2016年06月27日

兄さん大活躍でござる!

先週はPerfumeのライブの翌日に、兄さんのソロコンのライブビューイングにいってきましたー。二日続けてライブ、ライビュでちょっと疲れましたが、兄さんのライブはとりあえずもんのすごくほのぼのしました…♪

第一曲から、いきなり歌いなおしていいですか?って曲をぶったぎる兄さん。あたたかい笑いに包まれる会場。なにこの、おうち発表会のような空気は…?という感じで驚いてしまったのですが、基本的に終始この親密な空気感の流れる中で兄さんが自由に歌い、語り、それをファンがひたすら愛でるという、サロン・スタイルのコンサートでした。

いきなりダンサブルなナンバーから入ったりして驚かされたうぎたんのソロコン、大会場でのぎゅのソロコンという順番でみてきたので、あまりにもアットホームな雰囲気に最初戸惑いましたが、結論的には「こういうのもアリなのかな」と思った次第です。そして、絶対踊らないなこりゃ、と思ってたら後半のSJメドレータイムで結構嬉々として踊ってる兄さんの姿も微笑ましかった。

兄さん、スパショのときはトーク省エネしてるんだなというのがわかりましたよ。いやー喋る喋る。しかもすごいオッパっぽさ醸してくるんですよ。ライビュで字幕つかないから何いってるのかはわかんないけど、「…でしょ?」「…いい?」みたいな、ELFに語りかける語尾の雰囲気が、なともオッパ風味なんですよ!!

で、何が微笑ましいって、そういう感じで散々オッパ風ふかしてた兄さんが、ゲストでトゥギが来たとたんに、うっきゃーってなって喋り方が一気に弟になっちゃうの。もう明らかに喋り方違うの。

その前に、ミュージカル出勤途中のぎゅが来て一曲歌っていったんですけど、そこでも「うわー嬉しいなぁ」「感動だなぁ」って言ってたけど、年上風味は崩してなかったんですよ。ぎゅが「来ないとイェソンさん拗ねるから…」とかいっていじってて、嬉しそうにニコニコしてたけど、それはやっぱりあくまで兄の顔してるんですよね。

それが、トゥギだと、同じ「うわー嬉しいなぁ」「感動だなぁ」でも、はしゃぎっぷりが突如年下っぽくなるのがおかしくて。トゥギは歌わずトークのみでしたけど、あのボーダーのシャツ着てきたんだったらバックダンサーに混じってSJ曲踊ってればサプライズとしてはもっと面白かったのにーと思っちゃった。羨ましいな、ライブやりたいな、って言ってるんだったら、YOUも歌っちゃいなよ!って思いました私。まあそれはそれとして。

うぎたんのときも途中でゲストくるのがよくわかんなかったんですけど、お友達によると、あれが韓国のバラード系の人のソロのコンサートの定番らしいですね。そのお客様に兄さんがコーヒーを振舞うという演出があるんですけど、そこがインスタントで、兄さんがカップに氷と、氷がとけた水をぶっこんだ【上に】インスタントコーヒーをぶちまけ、上からじゃーっと水だかぬるま湯だかを注いでいる光景に、だ、ダマになってそう…って思いました…たぶんめっちゃダマになってた…ゲスト、口つけてからすんごいカップの中なんども見てた(笑)。しかもダバーって水注いでカップぬれてたから、ゲストの女の子のスカートぬれちゃったみたいで、女の子めっちゃスカート拭いてた(苦笑)。

とりあえず、次回ああいう演出やるときは、コーヒーはつくっておいて、兄さん注ぐだけにしたほうがいいと思いました。あるいはマイクは手持ちじゃないほうにしとくか。エプロンのポケットに入れたマイクを出したり入れたり出したり入れたり、落ち着かなくて。でもそれが特段狙ってるわけじゃなくて通常運転なところがまた可愛いという。後半は喉の調子もあがってきてて、すごくよかったなぁ。

あと、水飲んでる最中にきゃあきゃあ言うのもどうやら「そういうもの」らしい…なんでみんな水飲むたびに律儀に歓声あげてるのか、わけわからんと思ってたんだけど、兄さんのリクエストだったんだそうで。バラード歌手は水飲んで歓声があがって一人前的なものがあるのかしら…??と思いつつ、それリクエストする兄さんも可愛いし、ちょっと一口の補給でも律儀にきゃーって叫ぶえるぷもなんか可愛かったです。アンコール前の大合唱とか、音頭とる人がいって、いちにーのーさん、って感じで歌い始めるのも。

ある意味、前日にみてきたPerfumeのライブとは対極にある感じでした。Perfumeが、古くからのお客さんをガッチリ掴みつつ、新規のお客さんも一緒に楽しめる方向性を模索している感じに対して、兄さんのソロコンは本当に「ずっと待っててくれたELFへのプレゼント」っていう感じで、ものすごーく親密な空間だった。ちょっと一曲聴いてよかったから初めてなんだけどきてみた、みたいな人には若干ハードル高いと思う。

でも、これが兵役あけならではのスタイルなのかなぁってちょっと思いました。公益勤務のあいだじゅう、メンバーには会えてもどこか違う世界にいるみたいと感じて寂しかったという兄さん。活動できない間、活動できるようになったらどんな歌を歌おう、どんな風に聞かせよう、ってずっと考えていたんだろうなぁ。だからこそのあのあったかい空間、家族みたいな優しさに満ちた空間が、たぶん新しい出発点なんだと思います。それをELFとまず分かち合いたい、っていう気持ちが伝わってくる感じでした。

ちょうど、ドンヘがELFに自筆のお手紙書いてくれましたよね。
お手紙1.JPG
お手紙2.JPG

これ読んであらためて思いました。待ってるのはファンだけじゃなくて、本人たちも本当に本当に、戻ってこられる日を指折り数えて待ってるんだなぁって。まだまだ続くSJの兵役ラッシュですが、最後の一人が帰ってくるまでちゃんと待ってるよー、と誓い直すのであった。

そして予想どおり、韓国でのソロコンサートという「ただいま」の出発点の次は、日本でのソロ・ツアー、沖縄で撮影してた映画も秋には公開になりますね。今年はなんというか、怒涛の兄さん年!って感じ。大活躍です。なんだかんだで、SJの兄さん、頼もしいなと思います。

これでKRY三人ぶんのソロコンを観たんだけど、全員がSJの曲を一人でやってくれたということも感慨深かったです。正直、「これはソロだから違う自分を見せたい」っていう気持ちはみんな持ってるだろうし、SJの曲で客に媚びなきゃいけない、みたいな自信がないメンバーも、この3人の中にはいないと思う。それでもSJの曲をやって、普段踊らないとこも踊って、めいっぱいELFにサービスしてくれた3人の姿は、兄さんたち、弟たちの居場所を、今活動できる自分たちが守るよ、って言ってるようで、そこもぐっときたところでした。

そして、兄さんの映画、いきなり先生になったボクが彼女に恋をした
yeye.jpg

タイトルからビジュアルから、何からなにまでコッテコテのアイドル映画なんですけど、脇役がふせえりとか吹越満だったり、監督も含めなんか意外とちゃんとした映画っていうか、これなら普通に観たい。佐々木希は別に好きじゃないけど、ふせえりと吹越満というだけで私的に美味しい〜。というわけで、秋の公開楽しみです。ぎゅったんのwebドラマは観なかったよー、ごめんよー。いつかDVD出たらみますw

せぶちちゃんのリパケも7月に決まったので、音楽番組の楽しみも尽きません。

このリョウク先輩とお子様たち動画すんごい可愛い…

ソーセージみたいなものにぱっと顔を輝かせる食べ盛り。一応リョウク先輩にも勧めてみるが余裕の表情で断られるw 自力であけられなくてミンハオにあけさせるじゅんぴも可愛いし、とにかくほんの小さな一口ずつでもわけっこしてるのが可愛い。ジャンケンして誰かが総取りするみたいな発想がまったくなさそうなのが、いかにもせぶちっいなぁって。そしてジョンハンにポッキーゲーム要求されて、すんごい嫌そうな顔したくせに、間接キッスはまったく気にしないスングァン。そしてゴミはスングァンに捨てさせるジョンハンw


リョウク先輩とのフォトタイムに群がるお子さまたち。徐々に増えていくから最終的にリョウクちゃん腕いっぱいに伸ばして撮ってるのかわいい。こうしてみると我らがマンネもしっかりと大先輩ポジションなのだ。お誕生日直前につまらないことでtwitterのアカウント消してしまったリョウクちゃんですが、兄さんがきをつかって写真UPしてくれるしあんまり心配してません。ただただ、兵役までの日々の活動を悔いが残らないように頑張って欲しいです。

ちなみにNYでもSORRY SORRYのカバーを♪今本家はこの人数では見られないので嬉しいなぁ。


ラベル:SUPER JUNIOR
posted by なつめ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック