2016年06月19日

Perfumeライブ「COSMIC EXPLORER」行って来た(幕張メッセ)

なんかついこの間幕張メッセいた気がする〜と思いながら昨日もいってきました幕張。今回はPerfumeのライブで。



私、その昔ニコ動にどっぷりはまっていた時期に、アイマス動画(ヲタにしかわからない)の曲としてPerfumeがよく使われてたことから検索してPerfumeのCD買った、というすごーくネット民な入り方してるんですよPerfume…「木村カエラさんがラジオでおススメしてて〜♪」的なおされっぽい動機ではまっておきたかった…たぶん、初期のファンの人からすると邪道。

最初はフォトジェニックでダンスがとってもエモーショナルなのっちのファンになり、そこからビーハイブの動画とか漁って「あーちゃんは天使」という結論に至り、当時ニコ動では結構あーちゃんアンチ多くてゴリラとか言われてて悔しくて「あーちゃんは天使!」とか書き込んでましたからね←ガチ で、当時はかしゆかっていう人は掴めない人だなと思ってたんだけど、トーク番組とかの出演が増えていく中で、「あ、おさえがかしゆかなんだ」と。前のめり気味のあーちゃんと、自由すぎるのっちの感性的な部分をきちんと整理して言語化できる人なのだな、と思いはじめて結局全員推し。

でも、私Perfumeに関してはSHINeeちゃんと同じ流れを辿っちゃってて、一時期はなれてたんです。初武道館、会社が近所だったのもあって音漏れ聴きにいったりしましたが(←ガチ)、なんか自分的に一番盛り上がってたのがそこで、「ああ、ついに武道館だね、これからメジャーな人になっていくんだね…!」みたいな気持ちでちょっと落ち着いちゃったんですよね。

SHINeeも、日本初ライブまでが自分的に一番山場で、その後の日本曲がなんか生ぬるいというか、イマイチだったこともあってまったく日本活動追わなくなっちゃった。今思うと惜しい。あの生ぬるい時期を経て、だんだん彼らのカラーがうまくミックスされたテイストになっていく過程を全然追ってなかったので…

しかもPerfumeに関していえば、前も書いた気がするけど、メジャーデビューしたばかりの頃ってYouTubeとかで海外のファンが増殖してて、私的に「すぐにも世界にいける!出せ!」っていう気持ちがあったんだけど、徳間ジャパンのマネジメントはつべやニコ動の「踊ってみた」動画をガンガン消させたり、ファンの「盛り上げよう」っていう雰囲気を潰しちゃうものすごく古臭い著作権管理マネジメントで本当に歯がゆくて、「くそう、素材はいいのにマネジメントが糞で商機を逃してしまった…T T」みたいな気持ちになり、SJのおっかっけも忙しくなりだしてたので、一応アルバムとかDVD見かけたら買うものの、シングルとか活動おっかけとかは熱心にやらない程度に盛り下がっちゃってたんですよね。

それをひっくり返されたのが、去年のドキュメンタリー映画。


これ見てなんかもう、勝手に諦めていた自分をものすごく反省しました。彼女たちは全然諦めてなかった。ずーっと最高を求めて走り続けていたんだなぁと。

で、大反省大会⇒ファンクラブに入る⇒ライブ参戦、という流れだったんですが、いやー楽しかった!これまでもライブDVDは持っててみてたし、Perfumeのよさはライブにいかないとわからない!って色んな人から言われてたけど、本当に彼女たちはライブドルなんだなって思い知らされました。

しかもやっぱりさぁ、メジャーデビューして10年の積み重ねを感じさせるステージでしたよ。貫禄。考えてみたら、インディーズ時代含めると、人生の半分以上をPerfumeとして生きてるんですよね、彼女たちって。それってすごいよホントに。3万人入ってるってことでしたが、これだけの人たちに幸福感を与えて家に帰すってすごいことですよ実際。

キャリア長いということは、それだけ長くみてるお客さんも多いわけで、彼らにマンネリ感を感じさせず、でもある種の様式美として求められている部分はあるわけだから、そこで期待したものを見られずガッカリさせるということもせず、その上で初めてのお客さんに疎外感を感じさせない、という条件をクリアした上で自分たちにとっての冒険をさらに先に進めていくっていうのはすんごいハードル高いことだと思うんだけど、それを軽々とやってるかのように見せる、見事なステージは、本人たちもだけどスタッフの力っていうのもすごいよなぁと思った。ああいう平たい会場でドームクラスのようなゴージャスな演出もあってびっくりしたよホント。

会場の三分の二以上がアリーナオールスタンディングというかなり過酷な空間でしたが、ファンのマナーのよさもすばらしかったなぁ。後ろから見ていて、危険な押し合いとかあんまり見えなかったし、アーティストが流れの途中でステージとめて「皆さん、一歩下がりましょう」みたいな注意喚起をする必要もなかったよ。このへん、近頃のSJのファンミとかライブでのお触り目当てのひどい座席移動なんか見てきてるので、「ああ、ファンの質って大事」と思いましたわ…

これからくる人たちのためにセトリとかは内緒にしてね!っていうお約束なので、詳しくは書けませんが、とにかくちゃんとコスミックな感じでした。そしてアイドルでした。

同行の友達とも話してたんだけど、すごい幼い頃から芸能界に入って、ブレイクした最初の時期なんて、何がおきているかもよくわからずにやらされることをやるしかなかっただろうし、そういう中で天狗になって「自分たちは本当はこういうやり方がしたいんです」「アーチスト路線で」「イメチェンしたい」とか勝手なこと言い出して、周囲の反対を押し切って身の丈にあわないことに手をだした挙句に消えていくアイドルって結構多いじゃないですか。言うこと聞かずにしまいには移籍だなんだでもめたり。

でも、彼女たちのすごいところは、まず「商品として自分たちに求められているもの」をきっちりとこなし続け、ファンだけじゃなく事務所とかスタッフさんたちに「使っていただく」という謙虚さを持ち続けながら、他方自分たちが本当はこうやりたい、あんなことがしてみたい、みたいなことを、すごーく時間がかかっても、一歩一歩階段を上るみたいにして実現してきてるとこだなぁと思うんですよね。この粘り腰というか、諦めない力というか。

あの髪型とか、決められたスカート丈ひとつにしたって、「もういや、きいっ!!髪切りたい!」とかなることだって、ありそうじゃないですか普通に考えて。でも、彼女たちはその求められる「アイコン」であり続ける。ありがちな「アイドルなのに刺青いれちゃった」とかいうことをしない。ひと言で言えば「プロ」だなぁと思うわけです。

その一方でそうやって手に入れた地位で「求められることだけこなしていればいいよね」という怠慢さに溺れることもなく、ハングリーに次のステージを目指す姿が男前っていうかなんというか、おばちゃんもう感心ばかりしていました。

初期はゴリゴリにエフェクトかけられて人口音声みたいになってた歌声も、最近ずいぶんナチュラルに聞き分けできるような使われ方するようになってるし、このこと一つとっても、何年もかけて「やりたいこと」ににじり寄ってるんだよなぁって。

スピード重視、結果を急ぐことが賢いこと、正しいことみたいなこのご時世に、愚直な「努力」で夢を現実にしていく姿を見てると、なんか世の中捨てたもんじゃないというか、自分も投げちゃいけないなぁという気持ちになりますホント。たかがアイドル、されどアイドルってこういう時実感するわー。

自分が離れていた時期の彼女たちがどんな感じで過ごしてきたのか、予習しなきゃと思ってライブの前にこれ買って読んでたんですけども。



すごい成長の軌跡を感じられてよかったよ…まだ拾い読みだけど…ただもんのすごく分厚いんで、読むとき手が疲れます(苦笑)。

あとねぇ、これライブの中身とは関係ないんですけど、わりと年配のファンが多いからか、ライブ待ちスペースとかがものすごい快適で、客を殺す気か!みたいな炎天下のグッズ行列の悪夢に品切れ続出阿鼻叫喚、誘導や入場の段取りの悪さはピカイチあらぶるファンの暴動も抑えきれない、というエイベックス・クオリティに社畜のように飼いならされてきた私的にはカルチャーショックでしてね。グッズは屋内のもんのすごい広いスペースでやっててクーラーだけじゃなくフリーWi-Fiはとんでるし、行列なんて10分もなくて、Tシャツのサイズみるために見本あてさせてもらったりする余裕もあるのよ…!品切れもないし、えぷコンの販売開始約30分でペンラ切らすとかいう信じられない商売思い出すと、雲泥の差で…。なんせ初めてで様子がわからないから一時間ほど早めに会場いってみたのですが、ゆったりグッズ買ってお茶してから入る余裕がありましたわ…

これでチケット7500円だったらそらくるわ。何度もくるわ。と思いました。このおもてなし感覚になれてしまったら、えっせむとエイベの仕切るライブとかいけない身体になってしまう…!ともw こういう全体パッケージも大事ですよね。

いよいよ抽選申込みの始まったせぶちちゃんの初ライブも、会場上手に仕切ってくれるといいなぁ…と願っています。EXOの初ライブの入り口のチケット発券の混乱ぶり、開演に間に合わず号泣するファンとかが続出したあの地獄絵図はすごかったからなあ…。まずはチケットあたりますように…!!会員番号の桁数がすごいと話題になってましたが、先頭に一律「17」がついてるとか、ニヤリとしてしまいました^ ^ 病欠メンバーに関するアナウンスとかも至極まっとうで、私あそこの会社すごく好きになりつつありますよ。

そして今夜は兄さんのソロコンのライブビューイング。ライブ三昧の週末です。梅雨のしめっぽい気分を吹き飛ばすべく楽しんでまいります♪

タグ:Perfume ライブ
posted by なつめ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439162278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック