援してて。
隣の女の子達、最初はちょっとびっくりしてたみたいなんですけど(笑)
アンコールの「えぷえっくす!えぷえっくす!」コールで彼が叫び過ぎて声が枯れちゃった時に
「頑張って!!」って一緒にコール叫んでる姿に後ろで勝手に感激してました。

あの日あの場にいれて幸せでした。
終わった瞬間「もう一回観たい!」と思いました。DVDが待ち遠しいですね。

突然の長文コメント失礼しました。

Posted by ジンリペンエルプ at 2016年03月06日 02:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。