2016年06月13日

ぎゅったんソロコン幕張オーラスいってきた。

先週の話になりますが、行ってきました幕張。ぎゅったんのソロコンのオーラスへ。

kyu_makuhari.jpg

セットリストはこんな感じでした。

当日、クラブ系ミュージックのイベントが同じ幕張であったらしく、駅のトイレに入ったら、ヘソだし鼻ピアスみたいな女の子たちが「なんでそんな地味なカッコなの!」とか言いあいながらマスカラ盛り盛り中だったので、あまりのアウェイ感に「に、日本デビューするとこんなに一気に若いファンが増える…のかな…??」ってなってたんですが、途中で道を曲がったらどっと客層が変化したので安心しました。

今回は事前のリサーチほとんどせずに行ったのですが、変色ライトの演出は楽しいですね。ただ、できることならサイズをもう少し小さく…でんでん太鼓式のやつでしたからねぇ。薄型化するか、おしゃいにちゃんたちのみたいに腕時計型にしてもらえると場所ふさぎにならずに助かるのですがー。

ライビュでみたうぎたんのライブが思いの外ダンス満載だったので、ぎゅは逆をはって思い切りベタなバラードのライブでくるだろうな…と思ってたんですが、予想どおりの部分と、予想外に自分オンリーのファン以外でも楽しめるように工夫をこらした部分があって、なんかバラードのコンサートなのにこんなにいっぱい笑ってこんなに楽しいってアリかな?っていうすごく楽しいライブでした。

特に後半のSJメドレーのダンシングぎゅの頑張りようとか「おおっ、ウリマンネがこんなにも頑張って踊っている…!ヒョクやシンドンにこの成長した姿を見せたい…T_T 」と、ほとんど甥っ子の学芸会親の代わりに見にきた叔母さん状態で見ておりました。なんせ一人で踊るとは思ってなかったんで。ダンスタイムではマサオさんの無茶振りちょぎわとかも踊ってたよー(なんせ一人だからサボれないw) 汗をかきかき踊って、デビルで「♪冷たく熱い〜♪…暑いです!」って叫んでたのは、良くできたコントのようでした。

みんなのリクエスト曲は、まさかのメドレーで、聴きたい曲全部きけたので、これはオーラスの得したとこでした。名古屋はリクエスト参加者が少なかったんだそうで、ごく少数のひのとリクエストが反映された結果、ほかの会場とは少し違う選曲になったとか。マジPOP STARリクエストしてくれた人に菓子折贈りたい…ふりつけぎゅこちなくて可愛かった…

ぎゅが踊らないしっとり系のバラードでは、男女ふたりのダンサーさんが小芝居交えたダンスで曲の世界観を表現してたりして、なるほど、VCR一辺倒じゃなくてこういうやり方もあるんだなと。流石マサオさん、ってなりました。


最終日だったんで、漢字で「祝千秋楽!」って書かれたトートバッグに入ったらボールにその場でサインしてプレゼントしたりしてたよー。漢字は読めないのかなと思ったら「せん…?せん?」とか言ってて、そうか数字は覚えたんだ、などと感心。

とにかく日本語ものすごく上達していて驚きました。MCは本当にほとんどネモトさんの出番がないぐらい。それも文を暗記しましたっていうだけじゃなくて、言いたいことを頭の中でちゃんと組み立てて考えながら喋ってるという感じが伝わってきて、これは本格的に勉強したんだなと。なぜかちょいちょいチャンミンの喋り方と若干似てるとこが笑えました。日本語では『…したいと思います』というフレーズが多いことが面白かったらしく、『…したいと思います、と思います』とか盛んに言ってました。

途中であまりにも通訳の出番がないのでちょっといたずらしたくなったのか、袖のネモトさんに呼びかけて、「ネモトさん、ネモトさんは何してますか」「…キュヒョンさんの歌を、きいてました(超小声)」「ネモトさんは、えるぷですか?」「はい(超小声)」のやり取り萌えたー。ネモトさんがはい、って言ったときのぎゅの得意そうな顔といったらもうね、かわいいーってなりました。私ぎゅについてはかっこいいバイアスよりはるかに可愛いバイアスが優っているため、ずーっと「かわいー」「かわいー」ばっか言ってた気がします(汗)

いたずらといえば、途中ぎゅが座っていた椅子を、次の曲にうつるためにスタッフさんが片付けにきたんですけど、スタッフさんが椅子に手をかけた瞬間に浮かしかけた腰をまたまたおろして、困ったスタッフさんがセットのテーブルの上を片付けるような風情で待つも、腰を浮かせたり降ろしたりしてさんざんいたずらしてた姿はほんとにマンネらしい表情で可愛かったです。

チャンミン話は、前日もしてたようですが(親不知を抜いた話)、最終日にもありまして、ってことは毎日宿舎からぎゅに電話してんのかい!ってなりましたけど、シャワー浴びてたらゴキブリが落ちてきた話でした。何このどうでもいい話、どうでもよすぎて逆に萌える…って感じでした。

ぎゅは男性ファンの存在が嬉しくて気になって仕方ないらしく、本当に彼女に言われてきたんじゃなくて自分の意思できましたか?とか盛んに聞いてました。野太い声で応援されるのも嬉しそうでした。

とにかくぎゅはバラード大好きっ子だけど本性が陽性なので、どんだけ女々しい歌詞であろうと爽やかになってしまう。『ズルい女』とか、最初なんの曲かわからんかったですよ…わかった後も、これ、こんな爽やかな歌だったっけ…?ってなりましたし。でも、前は「レラや兄さんの大人の色気とか切なさとかが、若さゆえかまだ足りない…なんかこう、辛い恋愛でも経験させないと…」みたいに思ってたのが、単コンにいって、逆にそこがぎゅの持ち味なのかなーと思い始めました。

なんというか、失恋して一週間ぐらいは誰にも会わずに泣く水分なくなるまで泣く、というタイプの人には兄さんのバラード詰め合わせにして贈る、失恋して一晩わんわん泣いた後にはシャワー浴びて、うん、今夜は焼肉食べよう、死ぬほど食べよう、ってなるタイプの人にはぎゅのCDを贈りたい、みたいな。どっちもアリだなーって。

あと途中のお着替えタイムのバンドバージョンのDEVILかっこよすぎました。音源欲しい。そこトイレ行ってた人マジですんごくいいもの見逃してるから絶対DVDで見て…!いやほんとに、SJがアラフォーになったときのライブの進化の可能性を、あの大人のアレンジに感じましたよ。生バンドやっぱよかったなー。生バンド&かぶせなしの実力勝負、聞いてて気持ちよかったです。のびのびと歌うぎゅも楽しそうでした。



エンディングのトークで、最後はちょっと韓国語で話しますね、って言ってツアーの思い出を宙を見上げてひとつひとつ思い出しながら、噛みしめるように話してくれたぎゅはとーってもホワイトなマンネでした。どうやったら観客を楽しませられるか?とスタッフやマネージャーと毎回何時間も頭付き合わせて話し合いながら構成してきたこと、これを一人でやってきたことってぎゅにとってはとても大きかったんだろうなぁと思います。ぎゅにしては珍しく本当にジーンとしてたもん。

SJのツアーではヒョクチェやシンドンが構成をやってくれるし、KRYは三人いるから、それぞれのカラーを活かして補い合える。でも今回のツアーは自分ひとりで3時間近くもの時間、お客さんを楽しませなければならないわけで、MC含めて本当に一所懸命準備したんだなぁと感じられるステージでした。そしてツアーの間に積み上げてきたものがたくさんあるだろうなーって。スタッフさんたちのと信頼関係含めて。

エンディングのサプライズ映像を見るぎゅは本当に嬉しそうでした。泣き虫のウネと違って涙はこぼさず、嬉しそうで誇らしげで。最後の最後、本当に名残惜しそうに舞台袖一度引っ込んでから、ぴょこんと顔だけ出したぎゅは、すんごくいい表情してました。本人も手ごたえ感じたんだろうなーと思うし、これを踏まえた次のツアーも、今回以上に楽しませてくれるだろうなと思います。

本隊が活動できない中、こうして歌組が頑張ってくれてライブにいけるのは本当に嬉しいです。兄さんのツアーもスケジュール発表になりましたね。こ、これは明らかにオーラス詐欺…!っていうスケジュールでしたが(苦笑)それはそれでご愛嬌ってことで。今回は東北新幹線も開通した金沢が、ハコも小さく週末なので激戦になりそうですね。いざ、出陣!

YeInsta1606.jpg
直前のカンインの件もあり心配していたスパキャン関西バージョンですが、楽しいレポがあがってきててほっとしました。兄さんのこのインスタ写真のチョイスすばらしい…脱ぎたがり、ゲーマー、ナルシストの特徴をそれぞれ絶妙に捉えた上で、溺愛弟をスッキリ加工してあげる優しさよ…(うぎたん、きっと入隊前で鍛えてるんですよね…ぱんぱんというレポがあがるたびに、いや、それはうぎたんに限って油断ではない、筋力をつけているのだ…と思っている…)。

チケット運と言えば、ついにせぶちの日本初ライブ日程が発表になり、東京はまさかの平日2ステージまさかの2000席規模ってことでうああああ…!ってなってます。日本CARATには早々に申し込みましたが、倍率オソロシイ…

韓国と同じ形式でやるということでcaratちゃんたちが狂喜乱舞しているサイン会はお若い皆様にお譲りしますので、ライブは、ライブだけはなんとか…!って祈ってます。当たりますように。なむなむ(-人-)。

1日2ステージとか言ってるのであまり曲数は多くはないのでしょうが、私的にコレ見られれば言うことないです…

私はみんな好きだけど特にぱふぉち推し…そしてホシくんが好みすぎてやばいです。ヒョクチェが好きでホシくんが好きなじぶん揺るぎねぇ…!(ダンス上手い子、足はミノみたいに長いよりも若干短いぐらいがよい、人がよくて努力家、細腰、顔だちは淡白系)。

だれか一人に本格的にハマるとジョンデのときみたいにHDD買い足す羽目になるので、絶対ひとりに決めない、決めない…って思ってたのに、今回のPretty Uのカムバックで、私ホシくんの声がすんごい好きだってことに気づいてしまいまして…

自重自重、自重自重、って念仏のように唱えつつ、さっきのJam JamのホシくんFanCamとかとりあえず週に一度は見てる、たぶん。

なお、せぶちちゃんのこの写真集は神だった…もうあっという間に大人の男の体格になっちゃうんで、このまだ少年ぽさが残ってる時代の写真がきちんと残してもらえたの超嬉しいし、インタビュー内容もすごくよかったです。



えくそたんの久々のカムバ、なんかMVやっつけだなぁ…てかPerfume見すぎでしょこのMV監督、って思ったんですけど。

(食卓シーンに注目)




(看護婦(?)の赤マスク↑と白服の男の赤マスク↓に注目)



まあ別にこの程度でパクリとは言わないけどさ、同じ時期のカムバ曲のMVで両方Perfumeネタにかぶってるってどうなのかなぁと。どうせれっべるちゃんのはっぴねすMVのときみたいに外部の監督に委託してるんでしょうけど、社内に映像制作部門とかちゃんと置いて新進気鋭の若手映像作家とか専属で雇えばいいのに、と思った。

でも、ジョンデのこの写真撮ってくれたからゆるす…
1606_jd.jpg

私、来週もまた幕張行くんですよ。初Perfumeライブです。当日まで席のわからないチケットなので、どんな席なのかドキドキ。これもとっても楽しみです。


posted by なつめ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。