2016年08月06日

シン・ゴジラについて暑苦しく語りたい。

さて、公開から一週間経ちました庵野秀明監督・脚本映画「シン・ゴジラ」。ネタバレしちゃいけないっていうから私もうずーーーーーーっと我慢してたんですけど、もういい加減ネタバレブログも次々に出てるのでいいでしょう!?っていうことで、ゴジラ語り解禁したいと思います。

【当方のスペック】
・自分はオタクではない、といい続けているのはオタクがキモイからではなく、自分のような浅い特撮ファンがオタクを自称するのはおこがましい、というオタクへのリスペクトによるものです。

・ゴレンジャー、リアルタイム世代。サンバルカンあたりまで見たあとの休止期間を経て、息子誕生とともに「ハリケンジャー」あたりから英雄時間視聴再開。

好きな特撮テレビ番組は「ゴレンジャー」「ロボコン」「デンジマン」「デカレンジャー」「シンケンジャー」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「ウルトラマンティガ」「ウルトラマンコスモス」「ウルトラマンネクサス」「仮面ライダークウガ」「響鬼」「ファイズ」「電王」という感じで、わりと保守派。子どもがヒーローものを卒業したあとも、こっそりビデオに撮って観続けること数年、最近ようやく卒業…しかけたような…

でもamazonプライムに加入していることから、仮面ライダー・アマゾンズは見始めてしまった。

ライダーものとして正しく暗い。鬱い。小さいお友達置いてきぼり。しばしばNice Boat.な感じなので苦手な方にはオススメしません。一応血液描写黒になってるけど。


プライム会員ならamazonビデオで無料視聴可。

・初代ゴジラは年齢的に生まれてない。初代と怪獣プロレスものとしてのゴジラは、一般教養として数作はテレビやDVDでみた。劇場版に行き始めたのはおそらく2002年のゴジラ×メカゴジラ(主に釈由美子のおっぱいがゆさゆさ揺れていたことしか記憶にないが、攻殻機動隊っぽいのやりたかったんだろうなーと思いつつ見てた)。


ハリウッド版には納得していない。特に2014年、ゴジラの造形にはその前のハリウッド版よりもかなり満足したけど、オチがあれってどうよ…!?って思ったクチ。あと、巨大さを強調するため、なかなか全身がうつらないゴジラにフラストレーション…



基本的にはどっちかっていうとゴジラよりガメラ派なんだと思う。平成ガメラ好き。「ガメラ ちいさき勇者たち」は劇場でダダ泣き。



やばい予告編を見るだけでまた泣きそうです。津田寛治さんが好き。



・エヴァンゲリオンはテレビ版をリアルタイム視聴。後半、アニメといいつつ静止画だらけになっていくのを爆笑しながら見ていたクチ。旧劇場版は、突然の実写挿入シーンとかに苦笑しつつ劇場でみた。新劇場版同時上映の「巨神兵東京にあらわる」は超贅沢なミニチュア使用特撮だときき、子どもをダシに劇場に走る。脚本が厨二病すぎて戦慄しつつもミニチュア爆破に大満足して帰宅。

そんな私が、公開翌日そして4日後と、一週間に2回観にいった映画、それが「シン・ゴジラ」であります。

シンゴジ.jpg



【以下、暑苦しいの注意、見てない人は回れ右して劇場へGO!】
いやーもうね、満足した。超満足した。堪能した。ハリウッド版の「コレジャナイ感」をすべて払拭してくれた感じ。「これや…ゴジラに求めてたのはこれなんや…!!」という、この上ない満足感。やっぱ2014とか、パニック映画としてよくできちゃいたけど、「ちょっと…ここで核兵器使うとか初代ゴジラに対するリスペクトないんか…!!?」ってなったもん。

今回の映画について、やれ自衛隊礼賛だの安倍政権に忖度しただのと騒いでいる左派知識人とかがいてげんなりしてるんですが、どこに目つけて見てんだよなんでもかんでも自分の土俵にもっていこうとして目が曇りすぎだよそもそもゴジラはガリゴリの左翼映画反核映画で、その映画に対する超正統派のリスペクト感あるじゃん!!!!って憤慨しています。

っていうか、庵野がここまでウヨクだのサヨクだのに絡まれずにすむような脚本で、あらゆるディティールでオタクを大満足させつつも、なんの予備知識もない一般客でもこれ一本で楽しめる巧妙な娯楽映画を撮れるなんて、私正直ぜんぜん期待してなかったので、ごめん!監督、私はあなたをなめてましたごめん!!全力で土下座!ってなりましたよ。

とにかく「巨神兵、東京にあらわる」の脚本がもうひきつるぐらい厨二だったので、私的にはああなることも覚悟の上で観にいったんです。なんかもう脚本はそれでもいいや、ゴジラの造形と特撮映像がよければ、って感じで。巨神兵もミニチュア爆破とかの映像はとにかく素晴らしかったので。

そしたらいい意味で期待を裏切られたっていうか、想像以上に、老若男女が楽しめるエンターテイメントになってました。もっとオタオタしいの覚悟していったから逆にびっくりですよ。ほんと、私は基本的に護憲派寄りだしアンチ安陪内閣だけど、この娯楽映画に対して「右翼映画」みたいな難癖つけて知ったふうな批評してるヤツほんと黙ってろ、って思ってます。そんな人たちが植えつける偏った先入観で、こんな面白い映画を見逃すなんて残念すぎる。

マッドマックスが流行ったときもそうだったんですけど、あれ一部のフェミが必要以上に大騒ぎして「フェミのための映画」みたいなハイになってて、私は超絶しらけてたんですけど、あれだって、よくもわるくも昔の3部作と同じB級アクション映画で、B級アクションをつきつめていった結果超A級のB級アクション映画ができちゃって、男女問わず多くの人がみて面白い映画になったってことなんで、別にPC準拠でお客に媚びたフェミ映画じゃないし、と思ってました。

今回のゴジラもそうです。オタクが好きなように細部にこだわりまくって作った結果、一般の人がみても面白いものができちゃった。っていう映画だし、政治家を主人公にしつつ、政治色として右とか左とかであることを非常に巧みに避けている。イーストウッドが戦争映画とかで、愛国主義者に「アメリカすごい!」「美しき我らが祖国!」って言わせながら、左派の厭戦感とかもある程度満足させるような撮り方してるのに近いものがある。つまり、すごくうまく作ってある。右よりの人も左よりの人もある程度勝手に行間を補って、自分たちのいいように解釈できるつくりになってる。

そういうクリエイター側の巧妙な仕掛けっていうか事前の根回しをあえて無視して、悪意の誤読をしてみせるような人の難癖には本当にうんざり。結構えらい大学の先生とかがネトウヨ映画みたいな的外れの批判してて、日ごろの人権問題とかの発言には賛同しててもこの話については野暮すぎ・わら人形すぎで一切賛同できない!と思いましたわ。ムカっとして反射的にtwitterアンフォローしかけたもん(←ガチ勢)

何度でも繰り返すけど、これは、ただただ単純に、特撮オタクがつくった映画なんだよ!そしてそのことこそが、ある意味唯一の政治的メッセージであり(「好きなものがある人が好きなことを好きなようにやれる世界の平和が続きますように」)、そこがいいんだ!と思います。

一回目は公開二日目にいったので、会場の熱さもよかったですー。とにかく大きめのスクリーンで見たくてわりと夜遅い回になってしまったんですけど、エンドロールの最後流れきるまで客が立ち上がらないのよ。そして電気がついてから、会場全体が「ふぉお」みたいな満足の吐息を漏らす感じ。いいよね、熱いよねこういうの…!劇場で映画みててこういう空気感味わえることってなかなかないんですよー。スターウォーズの昔からのファンとかハリポタ映画は毎回楽しみにしてました、という方ならこの「…待ってた…♪」感による連帯感みたいなの、きっとわかってくれると思うのですが。

あとですねー、エヴァ世代がしばしば「ほとんどエヴァじゃん」とかケツ青な訳知り口をきいていますが、そもそもエヴァがゴジラでありウルトラマンであるのですよ…!エヴァ世代を自認するならウルトラセブンとか一般常識の範囲だからDVD借りてみとけ…!!と思います。シン・ゴジラをみて「なにこれ、ほとんどエヴァじゃんww」とかいうのは「荒井由美って松任谷由美のパクリっぽいww」とか言い出すのとおなじぐらい恥ずかしい話ですから…!

エヴァの新劇場版は、監督が鬱になったっていうのもあると思うけど、広げた風呂敷による自縄自縛感がすごくて、あーこらまた終わらんな…と思ってたんだけど、シン・ゴジラはいいリハビリになったのではないでしょうか。よし、監督この勢いで完結させましょうエヴァ映画。と思いました。

話をゴジラに戻すと、やっぱ基本は直立型ですよね、ゴジラは直立型よ!恐竜じゃないんだからさ、ハリウッド版みたいのはジュラシック・パークでやりゃいいんですよ。今回のゴジラはフルCGだっていうんですが、着ぐるみっぽい皮膚の質感とかあの立ち上がったときの直立っぽい姿勢に監督やデザイナーさんのこだわりと感じてよかったですー。しかも中の人が狂言界のプリンス、野村萬斎だよ。どんだけ贅沢なの…!



そして上陸したてのゴジラの第二形態のキモさ素晴らしい…うねうねとした動きがまた素晴らしくて監督らしいなぁと思いました。ちなみに、二度目に観にいった日がレディースデイだったんですけど、帰る時、目の前歩いてた二人組女子がゴジラについて「なんだかんだいってかわいいよね」「歯がかわいい」「目がかわいい」「第二形態がいちばんキモくてかわいいね」と言い合ってたのが非常に印象的でした。

ちなみに前述の大学の先生が、「作戦がしょぼい」とか言ってて、これも私的に怒り倍増だったんですけど、むしろあのしょぼさがいいんだろうわかってねぇな!!!!

だいたい、ゴジラの大きさあれ牛久大仏並なんですよ?わかる?圧倒的な大きさ。初代の倍以上。お台場の実物大ガンダム軽く踏み潰せる。しかも火は吐くは放射線放出するわ、なんかライブのときのサイリウム棒みたいなヤツ全身からビキーーーーーって放出するわというシロモノ。(あのビキーン、っていう光線が別についてて、背中にぶっさせるフィギュア売ってほしい。夜光塗料練りこんであるやつだとさらによいです。あの形の無線つきルーターとかでもいいな…)

話が脱線しましたが、とにかく戦車隊、攻撃ヘリ等の自衛隊の通常兵器がすべて通用しなかった、その圧倒的存在に対し、まさかの「転ばせ」て「高圧ポンプ車でお薬注入」という作戦なにこの地味さ。話きいたら「それ、真面目にいってる?」ってたぶん聞き返しちゃう地味さだし、それに「それしか方法はありません」とか言われたら、どうですかあなた。こんな地味で頼りないものしかもはや頼れるものがない、という恐怖感、これこそがこの映画の醍醐味なんじゃん!一機何億みたいな戦闘機とばしてバカスカレーザービーム撃ってりゃ満足するのか?わかっとらん!!!(←まだ怒っているw)

あとさー無人在来線爆弾全車投入とかもうアホすぎるし二度目なんかもう電車が可愛くみえてきちゃうし健気で拍手したかったですよ。アメリカとかだったらここでみんな「いぇええい!」とかいって口笛鳴らして拍手するとこなんじゃないの?すごいよ、劇場用一般映画でこんなことやっても叱られないのか!!自主制作が吹っ飛ぶわ!って思いました。

もうねーこれに象徴されるように、本当にのびのびとオタクのロマンとかオタクの妄想を映像化してて素晴らしい。かつ小さいお友達だって楽しい。電車大好きの子も、働く自動車大好きっ子も楽しい。

ものすごい早口の台詞でぶっとんだ量の情報がインプットされるので、子どもつれていけるかな…って不安に思う人もいるようですが、でもスターウォーズとかだって一緒じゃないですか。私子どものころテレビでスターウォーズやってたときには、ナレーションの「反乱軍」というのを聞いて「それはなんかしら悪いものだな」と思ってたら「どうやらそっちがいいモノらしいぞ」って途中からうっすら気づく、みたいな感じで全体のストーリーなんか全然把握してなかったけど、それでも見てて面白かったもん。小学生も高学年ぐらいなら、聡い子は話も飲み込めると思いますよ。

唯一、地震や津波の災害PTSDがある方にはすすめられないのですが、それ以外だったら小学生からおじいちゃんおばあちゃんまで、楽しめると思う。たとえ全台詞の意味が終えなくたっていいんですよ。いつか大人になったとき「こんな話だったんだー」って思うんだって十分。そのとき「これを映画館でみたな、ポップコーン買ってもらったな」っていう思い出と一緒に再視聴できるって素敵じゃないですか。なので、躊躇してる人は思い切ってお子さんと一緒にいってみて欲しいです。バイオレンス表現も十分子どもの視聴に耐えるものになってて、血がドバー!とかそういう安易なスプラッタ表現はやってないです。ご安心を。

レディースデイの帰り道には、出演俳優だれも知らない(マジで!?)、っていう女の子二人組(20歳前後ぐらいの見た目)もいて「なんかあの、政府のおじさんみたいな人(大杉連のことだろうか…?)はテレビのなんかのドラマで見たことあるけど、若い人とか全然知らないやー(うそ、竹之内豊レベルでも知らないの…!?)」という衝撃の会話を耳にしてしまったのですが、それでもその女の子たちが「うん、でも面白かったね」「ね」「映画館までみにきてよかったね」「うん、よかったよね」って言い合ってて、おばちゃん心の中でガッツポーズしてたよ…

素晴らしいじゃない。特撮どころかドラマにもほとんど興味ないような人が「話題だし映画館いってみてみようかな」と思ってレディースデイ1100円で映画館まで観にきて、そして「面白かったね」「映画館にきてよかったね」と満足して帰れるような映画、そんなに沢山はないですよ…!

あと、女性の立場からすると、「だからなんでそこにいるの」的にしつこく登場して『全人類とその女のどっちが大事なんだよ!!』的なイラっとする場面で主人公の足をひっぱる役の女性とか、ジブリ映画みたいに世界を救う変な重たい運命を負わされた女の子とかがいないのがとてもよかったです。一応ヒロイン的ポジションは石原さとみちゃんですけど、でも彼女も淡々と自分の仕事をしてるだけです。とにかくどの登場人物も、その人なりに、その人の場所で出来る仕事をやってるのがいい。

パニック映画にありがちな、出てきた瞬間から死亡フラグたってて、自分だけ助かろうとか自分だけ手柄をたてようみたいな下心だしてチームを危機に陥れるようなキャラもいない。政府の大臣クラスの会議と、実働部隊である巨災対のチームの動きが並行して描かれますが、そういうパターンにありがちな「実働部隊の動きをひたすら邪魔するダメなえらい人たち」というステレオタイプの対立もなく、かといって「なんでもすらすら思い通りにいくご都合主義」でもない。

とにかくその「現実」的なバランス感がいいと思うのですよ。いいとこも悪いとこも含めて(ああ、日本っぽい)なとこが。オリンピック的なニッポンスゴイ!!!神風吹いた!!ではなく、ニッポンこんな感じだけど、それでもその条件下でどうにかしなきゃならないことはどうにかしなきゃだし、いよいよというときは、責任もって、好きにすればいいんじゃない?という、希望と楽観をもって現実と対峙していくラスト、すばらしいじゃん。

なお、石原さとみちゃんの英語がきっついという話事前に聞いてて覚悟していきましたが、たしかにきっついけど二度目にみたら慣れてかなり大丈夫になってた。たぶん三回目はもっと大丈夫になってる。そして石原さとみちゃんはこんなこともこなせる人なので女優としてプロだ。リスペクト。





あと、300人以上の役者さんたち、私の好きな人がいっぱい入ってて嬉しかったなー。津田寛治さん好きなんですよ。いいポジションで出てて嬉しかったー。あと高橋一生くんっていいなーと思ってたら、デトロイト・メタルシティ出てた役者さんだった。あれもたいそうよくできたB級映画で私オススメです。古田新太とかもサラっと出てるし、市川実日子ちゃんも好きなんですよー。「祝女」とかめっちゃ好き。





とにかくねーこの一週間、ゴジラのこと喋りたくて喋りたくてしょうがなかったんですけど、ネタバレNGっていうし、身の回りに観にいってる人がいなくて…T T 言いたいことのまだ三分の一ぐらいって感じですけど、疲れたのでおしまい。ほんと、まだ見てない方はお近くの劇場へぜひぜひ…!

ちなみに私もう、これ↓とか買っちゃう勢い…。ちまちま雑誌の特集とか買ってるより、そういうの一切買わずに素直にこっち買っちゃうほうがよくない??って、私の中の悪魔が囁いている。



さあ、そろそろ気持ちを切り替えて、せぶちちゃんのライブに備えねば…というわけで、今日は双眼鏡も買ってきました。やる気満々、楽しみです♪



双眼鏡は8倍持ってたんだけど、視野が狭くて重くて。今回のは、めがねかけたままでも見やすく、視野の広いやつです。BBA席なのですーんごい後ろのほうだけど、これでしっかり見てこようと思います〜。
ラベル:映画 特撮
posted by なつめ at 14:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわなつめさん。初めまして^ ^。3年前にSJに呼ばれてこのなつめさんのブログにたどり着きあの時もこの時もうん、うん、そうだよね!と読ませていただいておりました。今回初めてコメントしてみようと思ったのはSJではなくシン・ゴジラについてです(笑)。ちなみに私はELFで特撮好きでたぶんなつめさんと同年代です。
公開二日目のレイトショーで観ました。おっしゃるとおりエヴァやんwwwと軽く流せないくらい映画として完成していました。むしろ、アニメを実写化できていることにほんと驚きました。オタキング岡田は、早口でセリフを喋らせたのが勝因のひとつと言っていましたが、確かに演者に演技するスキを与えないほどの台詞の量が緊迫感を煽り「進撃の巨人」でそんなしゃべってるあいだに食われるであんた!の要素を排除したところにああ、樋口真嗣が総監督でなくてよかった!と思いました。でも樋口監督の特撮愛は感じましたので。第二形態のきもかわ怪獣は声出して笑いました。異質な物への嫌悪感と怖いもの見たさの興味が相まってどっかで見たなコレ、あ!使徒やん!とか音楽そのままやんかいさ!とか庵野秀明の、コレがオレがやりたいこと。が実写でできたことに感無量でした。石原さとみの「ZARAはどこ?」はわかりませんけれど安野モヨコの影が見えてクスリとしました。
長々暑苦しくすみません。いやー暑いですね、お盆ですね。なつめさんお体ご自愛くださいませ^ ^
Posted by のの at 2016年08月11日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック