2014年10月23日

THIS IS LOVE MVきたー♪

きたきた、MVきた!

THIS IS LOVE


うおおおおお、いいじゃないですか、これいいじゃないですか!今期のカムバック、83やカンイン、兄さん組のおかえりアルバムであることもありますが、なんというか肩の力が抜けた「大人かっこいい」SJ、って感じでいいです。すごく。トゥギもやっと感覚つかめてきたんじゃないでしょうか。楽しそうにやってて嬉しい。

この曲、レラのラップがすごく好きでパフォーマンス楽しみなんですけど、ラップの歌詞もレラが作ってるんだそうですね。しかもSJの過去の曲名がちりばめてあるとか。MAMACITAもメンバーの名前が歌詞に埋め込んであったり(しかもちゃんとそのメンバーがそのパートを歌ってる)、遊び心のあるアルバムに仕上がってていいなぁ。

つくりとしては、近頃のSMのお気に入りのワンテイクMOVIEですが、大所帯ならではのフォーメーションの面白さが活かされてて、繰り返してみたくなります。モノトーンで始まって、3:20過ぎあたりでカラーになるところもいいよねぇ。

近頃の私はカンインデレ期に入ってるらしく、なんかかっこよく見えてしかたないです。優しいワッフルボイスは前から好きだったんですが、年齢重ねていい感じに大人の男の色気が出てきた感じ。兵役帰りとは思えない若さのリーダーやレラも素敵ですが、いい感じに歳をとる、っていうのもなかなかいいもんだなって。

カンインといえば、去年の秋ぐらいに映画撮ってたはずなんですが、あれどうなってるんだろう…「猫の葬儀」というweb漫画が原作のラブロマンスらしいのですが、私これ結構見たいんですよねぇ。日本での劇場公開はなさそうですけど、レンタルDVDぐらいならないのかなぁ。

kangin.jpg

何を隠そう私はカンインが出演した「純情漫画」も持っていたりするのだ。

純情漫画 [DVD]
純情漫画 [DVD]
posted with amazlet at 14.10.22
ビデオメーカー (2009-10-02)
売り上げランキング: 90,503

カンインはチョイ役だし、いかにもな感じの子どもっぽい役柄なんですが、今のカンインが演じる大人の男のラブストーリー見てみたいのだよ…

続きを読む
posted by なつめ at 01:50| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

ラーメン食べてく?

今週はEXOの冠番組「90:2014」のメンバー別MVのちぇんちぇんの回でして、ゲストはBoaちゃんだし楽しみにしてたんですが、とりあえずMVはこんなんでした…72時間以内に30万再生だっけな、それぐらい行くとメイキングが公開されるそうなので、この週末はせっせとまわします。


なんかよくわからんが臨死体験、的な???Boaちゃんのこの曲(No.1)は、どんな歌詞なの?と検索してみたら、青春応援歌みたいな歌詞が出てきて、????なんでこれがこの臨死体験MV????って全然意味わからなかったんですが、ハングルオリジナルの翻訳歌詞をみて納得、っていうか、日本語歌詞と全然違うwwってびっくりしちゃいました。検索すると個人で訳してらっしゃる方のサイトがいくつかありますが、もっと詩的な歌詞なんですね。最後に月のショットがあるのも、あー一応歌詞にあわせてるのかー、と。

とりあえず、うあああああジョンデが照れてるううううとか、こここ口角に触るのか!触るのかうらやましいいいい、とか、ああああたぶんすごい厚さの中敷いれてるううううう、とか、睫毛長いなぁああああ睫毛いいなぁあああああああ、とか、荒ぶってると3分終わるので、で、内容なんだっけ?的な感じです。

ギョンスのS.E.S.のやつが秀逸だったので、それに比べると捻りがないかなぁ。これまでやったやつの中ではこれが一番好きかな。この頭おかしい感じが、いかにも80年代90年代っぽくて。


たとえば、Peter Gabrielとかみたいな。

それにしても昔の曲って聴くと、すんごいテンポ遅かったんだなってびっくりしますね。こんなに遅かったっけ。キャリーぱみゅぱみゅのMVとかの源泉ってやっぱりこのへんの時代のもののような気がする。なので、私みたいなアラフォーでもなんとなくすんなり入れるのかも。

So: 25th Anniversary Edition (3 CD)
Peter Gabriel
Imports (2012-10-22)
売り上げランキング: 91,244


続きを読む
posted by なつめ at 02:30| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

30歳までに結婚したい症候群とタニマチへの仁義

ヤッホー、みんな元気?楽しい小論文の時間だよ!!

とか無理やりにでもテンションあげないと、書く気もしないよって感じなんですけど、スパショ6@東京ドームを二週間後に控えて、日本のELFちゃんたちの動揺も半端なく、悪質なデマ(自殺者が出た云々など)も散見されるようになってきたので、とりあえずまたポリシーには反するんですが、事態が収拾してない段階で、ソンミン事変に関する雑感を書き留めておくことにします。日中は仕事でtwitterも貼りついてないですし、もれてる情報とか偏った見解とかあるかも知れませんが、とにかく今の時点での思うところをたらたら書いておこうと思います。先に書いておきますが、私ミンペンじゃないので、ミンペンさんにとっては辛いことを書くかも知れません。ごめんよ。あと、キム・サウンさんのファンの方にとってはむかつくことばっかり書くと思いますので、そういうのが嫌な人は回れ右プリーズ。読んでしまってからのクレームは受け付けません。

なんかもうねぇ、ぶっちゃけ疲れてるわけです。3時間ぐらいかけてルハン脱退訴訟に関する論文書いた次の日にですよ?今更リンクはるのとかもうんざりでめんどくさいんですが、ソンミンとミュージカル女優キム・サウンの結婚が報道され、事務所もそれを認め、本人による「ご報告」もUPされました。その後、韓国の大手ソンミンペンカペ(ファンカフェ)、ファンサイトが相次いで閉鎖。twitterは大荒れで、どんちゃんのお誕生日台無し。ショーチャンピオン収録で、カンインが「速度違反(でき婚)」ではない、との談話。韓国ELFが「(1)リパケはメンバー別ジャケットとすること」「(2)リパケにおけるソンミンの活動を最低限とすること」を求める嘆願書をえっせむに送付、ヒニムがインスタのプロフ写真消して、しばらくSNSお休み宣言。確か今週あたりに予告されていたメンバーによる7集記念のゲリライベントおそらく開催不能。そして今週、たぶんリパケの曲でSJカムバック。

私ミンくんは誕生日が一緒、ってことで多少の親近感を持ってはおりましたが、基本的に推しメンではないので結婚じたいは別にショックではないです。SJも四捨五入すればみんな30みたいな集団になってきましたし、初期から応援しているELFちゃんたちも大人になって、ファン全体の平均年齢があがってきてますから(←かつ私みたいなBBAが平均年齢引っ張り上げてるし)、実際問題いつかはメンバーの結婚という事態に直面することになるだろうな、という覚悟も多くの人にあっただろうと思います。

ただ、その第一号がソンミンだと思ってた人は少なかったんではないかな。一般人彼女のナリちゃんとは別れてしまいましたが、新しくモデルの彼女ができたシンドンであるとか、83のどっちかであるとか、そのあたりが先陣をきることをなんとなく予想しつつ、ゆっくりと気持ちの準備を整えている、という人が多かったのではないかな、と思うのです。

そこドッカーン、と破壊して大暴走をやらかしてくれたのが、我らが憂鬱王子、イ・ソンミンでした。

とりあえずですね、アイドルの恋愛の心得的なことに関しては、テテベクのオープンカー事例を取り上げた論文で散々書いたので、同じことはあまり繰り返したくないんですが、この記事の最後のほうで、私が「SJに関してはもう熱愛とか怖くないっていうか、むしろアラサー浮ついた話ないの心配だから熱愛報道出ろー、ヒニムはゴニさんと正式交際宣言しちゃえー、とかいう感じなので、すっごい気が楽。彼らはその点、この長い道のりを、とても上手にやってきたんだなぁと思う。ちょこまかちょこまかトラブルはあったけど、ELFとSJのこの濃密な関係性を途切れさせることなく続けてきたんだから。それがすごく稀有なことだったんだな、っていうのを、今回EXOの直面している様々なトラブルを見ながら感じてます。」と書いた、その信頼とELFとしての誇らしい気持ちみたいなものを、まあものの見事に粉砕してくれたよね、って感じでした。

ちなみに、私の中での勘弁ならん度合いを表すと、こんな感じです。

ソンミン>>>>>>>ベッキョン>>【越えられない壁】>>クリス>ルハン


繰り返しますが、彼らもアラサーだし、もちろんアイドルである以前に一人の人間でもあるわけですから、恋愛や結婚ということを考えたってなんの問題もないと思います。ただ、恋愛にも結婚にも【相手】【タイミング】【大切な人たちへの伝え方】ってもんがあるだろうよ、と。

とりあえず、アイドル云々は置いておいて、ただの兵役前のアラサー男子っていう視点で見ても、熱愛発表からこの結婚の公式発表までの流れって、「子どもじゃないんだからさぁ…」って感じでした。知り合って2,3ヶ月で同棲、親にも同僚にも会社にも反対されながら兵役のばして年内の結婚強行…。すみません、私も28歳でできちゃった結婚して一年で離婚してるんで、人さまのことをとやかく言えた義理ではないのですが、そんな私も今じゃ立派なアラフォーなんで、過去の自分は棚にあげて言っちゃうよ!

最初にこの彼女との熱愛報道が出たときに、私は「うはー、ミンくんこれヤバイ女につかまった系だね。」と思いました。だってどう見たって女のほうが意図的に情報リークして、報道させてるんだもん。先に交際認めたのも彼女のほうの事務所だったし、そのずっと以前からFBとかSNSに散々お揃いの服とかアイテム、互いの名前の文字を入れたネイルアートとかの写真UPしてファンをカリカリさせた挙句の確信犯的な熱愛公開、って感じで、何がなんでも逃がさないつもりだなコレ、っていう感じがしました。続きを読む
ラベル:Super Junior
posted by なつめ at 02:33| Comment(50) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

今日はアホの子の誕生日♪

荒れ荒れのタイムライン、どう考えてもELF忘れてる感が激しいので、強調したい。今日は私の愛するアホの子のお誕生日です!

140407Insta.jpg

SS6Hae.jpg

EunHae201405.jpg

別に日本贔屓したくて言うわけじゃないんですが、この一年間のどんちゃんにとって、やっぱりD&Eのジャパンツアーを成功させたことって、とっても大きい出来事だったんじゃないかなーって思ってる。武道館オーラスでの、どんちゃんの心のこもったご挨拶、忘れません。

budokanHae.jpg

「皆さんがいるから、僕が息をできて、前を向くことができる。それぐらい大切な存在です。」
「皆さん、僕たちお互いに言い過ぎるぐらいたくさん、愛してるって言い合いましょう。」

自分の言葉で書いたELFへのお手紙を、あのぼそぼそとした声でつっかえつっかえ、でも最後まで自分で読んでくれたどんちゃんのことを、今までもこれからもずっと信じてるし、ずーっと応援するよ。あの子犬のような目で「浮気しないでね。」と言われると「ご、ごめ…ジョンデ可愛いばっか言っててごめんよぅ…」ってなります(笑)。

EXO村の対岸の火事を眺めているだけのはずだったELF村にも炎と嵐が吹き荒れておりますが、とりあえず今日という日は、我らがみん彼どんちゃんのお誕生日を心から祝っていたいから、U29世代の結婚事情に関する小論文はまた今度!(つか卒論・修論・博論って感じでEXO三部作ようやく書き終わったばっかなのに、またまた小論書かせるとか大学よりスパルタやなえっせむ…)

曲作りもどんどん上手になって、あと一歩でタイトル曲ってところまできたどんちゃん。その誠実な努力が実を結んで、いつかSJのアルバムのタイトル曲のクレジットにどんちゃんの名前が入る日を楽しみにしています。お誕生日、本当におめでとう!



ラベル:Super Junoir
posted by なつめ at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

帝国の没落

的なものを一年かけて見させられている気がする今年のえっせむさんですが、とどめのルハン脱退によりジェシカ問題ですでに下降していた株価が一気に下落、SMは資産の約100億円を失った計算になるそうです。トップ安だって。

日本のメディアでも取り上げられているのに、ツアー目前の日本の公式ファンクラブでは告知の一つもないっていうのはどうなんですかねと思いますが、それはそれとして、10月10日のタイムラインを揺るがしたルハンの専属契約無効訴訟の法廷代理人は、またしてもハンギョルだそうで(ハンギョン、クリスのときと同じ)、あの糞弁護士が並べてくるワンパターンの訴訟理由(金銭的な問題、人種差別問題、個人活動の制限)について、いちいち真偽を云々するのは馬鹿げていると思うのでやりません。わかったわかった、またそのテンプレね、って感じなんだもん。

ヨンミン社長の肩を持つわけじゃないですが、出てった人たちのペンが「これだけ同じことを繰り返しても、あの会社は変わらない…。」とか「××が身をもって抗議してくれたのに…。」とかいちいち奇妙な親近的態度を発揮して「私たち同じよ♪」と主張してくることに対しても、いちいち真に受けて憤る必要ないと思います。あの会社が「そ れ は 見 切 れ だ ろ う !」みたいな糞席を定価で売りつけるようなゲスい商売をやってることと、脱退訴訟の問題は全然別だと思います。あれはあれ、これはこれ、公式発表以外の「私は(何故か)知っている系」ツイートの大半はデマ、現実問題同じMメンバーのクリスとルハンですら抱えてる事情は違うんだし。

あと「12人ゎずっといっしょじゃなきゃダメなんだょ…EXOは12人!(←なぜか「わ」が小さい。つかそこで使用する助詞は「は」だ!こういうのどう入力するのかよくわからないので、うまく再現できない)」とか、「ルハンが訴訟を10月10日に起こしたのは、10人が再出発できるようにっていう願いを込めてなんだって…。だとしたら、12月12日に12人復活あるかも!?12月の奇跡は起きる!」とかいう、ズッ友ポエマーと数占い宣教師のツイートの大量リツイートとかも辟易しますね。それ、意味ないっす!!とジョンデ追い専用アカウントのタイムラインに向かってひとりごちる毎日でした。2日経ってようやくポエムは若干数が減ってきたのでほっとしてますが…

それにしてもこの半年の間に、EXOはどれだけファンに悲壮なポエムと小論文を書かせ続けてきたのか。私も二度にわたり壮大な論文を書いてきたので、正直もう沢山、って感じなんですけど。半年で3回っすよ半年で3回。メンバーたちは3年分ぐらいよく言えば大人になり、悪く言えば老け込んだ気がするし、もう何度も書いてますけど、起きることが全体的に2年ずつぐらい早すぎるんだって…。各音楽賞総なめ次の年のカムバックでメンバー脱退→熱愛パパラッチ→メンバー脱退、ってこれ百歩譲ったとしてもせめて1年一回ぐらいが限度だよアイドル的に…アイドルのお仕事はファンを笑顔にすることでしょう?この半年で、ファンを笑顔にした回数と泣かせた回数を数えてみましょうや、という単純計算の問題ですよ…。

「生き急ぎ散り急ぐ花をそれでも生ぬるく見守りつつ愛でる」とかいうのんびり気分が維持できたのは、やっぱりオープンカーのとこまででしたねぇ…。株価のことなんか置いておくにしても、ルハンの脱退はでかいです。特に私のようなMっ子贔屓にとっては、死亡宣告に等しかったです。ろすぷらでこれ↓見るの楽しみにしてたのに…


中国公演見たかった…それでなくても日本では韓国語バージョン優勢なのに、この状況下だと日本でAngelはやってもKバージョンで、ジョンデの歌声であの歌はきっと聴けないんだな、って思うと残念すぎる…

今回のルハンの離脱で、残された4人でのM活動は実質的にほぼ不可能になるでしょう。ハンギョルが挙げている訴訟理由なんか本っ当にどうでもいいんですが、結果として何が起きるかといえば、そういうことです。圧倒的なビジュアルと個性で人気を誇ってはいたものの、クリスは歌のパートは少なかった。クリスの低い声のラップ大好きだったけど、どうにかタオちゃんがカバーできるところだったし、ダンスでメインになることもなかった。歌、ダンス、ビジュアルの三拍子揃った華のあるセンターのルハンが失われることとは、圧倒的にインパクトが違う。

歌えるという意味ではしうちゃんは歌えますが、中国での活動で、カタコトの中国語しか喋れない韓国人ボーカル二人がメインっていうのは逆立ちしたってあり得ないでしょう。となるとレイちゃんをメインボーカルに引っ張り挙げるしかなくなるけど、そうなるとメインダンサーがいなくなる。タオちゃんはビジュアル的な華はあるけど、残念ながら歌えないしアンチも多いからセンターには持ってきづらい。もはやKっ子6人との合わせ鏡をやるのは不可能になり、EXO独自のコンセプトであったシンメトリー構造は、もうカバーしきれないところまで壊れてしまった。

続きを読む
posted by なつめ at 01:00| Comment(11) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

宝石の国が出てた。

先週からあらゆるお店で売り切れててorzってなってた、高野文子の新作「ドミトリーともきんす」、ようやく地元本屋に2刷のものが並んでて買うことができました。

ドミトリーともきんす
高野 文子
中央公論新社
売り上げランキング: 102


地元で買ったらサイン本だった♪アマゾンでポチらなくてよかったー。
ともきんす.JPG

梨、食べたくなります。
ふなっしー。.jpg
これはふなっしー。(←特に意味はない)

ですが今日の私は、こっちじゃなくて「あ、これもう出てたんだ!」の市川春子の「宝石の国」3巻のほうをむさぼり読んでしまいました。そのためまたしてもこれ書き始めた段階で日付は変わっており…洗濯物がまだまわっております…orz 一日せめて5時間は寝たいよなぁ。とか言いつつ、週末まで我慢できなかった!

宝石の国(3) (アフタヌーンKC)
市川 春子
講談社 (2014-08-22)




ネタバレになるとあれなのであんまり中身は詳しくは書きませんが、よかった!私、最初の短編集「虫の歌」がひっじょーに好きでして、この連載始まった最初の一巻を買ったときには、どうなんだろう、彼女は長編は向いてないかも…と正直思ったんですよね。物語もだいぶとっつきにくいですし。でも、回を重ねるごとに、だんだん登場人物のキャラクターがくっきりとしてきて、面白くなってきた。

最初のうちはフォスフォライトと、他の色んな宝石たちとの絡みが博物学的で面白いけどどう展開するのかなぁーという感じはあったのですが、1巻終わりあたりから徐々に大きな物語が動き始めていて、宝石たちの冬眠中の世界を描いた3巻では、登場するのが基本的にフォスと金剛先生とアンタークチサイトの3人しか出てこない。そのぶん、大きな物語がクローズアップされる感じで、登場人物の少なさとは逆に、物語がダイナミックに動き出して面白かった。詳細省きますが、無邪気だったフォスが少しずつ変わっていく。その変化を「怖い」というフォスの表情になんともいえない気持ちになった。

とにかくこの市川春子という人は、脆く壊れる身体、というモチーフにひたすらとりつかれてるんだなぁーと思う。初期の虫と歌からしてそうで、とにかく昆虫だったり、貝だったり、植物だったり、鉱物だったり、都度モチーフは変わるけど、パリン、ポキン、という感じで折れたり割れたりしてしまう身体、というイメージが繰り返し現れる。「宝石の国」という漫画も、究極的にはこの「壊れる身体」を描きたいから描いてるんじゃないかなーと思ったり。

それだけあって、1巻から色んな壊れっぷりをしている宝石たちですが、今回も月人の襲来のところですごく芸術的な「壊れる身体」が見られます。耽美系好きな人に超オススメ。

えーと、2巻が1月に出てて、3巻が8月だから、4巻は来年の3月とか4月とかかなぁ。ううー待ちきれない!間に進撃の巨人の15巻が挟まるからいいか。でもすごいな、まだ15巻発売してないのに、すでに16巻の予約開始してるw

耽美といえば、この展覧会もちょっと観にいきたい。
▼沢渡朔 写真展「少女アリス
10/10日〜26日 恵比寿Fm(エフマイナー)にて

すみません、そんなこんなで、延期しまくったSMTのSJ感想、ようやく…(←すでに1時まわっているw)
続きを読む
posted by なつめ at 02:53| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

なかなか終わらないー。

なんかもう観にいってから4日も経っちゃってるんですけど、SMTライブビューイング雑感、オオトリのEXOとSJ!をどうにか書き上げたいんですが、とか書いてる時点ですでに0時30分まわっているのでどうにかEXOだけでも書ければ…(←弱気←でも寝不足)

・EXO:
日本にいるEXOちゃんたちを観るのは、今年の春にさいたまスーパーアリーナのGreeting Partyを観にいって以来なので、だいたい半年ぶりぐらいなんですが、その半年の間にあまりにも色々ありすぎて、気分的にはもう2年ぶりぐらいの感じでした…。今回はルゥも休養中でお休みだったので、10人。5×5でちょうどいいじゃん、という話もありますが、Mっ子が2人欠けた状態なので、Mっ子贔屓の私的にはハラハラ。

ご挨拶の「金柑からきたユニコーン」についてはもう書いたのでよしとして、タオちゃん二日目になってもやっぱりご挨拶で言葉が出てこなくなって、ベッキョンに盛んに日本語聞いてるのがおかしかった。「あいたかったですかー!」って言って、「僕も」って言いたかったらしいんだけど、結局ベッキョンもうまく教えてやれなかったみたいで、そこだけハングルで言ってて可愛かった。チャンベクはやっぱり日本語担なのかな、とても上手でした。でも、チャニョルが最近「ハッピーウイルスでーす」って言ってくれないから寂しい…思いっきりちゅっ♪ってやってくれてましたが。

カイちゃんおてふんのKマンネラインはずいぶん長い日本語を覚えてきたようで、つっかえながらも上手にお話してくれました。しうたまとレイちゃんは超絶可愛くて、チェンはぬれた髪の毛を気にしてずーっと髪くしゃくしゃしたり頭ふったりしてましたが、ご挨拶は大きな声で元気に「楽しいですかー!」って繰り返してて可愛かった。初日は「皆さんと、いい想い出を、つくるでした!」とめっちゃ美声で言い切ってましたが、2日目は「いい想い出を、つくりましょう!」って言えてた。

141005Chen1.jpg
濡れわんこ。

スホさんのご挨拶は、聞いててなんか本当にしっかりしちゃったなぁ…と思いました。2013年のSMTはぶっちゃけEXOちゃんたちは、みんなほわほわほわーん、って感じになってて、ご挨拶も相当グダグダだったんですよね。スホさんも笑いすぎであんまりまともに喋れてなかったし。でも、みんなきゃっきゃしてて、可愛かったです。

初めてのツアーで沢山なまのステージで経験積んで舞台慣れしたことだけじゃなく、春から本当に色んなことがあって、スホさんは本当に強くならざるを得なかったんだな、ってことをちらっと思ってしまい、そこが頼もしくもあり寂しくもあり。でも、本当に本当に、リーダーらしくなったなぁと思いました。

Mっ子たちはクリス離脱後、結局「リーダー」というものを立てずにやっているので、今「EXOのリーダー」は本当にスホさんだけなんですよね。その重圧に耐えてきた半年で、彼はすっかり大人になっちゃった感じがする。ああ見えて意外と子どもっぽくはしゃいだり、感情的なところもあったりするスホさんだけど、こうして立派にご挨拶したり、マンネラインのセフン・カイ・タオの3人が、みんなスホさんに懐いている様子を見ていると、やっぱり頼れるお兄さんなんだろうなぁって。

(Mっ子5人に関しては、不動のセンターはルゥだし、最年長として物静かにみんなを支えているのはしうたまで、中国活動における渉外担当というか広報部長はレイしゃんなんだけど、でも彼らのうち誰か一人をリーダーとして立てる、というのはなんだか私的にはしっくり来ないし、彼らもそうなんじゃないかなーと思って。この年長組3人が、支えあいながらやっていくのかなと思ってるんですよね。)

でも願わくば、またもう少し時間が経って、周りの弟たちも、もっと成長して、スホさんがちょっと気を抜いても大丈夫なぐらいな感じになるといいよなぁと思います。ビーグルラインがんがれ。

パフォーマンスのほうは、4日より1曲多かったみたいですね。MAMA観られてラッキーでした。デビュー時にあの曲見たときには「…なんだってまたこんな無駄に壮大で辛気臭い曲をタイトルに持ってくるんだ…orz」って感じで、そんなにすごく好きってわけじゃなかったんですけど(←Historyのほうが好きだった)、デビュー当時より更にダンスがシャープになってる感じで、おおーカッコイイ、と素直に思いました。デビュー時から完成度高いと思ってたんだけど、やっぱり上手になってるんだなって感心した。ろすぷらは雨の重慶(6月28日)が印象的でしたが、あれ以上の大雨の中でビシっと決めてきてたので、なんというか若いって素晴らしいというか、半年とか一年とかでこんな風に成長しちゃうんだなぁ、と思った。

そして、雨の中、タオちゃん今夜はまわらなくていいから。まわらなくていいから。と心の中で呟いておりましたが、タオちゃんは回転やりました…しかも2回(MAMAとOVERDOSE)とも。もう怪我するんじゃないかと怖くて思わず「やめて!」って声が出ちゃいましたが、でも、ご挨拶のときのふにゃふにゃパンダが、キリっとした表情になってアクションを決める様子を見て、ああ、プロなんだなぁと思いました。泣き虫のたおちゃんが、スっとプロになる瞬間。

なんだか全体的に、ああーみんな一年ですごく成長した、大人になった、かっこよくなった、というのをしみじみ感じては、嬉しいような寂しいような…っていう気分になってた気がします。特にセフンの成長ぶりたるや。背が伸びただけじゃなくて、すっかり大人っぽくなったなぁ、というのはBoAちゃんとのコラボのステージでも感じました。

初日のレイちゃんのOnly Oneコラボステージはもうなんというか生々しくてですね、彼ダンサースイッチがオンになると途端に大人の男になってしまうので、どう説明したらいいのかわかんないんですがとにかく生々しい。正視できない。レイペンさん死亡のお知らせ、って感じだったんじゃないかと思うんですが、でもまぁそれはレイさんだからいいんです。でも、去年まではBoAちゃんの頬に手を添える動作とかも「ザ・振り付け!」というか「やってみた」感がありありだったセフンが(そしてそれ以前に至っては、必死すぎて色気どころか殺気が漂う勢いだったセフンが)、なんかちゃんと現実感のある色気と余裕を見せていたことには、なんだかひぇええってなっちゃいました。テミンといい、94年生まれどうなってるんだ!!!

カイテムのPretty Boyもよかったですよ。二人のダンスは息がぴったりで、本人たちも楽しそうでよかったです。カイくんまたこういう他グループとのコラボやってくれるといいな。いんぴにとかでもいいと思うんですが。

ダンスバトルではまたレイさんセフンが頑張ってくれましたが、レイさん明らかに腰の調子悪そうだったのに(Only Oneの立ち上がりのところ、いかにも腰を庇ってる風だった)、キレッキレのパフォーマンスを見せてくれて、「きん…かん???」とか言いながら目をぱちくりさせてる子と同一人物とは思えなかった。

セフンは途中でイヤモニの機械がぶらーんってぶら下がっちゃってたんだけど、慌てず回収して踊り続けてて、ああー場数踏んだんだなぁと。そしてEXOのマンネはこういうとき、自分で回収できる子なんだなと思いました(←テミンだったら投げ捨てそう←そしてそれをキーくんかジョンヒョンが拾って帰る(←さらに言えばドンヘはパニックになりそう←そしてシウォンが助けてくれる))。


これとか懐かしいな…

Overdoseは10人でどうやんの?っていうのが気になってあんまり集中できなかったんですが、D.O.が大活躍でした。ギョンスは何気にダンスもできるので、ピンチヒッターもさらりとこなしていました。かっこいい…。その上俳優業でも超注目の新人だし…。「この子は地味だしちっちゃいし、歌うまいのに放っておいたら売れないかも知れない、推さねば!」とニコ動とかに盛んに動画をあげていたEXOデビュー当時の自分に、未来のD.O.はこんな風なんだよ!と言っても信じなかったような気がする。

初日のセットリストを聞いて、少ないなぁ、と思っていたのに対して、一曲増えただけなんですが、満足度は高かったです。やることなんか期待してなかったMAMAが特によかったなぁ。衣装もかっこよかったし。

でもライブビューイングのカメラ担当の人には、EXOとかSJとかの大所帯では、歌ってる子抜かなくていいから!とにかくカメラは正面固定で全体が入るようにして、あとじっとしててくれればいいから!!ということを強く申し上げたいと思った次第。歌ってる子しか抜かない方式だと、特に全体バージョンのときのしうたまとか数秒しかうつんないし…それより何より、EXOは全体構成とフォーメーションが面白いので、それを引きで観たいんですよね。ああああスイッチング煩い!と思ってしまった。そこはやっぱり、生のステージ見られる人たちが羨ましかったです。ただまあ、生なら生で、推しの子ばっかり見ちゃうという罠はあるわけですが。

ああああまた丑三つ時に。結局4日もかけてますが、今度こそSJ書いて完結させます。

ちなみに、ヘンリーのFantastic、日本語バージョン出ましたよー。うち通販で買ったのでまだ届いてないんですが…。
Fantastic (CD+DVD)
Fantastic (CD+DVD)
posted with amazlet at 14.10.08
HENRY
avex trax (2014-10-08)
売り上げランキング: 455


正直、曲としてはさほど欲しくないんだけど(何故この辛気臭いやつ二本立て…orz)、ただただヘンリーのためだけに買いました。あとメイキング観たいから。もしもまだ一枚もヘンリーのCD買ったことなくて、2000円までしか出せない、という方には、この日本語バージョンよりも、あちらバージョンのファーストミニアルバムをオススメしたい、かなぁ。

1st Mini Album - Trap(韓国盤)
ヘンリー(Super Junior-M)
SM Entertainment (2013-06-20)
売り上げランキング: 3,809


こうやってジャケット写真並べると、「着用」「未着用」みたいでなんか不思議…。
posted by なつめ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

ユニコーンのお誕生日会

5日のSMTライブビューイング関連の雑感続きを書くつもりだったんですけど、本日開催のヒーリング・ユニコーンこと我らがチャン・イーシンさんのセンイルパーティー(お誕生日会)参加者(なんと参加者は200人だけだそうなので、超ラッキーガールですね♪)のFacAccountのレポ読んでたら出てきたレイチェンのエピソードがあまりにも衝撃的に萌えだったので、シッパー的にこっちを先に書かずにはいられませんでした。

SMTの大雨ライブの翌日、東京で短いオフを過ごして夜遅い飛行機でソウルに帰ったEXOちゃんたち、あーこれだとレイさん飛行機の中でお誕生日を迎えることになるんだねぇー、大変だなぁ、と思ってたんですけど、お誕生日会の最初のほうに出た話題として「チェンが一番最初にレイのお誕生日をお祝いしてあげた人でした。彼は飛行機でレイの隣に座って、自分の時計を指さしてレイに夜中の12時であることを教え、写真も撮ってあげました。(cr.BZ)(※英訳からの和訳なんで適当です)」というエピソードがあがってきまして。

このレイチェンシッパー的に「レイチェン いず りある…」と呟きながら白目むいて倒れるしかないみたいなエピソードを公式がぶちかましてきたので、私のジョンデ追い専用アカウントにおいては国籍とか関係なく世界のレイチェンシッパー達が上記の台詞を唱えながら萌え死んでました。タイムライン死屍累々。私も、最近の公式レイチェン過剰供給に身体がおいついてない感が…

セフンがインスタグラムにちょっとだけお誕生日会の様子をUPしてくれたので、うまく貼り付けられるかどうかわかんないんですけど貼り付けてみます。

読み込み中

Instagramで閲覧



見られるのかな?一応写真もはっときますね。
141007レイせんぱ.JPG

141007おてふんINSTA.JPG

パーティーに来てたメンバーは、スホさん、しうたま、ベッキョン、チェン、タオ、カイ、セフンだそうです。しうたま以外が来るのは知らなかったみたいで、びっくりしてたって。メンバーたちはケーキのところだけ一緒にいて、あとの時間はレイとファンの子たちとの交流の時間だったようです。ピアノ弾いたり、オリジナルデザインのTシャツのプレゼントがあったりしたそうで、大きなステージでのお誕生日もいいけど、こうやって顔が見える距離でファンに祝ってもらうお誕生日というのも格別だろうなと思いました。

カイくんが何か言わなきゃいけない番になって、「ううう」って言葉に詰まってしまって、チェンが「泣ーくな」ってからかったとか、ベッキョンがレイさんのほっぺにいきなりぽっぽしたとか、スホさんが「セフンはインスタ中毒だから、あんまり写真あげすぎてたらコメントで叱ってやって」とファンに言ってたとか(Cr.myeon8)、しうたまが「中国で活動していたとき、レイは自分とチェンの面倒をよくみてくれたので、韓国での活動のときには沢山面倒をみてやりたいと思っていたけれど、レイは自分でなんでもうまくできちゃった(Cr.BZ)」と話してたとか、「車椅子のファンの子(中国人)がきていて、その子はみんなと同じように舞台にあがってレイのオリジナルデザインのTシャツを受け取ることが出来なかったんだけど、レイは自分でステージを降りて彼女にTシャツ渡しにいって、一緒に写真も撮ってあげた(Cr.双子点)」とか、いろんなエピソード流れてきて楽しいんですが(※全部英訳から引っ張ってきてるので、オリジナルのレポとはニュアンス違ってるかも知れません、ご容赦を)、やっぱりレイがweiboにあげてた文章なんか読むにつけ、この子は本当に賢くて、言葉が持ってる力っていうものを本当によくわかってるよなぁーと思います。日本語訳をつけてくださってる方がいらっしゃるので、是非お時間ある方読んでみてください

青年らしい夢も理想もあって、現実の厳しさも知ってて、その上でやっぱり理想を現実にしようとする強さがあるね、彼には。私本当に彼は、いつか中国の名士録に名前を刻む人になるだろうなって思ってます。レイちゃんのお母さんのweiboもいつもいいこと書いてあるし、本当に心がまっすぐ素直に伸びる、いい育てられ方をしてきた子なんだなぁーとしみじみ思うことが多いです。レイちゃんのママが育児本だしたらすんごい売れるんじゃないかしらん。

てな感じのレイちゃんのお誕生日会でした。本当にいいお誕生日だったようで、なんか嬉しい。そして、大切なことは、レイチェン いず りある、ということです。はい。シッパー冥利に尽きる…



さて、昨日の続き、SMTのライブビューイングの感想+雑感です。

・f(x):
今回のSMTでf(x)をみて、自分がいかにえぷを愛していたのかということをあらためて思い知った。それはもう、なんかちょっと落ち込むぐらい思い知りました。ソルリがドラマの撮影とかでいないってことは以前もあったことだけど、そうか活動休止してるんだな、と思って観ると、同じ4人のパフォーマンスであっても切なくて。クリスタルもドラマの撮影の最中で、もんのすごく疲れた様子で体調も悪そうでしたし、エンディングとかは姿が見られませんでしたが、それでもあの雨の中、ステージに立ってくれたことがありがたかった。さすがに3人ではf(x)としてのパフォーマンスにならないですもん。

それでも、4人でバランスおかしくならないように、振り付けも微妙に変えてて、ああ、やっぱダンス偏差値高い…と感心したし、四捨五入したら30歳のビクトリアの衰えない美貌と制服ハーネスにきゃーきゃーいってきました。アンバーのかっこよさと美少女っぷりはいつも通りだし、クリスタルの前髪ぱっつんもよかったし、俺のルナたんは歌のコラボステージだけじゃなくダンスバトルにも出てて、ああ、頑張ってる!俺のルナたんが、すごいがんばってる(T T)って私はうるうるしてました。

ビクトリアも映画のお仕事入ってるし、そういう中でもf(x)としてのステージを見せてくれたことに感謝しつつも、ああもう本当に、どうして去年単コンをやらせてくれなかったのかと。恨むぞよヨンミン。思えば去年の暮れのSM TOWN LIVEのえぷとEXOのコラボは、本当に貴重だった。忙しかったとはいえ、どうして無理してもライブビューイング行かなかったんだろうといまさらながらものすごく後悔。

私どう考えてみても、えぷって推しの子しかいないんです。全員好き。そして、このお人形さんみたいに綺麗な子たちが、とても大衆受けしそうにないヘンな難しい曲と簡単そうに見えて実は難易度高いダンスを涼しい顔してこなすところが大好きだった。私がなかなかれっべるちゃんたちを素直に応援してあげられないことの理由のひとつは、たぶん、えぷのことがどうしても引っかかっちゃうからなんだと思います。そのエネルギーを、どうしてえぷに存分に注いでくれなかったんだよう、ってえっせむさんに言いたくなるから。

子役出身でドラマが多く、欠席も多かったソルリですが、やれやる気がどうとか言われようと、あの子はいつだってちゃんとあの小難しい曲とダンスについていってたじゃないですか。ないのはやる気じゃないよ体力だよアンチうるせぇ!っていっつも思ってました。クリスタルと二人、マンネラインのビジュアル本当に神期だったのに…。この活動休止本当に恨めしいし、全力でアーティストを守ってやらない事務所のマネジメント力の低さが恨めしい…

f(x) Vol. 3 - Red Light (Random Version) (韓国盤)
f(x) (エフエックス)
SM Entertainment (2014-07-19)
売り上げランキング: 1,671



短い活動期だったけど本当に神期だった…。現実的にビクの年齢とか考えると次のアルバムとかあるのか、というのは本当に微妙だしソルリの復帰がまったく見えないところからしても、すごく難しいだろうなぁ…とは思います。それでもやっぱり、また5人でアルバム出して欲しいし、単コンもやって欲しいよ…T T

という感じで、昨日の予告どおりえぷ語りだすと長いですね。予想してたけどやっぱり長かった。すでに夜中の1時過ぎ。あかん、またSJとEXOまでたどり着かない…

続きを読む
posted by なつめ at 01:32| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

金柑からきたユニクロくんのお誕生日です。

10月7日はレイさんことチャン・イーシンくんのお誕生日です。おめでとおめでとおめでと。韓国に向かう飛行機の中でお誕生日を迎えたんでしょうか。表題は、イーシンさんの日本語の定番ご挨拶「銀河からきたユニコーン、レイです。」を聞き取れなかった方が「EXOの子が『金柑からきたユニクロです』って言ってたのがなんなんだか気になる…」とツイートしてらして大変にツボだったものでw

私が見た2日目のほうが若干すらすら言えてましたが、初日のFanCamで観た「きん…???(→宙を見つめ固まる→一瞬眉をひそめる『なんだっけ?』→あっわかった!)きんか、からきた、ユニコーン、レイです(どやっ!)」には萌えざるを得なかった

今回のSMTではソロステージのほかに、BoAちゃんとのコラボ(これレイは初ですね)もあったりして、ずいぶん認知度あがったんじゃないかと思います。あざと可愛いアイドルっぽさと、ダンサーの顔になったときの男っぽさ、ぼーっとしてて一人の世界に入っちゃってるみたいなときと、ハイテンションでお喋りしてるとき、このへんの触れ幅の大きさが、レイさんの一番の魅力ではないかなと思ってます。

子役からのデビューで、芸能生活が長く、ぽやぽやしているように見えて礼儀正しく芸能界にも人脈広く、言葉をどんな風に使うべきかということを心得ていて、ともすればヒステリックになりがちな若いファンたちを上手に導いてあげられる賢さがあって、年齢不相応な大人っぽさもあるイーシンさんですが、もうちょい大人に任せるところは任せて、若者らしく過ごさせてあげたいなぁとか思うときもあって、仲間たちと一緒に過ごすお誕生日が、そんな日でありますようにと願ってます。

レイちゃんママがweiboにUPしてくれた子ども時代のレイちゃん写真。
れいママ写真.jpg

こんなに大人になりました。
140515Lay.jpg


私は、土曜日にはちょっと用事があったので、日曜日、豪雨のSM TOWNを観て来ました。ただし新宿の映画館で。現地で参加されてた皆さん本当にすみません(土下座!)、という感じでしたがとても快適な観覧でした。ライブビューイングって初めてで、正直そんなに期待してなかったんですが(←日ごろあの客席ばっか映して何故そこまで引く!!!という謎アングルが多いK-POPのライブ中継動画見てると中継というものに対する期待値があがらない)、結構盛り上がれるものなんですね。

前日「ペンライトって持っていくものなの??」とツイートしたら、皆さん「持ってゆけ!」と力強くアドバイスしてくださったので、ならば!とSJのとEXOのとSMTの昔のやつをバッグにしのばせお出かけしたのですが、全色持ってる人もいたし。おおーそれなりに会場気分、みたいな。

でもこんな風にライブビューイング実現されたのも、あのだだっ広い会場で冷たい雨の中の4時間の長丁場に耐えて参加してくださった現地組の皆さまが会場を埋めて下さったお陰にほかならず。ひたすら感謝m(_ _)m です。

以下なんとなくランダムに感想&雑感。

・J-MINちゃん:
毎回トップバッター本当に緊張すると思うんですが、今年はしっとりとしたバラードでした。でも服がすんげぇ寒そうで、あああああ何か羽織らせてあげてぇえええ、ってなりました。カンタさんとのバラードもあって、今年はしっとりめだったJ-MINちゃんです。

・カンタさん:
だ い か つ や く、でした。J-MINちゃん、パニとのコラボステージがあって、みんな大好きちょあちょあもダンスメドレーつきで豪華。グラサンプレイもやってくださいました。ありがとうっ。現地の皆さんも盛り上がってくださったのでしょうか。出来れば今度はルーキーズでも引き連れてCANDYをやっていただきたい。


・少女時代:
twitterにも書いたんですけど、残念ながら、フォーメーションがたがただった。今回の東京は、ドラマ撮影のあるスヨンとジェシカを除いた7人で、だったら3-2-2でうまく三角形作れそうなのに!と思ったんだけど、どこか櫛の歯が抜けたような崩れ方があちこちで出てしまって、メンバーたちも明らかに戸惑ってたし、観ててちょっと悲しかった。歌もみんなで分け合って頑張ってたけど、でもやはり自信のなさそうな雰囲気が見えてしまって。

ヘンな話、年がら年中誰かしら抜けてて、それを補うメンバーも都度コロコロ変わってたりして、それでもそこそこまとめあげてしまうSJってやっぱり特殊なんだと思いました。これほどまでに本人たちが戸惑いを覚えてしまうほど、ソシはずーっと一緒だったんだよなぁ、と。そう思うとなんか余計切ないですよね。

ジェシカ活動休止の件については色々と憶測交じりの話が飛び交っていますが、とにかく当面この体制でいかなきゃならないのは事実で、あの綺麗な3-3-3の三角形が見られないのは、ファンならずとも寂しい感じがしてしまう。

契約終わったところで、いったんソシとしての活動は休止でよかったんじゃないか…と思うんですよねぇ。実際私、休止するのかなーと思ってました。ベスト盤とか「総決算」的な企画多かったし、熱愛の話題も出てきて、ドラマとかミュージカルとかの個人活動増えてて、あーそしてCDはテティソがだすのね、みたいな感じで、なるほどー、って思ってたんですよ。れっべるもデビューさせたし、こうやって世代交代に入るのね、みたいな。でも会社的に、まだ稼げる、と思ったんだろうなぁ。

個人的には、しばらく全体活動休止して、その間にメンバーそれぞれデビューしてからやりたかったけどやれなかったことにもチャレンジして、2年ぐらいしてからみんなリフレッシュもしたところで「また集まろう!」って感じでアルバム出したら、きっともっとすごく成熟した何かが観られたかも知れないのになぁとか思います。まあこんなのたらればでしかないんですけどね。

パニはKEYくん、カンタ理事とのコラボで大活躍だったし、マンネたんとアンバーのコラボはもうきゃーきゃーいわざるを得ない感じでしたし、テティソもパニの衣装がめっちゃ寒そうで観てて辛かったんですけどステージはかっこよかったです。彼女たちもまだ乗り越えなきゃならないことは沢山ありそうですが、心からの笑顔になれますようにと思います。

・れっべるちゃん:
髪色で区別できる状態じゃなかったので見分けられるか心配でしたが、案外わかりました。ウェンディの歌唱力の高さ、そしてまだ伸びしろがある感じは期待値高め。ジョイ子はめちゃくちゃ可愛かったです。笑うと目がなくなるところがソルリに似てて、ぽやーっとした感じも末っ子感満載。太ってるとかいう説がありますが、あれぐらいの年齢はあんなもんだよ!あと何年かして20歳過ぎたら突如としてすらーっとしてきて綺麗になりますよ。女の子ってそういうものです。

ただ、それにしてもなんであんなつまらん曲でデビューさせたんだかわかんないんだよ…。ダンスも歌も上手な子たちなんだな、っていうのは見ればわかるんですが、あの曲で一位とかとれちゃうとしたらそれはもう会社の力でしかなくて、そういうのもどうなんだかねぇと思っちゃうわけです。もう少しちゃんと曲もコンセプトも練って、長く活躍できるようなグループに育ててあげて欲しいものです。

・ルーキーズ:
4日は前座だったらしいですが、5日は本番の中にルーキーズのステージが入ってまして、テヨンくんのラップのパフォーマンスとか、5人白衣装のやつとか見られて楽しかったです。ジェヒョンくんが案外背が高い。彼たしかまだ10代なので、まだ伸びますね。ジェヒョンはチャンミン、テミン、D.O.とのコラボステージ(謎の白服の子どもたちが出るやつ…あの宗教がかったやつなんなんだろう。とりあえず雨の中子どもたちが寒そうで…)にも出てて、お歌うたってました。圧倒的、というわけではないけど、なるほど歌える子なのか、と。

ゆーたくんせっかくの里帰り公演なのに、カメラが抜いてくれないのでちょっとばかしイラっとしました。エンディングでは一瞬おおきめに映ったのでよかったですが。テンも抜かれなかったなぁ。何故私の推しの子たちはなかなか抜かれないのか…orz 

いやね、わかってるんだけどね。ルーキーズはゴレンジャーでいったらテヨン=アカレンジャー(会社推しのセンター)、ジャニ=アオレンジャー(クール系)、ゆーた=キレンジャー(ムードメーカー、ここまで同い年)、ジェヒョン=モモレンジャー(ある意味隠し玉のマンネ)、テン=ミドレンジャー(癒し系)的な位置づけだろうしなぁ。だがわしゃキレンジャーとかミドレンジャーとか好きなんだよ!デンジマンもデンジイエローが一番好きだったし!(←わかる人にしかわかんない話ですみません)

・ルーキーズ年少組(男子)
とりえあずドンヘ似のジェノくんとチソンだけ弁別可という私でしたが、ジェノくんがちょっと見ないうちに背が伸びたんだかおっきくなっちゃってて、え、あれ?あれでいいの?みたいになってしまいました。チソンまだ小学生だっけ?中学生?2002年生まれとかだと思ったんですが…。とりあえず、私的に「息子の年齢を下回る」というところがときめきの閾値だということはわかりました。さすがにもう子どもにしか見えぬ…orz

・ルーキーズ年少組(女子)
ごめん一人もわかんなかった。もしかすると髪ふわふわの子がラミかな?って思ったんですが…。ここまでくるともう児童労働…とかそういう言葉が浮かんできてしまってですね。幼すぎてもう、こういう幼女的なものをウリにするのって、日本のアイドルグループみたいじゃん?って感じで違和感が。

なんかルーキーズ年長組もわりと線が細い子を選んでますし、日本市場を意識してる感はあるのですが、ぶっちゃけそういうのは日本にいっぱいいるからいいんですよ…足りてるっていうかあんまり興味ないっていうか。私が最初に観てびっくりしてもってかれたSHINeeのヌナイェだって、可愛いからよかったんじゃなんくて、このほとんど子どもみたいな子たちが驚くような完成度の高い歌とダンスをサラっとやってる、ということに衝撃を受けたからなんで、正直今SHINeeが日本語でやらされてるような曲だったら、さほど印象に残らなかったと思う。そこんとこの「えっせむらしさ」みたいなのは捨てないで欲しいなぁ…。

続きを読む
posted by なつめ at 02:39| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

カンタ先輩が好きなんです。

さて、今日・明日は味スタSMT。台風が近づいていてなんだかハラハラしますし、チケボの配信はめっちゃ遅れてるらしいし、全員参加のグループってなにSHINeeとれっべるぐらい????みたいな状態で、荒れとるなぁ…と思いつつ、でもやっぱり、今、彼らが日本の空気を吸ってるんだねぇーと思うとちょっと嬉しいですよね。しかも、もう海外のステージには来られないかなと思ってたシンドンがきてる!そしてやっぱりみんなでラーメン食べてるw

SJ141003.jpg

SJらーめん.jpg
みんな好きだねぇ。

スタイリッシュらーめん.jpg
なんだかスタイリッシュなラーメン屋入り口。

これでまたELFのラーメン店聖地が増えますな…そのうちことりっぷとかで「週末さんぽ・SJのいったラーメン店めぐり♪」とか出ないだろうか。売れそうな気がする。

そして、シュキラのピンチヒッターはわりと大人しく(当社比)こなしたヒニムですが、きわめてスタイリッシュなお手提げとともに来日されました。
@sukira.jpg

アナ雪….jpg

花びらちゃんたちの「オッパ!お願いだから3次元に興味持って!」という悲鳴が聞こえます。私的にはヒニムは性別も次元も跳び越えたラブハンターであって欲しいと思っているので、ぜんぜん歓迎です。ところでゴニさん一緒じゃないの?

とにかく、シンドンがまたステージで見られるということで、俄然テンションがあがってきた私です。トゥギもだいぶステージ慣れしてきたことだろうし、きっとお祭りならではの演出を、SJのメンバーたちなら準備してくれてるはず。わくわくしますねー。お天気がもちますように!

あと、SMルーキーズの日本人メンバー、ゆーたくんも来日というか里帰り来日してて、渋谷あたりでルーキーズ目撃談とかあがってますね。個人ファンカフェのマスターさんも来日してるようで、ファンカムあがってた。
IMG_6076.JPG

8月と同じ衣装であれば(たぶん新人だからそんなに色々衣装持ってない)、白衣装のときの長袖がゆーたくんです。こちらのFanCamご参考に、是非応援してあげてください。


あと私の推しはもう一人、タイ人のTENです。チェンとかテンとかそういうのばっかやな!と言われそうですが…無邪気っぽくて可愛い。
tenten.jpg
というか要するに、海外に出てって頑張ってる子って、応援したくなるんですよねー。ちぇんちぇんも中国の番組に出てるの見ながら好きになっていったし。

さて、表題の件なんですが、SMTといえば、大文化祭なので、新人さんから大御所の皆さんまで多彩なステージがあります。私はカンタ理事のチョアチョアを何気に毎年楽しみにしているのですが、皆さんそこ休憩じゃないから!盛り上がるとこだから!!って感じで、若干もどかしさを感じております。そうしたら、やっぱり世の中には似たような感性の方がいるもので、こんな素敵動画を見つけました。



まさかのちょあちょあ非公式掛け声動画。このUP主さんの心の声に全力で頷きつつ、今回私現地参戦でないもので、味スタの皆さんに少しでも頑張って盛り上げていただきたい!ということでご紹介する次第です。もっと伸びるべき動画だ!!あと、カンタ理事がちろっとグラサンをずらしてくれたら、キャーって叫ぶように!去年観にいったら何故かそこで客席から笑い声が漏れて「ちーーーがーーーーう、笑うところやないっっ!」ってなったので。

続きを読む
posted by なつめ at 13:33| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

SMTも近いというのに…

今年のえっせむさんはたぶん厄年なので、お祓いにいったほうがいいと思う。ヨンミン社長1970年生まれだから、後厄も終わってるはずだけどねぇ。

私はソシは正直全体での契約更新なしで、今年でグループ活動終わるんだろうなーと思ってて、逆に契約更新してびっくりしてたほうなので、ソロになるメンバーが出てくることに関してはさほどの驚きはないんですが、でも8人は従来どおり活動して一人だけ蚊帳の外、ってなんかやな感じ。

SJのキボムみたいに本人の希望で別の道に進んで、仲間たちとの関係も円満、ということであればまあファンも納得のしようがありますが、相変わらず事務所の公式発表より先にアーチストがSNSで声明出すとか、マネジメントがなってないんじゃないの?と思いますよ実際。会社発表とweiboにシカが書いた内容は噛み合ってないし、どう好意的に解釈しようとしたって円満な風には見えないよなぁ。

今回のニュースでは株価下がったらしいですね。ちなみにSMエンタの株価はクリスのときに下がって、何故かテテベクの恋愛スキャンダルのときにはあがった。なんなのよー誰かインサイダーで株儲けてるんじゃないの?ってことは、次はまた社内恋愛とか社内結婚の話題とかで株価があがるの??おなかいっぱいですよ!!!←もう色々と不信感のカタマリ

私ジェシカはわりと嫌いじゃないんですよね。自分がどんだけ可愛いか、というアイドルとしての自分自身の商品価値みたいなものを熟知してて、それをきちんとステージでお客さんに提供してる子っていうのは、やっぱりプロだと思う。ああいう姫ルックスのわりに、仕事に関しては意外とストイックというか、男前な感じがあるし、腹筋めっちゃ割れてるし。

結果としてグループ活動を離脱することになるにしても、もうちょっとこう、ファンが疑心暗鬼にならないようなやりようってものがあると思うんだよねぇ。えっせむさんはそのへんのマネジメント力とかリスク管理能力が極端に低いですよね。なんなだろあれ。今年の夏のanother skyが絶頂であったか…。EXOのSHOW TIMEみたいに、決して戻れない幸福な幼年期の記憶として、ソシペンの皆さんに反芻されることになるんですかねぇ。なんだかなぁ。

来日直前のコレはテンション下がりますが、こんな感じだと来年再来年のSMTなんかあるかどうかわかんないよなぁーと思ってしまうところもあるので、やっぱり今年のはライブビューイングでも観にいくことにしておいてよかったかな、とちょっと思ってます。逆にもう嫌気がさしていかない人もいるかもだけど。

お陰さまで、私の重複分のライブビューイングのチケットは無事にお譲り先が決まったのですが、今回お譲りできなかった方がまだチケット探していらっしゃったので、もしも急に同行予定の人が行けなくなっちゃったーとかでチケット余ってる方がいらしたら、twitterでお声かけいただくか、メールフォームからご連絡いただければ、お繋ぎします。なんかお見合いオバサンみたいですがw


【追記】無事に見つかったようです。お声かけ下さったみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m

暗い話題から入っちゃいましたが、なんといっても今週はうぎたんがミュージカルで来日してて、その代わりに韓国では、メンバーたちがSUKIRAのスペシャルDJで日替わりで登場してるんですよ!昨日はヒョクチェが久しぶりにDJ席に座ってる姿が見られて、すんごい嬉しかったです。



今日はカンイン。
Kangin.jpg

明日はぎゅったんがピンチヒッターらしいです。

SJのこういうとこ、いいよなぁーと思うんですよね。もちろんキャリアが長くて、みんながそれぞれに経験もあって、すぐに引き受けられる下地があってこそではあるんですが、「来週ちょっと日本行くからラジオできないんだけど、誰かやってくれる?」って聞いて、「いいよー」って手をあげてくれる人が何人もいて。逆があればそれもまたお互い様。これさ、普通に職場がこうだったらすごくいいと思いません?自分じゃなきゃできないことがあるから、3日以上は絶対続けて休めない!みたいな職場の何倍も健全。

産休でマタニティ・ハラスメントにあう、なんていう話を聴くと、2年まるまる兵役にいってても、ちゃんと帰る場所を守ってくれる仲間がいて、いない間は自分のパートを誰かが歌ってくれて、そして戻ってきたときにも暖かく迎えてくれて、「あなたブランクあったからこのパートはもう歌えませんから」みたいな世知辛いこと言わずにちゃんともとの席が用意されてて、ブランクあってちょっとぎこちなかったり、緊張したりするところはみんながフォローしてくれて、っていうSJって、職場として理想的じゃないか…!!とか思うのですよ。

てな感じで、アイドルを見ながら日本の会社風土について考えるのだった…。ミュージカルもすごく評判いいので、ご覧になられた方、是非感想聞かせてください。
うぎたん.png
たまにtwitterに遭遇情報とかが流れてきて、なんかわくわくします。

ハニトー.jpg
そして美味しいものもしっかり食べてるうぎたんなのだった。

27日のタイのレイチェンのサイン会については、これでもうあと半年ぐらいレイチェンモーメントなくても十分おなかいっぱいで暮らしていけるんじゃないか、っていうぐらい堪能して、保存写真枚数は100枚あっという間に超えたので、実際問題しばらくモーメントなくていいっていうか、追いつきませんのでカムバックとか当分しなくていいです。ルゥも体調戻ってないし。うん。とかかなり本気で思っている。幸せ疲れ。

なんせレイチェンシッパーって基本的に公式での供給少ない飢餓状態に慣れているので、こんなに供給が多いと逆にもう体力が追いつかないっていう。ルゥミンのシッパーさんってすげー体力あるなと感心してみたり。でもウネはそういえばいくら供給されても大丈夫だな、何が違うんだろう、と考えてみたり。

週末にでもまたげんなりするほど語りたいと思ってますが、とりあえず、ろすぷらがひと段落して、大好きだったAngelのルゥチェンモーメントのまとめ動画を作ったので、お暇でしたら、どぞ。というか、すごい暇な奴だと思われてるだろうなあーと思いつつ…



ちなみに、これだけいっぱいあるルゥチェンAngelモーメント中、私的ベスト3は、

3位:9/21北京
140921Luchen.jpg
ちょっと痩せてしまったルゥを、ジョンデがいたわるように抱きしめるところ。

2位:7/19上海
140719Luchen3.jpg
この日のルゥの髪型がすごく好きで、ちぇんちぇんの甘えっぷりもよい。

1位:6/28重慶
140628Luchen.jpg
雨でびっちゃびちゃになっちゃってるジョンデの髪をわしゃわしゃってしてやるルゥがものすごくお兄さんぽくて好き。

です。雨の重慶は全体的にいいです。なんといってもジョンデの前髪がおりている。びちょびちょだけど。
140628.jpg
posted by なつめ at 01:59| Comment(5) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

いまさらながら100回記念のスパショのこと

先週末はジョンデのお誕生日で萌え尽き、今週は今週でレイチェンのタイ新婚旅行で萌え尽きている私ですが、うかうかしてると10月になってしまう。なんせ21日はジョンデのお誕生日で精一杯だったので、100回記念のスパショの情報あとからおっかけるのは大変でした > <どうにかこうにかFanCamもおさらいして、やっと追いついた!って感じです。

まずは記者会見。
140921 SS6presscon.jpg
SJはやっぱりスーツだよねーと思いつつ、この並びわりと斬新だな、って思ったり。トゥギが左端って落ち着かなくないですか?ミンくんに膨張色着せるのやめてwwwって思ったんですけど、そのあと黄レンジャーか…むごい…orz って勝手に自己完結してさらに反省しました。ミンくんと頑張るダイエット、とりあえず「年の数だけ腹筋」を始めた私です。アラフォーの「年の数だけ」はきついよなかなか!!!

FULLは何故か中国語字幕のやつしか見つからなくて…でもなんとなく感じで話がうっすらわかるので貼っておきますー。


他の写真とかも見たけど、椅子の準備から何から自分たちでやるメンバーたち、なんか記者会見も一つのショーみたいっていうか、彼ららしいなぁって思いました。ヒニムがさぁ、シンドンとひょっちぇがショーを作ってるんですよ、って盛んに言ってて、そしてイェソン兄さんのこともちゃんと話してて、自分自身、兵役での空白の時間を過ごしたお兄ちゃんならではの気遣いを見せてくれてなんか嬉しかったです。これから出発するメンバー、今この場に一緒にいられないメンバーのことを、ちゃんと考えて気遣ってくれてるんだよ…これだからヒニム好きなんだよ…。どこでスパショやってみたい?という問いにリョウクちゃんが「地球を飛び出して月でやりたい」とかかましてましたが、とりあえず観にいけるところでやってw

それにしても、83が戻ってきて本当にトークがまた安定したっていうか、すごく見てて安心感あります。カンインも上がいたほうがやりやすそうだし、兄さん組でまたトークバラエティやって欲しいなぁ…ゲスト呼んでなんかやる系の。最後のほうで東京ドーム公演の話しててくれて嬉しい。今回のスパショの演出って、ウネコンの演出やってたマサオさんが入ってるんですよね。なんかそういう風に、お互い信頼関係ができてまた新しいお仕事が繋がって、ってなんかすごくよくないですか?私はそういう意味でもウネコンってすごい意味あったなぁーって思うんですよね。Skeletonのリリイベのときも思ったけど、大好きおかーさんなネモトさんもだし、何度も司会してくれてるおねーさんとかとも家族みたいな信頼関係が出来上がってて、こういうのいいなぁって。

正直、これだけ世界中飛び回ってると、どこの国にいくのかもよくわかんないまま飛行機乗ってるみたいな風になってきちゃうこともあると思うんですよね。ステージのトークで国名間違えるどんちゃんではありませんがw でも、彼らが「あ、日本行ったらあの人たちと会えるな」っていう日本のスタッフやダンサーさんたちの顔を思い浮かべながら日本に来てくれるのって、なんか嬉しいじゃないですか。

まさおさん.jpg
マサオさんtwitterから。

私個人的には日本語バージョンとか全然必要ないんだけど、こうやって来日機会が増えて、一日二日来るだけじゃ行けないようなところに行ったり、同じスタッフと長く仕事したりしながら、近しく感じてもらえたらそれはすごく嬉しいなーって思うので、スパショ6も盛り上げて、来日楽しんでもらえたらいいなーと思ってます。どの会場も満員御礼になるといいな。

あ、そうだ、スパショ東京、トゥギおかえりなさい回の10月29日のチケット1枚、譲り先を探しているお友だちがいるので、ご興味ある方はメッセージフォームからご連絡ください。ELF先行枠のチケットです。私のリアル友達なので責任持ってお繋ぎします。空席作らないためにも是非!ちなみに私もこの日の参加予定。やっぱりトゥギに一番最初に東京ドームのブルーオーシャン見せて嬉し泣きさせる、というのがやりたくて、最初からこの日にかけておりました。

【追記】お譲り先決まりました。ありがとうございましたm(_ _)m

でも、ソウルのスパショ見てる限り、トゥギはもう初日だろうが二日目だろうが、全部泣く気がしております(笑) なんかわかるよ…私も30歳過ぎた頃からとたんに涙もろくなっちゃって、なにこの涙腺の緩さ!?ってなってたもん自分で…。

140921トゥギ.jpg

そんでその涙を拭ってやるのがヒニムってとこがまた泣ける。83揃ってくれて本当に嬉しい。
140921_83.jpg

140921_83line.jpg

140921_83親指キッス.jpg
この、性格ド反対の二人がこうやって一緒に舞台に立ち続けることが出来てるってことだけでもミラクルだと思うの。

ヒニムかこいい.jpg
今回お友だちが留学中で、ソウル公演参加だったのですが、「ヒニムがすごく真面目に踊ってた」って言ってました。それ、カムバックのとき私も思ったんだよなー。

140921カンイン.jpg
カンインも、兵役入る前に比べてずっとちゃんと踊るようになったと思う。ダイエットもちゃんと継続できてるしさぁ。大人のいい男、って感じで、デビュー当時よりずっとずっとかっこよくなりましたよね。

続きを読む
posted by なつめ at 02:48| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

ちょこっと告知

スパショ6の記事もまとめきれてないうちに、来週はSM TOWN@東京(ただし味スタ)だったりするわけですが、自重しないジョンデペンの私がアラフォーとして自重した結果、野外には行かず映画館でライブビューイングにしよう、という結論に達したわけですが、「ユナイテッド・シネマとしまえん」というなかなかにマイナーな会場のチケットが余っております。

10月5日(日)のチケットですが、もしもご興味ある方がいらっしゃれば、2枚お譲りできますので、こちらのメッセージフォームからご連絡くださいませ。チケット代はお勉強させていただきます。郵送も可(送料等こちらもちでOK)。中央線沿線あたりでしたら手渡しも可能かな(ただし平日仕事帰りはちと遅いかも…)。

【追記:お譲り先が無事決まりました。ありがとうございましたm(_ _)m】

ブログの更新時間ご覧いただければおわかりかと思いますが、メールへのお返事はだいたい深夜帯になるかと思います。ご容赦くださいm(_ _)m

全然カロリミット効果が感じられない日々ですが、ベビーメタルのライブとか行ったら痩せそうだなと思いました。

フランス人てやっぱ好きだよねこういうの…
ラベル:SMT
posted by なつめ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

えっせむ界隈では熱愛を認めるのがブームらしい。

週末はジョンデのお誕生日のことでいっぱいいっぱいでしたので、100回記念のスパショとかも全然おっかけられてなくて、ようやくこの祝日にどうにかファンカムかき集めて概要把握した!みたいな感じなんですが、ここへきてミンくん熱愛宣言だそうですねぇ。

考えてみればシンドンもナリちゃんと別れてモデルの彼女ができたの認めてたし、兵役前に新規の彼女つくる(もつかもたぬかは出たとこ勝負)みたいなのって、なんか韓国男子のパターンとしてあるんでしょうか、よくわかりません。わかる人教えて!

まあ正直、SJアラサーだし、えるぷ的にはヒニムに対しては花びらちゃんたちからも「オッパお願いだから二次元じゃなくて三次元の彼女に興味もって!3Dアニメって意味じゃなくて!!」みたいな声があがってるわけだし、どうにかしてカン・ソラちゃん少女達の大統領夫人になってくれないものかと思ったりするし、いいよしをにーはガチで、と思ってるし、ヒニムのほうがもっとガチでゴニチョルってるし、
ごにちょる.jpg
これが出たからってテテベク熱愛報道みたいな蜂の巣つついた大騒ぎにはなりようがない、とは思うんですが、でもほんっと解せないのが、この「アイドル熱愛宣言」って誰得なんだろう?ってことです。

別に宣言しないで「でもあの二人付き合ってるよねー」って言われてればいいじゃん?それでずーっとずーっと「あやしいあやしい」って言われ続けながら、「婚約しました」「ほらやっぱりー!」ってなったほうが、万が一破局したときにも本人同士も傷モノ扱い(特に女性のほう)されずにすむ訳だし、ファンもギリギリまで夢がみられて幸せなんでないの?って思うんですが、どうして今年のえっせむは熱愛の大安売りしてんだろう。テレビ局とかタブロイド紙とかからキックバック出るの?

ま、本当に私的にはSJのメンバーたちにはいい恋愛やいい結婚してもらいたいし、子持ちになってもスパショやって欲しいし、トゥギも言ってたようにELFとSJは家族だと思うからさぁー。幸せでいてくれればそれでいいんだよ、とは思うんですけど、それにしても解せないよなぁ…。とりあえずミンくんの体型がストレス太りじゃなくて幸せ太りでよかったです。でもダイエットがんばれ!私もがんばる!

まずはファンケルのカロリミット買ってみた(←安易)。だがしかし効果は感じない…(←運動しよう)。でもマジで、過去最高体重(妊婦期除く)を更新中なので、スパショまでにどうにかせねば。なんつうか、二の腕よね、二の腕なのよね…20代の頃には、「二の腕のたるみ」という言葉は知ってたけど、それがどういうものだか知らなかったよガリガリだったし…嫌ですねぇ、アラフォーって。「二の腕のたるみ」とか「くすみ」とか「化粧のりが悪い」とか「角質」とか、コマーシャルで聞いたことがあっても実際目撃したことがなかったものを自分で経験するんですよ…orz これから「しみ」とか「乾燥」とかがリアルになってくるのかなぁ…いやだああああ。

というわけで、ちょっと真面目にがんばろうダイエット。目標はとりあえず、スパショ東京までに1キロ、ろすぷらまでに1キロ、スパショ大阪までに1キロ、合計3キロ!(スケジュール的に後半の追い上げがきついけど…でもとにかく、今年のうちに3キロ。あと100日はあるからなんとか…)
続きを読む
posted by なつめ at 02:17| Comment(3) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

ジョンデのお誕生日♪

さあ、SJのスパショ百回公演記念記者会見とか、色々あるんですけど、今日の私は自重しません。何故なら、年に一度のちぇんちぇんことキム・ジョンデのお誕生日ですから!今日は「自重しないちぇんちぇん推し」のみで行かせていただきます。ジョンデが好きな理由を百個挙げてみようかと思いましたが、あまりにも痛いのでやめます(←ちょっとだけ自重している)。とりあえずデビューからの二年間をゆったりと振り返りつつ、ジョンデを愛でたいと思います。

まずはデビューイヤーからね。
TeaserJD.jpg
プレデビューのTeaser写真です。正直印象ないっていうか、地味っていうか、そのへんの高校生か大学生みたいっていうか。この頃はスホさんとD.O.、ちぇんちぇん、ベッキョンあたりの区別ば全然ついてなかった私。まだまだちぇんちぇん沼にははまっておりません。HistoryのMV観ながらどうにかメンバー覚えた時期には「草なぎ系の顔の子」ぐらいの認識だったし。ちなみにこの時期注目してたのはたおちゃんとD.O.。

ただ、このデビュー前のMVの中国語バージョンの最後の「My Babe, baby babe, baby…」っていう高音の伸びが異様に気持ちよかったのは覚えてます。中国のデビュー時のショウケースでも歌ってたし。D.O.推しだったので、Kの子たちはユ・ヨンジン先生が乗り移ったみたいな声で、Mの子たちは素直な声質だなーっていう印象でした。



120401北京のショウケース。なんかルゥもガッチガチに緊張してるし、初々しいのう…

そういやこの年はスパショにゲスト出演とかもしてるんですね。
120429SS44インドネシア.jpg
なんかまだちっちゃい…レイさんほうが圧倒的に身体できあがってる…。このときのスパショの帰りにヒョクチェが空港でモンローのかっこさせられてたんでした。

5月にLAのディズニーランドいったときのしうちぇんも可愛かった。

「You Are Dancing Machine, CHEN!」とか言われて馬鹿笑いしてるw

デビュー以降、私主にクリタオを追っかけるために中国の放送よくチェックしてたんですよ。そうすると、たぶん当時だとほっとんど中国語わかってなさそうだったんだけど、それでもとにかくずーっとニコニコしてるよなぁこの子…っていうのが印象に残ってて。これぐらいからなんとなーく気にはなってるんですよね。なんか健気だなぁ、可愛いなぁって感じで。


この時期なんかもうめっちゃ華奢でしてねぇ…(←回顧厨)
120613EXO-M.jpg

私がちぇんちぇん沼に完全にドボンしたのは、この年の8月のSMT@東京ドームでした。ブログのレポですでにちぇんちぇん可愛い言いまくってるw この時点までは、ギョンスのほうが私の中で若干ポジション的に上だったのが、生ジョンデ見たことで完全に逆転してますね。我ながらこのレポのテンションの高さがおかしいww

だからねぇ、まだジョンデペンじゃない人には本当に生ジョンデみて欲しいんですよ。絶対写真とかMVとかよりずうううううううううっと可愛いしカッコイイです。声量すごいし。

ぺこぺこしながらSJ兄さんたちの側に近づいてくジョンデかわいい。

実質これからあとだなー、本格的にチェックしだしたのって。当時は、鹿とかクリレイあたりのファンはものすごい数でしたが、チェンは写真撮ってるマスターさんとかも数少なくて、おっかけるのはラクでした。というかむなしいぐらい少なかった…


この時期のファンカム保存しすぎてPCのHDDが溢れかけて作った動画(ちなみに今は2TBのジョンデ用外付けHDD買ったから余裕!)。
こうやって見るとやっぱりこの年の暮れぐらいから急速に垢抜けていくんだよなぁ…

2013年2月のおてふん卒業式には、えっ誰このサブカル系男子!?とファンを騒然とさせたメガネ男子姿も見せてくれましたし。
130207おてふん卒業式.jpg



そして度重なるカムバ詐欺を経てファンもへとへとになって「なに、髪型変えた?どうせまた髪型変えただけだよきぃっ!」みたいになった2013年5月、ようやくのカムバック。

このTeaserあたりから、「ちょっと、チェンってもしかして可愛いんじゃないの…?」という声が世間からもザワザワと聞こえ出したような気がする。
130519カムバTeaser.jpg

続きを読む
posted by なつめ at 23:48| Comment(7) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

スパショ6始まった!そしてシンドン入隊発表…T T

いよいよ、始まりましたね、スパショ6。夕べはtwitterのレポのタイムライン眺めてるだけでもわくわくしました。7集の曲がやっぱりメインなので、聞きこまねば!って感じ。私気に入った数曲ばっかり聴いててほかの曲の再生数あがってないので…

にしても、そろそろくるだろうな、とは思っていたのですが、シンドンの入隊。ソウルのスパショが入隊前最後のステージになる、という発表があったそうですね。シンドン泣いたっていうし、私も泣きたい。

いや、正直10月の東京は難しいかも知れないなーとは思ってたんです。でも、ずっと8月中に入隊っていう噂があって、それがなんとなーくスルーされてて、ミンくんは来年に伸ばしたっていうし、カムバのときにも元気に参加してたし、なんかヘンに油断しちゃってて、SM TOWNぐらいまでは日本来られるんじゃないの?って気になってたので、逆にショック。6月7月ぐらいに、さんざんもうじきだ…カムバックのとき一緒にいられるかどうかわかんない…とか思って覚悟してた時期より、不意打ちな分ずっとショックですよ…orz やめてーこういう揺さぶりかけるのやめてー!って感じです…T T 

140919SS6ending.jpg
エンディングの親指キッスまで舞台に残ってくれたみたいですね。



そんなわけで、ソウルに行かれる方はシンドンのソロ兵役前の見納めなのでしっかり見てきてください!羨ましいよう。今お友だちが韓国プチ留学中で、今日のステージ観にいく予定なので、お土産話をきくのが楽しみなんですが、ああでも寂しい…

私がSJにはまりだしたのって、だいたいのあざの活動期ぐらいだったのですが、

このMVみたとき、最初なんかのMVを学生さんとかがパロディにしてるんだと思ったんだよ。だってなんか、体格的におかしい人が混じってるんだもの。でも、よくよく見たら公式だし、ええーって思っておっかけおっかけして調べて、どんなメンバーたちがいるのか覚えていったんだよね…。当時、すごい!韓国ってこの体型でアイドルありなんだ!というのが新鮮で、すごく人に言いまくってた記憶があるし、そうすると「あーしってる、あの太った人がいるグループ…」とか言われることもあったりして、シンドンからSJを覚えた、っていう人は多いんじゃないかと思うんですよ。

続きを読む
posted by なつめ at 14:53| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

MAMACITA一位おめでとう!

今週は仕事忙しくて、今日も家に着いたのが10時半とかで明日も残業見込みなのでさっさと寝なければと思いつつ、こだけはUPしておきたかった!SUPER JUNIOR MAMACITAショーチャンピオンで一位とりました。



天使リーダー.JPG
ほんと、一位とるの難しいかなぁーと思ってたから、帰ってきたトゥギにトロフィーを持たせてあげることができて本当に嬉しいです。今週ほかでもとれるといいいなぁ。一位のご挨拶するトゥギにくっつきたいどんちゃんかわいい。

やっぱり、戻ってきてからまだ本調子じゃないっていうか、音楽番組とか記者会見とかでのトゥギの表情が緊張してることが多くて、浦島太郎状態からの活動再開ってタイヘンなんだろうなぁ…ってあらためて思います。だから、別に一位とるのが目的じゃない、って言っても、こうやって「待ってたよ!」「ELFはSJと一緒にいるよ!」っていうのをひとつ形にして見せてあげることで、トゥギをちょっとでも安心させてあげることができたかなぁーと思うとやっぱり嬉しいし、世界のえるぷちゃんたちと手をとりあって喜びたい感じ。

まました一位!.JPG
まずは1st Winおめでとう!

今日はシュキラもBORAだったんですよねー。フラフラで帰宅してアプリで見てたらたるこまんキッスの前で固まって、懸命にストリーミングサイト探してどうにかおやすみキッスには間に合いました。突撃電話クイズとか盛り上がってたなー。チャンミン電話されてましたよ。ヒニムもシュキラに来るのってなんか久しぶりな気が。まだ訳ついてないけど、最後にトゥギのお手紙があったり、笑いありしんみりありの放送ジャック、週末にでもあらためてまたゆっくり見たいです。



それにしても、7集ぐらいまで続くとアルバムに関するメンバーたちのかかわり方っていうのもずいぶん深くなるものなんですね。Shirtはもしかしたらタイトル曲になってたかも知れなかったという話を聞いてへぇえでした。8集ではドンヘ作曲の歌がタイトル曲になるかもね!こんな風に、自分たちでデモ聞いて曲決めて振り付け考えて…ができるようになるまで、長かったと思うけど、今すごくメンバーたちも仕事が楽しそうで嬉しいです。ますます早く会いたいなーって気持ちになりました。

続きを読む
posted by なつめ at 01:59| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

交通事故はもう嫌だ。

リリイベ以降、忙しく仕事をしてあっという間の一週間でしたが、その間にもいろんなことがありましたね。LADIES’CODEのウンビちゃんの交通事故死はすごくショックでした。ヒニムやリョウクなど、SJのメンバーの多くも哀悼の言葉と、まだ意識不明のリセちゃんの回復を祈るコメントを出していますが、やっぱりえるぷ的にはヒチョルやキュヒョンの交通事故のことを連想してしまいますよね…

キュヒョンも事故のときは、数日間意識不明で生死の境をさまよいました。「他人事じゃない…」というコメントは本当にそうだろうと思うし、トラウマが蘇ることもあるだろうなぁ…と思います。亡くなったウンビちゃんは不運にもシートベルトをしておらず、車外に投げ出されてしまったとか。ヒニムもインスタに書いてましたが、シートベルトは本当に大事、と思うとともに、それにしても韓国交通事故多すぎるよ!と思ってしまいます。

私がこんだけK-POPいいなぁとか言いつつ、韓国にまだいったことがない最大の理由が実は「交通事故こわい」という先入観なんですが、こういうことがあると「やっぱりそうじゃん!」と思ってしまいます。だって、芸能人の数なんて1000人に一人とか2000人にひとりとかもっと少ないぐらいだと思うんだけど、その芸能人だけでも、過去10年とかの短い期間に知ってるだけでも数人が交通事故死してて、毎年ひとりやふたりは交通事故で大怪我してる。

韓流ドラマの現代モノでも、主人公の恋人だのお父さんだの交通事故死、っていうシチュエーションがしょっちゅう出てくるし、それだけ身近なものなんだろうなぁ、と思ってちょっと調べたら、やっぱり韓国、OECD加盟国の中での交通事故死亡率ナンバーワン(2010年調査)だそうです。

亡くなったウンビちゃんはまだ21歳。私はガールズはそんなにチェックしてないんですが、下品なお色気路線とは一線を画し、ワンダーガールみたいに世代を超えて人気が出そうなレトロポップな曲調、歌も上手なグループで、これからというときにこんなことになるなんて本当に可哀想だし、仕事だけじゃなく恋もなにもかもこれからという年齢で、親御さんの気持ちを考えたら、もうニュース見るだけでたまらなくなりました。



アイドルの過労問題はいつも言われてはうやむやになる話ですが、この過密労働は無茶な高速移動で支えられている面もあって、一般論としての交通安全問題だけじゃなく、芸能界の過密スケジュールと移動問題っていうのも本気で議論しないとまた同じような事故は起きてしまうんじゃないかと思う。本当にこんな悲惨な事故はこれで最後にしてもらいたいし、ウンビちゃんのご冥福を祈るとともに、リセちゃんがどうか無事に意識を取り戻して、キュヒョンのように元気に歌が歌えるようになりますように、とお祈りしています。

(※追記
とてもとても残念ですが、このエントリ書いた翌日に、リセちゃんも天国へ旅立たれました。ご家族の無念をおもうと追悼記事の中の可愛らしい写真見るのがつらいです。ご冥福を祈ります。)

悲しい話題のあとで不謹慎な感じもしますが、MAMACITA活動は二週目、早くもBバージョンの予約開始だそうで、まだAバージョン届いてない私的には、『だったら二枚まとめて頼んだのに…!!!』って感じなんですが、MVのドラマバージョンが楽しかったので許す。

7集 - Mamacita (バージョンB)(韓国盤)
Super Junior
SM Entertainment (2014-09-21)
売り上げランキング: 486


続きを読む
posted by なつめ at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

D&E「スケルトン」リリイベいってきた。

さて、今日は月曜日ですがお仕事どうにかお休みとって、ドンヘ&ウニョクの新シングル「スケルトン」、リリースイベントいってまいりました@お台場ダイバーシティ東京のZepp。

SKELETON (CD+DVD)
SKELETON (CD+DVD)
posted with amazlet at 14.09.01
SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK
avex trax (2014-08-06)
売り上げランキング: 1,473


私今回、初めてリリースイベントで番号10番台という神席(スタンディングだから席ないけど)があたってしまい、前コワイヨー、前コワイヨー、圧死スルヨー、と思いながら出かけたのですが、お台場のZeppは渋谷のと違ってずいぶん沢山保護柵があって、一番前の真ん中から右寄りのあたりにいたのですが、まあ押されましたけども渋谷よりだいぶよかった気がします。以下、アラフォーの記憶力を頼りに覚えている限りをレポ。

オープニングはタイトル曲のスケルトンから。なんせ番号が早かったので、ずーーーーーっと立って待ってて疲れましたが、近くの方とお喋りしながら待っていたので楽しかったです。すぐ側にいたドンヘペンさんは、エイネ2連荘からのリリイベ参戦だそうで、うわああお疲れさまです!という感じでしたが、充実の三日間だったのでは。それにしても、待ってる間のBGMが豊富でなんか感動しました。Oppa, Oppaのリリースイベントのときなんか、なんせあれ一曲しか持ち歌ないときだったので、客入れの間中Oppa, Oppaかかってて、イベントの最初と最後もOppa, Oppaだったのに、2年間でこんなに沢山持ち歌ができて…って、感無量。

んで、まずはダンサーさんたちも従えて、スケルトン。私めざましライブもエイネも行ってなかったので、ちゃんとライブで見たのは初めてで、かっこよかったです。縦列から左右にわかれてくフォーメーションのとことかよかったなぁ。これまでの日本シングルのお祭りチューン系のダンスより、ちょっとクールな感じでいいです。それでいてサビのところはみんなで歌って盛り上がれるし。

私なんとなく、イベントのときとか二人並ぶとヒョクチェが向かって右側に来ることが多いから、右に陣取っちゃったんですが、歌ってる間は右側はどんちゃんのほうが沢山きてくれる感じでした。どんちゃんはわりと足元をよく見る感じで一本釣りするんですが、一本釣りはされなかったものの「うわ、目があった!」という瞬間はあって、かっわいいなぁあああ、とメロメロしてました。近くにウネコンのタオルとかうちわとかいっぱいもったえるぷちゃんがいて、しっかり指さしてもらってました。よかったね♪

まましたのカムバック期ということもあって、二人ともビズ絶好調で、ヒョクチェの細腰を間近で堪能してちょう満足。どんちゃんはトゥギが帰ってきたせいでしょうか、またワークアウトしすぎな感じで腕が若干ムキムキしてましたが、でもお顔は相変わらず綺麗でした。こんな忙しそうなのに二人ともお肌綺麗だよなぁ…と感心してしまった。

んで、曲のあとは椅子が出てきてトークタイム。いつもの司会のおねーさんが「まず一歩下がりましょうか」から初めてくれたので、押されて苦しかったのが一息つけてよかったです。「さあ、それではみんなで二人を呼んじゃいましょうか!」みたいな流れで(←お子様イベントかww)「ドンヘー、ウニョクー!」とえるぷ声をそろえて二人を呼ぶと登場。

椅子がバーのカウンターのスツールみたいなちょっと背の高い椅子だったんですけど、座面が固定されてなくて、くるくるまわっちゃうんですね。それで思った向きにならないらしくて、ヒョクチェが「んしょ!んしょ!」って感じで勢いつけて椅子をまわそうとしてて、可愛かったです。最後はどんちゃんの足持って向きかえてたな。

やっぱりウネコンのときに比べて日本語はちょっと忘れちゃったかなって感じで、どんちゃんは「ぼくはー、スーパージュニア、D&Eのー、」っていうぐらいでも結構時間とってて、例の「D担当」ってとこに持っていこうとしてたんだと思いますが、待ちきれないえるぷが「D! D!」って叫んでたので、マイクを会場に向けて「ね♪」って顔して済ませちゃってたのがかわいかったです。ヒョクチェはそこ時間使うとこちゃうやろ、って感じで「僕はウニョクです」ってあっさり済ませてました。

そして、通訳はネモトさん。ネモトさん登場と同時に会場のあちこちから黄色い声で「ネモトさーん!!!」の声援が飛ぶ。「ドンヘー!」「ウニョクー!」の声援に負けないぐらいのテンションの高さ。えるぷのこういうところ好きです。ウネも嬉しそうで、ネモトさんに「おかーさん!」、司会のおねーさんを指さし「おねーさん!」、そして二人してネモトさんにニコニコ笑いかけ、会場見回しながら「かぞくー!」って言ってた。萌え死んだ。

トークはまず新曲の話題から。スケルトンのコンセプトはなんですか?って聞かれて、とりあえずDH「カッコイイコンセプト。」EH「こわいコンセプト。」DH「…びっくりばこ?(←だからそれはライブのときのww)」最終的に、まとめると?って司会のおねーさんに言われて、EH「実は僕らもよくわかんないです。」www でも一応そのあと韓国語で、「今までの日本シングルではお見せしたことのない姿を云々」ってプロモーションのときのお決まりトークはしてました。

ヒョクチェが話してると、髪をいじるどんちゃん。その都度えるぷがきゃー!って叫ぶので、指を唇にあてて「しー」っていうポーズをするんですが、ちょっとするとまた頭に手をやるので、都度「きゃー!」「しーっ」の繰り返しで、しまいにはヒョクチェにぺちってほっぺ叩かれて「うぇいれぇー(なんでー)」って言って笑ってた。

どんちゃんは基本的にトークの最中もヒョクチェばっか見てる。ヒョクチェがお喋りしていると楽しいし、ヒョクチェのお喋りを邪魔してるのも楽しい。とにかくヒョクチェといるのが楽しいの!俺楽しいの!光線をばしばし発していました…

カップリング曲のワンダーランドについては、DH「もともとライブのソロ用の曲だったんですけど、皆さんが気に入ってくださったので、あらためて録音することになりました。」EH「僕のラップの声が入ってより素敵になったようです。」的な話を。ちょこっとヒョクチェがラップのとこやってくれたんですが、いきなりふられたELFきちんと唱和できず。「みんなちゃんと歌覚えてないじゃない!」と憤慨するどんちゃん。

ウネコンの話題は、何故かミラーボールの話に集中。オープニングでミラーボールにのって二人が降りてくる演出について、司会のお姉さんが「高いところから降りてくるのは怖くなかったですか?」みたいな話題をふって、「あれは実際に降りてくる3〜4分前からあそこに乗ってスタンバイしてなくちゃいけなくて、結構こわかった。乗っている足場も、計画時にはもう少し大きいものを作る予定だったんだけど、実際は足がのっかるぎりぎりぐらいのサイズでしか作れなくて、狭くて怖かった。」っていう話をしてました。上で何か喋ったりしてましたか?って話をふられて「マイクに声が入っちゃうから喋れなかった。」つってた。3〜4分高いとこでじっと黙ってスタンバイって相当こわそうです…

そしてここから安定のどんちゃんのオチがない話になって「この前のライブでは僕たちがこうやってタイヘンな思いをしたので、次のライブではELFの皆さんに上から降りてきてもらいましょう…」みたいな話を始めてしまい、一人でその『客席が上から降りてくるライブステージ』的なイメージを手真似で再現してたりして、そこでのヒョクチェの『こいつまた始まったよ!』って感じの苦笑いと、やりながらオチはつかんし自分でおかしくなっちゃって、結局「あはっ」って大口あけて笑ってるドンヘが無茶苦茶可愛かったです。とにかくどんちゃんのトークのフラフラ感、困ったら笑っちゃうみたいな流れはたまらんもんがあります。かわいい…

ウネコンきたひとー、っていう呼びかけには会場のほとんどが「YES!」だったので、「じゃあ、きてないひと!」という質問に変えたら、2〜3人ぐらい手をあげてて、EH「いま手をあげたひと退場!」DH「手をあげたひとはこのイベントのあと残ってもらって、ライブを見せてあげます」EH「じゃあミラーボール準備してください」ww

それから、ウネコンのバックステージ映像になったんですけど、これがまたもうちょっとDVDとかに収録されるような画像かと思ったら、最初の名古屋とかめっちゃ手ブレしてるし、中国あたりのFanCamのほうが安定してるぞ!って感じの超素人映像で、それがまたリアルな感じでよかったんですが、お着替えタイムのところの裏っかわこうなってたんだーとか、武道館最後の日にダンサーさんたちにどんちゃんがうるうるしながら「またみなさんと一緒にライブやりたいです」って言ってるシーンとかも出てきて、最終日武道館に観にいってた私はあらためてうるっときてしまいました。

ちなみにヒョクチェは「日本語がもっと上手にできたらもっと沢山お話できたのにと思うとすごく残念です。次のツアーでは、通訳さんなしでお話できるようになりたいです。」って言ってて、映像終わってからドンヘが『通訳なしだってー♪』って顔でにやにやヒョクチェの顔を見てて、ひょく「がんばります」って言ってた。この映像ラストのどんちゃんの日本語での「さっご飯たべにいきましょ!」も可愛かったなぁー。ダンサーさんたちの表情もぐるっとカメラがまわって撮ってるんだけど、皆さん本当に充実した表情で。

ちなみに、本来的には映像をみながらトークも、という段取りだったらしいんですが、最初の名古屋に関して、司会のおねーさんが映像にあわせて「名古屋のライブで何か記憶に残っていることは」的な話をふったら、ひょく「(かなり上の空状態だががんばって喋る)…ELFの皆さんが記憶に残ってます(←だが内容がない)」みたいな感じで、どんちゃんに至っては「これ見終わったら喋ります」って言って、二人で映像ガン見してたので、司会のおねーさん『映像を見ながら想い出を語る』コンセプトを諦めた、という感じでした。

私右よりだったので、ヒョクチェの表情はあんまり見えなかったんですが、どんちゃんはもう何か出てくるたびにいちいちおくちあけて楽しそうに笑って、ひょくちぇに何か言ってはきゃっきゃしてて、ああ本当にこのD&Eのファーストツアーって二人にとってはすごく楽しくて大切な想い出なんだな、っていうのが伝わってきました。私は地方公演はおっかけてなくて、東京だけしか行けなかったので、小さな会場の映像は羨ましかったなー。

お着替えタイムでセットの裏から出てくるときに、先に手だけ出してえるぷをきゃーきゃー言わせる演出やってる二人の映像とかとても可愛かったんですが、それの中で、どんちゃんが腕をひたすらくねくねさせてるところがあって「あれは何をあらわしてるんですか」的なことを聞かれ、どんちゃんは答えられず、とにかく手をくねくねさせて最後は「あはっ!」で終わっちゃうもので、ヒョクチェが「お前はもうそれだけやってればいいよ」とか言ってておかしかったです。ヒョクチェのフォロー「ドンヘは手首がやわらかいんですよ。他の人が一回手首まわす間に二回まわせるぐらい」とか言いながら、二人で手首くねくねさせてておかしかった。

ネモトさんの通訳は日本語⇔韓国語通訳なんですが、ドンヘの通訳は、やっぱりヒョクチェなんだよなぁ。二人だけのトークだけじゃなく、SJのDVDのゲームやトークのシーンとか、バラエティとか見てても、だいたいどんちゃんが喋りながら自分だけ受けちゃって笑いすぎて話が続かなくなってたり、喋ってるうちに脱線が思わぬ方向に向かってしまい何を言ってるんだかわかんなくなっちゃったりしてるときに、助け舟を出してあげるのはヒョクチェなんですよね。D&Eの活動の中でも、『ドンヘは曲を作ったり詩を書いたりする才能があって作曲家の方たちとも親しい、僕はそれを会社に持っていって、こういうことがやりたいんですって交渉をしたりする役割』みたいなことをヒョ工チェが話してたことがあって、長いこと一緒にいて、そういう役割分担とかも自然にできるようになってるんだよなぁーというのを、こういう何気ないシーンでも感じたりするのであります。

それから、クイズコーナーもありました。これは「記憶力クイズ」と称して、ウネコンの中での出来事に関するクイズを出題、ドンヘとウニョクで回答数を競い、勝ったほうから今回のリリイベ参加者にプレゼントをあげる、というもの。このプレゼントが豪華だったんですよー。一部はヒョクチェが勝ったんですが、実際にステージでも被っていた帽子にサインを入れたもの、あとツアーの前半にあった「笑いのベル」用の「チーン」って鳴らすあれ、名称なんていうんでしょうね。卓上ベルでいいんだろうか…

※あってた。これが卓上ベル
オープン工業 卓上ベル
オープン
売り上げランキング: 4,298


あれにサインしたもの、二種類のプレゼントがありました。ちなみに最初出てきたとき、ヒョクチェじゃなくてドンへのサインをした卓上ベルが出てきちゃったらしくて「これ僕のサインしたやつじゃなんですけど」ってヒョクチェがいって、取り替えてもらって、カメラに「これにもサインしてあるんですよ」って見せてた。帽子はつばの内側に普通のサインと、あと「ウニョク」ってカタカナでもサインがしてあって、うひゃーこれは羨ましい!って感じでした。

クイズは、一問目が「名古屋の初日のお着替えタイムで、ジャンケンに勝って先に着替えに入ったのはドンヘとウニョクのどちら?」というもので、私これ知らなかったんですけど、二人は覚えてない感じだったんですが、会場からやたら「ドンヘ!」「ドンヘ!」という声が飛んでいて、それでヒョク「(じゃあ、って感じで)ドンヘ」ドンヘは最初空(珍しく)気読んで最初「ウニョク」って言ってたんですけど、これじゃクイズとしてフェアじゃないなということに気づいたヒョクチェが、じゃあジャンケンしてどっちが先に答えるか決めましょう、って提案したら、ドンヘがジャンケン勝っちゃって、もう勝ち誇った感じで「ドンヘ!」って言ってたんですね。

ところが蓋をあけてみたら、正解は「ウニョク」だったもので、二人して会場のELF指さして日本語で「うそつきー!」って言ってておかしかった。んで、司会のおねーさん「はーい、二人ともハズレー」って言ってて、ヒョクチェ慌てて「だってジャンケンで負けたから僕が逆の答え(ウニョク)になってるはず!」って言ってたんだけど、おねーさん「大丈夫です、まだクイズたくさんあるので!」つって押し切ってた。

二問目は、広島の挨拶で「ELFの皆さん、●●好きじゃけぇ!(←すみませんここの記憶曖昧…)」と言った「●●」に入るのはなんでしょう?という方言問題。一番が「でら」で二番が「なまら」で三番が「ぶっち」だったんですが、「でら」は名古屋で、二番はこれ北海道?三番が正解だったんですが、これはどんちゃんが「ぶっち」を選択、ヒョクチェ「でら」を選んでどんちゃんの勝ち。

三問目、「大阪にはリョウクさんがきてくれましたが、そのとき何を歌ってくれたでしょう?」という問題。これはドンヘが「HARU」、ヒョクチェが「めりゆ」を。司会のおねーさん「HARU」がわからなかったらしく「HELLO」とか言ってましたが、いずれにせよめりゆが正解だったのでヒョクチェの勝ち。ここで、めりゆをほんのちょっとだけ歌ってくれたのですが、ハングルバージョンだったので、会場のえるぷきちんと大声で唱和できず。ヒョクチェが「ほら、みんなちゃんと歌詞覚えてないじゃない!」つってたので、反省してスパショまでにちゃんと歌詞を覚えますハイ…めりゆは結構歌えるつもりなのだが咄嗟に出てこなかった…orz

四問目は、会場どこだったか忘れちゃったんですけど、どこかで「子どもは何人欲しいですか」という質問があったらしくて、それに自分たちがどう答えたか、という記憶力クイズ。どんちゃんは「3人?」とか言ってて、ヒョクチェは「僕これ過去に何人か欲しいって言ったんですかね?言ったんですかね?」って何度か聞いてて、「僕はELFだけと一緒に楽しく過ごしてたいから、子供は要らないって言ったと思うんだけど…だから、0人」と答えてました。で、これが見事に正解。どんちゃんは「6人」が正解だったらしいです。どんちゃんは「みんな、6人も産める?」とか言ってて、ヒョクチェ「お前が自分で言ったんだろww」って突っ込み(それは私も思ったw)。ヒョクチェ「僕はちゃんと、いつも考えてる通りのことを言っているので答えが変わらないようです。ドンヘはなんにも考えてないから。」と言ってて『おっしゃるとおりww』って感じでしたが、意に介せずけらけら笑っているどんちゃん可愛かったです。きっと次に同じことを聞かれても忘れているであろう…

というわけで、ヒョクチェ2対ドンヘ1で、ヒョクチェの勝ちでした。抽選はチケットの半券をごそごそと選ぶというものでしたが、番号読み上げは二人がやってました。「一階」から始めたら「全員一階だよ!(二階はたぶんプレスの人しか入ってなかった)」、「A」「一部は全員Aだよ!」って感じだったので、「なんで全員同じなのに一階とかAとか入ってるのww」って二人ちょっと混乱してました。どんちゃんが「に、ひゃく、日?日?」とか言いながら、指を折って「いちにいさんしい…」と一所懸命数えて、二百番台の人を読み上げて、その人が帽子。ヒョクチェは500番台の人だったかな。どんちゃんの「いちにいさんしい…」可愛くてですね…萌え死んだ(←二度目)。

抽選が終わって、プレゼントを置いてた台とか片付ける段になったら、スタッフさん出てきてるのに、どんちゃんが机を自分で運び出して、ヒョクチェも椅子自分で片付けてて、司会のおねーさんしばし当惑。こういうところがSJだよなぁ。

スパショと韓国でのカムバックの話題も出て、ウネ「みんなカムバックステージ見てくれた?」えるぷ「ねー!」ウネ「みんなスパショ行く?」「ねー!」って感じで、会場も「あいやいやいやいやー」やって盛り上がったんで、ちょこっとだけmamacitaのサビのところをやってくれたんですが、「ヘイ!まましたネガあいやいやいやいやー」まではえるぷ全員唱和できたものの、次のフレーズのところは一気に声が小さくなって囁き程度だったので、二人「!?」って顔になって止まってしまい、「こんなことだと思った!みんなちゃんと歌詞覚えてないんだから!」ってヒョクチェがいってて、ここも反省してスパショまでに歌詞を覚えていこうと思います…ただしこれには後述の罠があるかもしれないのでJ-ELFはご注意。

このまましたやったところでは、最初ヒョクチェしか踊らずドンヘは立って歌ってて、「お前も一緒に踊れよ。」って言われたドンヘが、「いや、踊りながらだと歌が安定しないかと思って…」つってて、これは自覚があるのかwとちょっと笑ってしまいました。二度目二人でやってくれたんですけど、これが上の流れで、じゃあ会場歌ってね、って感じでやり始めて2フレーズ目が静かになっちゃったとこで、二人きょとんとしてた表情が可愛かったです。

7集カムバックのこと、スパショのこと、色々お話してるうちに、またどんちゃんの黙ってられない病が出て「〓〓(一応伏字。察してください)の日本語バージョン録音しました」「MVも撮りました」「D&Eの2nd〓〓(お察しください)も準備してます」って言っちゃって、ヒョクチェが「いま舞台袖でエイベックスの人が駄目駄目って言ってるんだけどww」つってて、「今日ここに来たひとは、知らないフリをしてください」って言ってたんですけどこれもう流れちゃったもんなぁ。知らないフリをしてください。どんちゃんあとから会場のあちこちに向かってめっちゃペコペコしてました。この子はウネコンでも新曲(スケルトン)のこと我慢できずに言っちゃってたからなww

つまり、歌詞を覚えるにあたっては日本語バージョンの可能性があるので、J-ELFは要注意、ということでございます。日本語版の罠。気をつけよう。

そんなこんなで、あっという間に時間は過ぎて、最後に一曲(びっくり。3曲ぐらいはやるかと思ってたんですが、トークがメインだった。まあめざましとかエイネとかで沢山ステージやってたので、リリイベはこんなものか…)、という段になって、ウネ「さあ、最後はみんなで盛り上がれる曲をやりましょう!」「最後の曲は!」ってきたんで、会場(それは当然カップリング曲の)「ワンダーランド!」って言ったら、ウネ「!?」って感じでキョトンとする。「次の曲はー?」えるぷ「ワンダーランド!!!」ウネ(顔を見合わせる)ドンヘ「ワンダーランド、ワンダーランドやりますから準備して」ダンサーさんたち、わらわらと出てくるがみんななんとなくざわついている。どうやら予定はワンダーランドじゃなかったらしい。ひょくちぇ「…じゃあワンダーランドやりましょう、音楽ください」といったら、始まった曲はOppa, Oppaでした、というオチww

もちろんお祭りチューンで大盛り上がり、二人もステージのギリギリのとこまで来てくれて、もう本当に目の前だったので、うぇえええ、かっこいいよう、という感じで楽しくオッパオッパと踊って騒いでまいりました。

とにかく、これまでのリリイベ前のほうでも会場4分の1ぐらいの位置だったので、最前列というのは初めてで、近くで見ると、映像とか写真とかよりずーっとかっこよかったですよ。体格のいいダンサーさんたちに比べると、二人とも細くて小柄なんですけど、やっぱりキレがあって気持ちがいいダンス。SMTで奇跡のアリーナだったときに間近で見たユノは、身体も大きくてすごいカリスマ性溢れる、って感じだったんですが、ウネはそういうカリスマ的なスターの雰囲気というよりは、とにかく「かっこいいオッパ(お兄さん)」たちです。いい意味で。もちろん芸能人だし、バックのダンサーさんたちの中にいると、おお、確かに違う、って感じはあるんですけど、なんだろう、存在感に人としてのリアリティがあって、そこがまたキュートで魅力的なんですよね。

私はSMTは行かないのですが、ライブビューイング出るようなので、チケットとれたら是非いきたいと思ってます。10月のドーム公演、ますます楽しみになってきました。

という感じで、1部のレポでした。なんかちょっと順番違ったり、言葉のニュアンスとか違うところがあるかも知れませんが、アラフォーの記憶力を頼りにしたレポなので、間違いその他ご勘弁を。他の回に行かれた方、是非どんなだったか教えてくださいねー。ちらほらあがってるレポでは、クイズの内容なんかも違ったようなので、是非知りたい!

続きを読む
posted by なつめ at 00:20| Comment(12) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

エイネお疲れさまでしたん。

この週末は、息子の学校の行事があったりしてなかなかようつべチェックもできず、近頃SBS以外もブロック早くてムキーってなってましたが、なんとか一応カムバックステージどれも見ることができました。ホッ。今週はドンヘとTeam One Soundの作曲の「Sirts」もあわせた2ステージで、この曲もレトロポップ路線で楽しいので大好きです。ステージにSJ以外にも男女10人ぐらいのダンサーさんたちがひしめいていて、ミュージカルさながら!の演出。



まったく個人的なことでございますが、私ヒョクチェのこのシャツの着方好きなんですよ…痩せ型男子が前だけインにして後ろ出してるやつ。ああああペラペラ体型ってスバラシイなぁ…←変態

この曲は絶対スパショでもやって欲しいです。この演出ならステージでやってもすごく映えそうだし。シュガーシュガーはにはに!ってとこみんなで歌ったら盛り上がりそうですよねぇ。うぎたんが女子引き連れて前に出てくるところとかテンションあがるし。


つべでかろうじてブロックされないのがミューコアぐらいなのでミューコア並べてしまいますが、狭いな相変わらず舞台が。それはいいとして、えるぷちゃんもちゃんと入場できたようで、掛け声もしっかり入ってて楽しそうでしたね。掛け声のカナバージョンあげてくださってる方もいて、スパショが日本に来るまでにしっかり覚えてびっくりさせてあげたいものです。


Super Junior MAMACITA 掛け声+カナルビ 投稿者 jaehyukey_c

まましたってなんか歌詞の中にメンバーの名前が埋め込まれてて、ちゃんとそのメンバーがその歌詞のとこ歌ってたりして、面白いんですよね。カナルビのとこ読んでると、あっ言ってる言ってる、っていうのがわかって面白いですよ。

ちなみに、つべじゃ見られないインガもこちらで見られます。

140831 인기가요 Shirt+MAMACITA 投稿者 f1812619578

まましたはミンくんの歌パートが少ないとミンペンさんの恨み節がそこかしこから聞こえてくるのですが、思うにこれシンドンのパートあとから引き継ぐためじゃないかなぁ…とか思いました。シンドン逆にけっこうパート多いんです。8月中に入隊、という説はどうやらガセだったようで、カムバックステージすべてにシンドンの姿があってとても嬉しく、活動中に呼び出しくったら、公開断髪式やりますよ!なんて言ってたシンドンは、以前城東カフェでヒニムが言ってたように、きっと上手に兵役をこなしてくれると思うので、兵役じたいの心配はしてないんですが、でも逆に残ったミンくんが病み期になったときに、誰が支えてくれるんだろう…と思うとそれが心配だよぐすぐすT T シンミン本当に仲良しだからなぁ。気のいいヒョクチェとかが上手に気分転換とかさせてくれることを期待したいです。

続きを読む
posted by なつめ at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | マイブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする